<コールハーン>ローファーを簡単に格上げできちゃう便利アイテム発売!

「小物使いはおしゃれ上手」。 そう、おしゃれ上級者は、小物使いが上手なんです。 女性が男性のセンスの良さを見極めるポイントは、小物だとも言われています。 財布に時計、そして靴。 これらのアイテムをおろそかにしてはいけません!! しかも、シーンにあったものを選ばなくてはならないので、1つをローテーションするなんてもってのほか!! とはいえ、これらのアイテムは、上質なものを選ぼうとすると、それなりのお値段がするので、バリエーションをどんどん増やせるものではありませんよね。 そんな悩みを解決してくれる、ありがたいアイテムが<コールハーン>より発売されました! それが、メイン写真の「ローファータッセル」です。 このタッセルは、ハンドメイドのレザータッセル。 ペニーローファーのサドルの穴に、メタル部分をスライドして装着すると、なんとタッセルローファーに様変わりしちゃいます。
<コールハーン>ローファータッセルイメージ
<コールハーン>ローファータッセル 写真出典:コールハーンHP
お値段は、2,700円(2015/3/30現在 <コールハーン>HPにて確認)。 この位のお値段で、カスタマイズできると、嬉しいですよね!!

※ただし、ローファーによっては、サドルの穴が小さいなどの理由からメタル部分を装着できない場合がありますので、お手持ちのローファーをしっかりとご確認ください。

このアイテムは、メンズアクセサリーを展開するアメリカのブランド<フックアルバート(hook+ALBERT)>とコールハーンのコラボレーションで生まれたもの。 レザーのカラーが、ゴールド/シルバー/キャメル/ブルー/キャメル/チェスナッツ/ブラックと豊富に揃っているのも嬉しい限り。 ローファーのカラーに合わせて選ぶも良し、全く違うカラーを選んでローファーとタッセルとのコントラストを楽しむも良し。 気軽に取り入れてみてくださいね。  
タッセル・ブラックイメージ
ゴールド
タッセル・ブラックイメージ
シルバー
タッセル・ブラックイメージ
キャメル
タッセル・ブラックイメージ
ブルー
タッセル・ブラックイメージ
チェスナッツ
タッセル・ブラックイメージ
ブラック

(写真出典:コールハーンHP

  [記事参考資料] 「コールハーン公式 HP

靴好きなら一度は試したいパターンオーダーの掟

ついに革靴イベントシーズン到来! 自分だけの1足が作れるオーダーの世界を味わってみませんか?

2014年度末です!!
年度末ならではの、送別会やらなんやらで、毎日遅くまで頑張っていらっしゃる方、多いですよね。 本当にお疲れさまです!

そして、昨日から、プロ野球も開幕して、本当に春なんだなと感じますよね。

こんな中、実は革靴業界も、シーズンインを迎えています。

その要因としては、新生活を迎えるにあたっての靴を揃えるための需要というのが一つ。
そして、もう一つは、パターンオーダーなど、革靴イベントが盛りだくさんということです。

通常、革靴イベントは、3月末~5月までと、10月~11月にかけて集中的に開催されています。

ゆえに、今、革靴業界はイベント真っ只中なんですよ。

革靴イベントで多いのは、「パターンオーダー会」。

このパターンオーダーでは、既製品の価格にプラスアルファ(3割増し程度)の価格で気軽に自分だけの1足が作れます。

しかも、ブランドによっては、結構細かい部分まで選べてしまうので、驚いてしまうほどです。

では、まず、パターンオーダーでできること、そして、パターンオーダーの掟について説明していきたいと思います。

ディテールの指定や場合によってはウィズも選べる

あらかじめ用意されている木型やサイズとデザインから自分にあった1足を作れるのが、パターンオーダーのシステムです。
最近では、その充実度が増しています。
そんなパターンオーダーでできることは、、、

  • アッパーの素材を選べる
  • ソールを選べる★
  • ラストやウィズを選べる★
  • 製法を選べる★
  • ウェルトやステッチの色、シューレースなどを選べる★

★=ブランドやモデルによります

結構、細かく指定ができるのがお分かりにいただけますよね。

ちなみに、現在、銀座三越で開催されている<エドワードグリーン>のドレスシューズオーダー会では、デザイン50型、ラスト6型、レザー40種類50色から選べます(3/31[火]まで開催)。

