革靴お手入れLOVERに告ぐ。靴クリーム2割引のチャンスをお見逃しなく!

現在、東急ハンズ全店で開催中の「ハンズメッセ」。 大感謝バーゲンと銘打ち、いいモノをおトクなプライスで手に入れられる機会になっているので、大人気のイベントです。 当然、アイレット編集部もチラシをチェックして、新宿店に行ってきました。 お目当ては、靴クリーム全品20%OFF。 「一部商品・メッセ商品を除く」とチラシには書いてありましたので、プレミアム系の靴クリームは除外なんじゃないの、と疑いつつ足を運んでみると…… いやいや、あのフランスのクリームも、ドイツのクリームも、メイドインジャパンのクリームも対象になっていました!! 靴クリームがお安く手に入る機会というのは、福袋くらいしかないので、これは絶好のチャンスと捉え、爆買いしてきましたよ。 このイベントは、9月2日(水)まで。 ぜひ、チェックしてみてくださいね。 ※ハンズメッセのデジタルチラシはこちら ※メイン写真はイメージです。 ライン

ORDER FILE|MARQUESS(マーキス)川口昭司さん

力強さと繊細さを兼ね備えた 英国の伝統的なクラシックシューズづくりを追求

2002年に、渡英。英国ノーザンプトンにある公立の靴職業訓練校トレシャムインスティテュートで靴づくりを学んだ川口さん。在学中に訪れた「Shoe Museum」で、1900-’20頃につくられたハンドソーンウェルテッドシューズと出会ったことにより、その後、一貫して、力強さと繊細さを兼ね備えた英国の伝統的なクラシックシューズづくりを追求しています。 そんな川口昭司氏が率いる<マーキス>によるビスポークサンプルやオーダーシステムを詳しくご紹介しています。 力強く、繊細な英国靴を目標に日々靴をつくり続けている<マーキス>のオーダー情報をぜひご覧ください。 川口昭司さん・由利子さんによる<マーキス>オーダーファイルの続きを読む ライン

靴の中は、まるで蒸し風呂?

気温30℃、湿度90%という靴の中の世界。湿気対策が必須です!

生活用品メーカーのエステーが、ビジネスシューズについての調査をホームページで発表しています。

ビジネス靴の「蒸れ」を16時間追跡。湿度は驚きの99.49%まで上昇!
というタイトル。非常に衝撃的で、ギョッとしてしまいました。
これは、聞き捨てならないと、記事を読み込んでみましたので、ここにご報告します。

記事によると、エステーは超小型の高性能センサーを利用して、被験者が実際にビジネスシューズで過ごした16時間のデータを10秒ごとに計測。

独自に靴の中の「温度」と「湿度」を計測することで、「靴の中の空気」を明らかにしました。

まず、実験が行われた日の気温と、被験者が1日をどのように過ごしたのかをご紹介します。

実験日は8月6日、最高気温が35.9℃の猛暑日でした。
そして、朝8時過ぎの出勤から、帰路につく24時まで、靴の中を計測しました。

午前中は、エアコンの効いたカフェで打ち合わせ、午後はオフィスでデスクワーク。
デスクワークの3時間半、靴を脱いで過ごした結果がこちらのグラフです。

靴の中の湿度と温度
写真出典:エステーホームページ

なんと、靴を脱いでいるとき以外は、靴の中の湿度が90%越え。
温度はというと、最高気温が37.02℃。

この環境は、換気の悪いお風呂に近いそうです。
そんな状況になっているなんて、考えたくもありません。

とは言え、それが現実だとしたら、湿気に対して、どのように対処すれば良いのかというと、グラフが示しているように、靴を脱ぐのが効果的。

オフィスでは、替えの靴を用意して、履いていた靴には、靴専用の除湿剤を使いましょうとまとめています。

これから秋に向かっていくので、個人的には、ここまでの高い数値は出ないと思っていますが、なんらかの対策は必要な気がします。

これまでの1日1足の固定概念にとらわれることなく、オフィスで履き替える靴のローテーションを組んで、数多くの革靴を愉しむというのもありかもしれませんね。

記事参照:エステーホームページ ライン

<シェットランド・フォックス>パターン・オーダー会(8/26-9/8)

革靴に関連するイベント情報

<シェットランド・フォックス>パターン・オーダー会
開催期日
2015年8月26日(水)~9月8日(火)
開催場所
博多阪急百貨店 6階 紳士靴売り場
開催概要
シェットランドフォックスは、リーガルコーポレーションのプレミアムブランド。流行にとらわれない永く履ける靴をコンセプトにしています。アッパーの素材や色、アウトソールやライニングなどのディテールを選び、自分だけの1足を作れるパターンオーダー会を開催。

詳しくは  シェットランドフォックス でご確認ください。

ライン

<アンソニークレバリー> パターンオーダー会(9/26)

