川口昭司さん|MARQUESS(マーキス)|インタビュー

靴本来の本質を突き詰めながら 履いた時に自然と美しく見える「最高の靴」づくりをめざして

2002年に、渡英。英国ノーザンプトンにある公立の靴職業訓練校トレシャムインスティテュートで靴づくりを学んだ川口さん。在学中に訪れた「Shoe Museum」で、1900-’20頃につくられたハンドソーンウェルテッドシューズと出会ったことにより、その後、一貫して、力強さと繊細さを兼ね備えた英国の伝統的なクラシックシューズづくりを追求しています。 ’03年から、ジョージ・クレバリーやジョンロブ・パリの靴職人であったポール・ウィルソン氏に師事。木型製作から底付けまですべての工程を学び、3年半後に独立。そして、フォスター&サン、エドワード グリーン、ガジアーノ&ガーリングなどビスポーク靴店のアウトワーカーとして活動した後、’08年に帰国しました。日本に帰国しても、某ビスポーク靴店からアウトワーカーの依頼が来るなど計算外のことがありながら、’11年、同じくトレシャムインスティテュートで靴づくりを学んだ靴職人である由利子夫人とともに、満を持して東京・江戸川橋に自身のブランド「MARQUESS(マーキス)」を設立。設立から4年経った今、二人ではじめた工房に、三人の職人が集い五人のチームとなり、「最高の靴づくり」をめざしています。

進化を続けるマーキスのめざす靴づくり、そのこだわりの原動力を探るべく、アイレット編集部が川口昭司さん・由利子さんに単独インタビューをさせていただきました。

川口昭司さん・由利子さんのインタビュー続きを読む ライン

【DIARY】渋谷西武 LECOTT(レコット)パターンオーダー会&サンプルセール

当サイトで、先日告知をしていた

靴職人・津久井玲子さんによるLECOTT(レコット)のパターンオーダー会とサンプルセールに行ってきました。

実は、昨年もこのイベントは開催されていて、アイレット編集部員は、津久井玲子さんご本人にアドバイスをしていただきながらサンプルのブーツをGET!
津久井玲子さんのサンプルブーツ
ゲットしたブーツがこれ。スエードとスムースレザーのコンビで、雰囲気のある靴です。しかも、ウエスト部分がみっちり絞られています。
以前から、津久井玲子さんの革靴(既製品)を持っていたので、その良さというものを感じていましたけれど、ビスポーク的な仕様がふんだんに織り込まれたこのブーツは1点ものということもあって、とても愛着を感じています。 今年も1点ものを狙おうかなーなんて、密かに野望を抱いていたものの、事前に取材をさせていただいた時点で、合うサイズがないことがわかっていたため、今年は断念。 でも、イベントに足を運んで、実際に見てみるのが、アイレット編集部の信条。 なので、イベント開催2日目の土曜日、しかも午前中に渋谷西武にお邪魔してきました。 渋谷西武、実は8年ぶりの大規模リニューアル準備中。 みなさん、ご存知でしたか? 「アート&デザイン」をテーマに、A館・B館ともにさまざまなアーティストを起用して、高感度な店づくりをしていくそうです。 そんな中の、パターンオーダー会&サンプルセール。 一瞬、本当にやっているのかなー、なんて思ったら、ばっちり開催していました(←当たり前ですね)。 しかーし、結構早めに行ったのに、すでにお客さまが!! じっくり、見ている方の邪魔をしてはいけないと、遠目で見守りつつ、改装セールの品々を物色。 すると、ステファノベーメルのローファーが破格の5万円になっているのを発見しました(この時点で残り1点でした)。 閑話休題。 売場を見ていると、このイベントでには、お若く見える男性の方が、多く訪れていたという印象です。 それは、渋谷ならではということかもしれないのですけれど、津久井さんの靴を履いてみたいと思っていらっしゃる方がこの層にも多くいらっしゃるということなのかなーと、分析した次第です。 正直に言って、靴を買う、買わないは別として(実際には、足入れすると、ついつい欲しくなりますよね!)、百貨店など足を運びやすいパターンオーダー会などのイベントは、職人の方がつくられた靴を見て、試す、絶好のチャンス。 だから、一靴好きとして、こういうイベントには、足を伸ばしますし、そこでの出会いというものは、大切にしたいな、と思っています。 さらに、靴はファッションの中でも特別で、実際に靴そのものをつくっている職人さんとお話をできることも。 なので、まだこういったイベントに足を運んだことのない方がいらしたら、ぜひ、行ってみてもらいたいです。 職人のモノづくりの思いなどを含めて、感じることがいっぱいあるはずですよ!! ライン

フィルメランジェ別注トリッカーズ、2015年8月1日(土)発売!

