どこか懐かしさを感じる東欧靴の魅力

オーストリア・ウィーンにハンガリー・ブタペスト。
ハプスブルク帝国の下で成長した2都市で
今もなお、伝統的な靴づくりを受け継ぐ

世界史を専攻していた方や、少女漫画『ベルサイユのばら』ファンの方ならば、馴染みのある「ハプスブルク帝国」。中世に中欧と東欧に広く君臨した帝国で、絢爛豪華な宮廷文化が栄えたことで有名ですね。例えば、モーツァルト、ベートーベン、シューベルトなどの有名な音楽家はこの時代に、オーストリア・ウィーンで活躍しています。
なんだか、歴史の授業のようですね……。
ともかくハプスブルク帝国は中世ヨーロッパで一大勢力を誇った帝国であり、しかもその帝国は約650年も続いていたのです。そこでは宮廷文化が花開き、贅沢品が数多く生み出されてきました。
当然、靴も例外ではなく、中世より手製の一流品がつくられてきたようです。その伝統は、ハプスブルク帝国の庇護の下で成長してきたオーストリアの首都ウィーンとハンガリーの首都ブタペストのシューメーカーに受け継がれています。

一方で、東欧のプロダクツの魅力と言うと、ハンドメイドでの丁寧でしっかりとしたつくり。
そして、靴で言えば、寒さの厳しい土地柄ゆえの堅牢さや無骨さが特徴としてあります。
さらに、オーソペディックな木型で履き心地の良さも兼ね備えていることも魅力のひとつです。
今回は、そんな伝統を持つオーストリア・ウィーンのシューメーカー<ルーディック・ライター>とハンガリー・ブタペストのシューメーカー<ヴォーシュ>を通して東欧靴の魅力に迫ります。

熟練したクラフトマンシップで靴づくりを続ける老舗<ルーディック・ライター>。
ドレスシューズが日本上陸!

1885年に創業されたオーストリア・ウィーンのシューメーカー<ルーディック・ライター(LUDWIG REITER)>。日本ではスニーカーの展開をしていましたが、本国ではドレスシューズをメインにラインナップしています。
<ルーディック・ライター>の特徴は、伝統的な職人技術とグッドイヤーウェルト製法にこだわった靴づくりです。
そんな<ルーディック・ライター>のドレスシューズが2015年12月からシューズサロン・リペア「リファーレ」にて取扱い開始となりました。

どこか懐かしさを感じる東欧靴の魅力<ルーディック・ライター>イメージ01
ホーウィン社のコードバンが用いられているUチップにプレーントゥ2型の展開。トゥシェイプがほっそりしているため、全体的にスッキリとエレガントな雰囲気です
どこか懐かしさを感じる東欧靴の魅力<ルーディック・ライター>イメージ02
Uチップでは、ライニングのイエローが効いています。さらに細かいギザギザのピンキング加工、おわかりになりますか?
どこか懐かしさを感じる東欧靴の魅力<ルーディック・ライター>イメージ プレーントゥ
プレーントゥには、ブラックのパイピング。シックで大人っぽい雰囲気になっていますね

見た目はシャープな靴ですが、履いてみると意外にボールジョイント部分はゆったりしているので、大人のためのオンオフ兼用靴としていかがでしょう!!
日本上陸記念?で、通常は単体売りとなるシューツリー(1万5千円相当)もセットして本体価格のみの価格で発売されているそうです。
気になる方は、リファーレでチェックしてみてください。
※2016/1/30追記
純正シューホーン付属と記載しておりましたが、付属となるのはシューツリーのみです。ここに訂正してお詫びいたします。

靴のプロからの評価が抜群に高い!人気急上昇中の<ヴォーシュ>

<ヴォーシュ(VASS)>は、ハンガリー・ブタペストのシューメーカーです。ブタペストの中心地にあるショップには、世界各国から顧客が訪れています。
<ヴォーシュ>の特徴は、なんといっても手仕事を中心にしていること。
なんと、ウェルティングも底付けのアウトステッチもすべて手作業で行われているそうです。
確かな技術力を用いて、力強さを感じさせる<ヴォーシュ>の靴は、靴好きだけでなく、靴を知り尽くした靴のプロからも多くの支持を集めています。

