雨から大切な革靴をプロテクトしてくれるCOVY’Sオーバーシューズ

季節外れの暑い日が続く今日この頃。
例年よりも少し遅めなのかもしれませんね、今年の梅雨は。

革靴にとって雨と言えば、天敵。

一度、靴を濡らしてしまうと、ダメージにはなるし、リカバリーするにも時間がかかるし、良いことなしです。

そして、ビジネスマンの最大の悩みは、雨だからと言って、いつものスタイルを崩すわけにはいかないということ。

もちろん、レインブーツを履くわけにはいけませんので、雨に強い靴を用意しているという方が多いのではないでしょうか。

革靴でも、雨に強いと言われている素材があります。
例えば、チャーチなどで採用している、ポリッシュドバインダーカーフ。
これはカーフに加工をしてあります。

さらに、ゴアテックス仕様の革靴もあるので、こうした雨に強い素材をアッパーに用いてる靴があれば、ちょっと安心。

でも、雨の日が続いたらどうします?連日履くと、靴の寿命を縮めてしまいますし、さすがに足が蒸れてしまいそうですよね。

そこで、EYELET編集部員は、ずっと探していました。
スマホケースのようにシリコン素材でつくられたシューズカバーを。

で、見つけたのが、こちら!!

COVY'Sオーバーシューズイメージ01
シリコン素材のシューズカバー
COVY'Sオーバーシューズイメージ01
カラーは、写真のブラックをはじめ、ブラウン、ネイビー、オレンジ、グリーンなど

なんか、普通のぽっこりとした靴のような雰囲気がありますよね。

「COVY’Sオーバーシューズ」はドイツでデザインされたものなんです。

では、早速装着してみましょう。
ブラックを入手しましたので、まずは、<REIKO TSUKUI>のサイドレースシューズに装着します。

REIKO TSUKUIのレースシューズイメージ
絶対に濡らしたくないお気に入りの靴です
COVY'Sオーバーシューズイメージ03
サイドレースシューズに装着してみました。違和感ありませんよね
COVY'Sオーバーシューズイメージ04
上から見ても、違和感なし。ソールがシリコンで守られていると安心です
COVY'Sオーバーシューズイメージ05
踵部分は、中に入れている靴の方が高いため、少しはみ出してしまいました

今度は、ブラウン系の革靴に装着してみます。
選んだのは、<エドワードグリーン>のUチップ「ドーバー」です。

エドワードグリーンのドーバーイメージ
ドーバーは、コバがはりだしているので装着に不安が
COVY'Sオーバーシューズイメージ03
結局、ドーバーの場合、踵部分を含めてすっぽりカバーできました

これまでにも、靴をいかにも覆っているという感じのシューズカバーは存在していました。
でも、こちらのCOVY’Sオーバーシューズは、もっとスマートに見えるのが特徴です。

シリコン素材は、柔らかく、軽いので、持ち運びもラクラク。
オフィスに着いたら、靴から外して、また帰宅時には簡単に装着できます。雨からしっかり守ってくれて、見た目にも足元が浮いているようには見えないはず。

さらに、ソールにはグリップ力があり、滑りにくくなっているのも嬉しいですね。

COVY'Sオーバーシューズイメージ06
滑らないように、凹凸をつけ、グリップ力が備わったソール
COVY'Sオーバーシューズイメージ07
ドイツ主催の国際的デザイン賞を受賞している本作。収納ケースもかわいい!

このCOVY’SオーバーシューズはR&D取扱い。
そして、限定品のため、一部店舗のみで取扱いとなっているそうです。しかも、サイズ展開やカラーバリエーションも店舗によって異なっています。
ちなみにEYELET編集部員はこのCOVY’Sオーバーシューズを日本橋三越で手に入れました。

他には、池袋西武や銀座三越では取り扱っていると、確認しています。
このシューズカバーは、日経トレンディ(日経BP社)や、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」でご紹介されているので、さらに品薄になることが予想されます。ご興味のある方は早めにチェックを!