革靴に関連するイベント情報

<アンソニークレバリー> パターンオーダー会

写真出典:日本橋三越
開催期日
2015年9月26日(土)
開催場所
日本橋三越
開催概要
英国ジョージクレバリー社の最高級ライン<アンソニークレバリー>のパターンオーダー会を開催。美しい曲線と上品なデザインで世界中に多くを顧客を持つ<アンソニークレバリー>は、数々のビスポークで培った技術と感性を感じさせてくれるブランドです。このパターンオーダー会では、豊富なカラーバリエーションと二種類の底材の中から選択できます。

昨年度開催の<アンソニークレバリー>パターンオーダーレポート

詳しくは  日本橋三越本館3階 メンズシューズサロン でご確認ください。

ライン

<Paul Smith> 2015AW Shoe Collection(8/26-9/8)

革靴に関連するイベント情報

<Paul Smith> 2015AW Shoe Collection

写真出典:阪急メンズ東京
開催期日
2015年8月26日(水)~9月8日(火)
開催場所
阪急メンズ
開催概要
阪急メンズ東京紳士靴売場に、「ポール・スミス」が登場。厳選された素材で、ギミックが効いたデザインになっているのが特徴です。期間中に、ポール・スミスシューズを購入すると先着30名にスペシャルギフトも。

詳しくは  阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴売場 でご確認ください。

ライン

<エドワード グリーン>パターンオーダー会(9/9-15)

革靴に関連するイベント情報

<エドワード グリーン>パターンオーダー会

写真出典:日本橋三越
開催期日
2015年9月9日(水)~15日(火)
開催場所
日本橋三越
開催概要
英国・ノーザンプトンの老舗シューズメーカー<エドワードグリーン>は、まさにドレスシューズの王道とも言えるシューズメーカーです。木型・革・素材・サイズ・ワイズを選び、ジャストフィットの1足を高い技術でつくりあげます。

詳しくは  日本橋三越本館2階 メンズシューズサロン でご確認ください。

ライン

ワールドフットウェアギャラリーで2015-16秋冬 シーズンインアニバーサリーフェア開催中

靴のセレクトショップ「World FootwearGallery(ワールドフットウェアギャラリー)」が、2015-16秋冬 シーズンインアニバーサリーフェアを開催中です。 今回のコレクションは、『デカダン バビロニアン』をテーマに展開。 全体的にダークなトーンで、艶っぽい靴が揃っています。 この2015-16秋冬 シーズンインアニバーサリーフェアでは、新たなシーズンを迎えることを祝して、新作8%OFFに。 開催期間は2015年8月22日(土)~9月6日(日)。 ちなみに、ワールドフットウェアギャラリー神宮前店2FにあるWFGマエストロサロンでは、「WFG Maestro Salon Debut event(WFGマエストロサロンデビューイベント)」も開催中です。 8月22日(土)から開催されている第一弾は、皮革染色職人・藤澤宣彰氏が手がけるパティーヌプレタポルテシューズを、そして、8月29日(土)からは、第二弾として、靴クリエイター・横尾直氏による<NAO YOKOO>パターンオーダー会を開催します。 秋冬の新作を見て、触って、革靴シーズンでもある豊かな秋の訪れを感じてくださいね。

写真・情報出典:ワールドフットウェアギャラリー

ライン

革靴への愛着度をアップするお手入れ道具って?

その道のプロなら、命とも言える、道具。

例えば、料理人であれば、包丁にこだわりを持っているでしょうし、もしピアニストだったら、そのピアノの状態をいつもベストに保つように心がけますよね。

プロ野球のイチロー選手などは道具を人一倍大切にしているそうです。

料理人は美味しい料理をつくるために、ピアニストは美しい音色を奏でるために、野球選手はベストのパフォーマンスをするために、その道具が欠かせないからです。

だから、プロは、自分たちが使う道具を大切にしています。

ビジネスパーソンの道具と言えば、「革靴」です。

みなさん、お手入れ、しっかりしていますか?

実は、革靴には、日々の簡単なお手入れが重要です。
もちろん、たまには集中して、汚れを落としたり、靴クリームで保湿したり、ワックスがけをしたりすべきなのですが、毎日ブラッシングするだけで、ある程度靴の状態を保つことができます。

だから、ブラシにはこだわりを持っている方、多いですよね。
アイレット編集部員も、ほこり落とし用の馬毛ブラシと靴クリーム用の豚毛ブラシと用途に応じたブラシを揃えています。