どこか懐かしさを感じる東欧靴の魅力<ヴォーシュ>イメージ01
2015AWのイセタンメンズプレス展示会で拝見させていただいた3足。サイドエッジが際立っていて、威風堂々なこの雰囲気。文句なくかっこいいです
どこか懐かしさを感じる東欧靴の魅力<ヴォーシュ>イメージ02
アウトソールは、ドイツのジョー・レンデンバッハ社の通称「JRソール」
どこか懐かしさを感じる東欧靴の魅力<ヴォーシュ>イメージ03
こちらは代表的なラストの「ブタペスト」ラストを用いたモデル。無骨さがたまりませんね

注目したい!!どこか懐かしく感じる2シューメーカーの純正シューツリー

2つのシューメーカーを通して、東欧靴の魅力が少しでもおわかりいただけたでしょうか。また、個人的にこれらのシューメーカーのあるものに注目をしています。
それは、純正のシューツリーです。

どこか懐かしさを感じる東欧靴の魅力<ルーディック・ライター>イメージ04
<ルーディック・ライター>純正シューツリー
どこか懐かしさを感じる東欧靴の魅力<ヴォーシュ>イメージ04
<ヴォーシュ>純正シューツリー

いずれのシューツリーも持ち手の部分が木でつくられており、しかも真ん丸です! なんとクラフト感が溢れ、東欧らしい素朴さのあるシューツリーなんでしょう!!
これらのシューズをお求めの際には純正シューツリーも一緒に楽しみたいものですね。

ライン

ハート♥モチーフのバレンタイン限定<ドクターマーチン>

大胆なハート柄を纏った
女子のための<ドクターマーチン>スペシャルシューズ&バッグ

季節柄チョコレートに関するニュースが多くなってきました。
でも、まさか革靴までバレンタインがらみの情報があるなんて……。

なんと、バレンタイン限定シューズとバッグが2016年1月23日(土)より、全国の<ドクターマーチン>ストアにて発売されています。

まず、ご紹介したいのがインパクト大の8アイレットブーツ。

<ドクターマーチン>のバレンタイン限定シューズ(8アイレットブーツ)
かなり大胆なハート柄がプリントされているブーツ

<ドクターマーチン>のアイコンともいえる8ホールブーツですが、バレンタイン限定モデルでは、レッド×ホワイトでハートを模り、かなりラブリーな雰囲気が盛られています。

次は、ホワイトをベースにした1461。レースアップの部分を中心にハート柄が配されています。

<ドクターマーチン>の1461 バレンタイン限定シューズ(3アイレット)
上から見ると、ハート柄が浮かび上がる3アイレットシューズ

レース部分にハートが被っているので、もしかしたら一見ハート柄とは気づかれにくいかもしれません。
でも、自然な感じでスペシャル感を演出できそうですね。

さらに、こんなバッグまでリリースされています。

<ドクターマーチン>のバレンタイン限定バッグ

こちらは、ハート型のサッチェルバッグです。写真のレッドに加え、ホワイトのバージョンもあります。

限定シューズのサイズ展開は、UK3-6 (22cm~25cm)。

<ドクターマーチン>好きの彼への告白時やデートの時に、この靴を履いて臨むと良い結果がでるかもしれませんよ!

写真・情報出典:Fashion Press

ライン

シューケアのプロ集団『R&D靴磨き女子部』がシューケアをアドバイスする講習会をレポート!

革靴のお手入れがまるっとわかる、好きになる
靴好き女子による女子のためのシューケア講習会

2015年12月20日(日)、トレーディングポスト青山本店で行われたシューケア講習会にアイレット編集部がお邪魔してきました。
この企画は、<トリッカーズ><カルミナ><クロケット&ジョーンズ>など、レディースモデルを展開する本格革靴ブランドの扱いが充実しているトレーディングポストならではのものです。

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ01

近年、メンズライクな本格革靴、いわゆる「おじ靴」とも呼ばれるレディース靴が、その履き心地の良さ、スタイリングのしやすさゆえに、市民権を得てきました。

とはいえ、これまで華奢なパンプスを履きなれていた女子にとって、1足の靴を愛でながら、長い期間履き続けるという習慣に馴染みがなく、正しいお手入れの方法を知らずに本格革靴を履いているという方が多いかもしれません。
せっかくの本格革靴が、そんな状態ではもったいない!!

