【取材レポート】イセタンメンズ 2015 SS プレス展示会 part.4

久しぶりの「イセタンメンズ 2015 SS プレス展示会」レポート。 今回は第4弾として、<クロケット&ジョーンズ>のクラッシックローファー「Harvard(ハーバード)」をご紹介します!

普遍的なローファー『Harvard』を 春の軽快な装いにマッチさせる別注に。

プレス展示会は、イセタンメンズのバイヤーの皆さんが一押しするアイテムをお披露目してくれるイベントです。
その中で、ご紹介していただいたのが、

このCrockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)の「Harvard(ハーバード)」別注。

「Crockett&Jones (クロケット&ジョーンズ)」は、1879年に英国靴の聖地ノーザンプトンで創業されたイギリスのブランドです。
特徴は、高い技術力で、高品質を実現し、一方でエレガンスを感じさせる靴づくりをしている点。品質と美しさ、そして価格と、三拍子揃ったバランスの良さがあげられます。

ハーバードは、クロケット&ジョーンズのなかでも、普遍的なモデルのクラッシックローファーとしておなじみですね。
今回は、このハーバードを春先の装いにマッチさせるために、さまざまな点にこだわって別注しています。

  • 春先のボトムカラーにあわせ、スエードとスコッチグレインを採用
  • アンライニング仕様で、ソフトな履き口に
  • 足幅をDウィズにし、スマートなフォルムに
  • アウトソールは薄型のダイナイトソールを採用
  • ダイナイトソールの色をレンガ色に

いかがですか!革靴ラバーの皆さんを満足させる仕様になっていますよね。
スエードやスコッチグレインは、雨に強いアッパー素材で、しかもアウトソールがダイナイトソールとなれば、雨の日でも安心です。

しかも、Dウィズでソールも薄型となれば、見た目はとってもスマート。

クールビズ期間のビジネス使用にも、カジュアル使用にもバシッとはまります。

このハーバード別注モデルが、2月4日(水)からイセタンメンズで開催される「PITTI IMMAGINE UOMO at ISETAN MEN’S(ピッティ イマージネ ウォモ アット イセタンメンズ)」でいよいよお目見えとなります!

ピッティ イマージネ ウォモ アット イセタンメンズは第4回を迎えるイベント。
イタリアで毎年行われているメンズ最大のファッション見本市である「ピッティ イマージネ ウォモ」に出展する100を超えるブランドの最新コレクションをピックアップし、展示します。

ゆえに、店内を歩くと次々に2015年春夏のコーディネートが思い浮かびます。
と言うことで、いち早く最旬トレンドをキャッチできるイベントなんですよ!

そのなかでも、担当バイヤーの方が一押ししているのが<クロケット&ジョーンズ>ハーバード別注。

今は、まだまだ寒い日が続いていますけれど、今年の春夏シーズンを感じに、ピッティ イマージネ ウォモ アット イセタンメンズへと足を伸ばして、ハーバードをご覧になってみませんか?

ブランド|Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ) プライス|72,000円(税抜)

※仕様やプライスなどについては変更となる場合がありますので、詳しくはイセタンメンズでご確認ください。

■PITTI IMMAGINE UOMO at ISETAN MEN’S
期間:2015年2月4日(水)~17日(火)
場所:イセタンメンズ館
ライン

<ジェイエムウエストン>日本橋三越にてパターンオーダー会

日本橋三越本館2F 紳士靴売場にて、<ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)>紳士靴パターンオーダー会を開催中です。

ジェイエムウエストンは、1891年に創業したフランスを代表するブランド。 このイベントは2015年1月21日(水)~行われている日本橋三越の「MADE TO ORDER(オーダーセレクション)」の一環で行われているもので、ジェイエムウエストンのパターンオーダー会は2015年2月3日(火)まで開催される予定です。 ジェイエムウエストンのパターンオーダー(スペシャルオーダー)でできることは次の通り。 通常モデルを……
  • パーツごとに素材やカラーを変更
  • ステッチを変更
  • 左右それぞれの足に合わせてサイズを変更
だから、ジェイエムウエストンの人気モデル「180シグニチャーローファー」「641ゴルフ」などなどを、世界で自分だけのモデルとして作れちゃうってことなんですよ!!