アッパーの素材とカラー選びはドツボにはまりがち

パターンオーダーの工程で最も迷ってしまうのが、アッパーの素材とカラー選びです。
豊富に用意されている革見本を見ていると、何を基準に選べば良いのかわからずに、途方に暮れる、なんてことにならないようにしたいですね。

まずは、どんな用途で使う靴なのか、という基本に立ち返って、素材選びをしていきましょう。

例えば、ビジネスで使いたいなら、やっぱりブラックやダークブランなどの濃い色を選ぶのが鉄則!
カジュアル使いも視野に入れるなら、ライトブラウンやグレインレザーもいいですよね。

また、雨の日も使える靴ということなら、スエード素材がおすすめです。

そして、もし革靴のパーツごとに異なる素材やカラーを使うコンビの靴にしたいのなら、革選びの基本は、、、

暖色または寒色同士で合わせること!
異なった素材を使うならば、同じ色で合わせること!

いずれにしても、迷ったら、販売スタッフの方に相談をしてみてください。
プロの目からのアドバイスが一番参考になりますよ。

それでも、迷ってしまう!!!、という方は、ぜひEYELET編集部にご相談ください。

パラブーツパターンオーダー EYELET編集部員オリジナルシャンボード
EYELET編集部員がパターンオーダーの際につくった
シミュレーションデータ見本

⇒これから開催予定の主なパターンオーダー会情報

⇒ジョンロブの「バイリクエスト」情報

ライン

この機会のオーダーがおすすめ!<ジョンロブ>バイリクエストフェア2015

待ちに待ったバイリクエスト開催間近 憧れの名作をアップチャージなしで「オリジナル」に!

いよいよ、<ジョンロブ>ファンにとってありがたい季節がやってきました!! 2015年のバイリクエストフェアが4月3日(金)の「シューズサロン なとりや」を皮切りに全国で開催されます。 「バイリクエスト」というのは、ジョンロブのコレクションの中から、素材・カラー・ソール・サイズやウィズを選んで、自分好みのスペシャルな1足を作れるパーソナルオーダーのこと。いわゆるパターンオーダーですね。 パーソナルオーダー自体は、通年受け付けているのですけれど、通常のパーソナルオーダーでは、定価プラス約30%のアップチャージが必要になります。 このバイリクエストフェア期間中に、オーダーすると、そのアップチャージが無料になるのが、嬉しい限り。 では、バイリクエストでできることのポイントをご紹介しますね。 POINT.1過去のアーカイブから復刻もできる ジョンロブの現行のモデルはもちろん、過去のアーカイブコレクションからお好みのモデルを選ぶことができます。 要は廃番になってしまったモデルでも、オーダーが可能ということ。 これは、ファンにとってはたまらないですよね。 PONT.2自分好みの木型でカスタムできる 最近のジョンロブですと、ノーズが長めでスマートなラウンドトゥの7000番ラストが多い気がします。 例えば、人気の高いストレートチップ「シティ2(CITY2)」も7000番が採用されているモデルの一つです。 バイリクエストでは、シティ2を少しノーズが短めで、丸みを帯びたオーバルトゥの木型8695で作ることも可能とのこと。 ただし、ジョンロブはブランドの立ち位置を大切にしているので、どんなモデルでも好みのラストで作れるわけではありません。 ご注意くださいね。 PONT.3アッパー素材を替えられる ジョンロブが使用している革はいずれも最高級の革です。 バイリクエストでは、厳選された幅広いバリエーションの革素材の中から選ぶことができます。 アニリン仕上げでワントーンカーフの「オックスフォードカーフ」や斑模様のアンティーク風仕上げの「ミュージアムカーフ」、そしてミュージアムカーフよりも斑模様を控え目にした「ミスティーカーフ」など、ジョンロブならではの革をサンプルを見ながら選べます。 PONT.4既製にはないサイズ・ウィズでもオーダーできる モデルにもよりますけれど、サイズは5~12、ウィズ(足幅)はD~EEを選ぶことが可能です。 既製ではなかなかサイズが合いにくいという方にとっては、嬉しいシステムですよね。 PONT.5実はソールも選べます クラッシックラインであれば、モデルによってダブルソールやラバーソールを選ぶこともできます。 ソールと言うのは、革靴の実用性を決める大切な要素です。 それをそれぞれのライフスタイルにあわせて、選べるようにしているんですね。 ご紹介したバイリクエストフェアは1年に1回の貴重な機会です。 迷っている方は、まずお店に足を運んでみましょう!! 実施期間は長いので、よーーーく検討して、納得の1足をオーダーしてくださいね。