2007年春にスタートしたジャパンメイドの天然素材にこだわった衣服を展開するブランド「フィルメランジェ」とイギリスの老舗シューズブランドの「トリッカーズ」がコラボレーション。

2015年8月1日(土)より発売される別注シューズは、2種類。
ひとつは、外羽根式のプレーンな短靴で、トゥ部分にメダリオンを施してあるモデル「チャールズ」。
もう一つは、ソールにヴィブラム社が考案したモアフレックスを採用したサイドゴアブーツの「ヴィクトリア」です。

いずれもフィルメランジェを象徴するカラーの杢グレーのスエード(レペロスエード)を2色使っています。

このレペロスエードは、汚れや水に強く、撥水性の高さが特徴です。

「チャールズ」はメンズのみの展開で、「ヴィクトリア」はユニセックス仕様。

トリッカーズファンの方は、チェックしてみてくださいね。

Tricker’s×FilMelange

【発売日】2015年8月1日(土)
【価格】■チャールズ(短靴) 85,000円+税
     サイズ:6~9H
    ■ヴィクトリア(サイドゴアブーツ) 87,000円+税
     サイズ:4~9H

写真出典・情報確認元:FASHION PRESS 情報確認日:2015/7/28

ライン

アイレットTIPS:ビスポークシューズについて考える

確かな腕と信頼できる人間性を感じる工房に
お任せするのがビスポークシューズを成功させる第一歩

世界でもっとも多種多様な靴が揃う街と言われる東京。ここに暮らす靴好きたちは、自分たちの好む靴を存分に堪能していらっしゃると思います。
とは言いながら、靴は、単に装うためのアイテムではなく、歩くための道具として、機能性も重要です。そのため、最終的には、自分だけの究極の1足を求めて、靴を誂えるという方が多いようです。
そのきっかけを少し分類してみましょう。

  • PATTERN.1 既製品のサイズに不満のある場合
  • PATTERN.2 機能性を追求したい場合
  • PATTERN.3 デザイン性・ファッション性を追求したい場合
  • PATTERN.4 誰も持っていない靴がほしい場合

1.2は機能面、3.4はデザイン面についての要求と大別することができます。あとは、つくりの良さというのは、大前提でしょうか。

この分類を念頭に置きながら、どんなビスポークシューメーカーに依頼すれば良いのかを考えていきましょう。

※今回は日本人のビスポークシューメーカーに限定して、考えていきます

シューメーカーの得意なスタイルと、自分の好むスタイルはマッチしている?

まずは、自分の好きなスタイルは、どんな靴かを良く考えてみてください。例えば、イタリア靴のように、スラッとしたフォルムに、スクエアなトゥシェイプがお好きならば、イタリアでの修業経験があったり、イタリアで活躍、評価されているビスポークシューメーカーを選ぶと良いですね。また、オーダーの前に、必ずハウススタイルやビスポークサンプルをチェックしてください。靴職人の得意なスタイルがわかりますし、サンプルの中に、良いなと思えるものがなかったら、そこでのオーダーはやめたほうが、お互いにとって得策です。事前に、実物をしっかりチェックしましょう。
ビスポークシューメーカーによっては、百貨店などで受注会をすることもあるので、その機会を利用してサンプルを見ると良いと思います。また、ビスポークシューメーカーに個別にアポをとって、サンプルを見させていただくこともできます。

イギリス イギリスで修業経験のある靴職人

川口昭司さん(Marquess)
福田洋平さん(Yohei Fukuda)
柳町弘之さん(Hiro Yanagimachi)
横尾直さん(NYC)

イタリア イタリアで修業経験のある靴職人

清角豊さん(Corno Blu)
久内淳史さん(Il Quadrifoglio)
鈴木幸次さん(Spigola)
深谷秀隆さん(Il Micio)

その他の地域で 修業経験のある靴職人

遠藤光志さん/フランス
(79 Soixante-dix-neuf)
白濱結城さん/フランス
(Yuki Shirahama Bottier)
三澤則行さん/オーストリア
(Misawa & Workshop)

日本 日本で修業した靴職人

江川治さん(o.e.)
大野毅さん(TYE Shoemaker)
斎藤融さん(TORU SAITO)
高野圭太郎さん
(クレマチス銀座)
津久井玲子さん(LECOTT)
橋本公宏さん

求めるものは、履き心地?それともデザイン性?