パターンオーダー(スペシャルオーダー)の魅力(1)

世界最高峰のタンナーを傘下に持つジェイエムウエストンならでは!豊富な上質革から素材・カラーをセレクトできます! <ジェイエムウエストン>パターンオーダー(スペシャルオーダー)メインイメージ

パターンオーダー(スペシャルオーダー)の魅力(2)

あの名作モデルをカスタマイズできます!例えば、「180シグニチャーローファー」では、こんな感じです。 ブラックとブルーのグレインレザーを使った180シグニチャーローファー。ステッチが白でポイントになっています。
写真出典:ジェイエムウエストンFacebookページ ブラックとライトグレーのパテント(エナメル)レザーを使った180シグニチャーローファー。艶がローファーに凛とした雰囲気を与えています。
写真出典:ジェイエムウエストンFacebookページ 異素材コンビの180シグニチャーローファーです。ネイビーブルーのグレインレザーに、スエードレザーがポイントで使われています。
写真出典:ジェイエムウエストンFacebookページ こちらも異素材コンビの180シグニチャーローファーです。ネイビーブルーのスムースレザーに、レッドのスエードが映えています。
写真出典:ジェイエムウエストンFacebookページ 次は、「641ゴルフ」のパターンオーダー見本をみてみましょう! グレイのスムースレザーを使ったパターンオーダー。取り外しのできるキルトを付属して、いつもと違った雰囲気に。
写真出典:ジェイエムウエストンFacebookページ グレインレザーを使ったパターンオーダー。
写真出典:ジェイエムウエストンFacebookページ グレインレザーとスエードの異素材コンビの641ゴルフ。スエードを使うと、少し柔らかい表情になりますね。
写真出典:ジェイエムウエストンFacebookページ
641ゴルフオーダーイメージ4
エプロンとレースステイのパーツにホワイトを使用した641ゴルフ。とても大胆な印象の靴になりますね。
写真出典:大阪高島屋ブログ
いかがですか? 実際に、オーダーするときには、こんな感じでイメージを膨らましていきます。 三越・伊勢丹系のクレジットカード「MIカード」を使えば、各自の年間お買い上げ額によっての優待率(5-10%優待)で購入できますので、この機会に自分だけのジェイエムウエストンをオーダーしてみませんか? 【<ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)>パターンオーダー会概要】 期間:2014年1月21日(水)-2月3日(火) 場所:日本橋三越本館2F紳士靴売場 ■お渡し:約5ヶ月後 [参考資料] ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)Facebookページ 大阪高島屋ブログ 日本橋三越2Fシューリペア工房ブログ

【体験レポート】自腹でパターンオーダーしちゃいました(パラブーツ編)

人気のパラブーツ「シャンボード」をカスタマイズできるパターン―オーダーに挑戦!!

「ミカエル」「ウィリアム」「アヴィニョン」などなど、日本で改めて空も前のブームとなっているパラブーツ。

なかでも、「シャンボード」は某メンズ雑誌で紹介したファッションアイテムの中で、売上1位だとか……。とにかく大人気なんです。

その人気の理由は、パラブーツの靴たちが、ビジネスでも、カジュアルでも、どんなコーディネートにもハマる絶妙なバランスでつくられているから。着る服を選ばない普遍的なデザインが時代を超えて、愛されています。

さらに、特筆すべきは、自社製のラバーソールが高品質ということ。
しっとりとした反発力、耐久性、硬さを兼ね備え、歩いても歩いても、長時間履いていても、足の疲れを感じません。

デザインと履き心地の良さから、1足手に入れると、さらにもう1足ほしくなるのが、パラブーツなのかもしれませんね。

EYELET編集部員も、そのひとり。

取材に、お買い物にと、街を歩き回ることが多いので、パラブーツの靴は、欠かせない相棒なんです。

そろそろ、もう1足ほしいなー、と思いはじめた頃と、パターンオーダー会開催の時期が重なり、ついに世界で1足のパラブーツ「シャンボード」をつくってみようと、決心しました!!