<ジョンロブ バイリクエスト フェア 2015開催期間・店舗(予定)>

期間 実施予定店舗(予定)
2015/4/3(金)~4/7(火) シューズサロン なとりや
2015/4/10(金)~4/14(火) ジョンロブ福岡岩田屋店/タマヤフットウェア
2015/4/17(金)~4/21(火) ジョンロブヒルトンプラザ店/そごう横浜店
2015/4/24(金)~4/28(火) 髙島屋大阪店/西武池袋店
2015/5/1(金)~5/5(火・祝) ジョンロブ名古屋松坂屋店/ ユナイテッドアローズ ソブリンハウス
2015/5/8(金)~5/12(火) ジョンロブ東京ミッドタウン店/三越日本橋店
2015/5/15(金)~5/19(火) 和光/伊勢丹新宿店
2015/5/22(金)~5/26(火) ジョンロブ丸の内店/阪急メンズ東京

[記事参考資料] 「OPNERS」 「John Lobb公式 HP」 「MEN’S EX 2010年8月号」

10年選手の「革靴」はできるビジネスマンの証

身なりを整えるなら まずは足元からが、大正解!

ゴールドマン・サックス、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ハーバードビジネス・スクール。

いずれも世界最高・最強・最上と言われている組織・機関です。
そこで働く世界のエリートたちには、共通する習慣があると言われています。

こちらの記事では、その習慣を『世界のエリートが大切にしている「小さな習慣」8」として紹介しています。

「おい、ちょっと待て!革靴俱楽部EYELET! 今日は、革靴と関係ない話かい<(`^´)>」と突っ込みを入れたアナタ。

大丈夫です!革靴の話ですから、安心して読み続けてくださいね。

では、8つの習慣とはなんでしょう。

習慣1:ワーク・ライフ・バランスは中長期で考える
習慣2:ハンカチを持ち歩く
習慣3:足元の身だしなみに気をつける
習慣4:仕事を離れたつきあいを大切にする
習慣5:大事なことを「手書き」する
習慣6:情報収集の前に仮説を立てる
習慣7:徹底的に準備する
習慣8:ホウレンソウは念押し型で伝える

3つ目の習慣「足元の身だしなみに気をつける」! EYELET読者の方なら、すでにこの項目をクリアしていますよね。

紹介した8つの習慣は、超エリートでなくても普通に実践できていることかもしれません。
ただ、世界のエリートたちが仕事の基本に忠実で、ビジネスファッションについては相手に良い印象を与えるためにも「清潔感」を大切にしているようです。

そのビジネスファッションで、差がつくのが足元だと、記事では指摘されています。

クリーニングに出してパリッとしたシャツ・スーツで決めていても、靴が汚れていたり、すり減っていたりすると、それだけで相手には「こいつはできない」と印象を与えがちだそう。

履いている靴が汚れていると、ビジネスの相手だけでなく、女性の視点からでも残念に感じますよね。

では、どんな足元なら、それだけで「できる」印象を相手に与えるかというと、、、
きちんとお手入れされている10年選手の「革靴」が効果的です。

EYELET編集部員の愛用する10年選手エドワードグリーン「ドーバー」
10年選手のエドワードグリーン「ドーバー」。しっかり履き皺が入っています

忙しい中にも、手入れの行き届いたピカピカの靴を履いていると、「きちんとした人」という印象を与えます。 ただ、ピカピカの靴が新品のものだとしたら、「きちんとした」という印象は持ちません。

ビジネスの場で大切なことは、見た目ではなく、相手から信頼を勝ち取ること。

それをアシストしてくれるのが10年選手の革靴ということなんですね。

下の写真の靴をよく見てください。

チャールズ皇太子の愛用するジョンロブ
写真出典:redingote

この靴は補修されていて、ところどころ継ぎ接ぎされています。
実はこの靴、チャールズ皇太子の靴なんです。
なんと40年以上も修理を繰り返しながら履いていらっしゃるそうです。
モノを大切にしている姿勢には、ただただ頭が下がる思いがしますよね。

このように、靴というのは、人となりがわかるものなのです!