お手入れ次第では十年以上履けて、経年変化を愉しめるのが本格革靴の良さ。しかも、キレイな革靴を履いていると、清潔感が生まれ、女子力もアップするらしい!?

なにはともあれ、まずはお手入れの基本を知ることが大切ということで、このような講習会に参加する女子が増えているそうです。

今回お邪魔した講習会には、カップルの方が参加。
仲睦まじく、お二人で靴を愛でる姿を拝見していると、これはとっても良い習慣だと実感しちゃいました。

では、実際の講習会の流れについて、レポートしていきます!!

まずは、基本のお手入れについて説明

最初に、スエードとスムースレザーの特徴について説明。その上で、それぞれのお手入れの基本について、実演を交えながら丁寧に教えてくださいます。
しかも、やはり女子目線というのがありがたかったです。
ブラシの持ち方や、ブラシのかけ方というのは、小さい手の女子ですと、少しコツが掴みにくいところがあるので、女性講師の方から教えていただくと、とても参考になります。

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ02

革の種類にあったアイテムを使ってケアをします。スエードのお手入れは専用ブラシを使ったブラッシングとスプレーでのケアが基本です。こちらの写真は、スプラッシュブラシを使って汚れを落としているところ。

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ03

スムースレザーのお手入れは、女性のメイクと同じ。クリームを塗る際には、厚塗りにならないよう、少量を心掛けてほしいと説明をしてくださいました。女子ならスッと理解できるご説明ですよね!

実際に自分の靴でお手入れを体験

お手入れの基本を理解できたら、次は実際に自分の靴をお手入れしてみます。
意外ときちんと知らないウエス(布)の巻き方から、きめ細かく教えてくださいました。
お手入れを進めていくと、参加者の方は真剣な表情に。また、ご自身の靴がどんどんキレイになっていくのをみて、楽しげな表情も見せていただけました。
ついつい集中してしまうのがシューケアの醍醐味ですし、ケアした分だけ応えてくれるのが本格靴の魅力ですよね。

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ04

ケアをするにあたって、布がピンと伸びた状態で磨かなくてはいけないので、ウェスの巻き方は意外と重要です。

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ05

参加された方のブラッシングの様子。写真左が男性、右が女性の方です。もうすでに様になっています。

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ06

 

講習会では、参加者の方から「あんがい簡単!」「すぐにキレイになりますね」といった声を聞かせていただきました。
お手入れというと、「面倒」という印象があるかもしれませんが、実際にやってみると敷居が低くなっているようです。

そして、講習の後に女性参加者の方からお話を聞かせていただいたところ、もっと本格革靴を履いてみたいという気持ちになっていらっしゃいましたよ。
「今、どうしても欲しいのが<クロケット&ジョーンズ>なんですよー」と教えてくださいました。

レディースの本格革靴について話せる方と言うのはまだまだ少ないので、今回の講習会は、良い情報交換の場にもなったと感じています。

今回の先生は、R&D靴磨き女子部の恩田さん。

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ07

靴・革製品のお手入れ用品を販売する<R&D>の女子社員で結成されたグループの「靴磨き女子部」。
そのメンバーである恩田さんが女性ならではの目線でシューケアを教えてくださいました。わかりやすいご説明と耳に心地よい声。この靴磨き講習会を通して少し癒された気がします。
靴磨き女子部のみなさんは、ワークショップやブログを通して、靴のお手入れ方法を発信されています。
[靴磨き女子部ホームページ]http://shoecaregirls.jp/

見つけよう!女子のための本格革靴

マニッシュかつ可愛らしいメンズライクな「おじ靴」。トレーディングポストなら、カジュアルにもクラシカルにも使える人気ブランドシューズが揃っています。
おじ靴の魅力は見た目もさることながら、なんといっても足に負担がかからずに、長時間履いても疲れにくいこと。
ヒール靴を連投するのではなく、時には本格革靴で颯爽と歩くのもおすすめです。
ぜひ、お気に入りのおじ靴を見つけてみてはいかがでしょうか。