ビスポークシューメーカーは、大別して、この2つの点(履き心地・デザイン性)にこだわりを持っている場合が多いです。当然、レベルの高い工房であれば、この2つを高い次元で叶えてくれるので、どちらも追求することもできます。とは言え、やはり得意分野もありますし、「二兎追うものは一兎も得ず」という言葉があるように、中途半端になってしまうかもしれません。
そのため、やはりお願いする工房を選ぶ前に、ビスポークシューメーカーのこだわりをチェックしてみてください。もし、デザイン性にこだわるようであれば、じっくりとこちらの要望を聞いてくれて、提案をしてくれるビスポークシューメーカーがおすすめです。オーダーする方の要望をあまり聞かずに、なんでも「お好みでどうぞ」というスタンスだと要注意。結局、ビスポークシューメーカーの都合の良いデザインやつくりに落とし込まれるかもしれません。 やはり、ビスポークの醍醐味は、注文主と職人の共同作業で1足をつくりあげることにあります。ですから、要望はどしどし伝えるべし。ただし、あれもこれもと盛りこみすぎの仕様にしないことです。ベースとなるデザインが決まったら、ある程度はビスポークシューメーカーにお任せするのもおすすめ。お任せした分、きちんと考えて、提案してくれるビスポークシューメーカーは信頼できると判断ができます。

誰も持っていない靴がほしいなら

ビスポークでお願いすると、基本的には、世界で1足だけになるので、誰も持っていない靴になります。それよりも、もっと独創的で見たこともないような靴がほしい!という方は、お願いできるビスポークシューメーカーが限られてしまうかもしれません。それと言うのも、革靴のデザインというのは、あまり変化がないもので、革新的な靴をつくれるデザイナーとしての資質が高い人が多いわけではありません。職人の中には、職人、技術者として優れている人と、デザイン性の高い靴を生み出せる柔軟性の高い人がいます。お願いしたい人はどちらのタイプか、考えてみてください。



とにかく、サンプルをしっかり見て、判断することが大切

これまで、ビスポークシューズをお願いするときに、考えておきたい点を説明してきました。しかし、既製靴と違って、完成品を見て選ぶことができないので、そこは、サンプルを見て判断することしかありません。あとは、職人の良心と言うか、矜持と言うか、そういった心意気に任せることになります。
ビスポークシューメーカーでは、一人ですべての工程をこなす体制をとる場合もありますし、分業をしている場合もあります。靴づくりには、大きくわけて製甲と底付の工程があり、製甲の経験を重ねてきた場合は、底付技術が備わっていなかったり、その逆もあるわけです。どちらの技術も備わっているか、サンプルで見極めてください。靴をつくる職人がどのような経験を積んできたかや、靴へのこだわりがわかると思います。

それでもどのように選べば良いか判断がつかないなら

いろいろと考えてみたけれど、どのビスポークシューメーカーにお願いするか迷ってしまうならば、百貨店や靴の専門店を通して受注会を行っているメーカーがおすすです。それというのも、靴のプロのフィルターを通して、これなら安心して販売ができると判断されているから。はっきりとした形になっていないものを販売するというのは、取り扱うお店にとってもリスクですよね。それでも、そのお店が受注会をするということは、信頼があるということですし、厳しいプロの目から見ても、自信を持っておすすめできるということです。また、百貨店であれば、カード優待などのメリットもあります。
一方、独自の工房を持っていて、そこだけを販路としているシューメーカーに頼むなら、ある程度自分自身でモノの良し悪しを判断しないといけないということを肝に銘じておいた方が良いかもしれません。