そして、長く履くことを前提に靴選びを考えた場合、どのような靴を選べば良いかというと、基準は5万円オーバーが目安と言われています。

とは言っても、丸の内のビジネスマンが1足にかける予算は2万円未満が7割というデータがあります(AERA STYLE MAGAZINE調べ2012年10月5日号)。

もちろん、高価な靴ならば良いというわけではありませんので、まずは、セールなどで本格革靴を1足手に入れるところから始めてみませんか。

そうすれば、靴を育てることが楽しいと感じるかもしれませんし、これがきっかけでビジネスが成功するかもしれません。

さらに、できることなら、ご自身でお手入れができるように、ケアグッズも揃えてみてください。

靴はビジネスアイテムの一つですので、靴を磨くことで仕事モードへの切り替えができますし、精神面での効果が期待できますよ。

ライン

【DIARY】HIRO YANAGIMACHI Trunk Show in BARNEYS NEW YORK

3月14日(土)・15(日)に、バーニーズニューヨーク銀座店にて行われていた「HIRO YANAGIMACHI Trunk Show in BARNEYS NEW YORK」に足を運んできました。 HIRO YANAGIMACHI(ヒロヤナギマチ)には、3つのオーダーシステムが用意されています。 その3つのシステムとは、ビスポークスタイルの「(フルスクラッチオーダー(Full Scratch Order)」に、ベースのラストを修正してフィッティングを高める「モディファイドオーダー(Modified Order)」、汎用的なラストをベースに作成する「パターンオーダー)(Pattern Order)」です。 今回のトランクショーでは、パターンオーダーの受注会を実施していました。 「ヒロヤナギマチ」こと、柳町弘之さんは、大手電機メーカーのデザイン研究所勤務を経て、渡英。 靴の学校「コードウェイナーズカレッジ」を首席で卒業された方。 そのためでしょうか、柳町弘之さんを紹介している「MEN’S EX特別編集 日本の名靴」では次のように表現しています。

……靴づくりに対し、ヒロさんのようなアプローチをした人は恐らく初めてかも知れない。そのサマは検証に検証を重ね、一分の隙も見逃さない慎重さで審理を追求しようとする科学者のようである。 [2013年3月20日発行 28p]

今回のトランクショーで用意されていた48型のサンプルを見て、その紹介文に納得しました。 なんて言うんでしょうか、正確無比? それでいて、理論的なデザイン……。 後段、説明になっていますかね(+o+) 48型のサンプルは、当然クラシカルなデザインが多いのですけれど、今までに見たことがないような斬新なパターンのものもあります。 それで、その斬新なパターンというのは、クラッシックなモデルのパーツから理論的に生み出されたものなんです。 なるほどー、これとこれを掛けあわせて、構築しなおすと、こんなデザインまでできるのかー、と声に出しちゃいましたよ。 通常、サンプルを見せてもらうにも、オーダーするにもアポイントが必要なので、このようなトランクショーは気軽にヒロヤナギマチの靴を見られる良い機会です。 そして、バーニーズニューヨークのトランクショーでオーダーすると、通常の納期よりも早い納期になるという特典があります。 バーニーズニューヨークでのトランクショーは15日(日)で終了となりましたけれど、今後も横浜店[3月21日(土)・22日(日)]、神戸店[3月28日(土)・29日(日)]、福岡店[4月4日(土)・5日(日)]で開催予定ですので、気になる方はぜひ、足を伸ばしてみてくださいね。 詳しい情報は、HIRO YANAGIMACHIホームページでご確認ください。 ライン

【実証分析】<チャーチ(Church’s)>ラスト #173 ・ #103比較

今日は、サイズ選びに役立つラスト(木型)比較をお送りします。

通販サイトが充実した昨今、試し履きをせずに、サイズを選択しなければならないケースが増えてきました。

革靴には、個体差もありますし、試し履きをするのがベストです。

とはいえ、ベストに近い選択ができるようにするには、どうするか。

それは、シューメーカーごとのサイズ傾向を知ること。
とりわけ、ラスト(木型)の特徴を知っておくことではないでしょうか。

靴修理のパイオニアで、通販も手掛けている「UNION WORKS」では、こんなサイズチャートをホームページで掲載しています。

革靴ブランド別サイズ比較表
サイズチャート出典:UNION WORKS HP

このチャートは、通販でお買い物をするユーザーの不安をできるだけ、解消するためにつくられたそうです。

とはいえ、以下のような注意書きも書いています。

フィッティングの好みやソックスの厚み、
足の形は人それぞれ違う為、あくまでの目安としてご覧になって頂ければと思います。

そう、ラストの特徴を知っても、やはり、すべての不安を解消できるわけではありません。
でも、きっと、知らないよりは役に立つはず。

ということで、今回は、EYELET読者の方から数多く寄せられた質問に基づき、<チャーチ>のラスト103と173を比較しちゃいます。

ライン

ドレスにカジュアルに チャーチには、個性的な木型があります

1873年に、英国靴の聖地ノーサンプトンで創業したチャーチ。現在に至る長い歴史の中で、正統派の英国靴として不動の地位を確立していました。
なかでも、名作と言われるラストが多いのがチャーチの特徴の一つです。純英国的な朴訥としたフォルムのものから、現代的なロングノーズのものまで、実に多彩です。