この二つのブラシは揃えている方が多いと思います。
しかし、コバ用ブラシなどは見落としがちかもしれませんね。

でも、実は、コバの印象が、靴全体の印象を左右するほど奥深いものだということをご存知ですか。

コバに汚れがたまっていたり、色が剥がれていたりすると、それだけで靴全体がくたびれた印象になってしまいます。

今回ご紹介するのは、江戸屋のコバ用ブラシです。

江戸屋コバ用ブラシ

革靴好きにはメジャーな江戸屋は、なんと享保三年(1718年)に将軍家から「江戸屋」の屋号を与えられた江戸刷毛の専門店。

このブラシは、”機械植え”。
しかも、毛足が長く、毛の密度が濃いので、弾力があり、しっかりとコバまわりのケアをすることができます。

江戸屋コバ用ブラシ
edoya_02

道具を揃えるだけで、満足してはいけませんが、新しいケア用品を手に入れると日々のお手入れが楽しくなってくるはずです。

ぜひ、お気に入りのお手入れグッズを見つけて、手入れをしながら使ってみてくださいね。

ちなみに、この江戸屋コバ用ブラシは、江戸屋オンラインショップで購入できます。

ライン

革靴の名脇役に注目!勝手に付属のシューズバッグをランキング!

ブランドのコンセプトを体現しているシューズバッグ等を調査。
イギリス・フランスブランドのこだわりがすごい!

革靴を購入すると、付いてくることが多い、シューズバッグやシューズクロス。
みなさん、使用していますか?

革靴をおろしてしまうと、シューズボックスに入れるので、シューズバッグは使わないという方が多いかもしれませんね。

でも、実はこのバッグ。
オークションサイトなどで、靴とは別にバッグ単体で取引されていることもあるほど、価値があるものなんです。

だから、使わなくても、捨てずに保管をしておくことをおすすめします。

今回は、スポットライトが当たりにくい革靴の名脇役(?)、シューズバッグ・シューズクロスなどの付属品を調査し、(1)高級感(2)デザイン性(3)ブランドイメージとの合致性(4)お得感(5)アイレット編集部員の好みから勝手にトップファイブをランキング。

この調査から、ブランドによっては、凝ったものを用意していたり、付属品にはお金を掛けずに、革靴自体の価格を安く設定していることが見えてきましたよ。

第1位 オーベルシー(フランス)

<オーベルシー>シューズバッグ
以前は、イセタンメンズなどで取扱いがあったものの、今では国内で手に入りにくくなったフランスのブランド「オーベルシー」のシューズバッグです。このバッグは、ブランドロゴの刺繍に、パイピングが施されていたりと、デザイン性の高さが特徴です。しかも、素材も高級感があります。ブラウン×ブルーの配色もシックですね。

第2位 ジョージクレバリー(イギリス)

ジョージクレバリーシューズバッグ
ジョージクレバリーの既製ラインに付属していたシューズバッグです。「G」「C」のアルファベットが刺繍されています。デザイン的には、シンプルで、かえってこの文字の高級感が引き立っているように感じます。

第3位 アルフレッドサージェント(イギリス)

アルフレッドサージェントシューズバッグ・クロス
アルフレッドサージェントのシューズバッグとシューズクロスです。いずれも「A」「S」のアルファベットが刺繍されています。しかも、ネイビーとブルーをバッグとクロスに反転させて使用。すっきりとしたデザインです。さすが、アルフレッドサージェント。コスパにデザインにと器用なブランドですね。

第4位 ジョンロブ(イギリス)

ジョンロブシューズバッグ
高級革靴のキング「ジョンロブ」は4位にランキング。しかも、このデザインは、かなり前のものですね。ジョンロブカラーのイエローに、レザーをつかったラベルがポイント。ブランドイメージを具現化しているシューズバッグです。

第5位 パラブーツ(フランス)

パラブーツシューズバッグ
パラブーツのシューズバッグは、非常にシンプル。これは古いタイプのもので、起毛素材を使っていますので、厚みがあり、クッション性が高いバッグになっています。基本的に、パラブーツは、ドレスラインにしかシューズバッグを付属していないそう。要注意です。

トップ5のブランドにお気に入りのものはありましたか?

では、他のブランドの付属品もご紹介します。

トリッカーズ(イギリス) トリッカーズ
エドワードグリーン(イギリス) エドワードグリーン
クロケット&ジョーンズ(イギリス) クロケットジョーンズ
チャーチ(イギリス) チャーチ
サントーニ(イタリア) サントーニ
フラテッリジャコメッティ(イタリア) フラテッリジャコメッティ
ジェイエムウエストン(フランス) ジェイエムウエストン
ハイリンヒディンケラッカー(ドイツ) ハインリッヒディンケラッカー
サルトル(フランス) サルトル
メルミン(スペイン) メルミン

当然、革靴を購入する際に、付属品を基準にすることはないと思いますけれど、ブランドの世界を楽しむアイテムの一つには変わりませんよね。

ぜひ、付属品にもご注目ください!

ライン