出来上がってきた靴を履いた時に、心から喜べるように、この人なら任せて安心と思える職人と出会えることを願っています。

ライン

7月22日放送NHK『あさイチ』の「靴は万病のもと!?」特集レポートPART.2「正しい靴の選び方」

前回の記事「7月22日放送NHK『あさイチ』の「靴は万病のもと!?」特集レポートPART.1」では、10の苦痛を引き起こす原因についてレポートしました。 その原因とは、「ゆるい靴」です。 靴を購入する際に、ちょっとでもキツく感じると、歩くのが苦痛になるかも、と自分の身を案じてしまって、ゆったりした靴を選びがち。 でも、革靴というのは、履きこむほどに革が伸びますし、インソール自体も沈み込んでくるので、ゆるくて楽だなーと思っていた靴が、ゆるすぎて履きにくい!!なんてことになるかもしれません。 しかも、そんなゆるい靴を履くことで、内臓の不調まで引き起こされるとしたら、手を打たないわけにはいきませんよね。 そこで、今回の記事では、『あさイチ』の放送をベースに「じゃあ、どういう靴を選べば良いの?」という疑問に対して、正しい靴の選び方についてご紹介します!

己の足のサイズを知ることが大切

ここは、とても基本的な話ですね。 靴選びをする際に、必ず問題になるのが、サイズ。 靴というのは、1mm程度の厚さがあるインソールを入れるだけで、履き心地が変わるくらい、意外に繊細な履物です。 だから、サイズ選びは慎重にしなければなりません。 しかし、このサイズ表記というのが厄介で、国によって表記が違いますし、ブランドごとでも、サイズが違います。 例えば、チャーチの「6」が合っていたとしても、エドワードグリーンの「6」が合うわけではありません。 もっと言えば、同じブランドでもラストによって、サイズ感は異なってきますし、さらに同じラストで同じサイズ表記のものでも、個体差があります。 このように言い始めたらキリがないので、じゃあ、どうすればよいかと言うと、靴を基準に「自分のサイズはこれだ!」と決めつけずに、まずは自分の足のサイズをしっかり把握しましょうということ。 実寸を把握したうえで、実際に履いてみることがなにより大切です。 ちなみに、アイレット編集部員は、己の足を知るために、「アシックスウォーキング」が提供している3次元足型計測サービスで実際に計測していただきました。 その結果がこちら。 アシックスウォーキングの測定結果表イメージ 足長/足囲/かかと幅/足高/アーチ高など、知っておきたい数値を把握できるだけでなく、自分が人と比べて、どうなのかということもわかってきます。 特に、足囲については、自分自身のサイズを認識している方が少ないと思うので、このサービスをおすすめしたいです。 とは言え、足囲が太かったら、それにあったデザインしか履けないとなると、ちょっと悲しいですよね。 なので、自分のサイズを把握しつつ、あとは、インソールなどを駆使して、靴を自分サイズに合わせていく作業が必要かなと……。 この作業を自分でやるのは無理なので、シューフィッターさんに相談してみましょう。 ちなみに、アシックスウォーキングの足型計測サービスは無料で、計測したデータをもとに、足に合う靴をご提案してくださいます。

足にピッタッと吸い付いてくる靴を選ぶ!

さあ、次は、靴選びのポイントです。 ざっと、あげてみます。
  • しっかり甲の押さえができる紐靴を選ぶ
  • 少しきついと感じる程度のサイズを選ぶ
  • かかとから土踏まずの部分にカウンター(固い芯材)が入っている靴を選ぶ
  • ソールの返りが良い、柔軟性のあるものを選ぶ
そして、自分のサイズを客観的に把握したら、とにかく、実際に履いてみましょうという話をしました。 でも、履いたところで、どんなフィット感ならOKなのかというと、それが一番難しいのですよね……。 目安としては、少しきついと感じる位。 そして、レースステイが、閉じきっていないか、かかと部分が浮いていないかを確認。 さらには、ボールジョイントとつま先部分をチェック。
ボールジョイント図
写真出典:http://www.tokyokoukenpo.or.jp/
ボールジョイントを触ってみて、張りすぎていないか、逆にゆるすぎないか、確認しましょう。 つま先部分は、捨て寸が多少あればOK。また指が動かせるか、チェックしてみてください。

※糖尿病や重度の外反母趾などを抱えている方は、専門医に相談して靴選びをしてください。

そうそう、靴選びをする際には、自分の足がむくむ時間帯を考慮してくださいね。 ※夕方にむくむ人が多いと言われていますけれど、それも人によってまちまちだそうです。 このように、なにかと難しい靴選び。 自分にとって究極の1足を誂えてしまうのも手かもしれません。 とはいえ、いろいろな靴を楽しむためにも、これらのことを考慮して靴選びをしてみてくださいね。 ライン

7月22日放送NHK『あさイチ』の「靴は万病のもと!?」特集レポートpart.1

本日(2015年7月22日)放送の『あさイチ』ご覧になりましたか!?