せっかく、パターンオーダーをしてみたので、この魅力を伝えるべく、自腹体験レポートをしちゃいます!!
パラブーツのパターンオーダーに少しでもご興味のある方は必見ですよ。

パラブーツ パターンオーダー写真イメージ
  パラブーツパターンオーダーレポート オーダーの流れ1 パラブーツパターンオーダー オーダーの流れ2

プロセスについては、他ブランドのパターンオーダーとあまり変わりません。
でも、意外と細かいところまで指定ができるので、プロセスごとに解説をしていきます。

paraboot_order_report_photo_03

今回のパターンオーダー会に用意されていたモデルは、15モデル。

AVIGNON(アヴィニョン)

パラブーツのUチップ「アヴィニョン」
CHAMBORD(シャンボード)、MICHAEL(ミカエル)と並ぶ定番モデル。トゥが細く、シャンボードよりもスマートな印象です

CHAMBORD(シャンボード)

パラブーツのUチップ「シャンボード」
パラブーツを代表するモデル「CHAMBORD (シャンボード) 」。ノルヴィージャン製法で堅牢なつくりと、どんなコーディネートにもマッチするデザインが人気です

MICHAEL(ミカエル)

パラブーツのチロリアンシューズ「ミカエル」
パラブーツのチロリアンシューズ「ミカエル」。写真のようにシンプルなタイプと、エプロン部分にファーがあしらわれているタイプがあります

MORZINE(モジーン)

パラブーツのチロリアンシューズ「モジーン」。
「MICHAEL(ミカエル)」の元となったモデルがこの「MORZINE(モジーン)」。踵部分に施された3本のダブルステッチがポイントです

REIMS(ランス)

パラブーツのローファー「REIMS(ランス)」
「REIMS(ランス)」は「MICHAEL(ミカエル)」のローファーモデル。ローファーらしからぬボリューム感が可愛らしい印象です

AVORIAZ(アヴォリアーズ)

パラブーツのマウンテンシューズ「アヴォリアーズ」
本格的な登山靴「AVORIAZ(アヴォリアーズ)」。普通のブーツにはないボリューム感が魅力で、コーディネートのはずしに使う人も

このほかには、
外羽根Uチップ「ROUSSEAU(ルソー)」、ダブルモンクストラップの「VIGNY(ヴィグニー)」、ストレートチップの「MONTAIGNE(モンテーニュ)」「AZAY(アゼイ)」、プレーントゥの「SAUVIGNY(サービニー)」、ウィングチップの「RIMBAUD(ランボー)」、ブーツの「GUITRY(ギトリ)」、「BLOIS(ブロワ)」「BEAULIEU(ボーリュー)」がラインナップ。

でも、オーダーリストをよく読むと、
「*その他、ご希望のモデルがございましたら、スタッフにお尋ねくださいませ。ご案内させて頂きます」との表記があるので、このほかにもオーダーできるかもしれません。

パラブーツパターンオーダーレポート STEP2 フィッティング

オーダーするモデルが決まったら次はフィッティングです。モデルによってサイズ感が異なるので、自分のサイズはこのサイズと決めつけずに、きちんと履いてみてください。パターンオーダーの場合、交換ができないので、出来上がって、サイズが合わないなんてことになったら、大変です。
フィッティングの際に気を付けることは、足がむくんでいる時間帯にフィッティングすることや、オーダーする靴を履くときにあわせる靴下を用意して、靴を履いてみること、靴を履いたまま店内を少し歩いてみることなどなど。ここは時間をしっかりとかけて、サイズを選んでいきましょう!

パラブーツパターンオーダーレポート フィティング写真イメージ
パラブーツ パターンオーダー STEP3 アッパーの素材を選択

アッパーの素材として、用意されているのは、スムース、グレイン、ヌバック、スエードなどの数十種もの革。このプロセスが最も迷ってしまいますし、時間がかかるところですよね。
迷って決められなくなった!と言う場合には、パラブーツ独自の素材「Lisse Learther(リス・レザー)」から選択するのがおすすめです。
このリス・レザーというのは、革の油分含量が高いカーフレザーで、雨に強く、頑丈な素材。
「フランスの宝石」と呼ばれるほどで、劣化が少ないので、ぜひサンプルで確認してみてください。

ちなみに、今回のパターンオーダーでは、素材を3つまで選ぶことができました(シャンボードの場合)。
もちろん、モデルによって選べる数は違いますが、革のパーツごとに素材を選ぶことができるそうです。
※パターンオーダー時に、スタッフの方に確認してみてください。