まずは、ラスト#103、#173をそれぞれご紹介します。

コンフォートなラスト#103

チャーチのプレーントゥ「シャノン」

このラストを採用しているモデルは、チャーチの名作として知られる「シャノン(SHANNON)」です。
トゥ部分にボリュームがあり、とても重厚な印象を受けます。
とはいえ、控え目なロングノーズで、ヒールは小ぶり。

ゆえに、無骨さの中にも、洗練を感じるラストだと言われています。

エレガントなドレス向けラスト#173

チャーチ CONSUL(コンサル) #173

このラストを採用しているモデルは、ストレートチップの「コンサル(CONSUL)」、セミブローグの「ディプロマット(DIPLOMAT)」、フルブローグの「チェットウィンド(CHETWYND)」など。
どれも、ビジネスの定番といわれるものです。

その特徴は、トレンドに流されないクラシックなフォルム。
とはいえ、実は、この#173ラストは、2001年に登場したラストです。

それまでのドレスシューズの主流だったラスト#73の復刻版として、現代人の足型に合うようにバランスが調整されました。

そのフォルムの特徴は、
バランスの良いスクエアトゥ。そして、甲の高さがなだらかに上がっていること。さらにウエスト部分が自然にくびれていることです。

ゆえに、ナチュラルにフィットするのですね。

さあ、ラストそれぞれの特徴がわかったところで、次は、木型を大胆に比較します!

横幅は#103ラスト、ヒール部分は#173が大き目

まずは、#103のシャノンの上に、#173のディプロマットを乗せ、ディプロマットの形に赤線を引いてみます。 チャーチのラスト上から比較

そして、ディプロマット自体を削除してみると……。

チャーチのラスト上から比較2

#103のシャノンの方が、#173のディプロマットよりも横幅が広く、ヒール部分は小さいことがわかります。

今度は、横から。#103のシャノンの上に、#173のディプロマットを乗せ、ディプロマットの形に赤線を引いてみます。

チャーチのラスト比較_甲の高さ01

ディプロマット自体を削除してみると

チャーチのラスト比較_甲の高さ02

甲のせり上がりのラインが#103のシャノンよりも、ディプロマットの方が急なのがわかります。

ゆえに、#103シャノンは、踵部分でフィッティングさせ、#173ディプロマットは、甲の部分とボールジョイント部(足で最も広く太いところ)と、ウエストの絞りでフィッティング性を高めていると考えられます。

また、#173を使った別モデル「ウエストバリー(WESTBURY)」と比較してもこの通り。

チャーチのラスト比較_ウエストバリー

シャノンとディプロマットの比較と同様ですね。

いかがでしたか。

この比較はあくまでもEYELET編集部独自の見解であり、サイズ感の絶対性を保証するものではありませんので、あらかじめご理解ください。

ただし、今では通販でも、サイズが合わない場合に無料交換、返品ができる「amazon(アマゾン)」のようなサービスも増えていますので、ご利用されてみてもよいかもしれませんね。

ライン

時代を超えたモデル<ジェイエムウエストン>180シグニチャーローファー徹底研究!

写真出典:J.M.WESTON Facebookページ

愛されるのは、理由があります! ジェイエムウエストンの不朽の名作「180シグニチャーロファー」

Back to Basic(バックトゥベーシック)。
完成されたスタイルを持つ定番アイテムを見直す動きが高まっています。

メンズファッション誌でも、定番アイテムをこぞって特集。

絶対名品図鑑
AERA STYLE MAGAZINE

そもそも、定番というのは、際立った良さがあるものです。

革靴でいうと、まずデザイン。 トレンドファッションに合わせても、なぜかキマる。 世代を超えて履き続けられる。 これらは定番の絶対的な条件ですね。

そして、機能性。 革靴というのは、服などと異なり、実用性が求められるものです。 新品時が最も良い状態ではなく、自分の足に馴染んで初めて、ようやくその革靴の良さがわかる。