クロケット&ジョーンズ
Crockett & Jones

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ08

2015年12月から取扱いがはじまった<クロケット&ジョーンズ>。とてもスマートなレディース英国靴です。

トリッカーズ
Tricker’s

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ09

ほっこり愛らしいカントリーテイストの<トリッカーズ>。無骨さと可愛らしさが絶妙で、女子ファンも多いブランドです。

カルミナ
Carmina

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ10

大人の女性が似合う本格革靴が揃う<カルミナ>。本格革靴でありながら、7cmヒールのモデルもありますので、ビジネスの場にも取り入れられますよ。

[お問い合わせ]
トレーディングポスト
http://tradingpost.jp/

ライン

<フィリップ モデル>ポップアップストア(1/27-2/2)

革靴に関連するイベント情報

<フィリップ モデル>ポップアップストア

写真出典:阪急メンズ大阪
開催期日
2016年1月27日(水)~2月2日(火)
開催場所
阪急メンズ大阪
開催概要
イタリア発の高級レザースニーカーブランド<フィリップモデル>。<フィリップモデル>の靴は、イタリアのヴェニス近郊の町で、一足一足職人による手作業でつくられています。 このポップアップストアでは、2016SSシーズンのトレンドカラー「ホワイト」を中心に、多数のモデルが展開される予定です。

詳しくは  阪急メンズ大阪 でご確認ください。

ライン

<パラブーツ>大阪店「無料シューズポリッシュフェア」(1/29-2/7)

革靴に関連するイベント情報

<パラブーツ>大阪店「無料シューズポリッシュフェア」

写真出典:wwdjapan
開催期日
2016年1月29日(金)~2月7日(日)
開催場所
パラブーツ大阪店
開催概要
2015年8月21日に国内2店舗目となる直営店としてオープンした大阪店で「無料シューズポリッシュフェア」が開催されます。開催期間中に、お持ちのパラブーツシューズを店舗に持っていくと、店内の修理工房でプロのスタッフが丹念に磨いてくれるイベントです。

詳しくは  BOQ内Parabootページ でご確認ください。

ライン

<ジョージコックス>×<フレッドペリー>がコラボレーション!

<ジョージコックス>のラバーソールに<フレッドペリー>のオリジナルアッパーを組み合わせた3モデル!

先日、<グレンソン>と<ニューバランス>がコラボレーションしたスニーカーの記事をご紹介しました。

そして、今回ご紹介するのが、イギリスを代表するシューメーカーの<ジョージコックス>とファッションブランド<フレッドペリー>のコラボレーションシューズです。

<ジョージコックス>×<フレッドペリー>がコラボレーションイメージ01

コラボ企画、このところ増えていますね。

コラボレーションの目的は、新規顧客の獲得という側面があります。

本来なら接点が少ない、それぞれのブランドの顧客やファンを相互に誘導し、相乗効果を生み出せると言われています。

ですから、今回のコラボレーションでは、<フレッドペリー>のファンの方が<ジョージコックス>シューズの良さを知り、ファンになってくれるのを狙っているということですね。もちろん、その逆も。

リリースされた3モデルを見てみると、すべてのモデルに<ジョージコックス>の代名詞と言われる厚みのあるレザーソールが採用されています。

<ジョージコックス>×<フレッドペリー>がコラボレーションイメージ02
B8278 Fred Perry George Cox Tassel Loafer Leather
<ジョージコックス>×<フレッドペリー>がコラボレーションイメージ03
B8279 Fred Perry George Cox Tennis Shoe Leather
<ジョージコックス>×<フレッドペリー>がコラボレーションイメージ04
B8280 Fred Perry George Cox Pop Boy Suede

そして、テニスブランドとしてスタートした<フレッドペリー>らしいテニスシューズもラインナップされています。

コラボレーションシューズのインソールには、両ブランドの刻印が入った特別仕様です。

すでに、2016年1月15日(金)からオンラインショップ限定で先行予約がはじまっています。
さらに、2月10日(水)から全国のフレッドペリーショップで一般発売の予定です。

<ジョージコックス>ファンの方、<フレッドペリー>ファンの方、ぜひご注目ください!

写真・情報出典:フレッドペリー公式ホームページ

ライン

靴とバッグにこだわると、キャリアアップを引き寄せる!?

2016年を実りある年にしたいなら
最高の靴を追求してみよう!