なんと、特集のタイトルが「靴は万病のもと!?」。

靴を履くと、体に悪いのか……、なんて不安を感じながら、テレビをガン見してしまいました。 結論から言うと、「靴」を履くのが病気につながるのではなく、「ゆるい靴」を履くことが諸悪の根源になるということでした。 なんと、外反母趾や膝痛だけでなくて、内臓の調子が悪くなるかも……。 もしかすると、現在の不調は靴のせいかもしれません。 では、ゆるい靴を履くとどんなことが起こるのか、図を使ってみていきましょう。ゆるい靴が引き起こす10の苦痛 まず、ゆるい靴を履くと、靴の中で足が滑ってしまいます。 すると、摩擦が起こり、靴ずれに。そして、「魚の目」や「タコ」ができてしまうのですね。 そして、ゆるい靴を履くと、足の指でグリップしながら歩くことができずに、足裏の筋力が低下していくそう。 そうすると、足裏のアーチが崩れてしまい、足本来の役割である、クッション性も下がってきて、「外反母趾」や「膝痛」を引き起こします。 もう、なし崩し的にどんどん苦痛に見舞われる感じです。 そして、ここからが恐ろしいところ……。 さらに全身のバランスが崩れていくと、「腰痛」「肩こり」「顎関節症」を引き起こします。 そしてそして、第二の骨格と言われる「筋膜」がゆがむと、「胃もたれ」「生理痛」「便秘」になってしまうそうです。 「筋膜」と言う言葉は、聞きなれない言葉だと思いますけれど、足裏から頭の先、さらには内臓とつながっている組織です。 1枚皮でつながっているような組織なので、一部にゆがみが生じると、全体にそのゆがみが波及してしまいます。 だから、ゆるい靴を履いていると筋膜にゆがみが生じて、内臓の不調を引き起こしてしまうのですね。 あーーー、恐ろしい!! では、どんな靴を選べば不調が起きにくいのか……。 次回、「7月22日放送NHK『あさイチ』で「靴は万病のもと!?」特集レポートpart.2」でお伝えいたします! ライン

北欧デザインのシンプルなシューケアキット<タンジェントガーメントケア>

シンプルで、自然なテイストが魅力の北欧デザイン。 優しさや温かみを感じさせてくれるので、日本でも人気で、暮らしに根付いてきていますね。

今回ご紹介する<TANGENT Garment Care(タンジェントガーメントケア)>は、2012年に生まれたスウェーデン・ストックホルム発のブランド。

大好きなものを、長く大切にする北欧の暮らしの文化のもとに、衣類と靴のケア用品のシリーズを展開しています。 そのコンセプトは、スタイルをもった大人のためのガーメントケア。 このシューケア用品は、天然由来の原料を使用していて、純粋なエッセンシャルオイルでシンプルに香りづけしてあるそうです。 これまでのシューケア用品に、シンプルなデザイン性をプラスしたシューケアキット。 暮らしの中のデザインにこだわる方におすすめします。 シューケアキットL 16,740 円 (税込)
[セット内容]シュー・グリース/シュー・ポリッシュ(無色・黒・茶、全3色)/シュー・ブラシ(ライト・ダーク、全2色)/シャイン・クロス <写真出典および情報:BIOTOPE INC.> 情報確認日:2015/07/21 ライン