詳しくはR&Dホームページでご確認ください。

ライン

靴好き必見の映画『靴職人と魔法のミシン』

本日は、靴のご紹介ではなく、靴好きにおすすめの映画情報をお送りします。

その映画は、アダム・サンドラー主演の『靴職人と魔法のミシン』です。

この映画の監督を務めるのは、俳優としても活躍しているトム・マッカーシー。 マッカーシー監督といえば、大ヒットアニメ映画『カールじいさんの空飛ぶ家』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされた実力派ですよね。 映画『靴職人と魔法のミシン』は、そんな、マッカーシー監督が、オリジナル・シナリオで描いたヒューマン・コメディ。 ちょっとだけ、あらすじをご紹介しますね。
恋人も友達もいない冴えない中年のマックスは、ニューヨークの下町で小さな靴修理店を営み、単調な日々を送っていた。そんなある日、愛用のミシンが故障してしまい、物置で埃をかぶっていた先祖伝来の旧式ミシンを使って靴の修理をすることに。すると、不思議なことにそのミシンで仕上げた靴を履くと靴の持ち主に変身してしまうのだった。 それ以来、マックスは様々な世代や人種になりすまして、他人の人生を疑似体験する刺激的な日々を満喫し、平凡な人生が一気に動き出し始める。そんななか、親孝行のつもりで始めたことがきっかけとなり、ハプニングとトラブルに次々と見舞われるマックス。その先に待ち受けていたのは、人生をさらに大きく変えてしまう予想外の真実だった……。
自己発見をテーマにした本作。ぜひ、大人世代の方におすすめします。 というのも、この映画、俳優陣がすごいんです。 主役のアダム・サンドラ―をはじめ、ダスティン・ホフマン、スティーヴ・ブシェミなど豪華キャストが揃っています! 私、結構ブシェミ好きです。 靴をテーマにした映画は、これまでにもいくつかありました。 でも、クリスチャン・ルブダンだったり、どちらかというと女性の靴を取り扱うものが多かったような。 本作は、靴を大切にしているみなさんに、ご覧いただきたい作品ですね。 ちなみに、日本橋三越本店本館2階リペア工房で、この映画に関する特別企画を実施中。 なんと、この映画『靴職人と魔法のミシン』の劇場鑑賞券を50組100名様にプレゼントしてくれるとのこと。 応募締切は5月29日(金)。応募方法などの詳細は、日本橋三越本店本館2階リペア工房ブログの記事でご確認ください。

映画『靴職人と魔法のミシン』

2015年6月5日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか 全国ロードショー 配給:ロングライド 制作年:2014年 制作国:アメリカ 作品時間:98分 URL:http://kutsushokunin.jp/index.php © 2014 COBBLER NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

写真出典:ananニュース

ライン

濱野大輔さん(ハマノ製靴所/香川県高松市)|スペシャルレポート

足の問題や悩みを解決してくれる四国・高松のビスポーク店

香川県高松市の中心街に位置する高松丸亀町商店街。そこにハマノ製靴所があります。 そして、ハマノ製靴所の目の前には、濱野大輔さんのご実家でもある「ハマノ靴店」が。 祖父は靴職人、父は靴店経営者と、靴業界のサラブレッドと言える濱野さん。当然、幼いころより、靴に囲まれて育ったものの、幼少期には、不思議と靴への興味を感じなかったそう。 そんな濱野さんが、靴づくり、とりわけ足にトラブルを抱えている方のための整形靴に興味を深めていったのは、学生時代に出会ったインソールがきっかけでした。 現在では、地元香川県高松市で病気や事故で足に障害を負ってしまった人のためのビスポークなど、インソール、整形靴にこだわり、靴をつくり続けています。

そんな濱野さんの「ハマノ製靴所」にEYELET編集部がお邪魔し、お話を伺ってきました。

この記事の続きを読む ライン

【DIARY】アトリエコルテ THE STORY OF STAR!

以前より告知をさせていただいていたフランスのメゾン「コルテ(Corthay)」のイベント「アトリエコルテ」にお邪魔してきました。

今回は、コルテが25周年を迎える節目の年ということで、これまでのコルテの歩みを振り返りながら、あの美しい靴たちを鑑賞できるように展示されていて……。

そこは、さながら、美術館のようでしたよ。 美術館に行くと、作品ごとに小さなパネルで解説がされていますよね。 このイベント「アトリエコルテ」では、1990年にブランドスタートとか、2009年に 「Maitre d’Art(メートル・ダール=芸術のマスター)」を受賞など、どんなことがあったかを年ごとに解説したパネルが置かれていました。 だから、ブランドの歴史がよくわかりましたし、その歩み自体を蝶がサナギから美しく成長していく様とシンクロさせていて、アートとしても、十分楽しめました。 写真出典:isetan men’s Facebookページ このイベントは、明日5月26日(火)まで開催中です。 しかも、同期間中、伊勢丹新宿店ではフランスウィークを開催していますので、メンズ館で靴をみて、本館7階催事場で、フランスワインをお試し、なんてこともでできちゃいます。 お時間のある方は、ぜひ伊勢丹メンズ館地下1階紳士靴売場に足を運んでみてはいかがですか。 ライン