パラブーツのパターンオーダーレポート STEP3 アッパーの素材を選ぶ 写真イメージ
パラブーツのパターンオーダーレポート STEP4 ソールなどのディテールを選択

いよいよ、最終局面となる細かい仕様の選択です。
では、どんな仕様を選択できるのか、写真で解説してみましょう。

パラブーツ パターンオーダー の細かい仕様

A.タグの有無

パラブーツ パターンオーダーレポート タグの有無

パラブーツのロゴが入っているタグの有無を選択できます。
ロゴ入りの靴は嫌だという方もいらっしゃいますから、これって、結構細かい心遣いですよね。

EYELET編集部員はというと、タグもアクセントになると考えているので、「有」を選択しちゃいました。

B.糸の色

ノルヴィージャン製法だと、かなり糸の存在感がありますよね。パターンオーダーでは、この糸の色まで選ばせていただきました。
ソールの色が暗くて、糸の色が白っぽいと「おーー!ノルヴェだぁーー!!」という主張になりますし、ソールの色に合わせた色の糸にすれば、スッキリとした印象になります。

ゆえに、カジュアル感を出したいならば、コントラストをつけ、すこしドレス寄りにしたければ、ソールの色に合わせるというのが、セオリーですね。

C.シューレース

パラブーツ パターンオーダーレポート 細かい仕様(靴ひも)

シューレース(靴ひも)も選べます。
選べるのは下記の通りです。
太ひも( 70cm):BLANC(白)/BEIGE(ベージュ)/MARRON(茶)/CAFE(こげ茶)/NOIR(黒)
細ひも( 80cm):BLANC(白)/BEIGE(ベージュ)/MARRON(茶)/CAFE(こげ茶)/NOIR(黒)
太ひも(100cm):MARRON(茶)/CAFE(こげ茶)/NOIR(黒)

D.ウェルト

パラブーツ パターンオーダーレポート ウェルト

ウェルトは、靴のまわりについているアッパーとソールを縫いついている部分です。このウェルトも選択できます。
選べるのは下記の通りです。
ストレート・ウェーブ:NOIR(黒)/NATURELLE(ベージュ)
コンビウエーブ:BICOLOR(コンビネーション)
ウェーブ:CAFE(こげ茶)/NOIR(黒)/NATURELLE(ベージュ)
ストレート:NOIR(黒)/BUEE/ACAJOU(赤茶)/BRONZE(こげ茶)/NATURELLE(ベージュ)

パラブーツ パターンオーダーレポート ストレートウェルトイメージ
ストレートウェルトだと、靴全体に一体感が生まれ、スマートな印象に
パラブーツパターンオーダーレポート ストレートウェルト ナチュラル
ナチュラルベージュのウェルトを選択すると、カジュアルな印象。写真のシャンボードのようにソールをホワイトにすると、春夏にぴったりの1足に
パラブーツ パターンオーダーレポート ウェルトイメージ
アッパーと同系色のウェルトでも、ウェーブのウェルトを選択すると、ストレートウェルトのものよりもボリューム感が増します
パラブーツパターンオーダーレポート ストレートウエーブウェルト
ウェーブ部分がラウンドではなく、ストレートになっているナチュラルベージュのウェルトを使った「モジーン」。カジュアルさが増します

E.ソール

パラブーツ パターンオーダーレポート ソール

さあ、いよいよ、パラブーツの魅力が詰まったソールの選択です。
なにしろパラブーツのソールは、天然ラテックスからなるオリジナルのラバーソール。
モデルに合わせてソールも選択できます。

ちなみに選択できるのは、
TEXソール/MARCHEⅡ/GRIFFⅡの3種で
色は、NOIR(黒)/MARRON(茶)/BLANC(白)の3色です。

パラブーツがこだわるこれらの3つのラバーソールを詳しくみていきましょう!