だから、ワンシーズンで履かなくなる靴なんて、あり得ないですよね。 それゆえ、耐久性の備わった品質の高い革靴でなければならない……。

これらの条件をすべて満たす銘品の一つが、ジェイエムウエストンの180シグニチャーローファーです!! 「高品質、機能性、スタイリッシュ」3拍子揃い、1946年から約70年経た現在も変わらず愛されてます。

では、180シグニチャーローファーの魅力を徹底解説していきましょう。

唯一無二のサイズバリエーション|愛される理由1

ジェイエムウエストンの一番の特徴と言えば、豊富なサイズ展開。
180シグニチャーローファーでは、ウィズ(足幅)を6種用意(A/B/C/D/E/F/G)。
ここまで、サイズバリエーションを展開しているシューメーカーはありません!しかも、縦幅は、4mmピッチ。
通常は5mm展開しているシューメーカーがほとんどなので、ジェイエムウエストンのサイズに関するこだわりがヒシヒシと伝わってきますね。

ローファーは、靴ひもでフィッティングを調整できないので、サイズ選びが生命線。
ジェイエムウエストンでは、かなりタイトなフィッティング推しにしています。

ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファーのサイズ展開
すべてサイズの異なる180シグニチャーローファー。圧巻です。 写真出典:日本橋高島屋ブログ

10年は履ける素材とつくりの良さ|愛される理由2

ジェイエムウエストンの素材の良さは定評があります。
なにせ、傘下に世界有数のタンナー「デュプイ社」を擁していますので、アッパーにしても、アウトソールにしても極上の天然素材を使っています。

その品質たるや、業界関係者も一目置くほど。

そして、高い技術力で、丁寧な仕事をしていて、靴づくりに対する真摯な姿勢が随所に表れていますよ。

ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー断面
丁寧な仕事ぶりが見て取れる靴づくり  写真出典:TOMORROW LAND

色あせないデザイン|愛される理由3

180シグニチャーローファーが誕生したのは、1946年。
この時代と言えば、第二次世界大戦終結の1年後。

それから、現在でも、当時と同じ木型を使って、同じ方法で生産されているそうです。

今見ても、スタイリッシュに感じますし、どんなファッションにもマッチします。
それって、すごいことですよね。

そして、ここが、ジェイエムウエストンの寛容さが表れているところだなーと感じる点に、スペシャルオーダー(パターンオーダーのこと※ウエストンではこう呼んでいます)というシステムがあります。


[スペシャルオーダー]でできること
  • パーツごとに素材・カラーを選べる
  • ステッチを変更できる
  • 左右違うサイズでオーダーできる
  • 特別なシューツリーが付属される

本気で、自分好みの180シグニチャーローファーがつくれてしまうのですよ!!
スペシャルオーダーには、3割程度のアップチャージがかかりますけれど、通年オーダーできます。

パターンオーダーって、シューメーカーにとっては、結構手間がかかることなのに、懐が広い!!

とはいえ、既製で展開しているモデルの完成度は半端なく高いので、どんなモデルがあるか、検証していきます。

とにかく普遍的なレギュラーモデル

スムースレザーのブラック、ブラウン、ネイビー、オリーブ、レッドなど、揃えたくなるカラーを展開しています。

ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー ボックスカーフ(ブラック)
ボックスカーフ(ブラック) 写真出典:J.M.WESTON HP
ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー ボックスカーフ(ブルー)
ボックスカーフ(ブルー) 写真出典:J.M.WESTON HP
ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー アニリンカーフ(オリーブ)
アニリンカーフ(オリーブ) 写真出典:J.M.WESTON HP
 ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー アニリンカーフ(赤)
アニリンカーフ(レッド) 写真出典:J.M.WESTON HP
ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー アニリンカーフ(ブラウン)
アニリンカーフ(ブラウン) 写真出典:J.M.WESTON HP
ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー グレインレザー(ブラウン)
グレインレザー 写真出典:J.M.WESTON HP