シューケア・シューオーダールーム「FANS.」2周年イベント

2013年5月、表参道にオープンした株式会社アールアンドデー(R&D)と荒井弘史靴研究所の共同運営によるシューケア&オーダーシューズ専門店「FANS.(ファンズ)」。 オープン2周年を記念して、靴の魅力をさらに発信すべく、大充実のイベントを開催します。 開催日は、5月30日(土)・31日(日)の2日間。 シューケア・シューオーダールーム「FANS.」2周年イベント お手入れ FANS.主宰で靴デザイナーの荒井弘史氏をはじめ、「彩革の匠」主宰の安富好雄氏、靴職人の津久井玲子氏、パティーヌ職人の伊藤ユースケ氏などなど、靴のスペシャリストが参加予定です。 イベントでは、シューケアマイスターがレザー製品を長持ちさせる正しい靴のお手入れ方法を伝える「靴の水洗い体験」、実際に自分自身の手で靴作りの工程を体験する「ハンドメイドシューズ 手縫い体験会」など、各種ワークショップを開催予定。 見て、聞いて、体験する、貴重なイベントです。
【5月30日(土)】 ・靴の水洗い体験 presented by 安富好雄氏(「彩革の匠」主宰) ・ハンドメイドシューズ 手縫い体験会 presented by 津久井玲子氏(靴職人/LECOTT) ・オーダーシューズ 新ラスト・新作発表会 presented by 荒井弘史(靴デザイナー) 【5月31日(日)】 ・R&D靴磨き女子部によるシューケアワークショップ presented by 靴磨き女子部 ・革小物オーダー会 presented by wins factory ・レザーパティーヌ体験コーナー presented by 伊藤ユースケ(パティーヌ職人) ・オーダーシューズ 新ラスト・新作発表会 presented by 荒井弘史(靴デザイナー) 【両日】 ・クリーム・ブラシ・ワックスなどを実際に使えるコーナー【SHOE CARE LAB】 etc.
シューケア・シューオーダールーム「FANS.」2周年イベント イメージ 荒井氏の靴
オーダーシューズのサンプル
シューケア・シューオーダールーム「FANS.」2周年イベント モウヴレイのクリーム
M.モゥブレィ・シュークリームジャー

「FANS.」2nd anniversary party

■日時:5月30日(土)・31日(日)13:00 ~19:00 ■場所:カルツェリアホソノANNEX ROOM 東京都港区南青山5-1-2 青山エリービル2F <東京メトロ表参道駅A4出口から徒歩1分> URL:http://www.shoe-repair.net./e213.html 詳しくはFANS.ホームページでご確認ください。 ライン

【DIARY】トレーディングポスト展示会

トレーディングポスト南青山店で行われた2015年秋冬プレス展示会にお邪魔してきました。 南青山店は、キラー通りにある落ち着いた雰囲気のお店です。 久々にお伺いしましたが、相変わらず広々とした店内で、非常に落ち着いた雰囲気。 そして、店舗のド真ん中には、ビリヤード台があり、華やかさもあるのが特徴ですね。 そのビリヤード台に新作が展示されていました!! 今回のテーマは、大きくわけて2つ。 ひとつは、カジュアル。 やはり、ビジネスでのカジュアル化の波があり、そのトレンドをキャッチアップすべく、靴専門のセレクトショップとしても、幅広く展開していきます。 とは言え、カジュアルといっても、そこには大人の革靴というフィルターがかかっているわけで。 新たに展開するスニーカーも、上質さ、上品さ、落ち着きを感じさせてくれます。 もうひとつは、クールさ。 カジュアル化の反動という意味もあるのだと思います。 革靴を履いて、タイドアップするのに相応しい男らしさを感じさせてくれるクールな革靴がラインナップしていました。 さらにさらに、30周年を経て、ますますパワーアップしているトレーディングポストを感じさせてくれる企画が!! まずは、クロケット&ジョーンズ。 これまでも、クロケット&ジョーンズ社とトレーディングポストは、別注モデルなど幅広く展開してきましたよね。 それを今年はさらにキャラバンを実施予定。 トレーディングポスト別注から生まれた名作ストレートチップ「オードリー」のフランス・パリ店でしか取扱いのない木型#369を使った新モデルを発表したり、チャッカブーツの逸品「チャートシー」を11色展開したりと、本当に盛りだくさん。この11色の中には、レアなカラーはもちろん、ホーウィン社のコードヴァンを使った貴重なモデルも。 本当に、クロケット好きにはたまりません。 さらに、イギリスの高級ブランド「ガジアーノ&ガーリング」の取り扱いも始まります。 2015年秋冬は、トレーディングポストに注目です。