「TEX(テックス)」ソール パラブーツの「TEX」ソール

通常の「シャンボード」に採用されているソールが、これ。
このソールの特徴は、ソールの内側にあるフィンです。
ちょっとわかりにくいかもしれませんけれど、写真の左側がテックスソールの内側。
真ん中部分がフィン状になっています。
実は、この部分で空気を蓄える構造となっていて、強度と保温性とクッション性を実現しています。

「MARCHEⅡ(マルシェ2)」ソール paraboot_marche2

通常は、チロリアンシューズの「MICHAEL(ミカエル)」「MORZINE(モジーン)」に採用されているソールです。
ヒールと一体型になっているソールで、分厚く、内部がハニカム構造(正六角形・正六角柱を隙間なく並べた構造) になっているため衝撃吸収性が高いのが特徴です。
ソールのパターンデザインは、足で踏み込んだ際、力が外側に向かって分散されるように計算されているそう。
パラブーツの原点とも言えるラバーソールです。

「GRIFFⅡ(グリフ2)」ソール paraboot_griff2

通常は、「AVIGNON(アヴィニョン)」などドレス寄りのモデルに採用されているソールです。
このソールは、少し薄めで、パラテックスソール等に比べ、クッション性があまりないのが特徴です。
ボリューム感が抑え目となるため、ビジネスシーンでもカジュアルでも履きやすいというメリットがあります。

そして、今回のパターンオーダー会で、EYELET編集部員がオーダーした内容をまとめてみると……

パラブーツパターンオーダー EYELET編集部員オーダー内容

思い切って、鮮やかな暖色系の色味の素材を3種使ってみました。
EYELET編集部員のノウハウを結集して、完成予想イメージをつくりました。

じゃじゃーーん!!こんな感じです。

パラブーツパターンオーダー EYELET編集部員オリジナルシャンボード

かなり、完成形に近いのでは、と靴業界の方からお墨付きをいただきました。

完成は、5月の上旬の予定。
いまから、履くのを楽しみに、ワクワクしています!

ライン

2015年6月8日追記
ついに、完成しました!マイ「シャンボード」。
完成編も記事にしてありますので、よろしければお読みくださいね!

自腹体験レポートパラブーツ完成編【体験レポート】完成!<パラブーツ>シャンボードEYELETモデル!? ライン

EYELET’s Tips vol.01[クリアランスセール考]

EYELET編集部員による靴に関連する小ネタを提供する「EYELET’s Tips」。 Tipsとは、「ヒント」や「ちょっとした情報」という意味です。

第1回目は、今まさに開催中のクリアランスセールについて考える[クリアランスセール考]を発信します!

デジタル大辞泉によると、「クリアランスセール」とは、”在庫品一掃の大売り出し”のこと。 売る側からすると、仕入商品を現金化する目的があり、買い手からすると、通常よりも安い価格で商品を手に入れられるチャンスということですね。 では、EYELET’s Tips vol.01[クリアランスセール考]はじまり、はじまりぃ~♪ ライン 新しい年が明けて、早いもので、もう1月後半です。 先週には、三越・伊勢丹のクリアランスセールがはじまって、そろそろセール予算を使い果たしたという方も多いのではないでしょうか。 実は、EYELET編集部員もそのひとり。 近頃のクリアランスセールは、早いところは本当に早く、年内からセールをしているお店もあり、本命のお店がセールを始める前に金欠気味になるなんてこともあります。 でも、クリアランスセールで買う目的っていったいなんなんでしょう。 クリアランスセール会場に行って、その熱気に触れてしまうと、「自分も買わなくちゃ損だ!!」なんて気持ちになって、サイズ感は微妙だけど、ついつい購入してしまうなんてケース、意外とありますよね。 まず、そもそもセールに出る靴とはどういうものなのか、考えてみました。
  • シーズン落ちの靴
  • 極端なサイズの靴
  • サイズがバラバラになった靴
  • サンプルの靴
  • 試履きにより多少のダメージがある靴
  • 別注展開の靴
  • レッドやグリーンなど、鮮やかな色の靴
では、それぞれについて、解説していきます。