既製でのスペシャル展開

現在でも手に入れられる「サントノーレコレクション」「メゾンキツネ限定<ニューヨーカー>」の他、過去にはコードヴァンを使った貴重なモデルも展開しています。
ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー サントノーレコレクション
パリのサントノーレに旗艦店をオープンした記念に発売されたコレクション。オーシャンブルーとブラックのコンビ。ジェイエムウエストン青山店、イセタンメンズ館などで現在(2015/3/12)展開中。
写真出典:BOQ
ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー メゾンキツネコラボレーション
フランスのファッションブランド「Maison Kitsuné」とコラボしたモデル<ニューヨーカー>。シャイニーなカーフにシボのあるレザーをコンビにしています。現在(2015/3/12)もメゾンキツネブティックにて展開中。
写真出典:J.M.WESTON Facebookページ
伊勢丹10周年モデル
2013年のイセタンメンズ10周年を記念した別注モデル。ネイビーとブラックのコンビでサントノーレコレクションと雰囲気が似ていますね。
写真出典:OPENERS
コードヴァンを使った伊勢丹別注180シグニチャーローファー
2010年11月に展開された伊勢丹メンズ館別注のコードヴァンを使ったモデル。使われているのは、日本の最高級コードヴァンだそうです。
写真出典:OPNERS
2014年に展開したウエストンとデザイナー「ケイスリーヘイフォード」とのコラボモデル。
2014年に展開したウエストンとデザイナー「ケイスリーヘイフォード」とのコラボモデル。キルティング加工したシルキーカーフスキンとボックスカーフのコンビ。
写真出典:BOQ
2011年のスプリングサマーコレクション
2011年「East Hampton」として展開したメゾンキツネとのコラボレーションモデル。スエードのコンビで、ブレイク製法で作られているのが特徴です。
写真出典:OPENERS
ベイクルーズで展開していた180シグニチャーローファー
ベイクルーズがファッションブランド「INNAMORATO」とコラボして展開したレディースモデル。足元が軽快に。写真出典:Bay Cruise Blog

スペシャルオーダー デザイン例

スペシャルオーダーなら、パーツごとに素材やカラーを選べるので、奇抜な180シグニチャーローファーも作れてしまいます!
ジェイエムウエストン 180シグニチャーローファー スペシャルオーダー01
ブラウンの濃淡が雰囲気あり。エイジングが楽しみな1足です。
写真出典:J.M.WESTON Facebookページ
ジェイエムウエストンスペシャルオーダー02
パーツごとに、素材感とカラーをかえたモデル。ライニングはレッドで、インパクトのある1足です。
写真出典:J.M.WESTON Facebookページ
スペシャルオーダー03
シンプルといえば、シンプル。とはいえ、ライトブルーで印象的なモデル。ソールの色も軽快です。
写真出典:J.M.WESTON Facebookページ
スペシャルオーダー04
かなりインパクトが強いクレージーパターンなものの、バランスのとれたモデル。
写真出典:J.M.WESTON Facebookページ
スペシャルオーダー05
まるで体操着みたいなローファー。グリーンとホワイトのボックスカーフで作られています。
写真出典:J.M.WESTON Facebookページ
スペシャルオーダー06
パテントレザーを使ったコンビ。ライトグレーとブラックにレッドのライニングが映えます。
写真出典:J.M.WESTON Facebookページ
ライン

いやー、180シグニチャーローファー、深いですね。

号外!?新しいローファーが仏/英サイトで紹介あり

フランス語版と英語版のジェイエムウエストンの公式HPにて、新作ローファーが紹介されています。

じゃじゃーん!!そのローファーがこれ!モデル「281」です。

ジェイエムウエストン新作ローファー「281」ホワイト
ジェイエムウエストン新作ローファー「281」ネイビー
ジェイエムウエストン新作ローファー「281」ブラウン
ジェイエムウエストン新作ローファー「281」レッド

写真出典:J.M.WESTON HP

推測になりますけれど、日本では4月下旬ごろお目見えになるかもしれません。
というのも、イセタンメンズ館のイベントで新作シューズ&バックフェアが予定されています。
こちらも楽しみですね。

ライン

最後に、サイズ選びについて、触れておきたいと思います。

ジェイエムウエストンの革靴は高品質で、10年履けると説明してきました。

だからというか、最初はタイトフィッティングで、ちょっときついかなと思うくらいが丁度良いようです。

それゆえ、ジェイエムウエストンの都市伝説として、「万力締め」がウエストンフィッティングだと噂されるくらい。

でも、本当に痛くて仕方がない靴って履かなくなってしまいますよね。

ジェイエムウエストンのローファーは10万円弱ですから、慎重にサイズ選びをしてください。

スタッフの方からのアドバイスも大切ですし、自分好みのフィッティングを分析しておくことも大切。

遠慮せずに、いろんなサイズを試して、運命の1足に出会ってくださいね!!