《TIME & EFFORT 》「REGAL DAILY いつもの日に上質を」開催中

老舗ブランドREGAL(リーガル)が、銀座の「タイムアンドエフォート」にて、2015年5月20日(水)から31日(日)までの期間、<REGAL LADIES(リーガルレディース)>の多彩なラインナップを展開します。 リーガルレディースとは、日々を大切に過ごす女性と、ともに在りつづける靴をコンセプトにつくられたコレクションです。 シンプル、上品、正統、上質に加えて、履き心地の良さを大切な付加価値としています。 近年はメンズライクな本格革靴を履く女性が多くなってきました。 そうした女性が満足できる2つのラインナップをしています。 進化し続ける「レギュラーライン」 シーズンごとに旬を感じさせるシューズは、デイリーユースに相応しい履き心地とデザイン性を備えています。 仕事からプライベートまでトレンドをおさえたラインナップです。 つくり・素材に徹底的にこだわった「プレミアムライン」 リーガルの定番デザインをベースに、職人が一足一足丹念に手作りする、全てにこだわりを持った新たなラインナップです。 期間中には、通常では取扱いのないアイテムなども揃います。 ぜひ、この機会に永く愛用できるリアルクローズシューズを、奥様や彼女にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

<REGAL DAILY いつもの日に上質を>開催概要

会場:「TIME & EFFORT」
東京都中央区銀座8-5-4 銀座マジソンビル1・2階
会期:5月20日(水)~5月31日(日)
時間:火~金12時~20時 土日祝11時~19時(定休日:祝日を除く毎週月曜)
詳しくは、「TIME & EFFORT」ホームページでご確認ください。

高野圭太郎さん(クレマチス銀座)|インタビュー

エスペランサ靴学院を経て、巻田庄蔵氏、関信義氏のもとで修行し、2008年、銀座にアトリエを構えた高野圭太郎さん。高野さんのつくる靴は、細身でモダン。エレガントで凛々しく、そして程良い艶っぽさがありながら、ヴィンテージのような風合いもあると、多面的な魅力が詰まっています。 一方、靴のつくりは、非常に緻密。 そのクオリティの高さが認められ、イタリア・フィレンツェの名門テーラー『リヴェラーノ&リヴェラーノ(LIVERANO &LIVERANO)』でも取扱われています。

そんな高野さんの工房「CLEMATIS GINZA(クレマチス銀座)」にEYELET編集部がお邪魔し、単独インタビューをさせていただきました。

この記事の続きを読む ライン

【取材レポート】Corthay|コルテ新作モデル展示会

60年代からインスパイアされた 「Brighton(ブライトン)」と「Twist(ツイスト)」は シンプルながらひねりの効いたデザインが印象的!

1990年に創業し、今年25周年を迎えるフランスの高級紳士靴メゾン、コルテが、2015年4月8日(水)に、メゾンコルテ青山で新作を発表する展示会を行いました。EYELET編集部がお邪魔して、お話しを聞いてきましたので、ここにレポートさせていただきます。

今回は、60年代の「モッズ」や「ツイスト」からインスピレーションを受けて誕生したモデル「ブライトン」と「ツイスト」の2モデルと、ウォレットなど小物を新作として発表。

新作の2モデルは、どちらもシンプルかつ快適さを備えただけでなく、モデル名にもなっているように少し「ひねり」が効いていますよ!

では、まず、「ブライトン」からレポートします。

Brighton

「ブライトン」は、カジュアルでとてもシンプルなローファー。 それでいて、新しい工夫がされている靴です。

その工夫は、踵の部分。 踵に、コルテのスターマークが付いています。

コルテの新作「Brighton(ブライトン)」
スエードやスムースレザーのスリッポン
コルテの新作ブライトンはかかと部分に工夫が
かかとの部分に工夫あり!