シーズン落ちの靴

ファッションアイテムのクリアランスセールの理由で一番多いのが、この理由ではないでしょうか。 しかし、革靴の場合は、洋服と違って、トレンドに左右されにくいという傾向があります。 ストレートチップの靴を例にとってみると、このデザインで、変化をつけるとすると、イギリス的なラウンドトゥか、イタリア的なロングノーズのスクエアトゥかという位の変化となるわけで、劇的な流行というのは考えられませんよね。 だから、ベーシックなデザインの革靴で、シーズン落ちの靴というのは、意外に狙い目です。 ただし、その靴が倉庫でどの位の期間保管されていたのかは、チェックしておきましょう。 革は生き物と言われています。 長年、栄養クリームも入れられず、お手入れがされていない革は、劣化しているかもしれません。 買う前に、きちんと確認することが大切ですね。
パラブーツのチロリアンシューズ「MIRABEAU」
Paraboot「MIRABEAU」
この理由で、今回の冬のクリアランスセールになっていたと思われる靴が、パラブーツの「MIRABEAU(ミラボー)」。 このモデルは、パラブーツの代表的なチロリアンシューズ「MICHAEL(ミカエル)」そのままに、履き口部分にフェルトをあしらわれ、コンビシューズになっています。 定番のミカエルがセールに出る確率は低いと思いますけれど、このような変化球の靴は、クリアランスセールになる可能性があります。 1月17日に再度ミラボーがあるかお店に行ったら、すでに完売していました。

極端なサイズの靴

これは、どんなものにも言えることですね。 小さすぎる靴、大きすぎる靴というのは、売れ残ってしまいがちなので、セールで見かけることが多いです。 ただ、これはブランドによって傾向が異なるようです。 例えば、イギリスのブランド「エドワードグリーン」は、小さいサイズから売れていく傾向にあるそう。 もともと、イギリスの本格革靴というのは、タイトフィッティングで履くものですし、エドワードグリーンの靴は、履き口が小ぶりで、小さい足の人でも履きやすい特徴があるからですかね。

サイズがバラバラになった靴

靴のセールは、この理由が多いようです。 お店の考え方にもよりますけれど、最初は各サイズ揃えていて、あと1ないし2足が残ってしまった、と言う場合はセールになりがち。 この場合、定番のモデルでもクリアランスセールになる可能性はあります。 自分のサイズが残っていればラッキー。 一期一会と捉えて、購入してみても良いかもしれませんね。
エドワードグリーンの定番ウィングチップ「マルバーン」
この理由で、今回の冬のクリアランスセールになっていたと思われる靴が、エドワードグリーンの「MALVERN(マルバーン)」。 サイズを聞いてみたところ、やはり小さいサイズから売れていったとのことでした。

サンプルの靴

サンプルの靴は、通常のクリアランスセールというよりは、特別なセールに出ることが多いです。 例えば、イセタンメンズで言えば、年に2回開催される「男の大市」や、阪急メンズ東京で言えば、こちらも年に2回開催される「3Days Special Bargain」。 2015年1月10日から行われた3Days Special Bargainでは、イギリスのブランド「クロケット&ジョーンズ」や、国産ブランドの「ペルフェット」などのサンプルがお手頃価格で放出されていました。 ただ、サンプルシューズは、サイズ「8(26cm相当)」でつくることが多いそうです。 とはいえ、なかには「6(24.5cm」なんかもありましたので、根気よく探してみてください。 サンプルシューズの場合、世にでなかった1点物のデザインなどもありますので、気に入れば、貴重な1足となるはずです。

試履きにより多少のダメージがある靴

新品の靴と言っても、みなさん購入する際に試履きをされるので、靴にダメージがある場合があります。 EYELET編集部員が見たセール品のなかには、本当に新品なの?と疑う位、履きしわがはいったものもありました。 こういうものの中には、定番と言われるデザインが含まれていることがあります。
エドワードグリーンの傑作ストレートチップ「チェルシー」
エドワードグリーンの傑作ストレートチップ「チェルシー」
この理由で、今回の冬のクリアランスセールになっていたと思われる靴が、エドワードグリーンのマスターピースと呼ばれている「CHELSEA(チェルシー)」のブラック。 まずセールになることはほとんどないモデルなので、少しお手入れすれば、復活するレベルのダメージであれば、購入を検討しても良いのかもしれませんね。