GOOD LUCK♪

ライン

<クロケット&ジョーンズ>ストレートチップ「AUDLEY(オードリー)」

【クロケット&ジョーンズAUDLEY(オードリー)モデル概要】

ブランド Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)
イギリス
モデル AUDLEY(オードリー)
使用シーン フォーマル/ビジネス
スタイル ストレートチップ
製法 グッドイヤー
特徴 ストレートチップは、最もドレッシィと言われるデザインです。「オードリー」は、クロケット&ジョーンズのなかでもハイグレードなハンドグレードラインの1足。そのため、アッパーだけでなく、ライニングやインソール、そしてアウトソールにも上質な革が使われていることがわかります。さらにシルエットを見ると、絶妙なバランスです。やや甲が高めなラスト337が採用されていて、日本人の足にフィットしやすいモデルです。
価格(目安) 85000円(税抜)
写真出典 FRAME
取扱ショップ クロケット&ジョーンズの取扱ショップ一覧へ
情報確認日 2015/3/9

姉妹サイト「Kutulin」でクロケット&ジョーンズAUDLEY(オードリー)のもっと詳しい解説をみる

クロケット&ジョーンズAUDLEY(オードリー)モデル概要の見方はこちらへ

<クロケット&ジョーンズ>Uチップの名作「MORETON(モールトン)」

【クロケット&ジョーンズMORETON(モールトン)モデル概要】

ブランド Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)
イギリス
モデル MORETON(モールトン)
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル Uチップ
製法 グッドイヤー
特徴 とてもシンプルで、普遍的なデザインが魅力のUチップです。クロケット&ジョーンズのモデルの中でも、名作と言われています。アッパーには、風合いが豊かで表情のあるバーニッシュドカーフが、ソールにはリッジウェイソールが採用されていますので(ダイナイトソール版もあります)、全天候型で実用性の高い1足になっています。
価格(目安) 74000円(税抜)
写真出典 FRAME
取扱ショップ クロケット&ジョーンズの取扱ショップ一覧へ
情報確認日 2015/03/09

姉妹サイト「Kutulin」でクロケット&ジョーンズMORETON(モールトン)のもっと詳しい解説をみる

クロケット&ジョーンズMORETON(モールトン)モデル概要の見方はこちらへ

靴の記念日(3月15日)ジョイント特別展示「時代を彩った名靴、流行靴30選」

<靴の記念日>に銀座タイムアンドエフォート(TIME & EFFORT)にて 日本の靴産業のルーツがわかるイベントを開催

3月15日は、靴の記念日。 みなさん、ご存知でしたか。 実は、この記念日、1932年に東京靴同業者組合が制定したそうです。 明治の初め、1870年3月15日に、東京の築地入船町に靴の制作工場を開業したのを記念しています。 この「靴の記念日」にちなんで、2015年3月10日(火)から15日(日)まで、銀座TIME&EFFORTにて、戦後の洋装化、ファッション化を彩った名靴、流行靴、ブランド靴をピックアップして展示し、併せて、日本の靴産業の変遷、歴史を紹介する展示イベントを開催。 展示されるもののなかで、EYELET編集部が注目しているのは、日本製靴(現リーガルコーポレーション)、大塚製靴、ユニオン製靴(現世界長ユニオン)などの昭和時代の靴メイキングビデオの映写です。 日本の靴文化は、まだ浅いものの技術力の高さは、どの国と比べても引けをとらないと言われています。 そんな日本のものづくりのルーツを知ることができる貴重な機会ですよ。 また、展示会開催期間中には、靴の形のクッキー「龍馬のブーツ」プレゼントや、トーク&交流会などの企画も。 銀座にお立ち寄りの際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

<時代を彩った名靴、流行靴30選>開催概要

名靴、流行靴30選

出典TIME & EFFORT HP

会場:「TIME & EFFORT」 東京都中央区銀座8-5-4 銀座マジソンビル1・2階

会期:3月10日(火)~3月15日(日)

時間:火~金12時~20時 土日祝11時~19時(定休日:祝日を除く毎週月曜)

入場:無料

特典:ご来場先着100名の方に靴の形のクッキー「龍馬のブーツ」プレゼント

SPECIAL:3月15日「靴の記念日」午後2時~5時<トーク&交流会>開催

詳しくは、「TIME & EFFORT」ホームページでご確認ください。

ライン