そして、上の写真を見ていただくと、スターが刻印されている部分は、折ったり、立てたり、自由にカスタマイズして履けることがお分かりいただけますね。

パンツをロールアップして履くときは、スターが見えるように折っておくと、ワンポイントになり、目を引くはずです。

Twist

「ツイスト」は、一見するとレースアップシューズに見えますけれど、実はサイドエラスティック。 シューレースはフェイクなんですね。

ゆえに、スリッポンと同じように着脱がラク。 パッと見はクールな表情なのに、遊び心があるモデルです。

コルテの新作モデル「Twist(ツイスト)」
ラストはコルテの代表モデル「コルテ-アルカ」と同じ
コルテの新作「Twist(ツイスト)」イメージ
シューレース部分は、フェイクです

新素材を使った「Bel-Air(ベルエアー)」

さらに、こちらは新作モデルではなく、ソールに新素材のマイクロファイバーを使った「ベルエアー」です。 アッパーには、キャメルの革を使っていて、カジュアルな印象になっています。

ソールに新素材のマイクロファイバーを使った
ソールに新素材のマイクロファイバーを使った「ベルエアー」

ポップなカラーの小物も!

エキゾチックレザーを使ったカラフルなお財布もリリースされます。なかでも、特に目を引くのが「CASH」という文字が切り抜かれている札入れです。中身のお札がCASHの文字越しに見えて、デザインの一部になるように設計されています。 こんな小物を使っていると、それだけで明るい気持ちになりそうです。

新作の財布など
「CASH」の文字が切り抜かれた大胆なお財布

伊勢丹新宿店メンズ館でのイベント「アトリエコルテ」で 新作を先行発売!

今回ご紹介した新作シューズは、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階の紳士靴売場で先行発売となる予定です。イベントの期間は、2015年5月20日(水)から26日(火)まで。洗練されたデザインに美しいフォルムで人々を魅了するコルテの世界を感じてみてください。

メゾン コルテ青山Corthay(コルテ)

コルテは、1990年に靴職人のピエール・コルテによって創業されたフランスのブランド。 創業者のピエール・コルテは、パリの伝統的職業養成ギルドで修業を積んだのちに、ベルルッティやジョンロブを経て、ブランドを立ち上げました。そして、フランス文化省による「Maitre d’Art(メートル・ダール=芸術のマスター)」を受賞した靴職人として有名です。 コルテのカラーレーション コルテが大切にしているのは、顧客の意向を反映するアーティスティックな靴づくり。そのポリシーが反映されているシステムがカラーレーションのオーダーシステムです。 通常の既製靴とは異なり、コルテで並べられているコレクションは、あくまでもサンプルだということをご存知でしょうか。 サンプルを見て、好みのデザインやサイズを選んだ後に、カラーリストと相談しながら、自分の好みに色付けをしてもらうカラーレーションをオーダーすることになります(ブラックやキャメルの靴を除く)。しかも、スムースレザーだけでなく、スエードやパテントまでカラーレーションできるとのこと。 さらに、メゾン コルテ青山には、カラーレーションの職人が常駐しており、アフターサービスも万全です。

お問合せ:メゾン コルテ青山 TEL.03-3400-5060

<コールハーン>カラフルなウィメンズ「ゼログランド」発売

2014年7月に生まれたメンズシューズ「ゼログランド」。 12月にウィメンズ版がリリースされていました。 そして、この度、ウィメンズ版の新色が発売。 ゼログランドの超軽量で、優れたクッション性と屈曲性の特徴は、そのままに、春夏コレクションにふさわしいカラフルな色が揃いました。 デザインは、伝統的なオックスフォード(内羽根式)でドレス顔をしているにもかかわらず、スニーカーのような快適な履き心地は、最近のトレンドとなっています。 ゼログランドシリーズは、ユニセックスな商品で、世界的に人気です。 ちなみに、コールハーンでは、自分だけのドライビングシューズを簡単につくれるイベント「DRIVER SHOP」開催中。 <DRIVER SHOP 開催スケジュール> 5月13日(水)-19日(火) 大阪髙島屋 1F 5月16日(土)-17日(日) コール ハーン アウトレット木更津店 5月22日(金)-31日(日) イセタン シューズ&バッグス ルクア イーレ店 5月23日(土)-24日(日) コール ハーン アウトレット御殿場店

写真・記事参照元:コールハーンFacebookページ

ライン