別注展開の靴

人気のあるブランドの靴は、デパートでも、セレクトショップでも別注で展開していることが多いものです。 特に別注が多いのは、「トリッカーズ」「クロケット&ジョーンズ」「パラブーツ」など。 どちらかというと、カジュアルイメージの強いブランドがセレクトショップで別注展開していることが多いですね。 とはいえ、イギリスのブランドで、キングオブシューズと呼ばれている「ジョンロブ」であってもイセタンメンズや西武百貨店で別注展開をしています。 別注の良さは、通常のモデルに、一捻りが加わっている点です。 EYELET編集部の持っている「トリッカーズ」のビームス別注モデルで説明してみます。
トリッカーズ「Mary-Jane(メリージェーン)」
トリッカーズ「Mary-Jane(メリージェーン)」原型
写真出典:楽天
トリッカーズ「Mary-Jane(メリージェーン)」
トリッカーズ「Mary-Jane(メリージェーン)」ビームス別注
写真出典:BEAMS ONLINE SHOP BLOG
左が通常の「メリージェーン」です。元々はレディースで展開していたモデルと言うこともあり、可愛らしさのあるストラップシューズのようにも見えます。 一方、右の写真がビームス別注モデルです。 タンがついていますので、男性がはいても違和感がありません。 こんな感じで、元のモデルを生かしつつ、カスタマイズされているのが別注モデル。 これも一通り展開し終わったら、クリアランスセールになることがありますので、おすすめです。
チャーチのチャッカブーツ「ライダー」イメージ
チャーチのチャッカブーツ「ライダー」別注モデル
写真出典:阪急メンズ東京ブログ
この理由で、今回の冬のクリアランスセールになっていたと思われる靴が、チャーチのド定番チャッカブーツ「RYDER(ライダー)」。 映画『007(慰めの報酬)』でダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドが履いていた靴ですね。 なかなか、クリアランスセールにかからない靴なので、別注を展開していたお店がある場合、セールをチェックすると、良いことがあるかもしれません。

レッドやグリーンなど、鮮やかな色の靴

ようやく、最後の項目です。 革靴の定番色と言えば、ブラック、ブラウン(ダーク/ライト)。 暗い色の方がエレガントなイメージがあり、使うシーンが多いので、人気順に並べると、ブラック→ダークブラウン→ブラウン→ライトブラウンとなります。 ブラックとブラウン系統以外の色の靴は、コーディネートの難易度が上がるため、購入する人が少ないんです。 ただ、前述した暗い色の方が使うシーンが多いという理論通り、ネイビーやプラムなどは人気があります。 対して、レッドやグリーンといったクリアな色は、好きな人は好きだけれど、万人が使える色ではありません。 同じ系統の色でも、バーガンディーやオリーブであれば、取り入れやすいはずです。 もし、セールに出ている色が、下記の写真のようなバーガンディーやオリーブの靴であれば、購入を考えてみても良いかもしれません。
サントーニ
サントーニのダブルモンクストラップ
フランシスコべニーニョのストレートチップ
フランシスコべニーニョのストレートチップ
ライン いかがでしたか、EYELET’s Tips vol.01 [クリアランスセール考]。 今回は、靴がセールに出る理由を中心に考えていきました。 次回は、どんな買い方をするのが、お得かについて考えていきたいと思っています。 ライン

サントーニ スエードローカットスニーカー 13807

【サントーニスエードローカットスニーカー 13807モデル概要】

ブランド Santoni(サントーニ)
イタリア
モデル スエードローカットスニーカー 13807
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル スニーカー
製法
特徴 2015年春夏モデルのスエードスニーカーです。トレンドのホワイトスニーカーですが、大胆な配色がポイントに使われて、とても軽快、かつ明るい印象です。アッパーのサイド部分に施された飾りステッチが靴に立体感を与えています。バルカナイズド製法のラバーソールが特徴的です。
価格(目安) 57500円(税抜)
写真出典 サントーニ公式HP
取扱ショップ サントーニの取扱ショップ一覧へ
情報確認日 2015/02/15