【DIARY】阪急メンズ東京 3DAYS SPECIAL BARGAIN

今年も行ってきました!! 阪急メンズ東京が年に2度開催する「3DAYS SPECIAL BARGAIN(3デイズ・スペシャル・バーゲン)。 今年の開催は、イセタンメンズのセールが開始してから初の土曜日ということで、どちらに行こうか迷った方も多いかもしれませんね。 靴の場合、サイズの問題もありますので、どちらに行くのが良いかというのは、一概に言えませんけれど、3デイズ・スペシャル・バーゲンには、思い切った値下げをしている商品がチラホラあります。 例えば、「ガジアーノ&ガーリング」。
ガジアーノ&ガーリング スリッポン
写真出典:Pen Online
こちらの定価は12万程度。 それが、なんと、3万円!!! もう、1/4の価格です。 他には、国産シューズでは<ペルフェット>のサンプルシューズが数多く展開されていたり。 また、今回の出品はありませんけれど、ジャコメッティのローファーが25,000円だったこともあります。 そんなこんなで、毎回、期待をしながら、3デイズ・スペシャル・バーゲンに足を運んじゃうんですよー。 この3デイズ・スペシャル・バーゲンは、本日(7/20)まで。 目玉商品については、ほとんど初日に売れていると思います。 でも、興味のある方はチェックしてみてくださいね。 ライン

【DIARY】イセタンメンズ2015夏のセールに参戦!

はじまりました、オサレメンズたちの戦い。 イセタンメンズのセールです。 男の人たちがセールで並び、走る姿って、このセールか、阪急メンズの3Daysバーゲンでしか見たことがありません。 それだけ、勝負しがいのある戦いということですね。 アイレット編集部もこの勝負の1日目に参戦してきました。 最初に、総評をしておくと、今回のセール、なんだか通常のセールとは違っていたような気がします。 靴のセールというと、3年落ちのものを目安に出されているのが通常。 でも、今年は新しいものがチラホラ混じっていたので、「あ、これほしかったんだよね」というのが出されていたんですよね。 例えば、「エドワードグリーン」。 グリーンというと、セールにはでないという印象があったと思います。 でも、なんと新ラスト「890」が採用されていて、新ロゴになったモデルまでセールになっていました。 以前ご紹介した、下の写真の一番右にあるワンピースのモデルも出品されていましたし、ラスト「82」を採用したフルブローグのマルバーンなんかもあって、、、。あとは、ラスト「888」のウエストミンスターやチェルシーなんかも。とはいえ、初日でだいぶなくなっていると思います。 edward_green_890_isetan_02   次に、「クロケット&ジョーンズ」。 こちらも、結構出ていましたねー。 エドワードグリーン同様に、2015SS商品が早くもオフ! 以前ご紹介したこちらもセールに。 Crockett&Jones|クロケット&ジョーンズ ウィングチップコンビシューズ すでに、小さいサイズは完売していました。残念!! そして、「パラブーツ」はデッキシューズの「バース」が中心。アイレット編集部がおすすめする「マッチ」(※写真下)の姿もありました。初日の早い時間に行けば、ローファーなんかもあったとのことでした。 パラブーツのスニーカー「マッチ」 ちなみに、パラブーツの婦人靴売場では、なんと人気の「シャンボード」がセールに!!スエードのレディースモデルが35000円(税抜)と破格のお値段になっていました。 さらに、2015SSからスタートしたの「ロトゥセ」もセールに!! 今回、一部だけをご紹介しましたが、やはり品揃えは随一で、見ごたえがありますので、ぜひ足を運んでみてくださいね(´▽`*) ライン

<LECOTT(レコット)>パターンオーダー会&サンプルセール(7/24-26)

革靴に関連するイベント情報

<LECOTT(レコット)>パターンオーダー会&サンプルセール

開催期日
2015年7月24日(金)~26日(日)
開催場所
渋谷西武
開催概要
確かな技術とセンスで、繊細かつ力強さを兼ね備えた靴をつくりあげる靴職人・津久井玲子氏のブランド<LECOTT(レコット)>パターンオーダー会およびサンプルセールを開催。期間中の11:00-19:00には、津久井玲子氏ご本人が来場し、パターンオーダーのカウンセリングや注文に直接応じてくれます。さらに、オーダー会にともない既成品が揃うだけでなく、サンプルセールを実施予定です。サイズが合えば、お値打ちな1点物の靴が揃っています。※サンプルセールに出品予定の靴は当アイレットの記事「靴職人・津久井玲子氏による<LECOTT(レコット)>が渋谷西武にてパターンオーダー会&サンプルセールを開催」でご確認ください。

詳しくは LECOTT(レコット)HP でご確認ください。