サントーニスエードローカットスニーカー 13807モデル概要の見方はこちらへ

サントーニ レザースニーカー 10572

【サントーニレザースニーカー 10572モデル概要】

ブランド Santoni(サントーニ)
イタリア
モデル レザースニーカー 10572
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル スニーカー
製法
特徴 2015年春夏モデルのナイトブルーレザースニーカーです。アッパーには、サントーニらしいカラーレーションが施されてあるだけでなく、素材がネット調に見える効果がされていて、アクセントになっています。カラーはダークな色味ですが、スポーティーな印象。そして、土踏まず部分がシェイプされているので、ドレスシューズの履き口に近く、端正なスニーカーです。
価格(目安) 78500円(税抜)
写真出典 サントーニ公式HP
取扱ショップ サントーニの取扱ショップ一覧へ
情報確認日 2015/02/15

サントーニレザースニーカー 10572モデル概要の見方はこちらへ

サントーニ スエード・ファブリック ローカットスニーカー 13806

【サントーニスエード・ファブリック ローカットスニーカー 13806モデル概要】

ブランド Santoni(サントーニ)
イタリア
モデル スエード・ファブリック ローカットスニーカー 13806
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル スニーカー
製法 バルカナイズド
特徴 2015年春夏モデル。トレンドカラーのブルーのスエード素材に明るいスカイブルーのファブリックをあしらっています。 また、アッパーのサイド部分には飾りステッチや白いビンテージ調のラバーソールが軽快さを醸し出しています。
価格(目安) 57500円(税抜)
写真出典 サントーニ公式HP
取扱ショップ サントーニの取扱ショップ一覧へ
情報確認日 2015/02/15

サントーニスエード・ファブリック ローカットスニーカー 13806モデル概要の見方はこちらへ

サントーニ レザーレースアップシューズ 14028

【サントーニレザーレースアップシューズ 14028モデル概要】

ブランド Santoni(サントーニ)
イタリア
モデル レザーレースアップシューズ 14028
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル プレーントゥスニーカー
製法
特徴 サントーニはドレスシューズだけでなく、毎年大人仕様のスニーカーをリリースしています。この2015年春夏モデルは、リッチで深い色調のダークブラウンのグレインレザーを使われています。アッパーが深い色愛の一方で、ソールは、軽快な白いラバーソールになっています。 プレーントゥでシンプルなデザインなので、コーディネートしやすく気軽に履ける1足です。
価格(目安) 88000円(税抜)
写真出典 サントーニ公式HP
取扱ショップ サントーニの取扱ショップ一覧へ
情報確認日 2015/02/15

サントーニレザーレースアップシューズ 14028モデル概要の見方はこちらへ

サントーニ スエードダブルバックル 13907

【サントーニスエードダブルバックル 13907モデル概要】

ブランド Santoni(サントーニ)
イタリア
モデル スウェードダブルバックル 13907
使用シーン ビジネス/ビズカジ/カジュアル
スタイル ダブルモンク
製法
特徴 スエードのダブルモンクストラップシューズです。色はナイトブルー。そして履き口のパイピングは同色のスムースレザーを使って、立体感が生まれています。バックルの位置が通常よりも低い位置にあるため、ローファーやスリッポンのような平面的な印象を受けますが、大人に似合うスタイリッシュなレザーシューズになっています。
価格(目安) 88000円(税抜)
写真出典 サントーニ公式HP
取扱ショップ サントーニの取扱ショップ一覧へ
情報確認日 2015/02/15

サントーニスウェードダブルバックル 13907モデル概要の見方はこちらへ

サントーニ ダブルバックルブーツ 13436

【サントーニダブルバックルブーツ 13436モデル概要】

ブランド Santoni(サントーニ)
イタリア
モデル ダブルバックルブーツ 13436
使用シーン ビジネス/ビズカジ/カジュアル
スタイル ダブルモンク
製法
特徴 サントーニらしいハンドペインティングで仕上げられたダブルモンクストラップシューズ。ダブルバックルが低目の位置についていて、デザイン的に珍しいだけでなく、サイドにはジッパーが付いて、履きやすいのも特徴です。アンライニング仕様でソールにはあらかじめラバーが貼ってあります。上品で大人の色香が漂うブーツです。
価格(目安) 135000円(税抜)
写真出典 サントーニ公式HP
取扱ショップ サントーニの取扱ショップ一覧へ
情報確認日 2015/02/15

姉妹サイト「Kutulin」でサントーニダブルバックルブーツ 13436のもっと詳しい解説をみる

サントーニダブルバックルブーツ 13436モデル概要の見方はこちらへ