2016年がはじまって、早くも20日が経ちました。

みなさん、良いスタートダッシュができましたか?

実は、2016年、アイレット読者の方にとって、ステップアップのチャンスかもしれません。

それというのも、2016年の運気をあげてくれるアイテムが「靴」だと言われているから。

講談社のWEBサイト「BOOK俱楽部」で、2016年の開運キーワードに関する記事が公開されています。

その記事によると、キーワードのひとつが「靴」。

2016年は、自分のベースとなる場所を大切にすべきであり、例えば、家や家族、仕事などを改めて見直し、良い土俵をつくると、チャンスや幸運が訪れるらしいです。

なかでも、自分の足元を支えてくれる「靴」がキーアイテムとして紹介されています。

これまで履いてきた靴を見直し、不要なものを処分して、クローゼットを整えることをおすすめします。

クローゼットが整ったら、次はしっかりとケア。

そして、こだわりの新しい靴を手に入れて愛でれば、万全!

新しく手に入れる靴は、値段の高い靴やブランド靴という観点ではなく、本当に自分が気に入るかと言う点を基準にすればOK。

今年、手放せなくなるくらいお気に入りの靴を手に入れられれば、仕事運も引き寄せられるはず!

ちなみに、2016年は、靴だけでなく、バッグにこだわるのも良いらしいです。

靴は良いところに連れて行ってくれて、バッグは良い運気を貯めてくれるとのこと。

アイレット読者のみなさんは、今まで通り靴を愛でるだけで、キャリアアップしそうですね。

ぜひ、旧暦の新年である2月から、実践してみてください!

情報出典:講談社BOOK俱楽部

ライン

<ア・テストーニ>の2016SSは、「MIX & MACTH」

熟練したクラフトマンシップが光る
軽やかな大人シューズ

イタリアの老舗ブランド<ア・テストーニ(a.testoni)>。

<ア・テストーニ>の2016SSを一部ご紹介します。

コレクションのテーマは、「MIX & MACTH」。
メンズコレクションでは、ターコイズブルーをキーカラーとし、軽やかかつエレガントなモデルを展開するようです。

特徴的なのは、どのモデルからも熟練したクラフトマンシップを感じる点。

例えば、メイン写真のダブルモンクストラップのモデルには、革と革を縫い合わせるのに、革を使う「フィレットーネ」という独特な製法が用いられているだけでなく、アッパーにリネン風の加工が施されているカーフスエードが使われています。

さすが、<ア・テストーニ>。
類まれなアルティジャーノ精神を感じさせてくれます。

写真・情報出典:Fashion Press

ライン

<グレンソン>×<ニューバランス>がコラボしたスニーカーが誕生!

コラボレーションモデル
「Grenson x New Balance 576GRB」 1月23日発売

英国のシューメーカー<グレンソン>が米国のスポーツシューメーカーの<ニューバランス>とコラボレーション。

<グレンソン>のドレスシューズのデザインをニューバランスを代表する品番の一つである「576」に落とし込んだモデルです。

なんと、<グレンソン>と<ニューバランス>の英国にある2つの工場がともに、ひとつの靴をつくりあげました。

ニューバランス東京、ニューバランス大阪の他、ドーバーストリートマーケット ギンザ、ジャケット)、ジャケットリクワイヤードで2016年1月23日に発売されます。

<グレンソン>のドレスシューズ仕様な<ニューバランス>のスニーカーとは、プレミアムな1足ですね。

コラボレーションモデル「Grenson x New Balance 576GRB」 イメージ01

写真・情報出典:Fashion Press

ライン

完成!<コロンブス>メイドトゥオーダーシュークリーム

その技術力に驚き!!
さらなる可能性を感じる「メイドトゥオーダーシュークリーム」

昨年秋に伊勢丹新宿店メンズ館で行われた「JAPAN靴博2015」。
アイレット編集部は、そこで出品されていたシューケア用品メーカーの<コロンブス>による「メイドトゥ―オーダーシュークリーム」に注目し、オーダーをしていました。

そして、ついに、その「メイドトゥ―オーダーシュークリーム」が完成しました。

<コロンブス>メイドトゥオーダーレポート完成イメージ

 

このクリームは、2個セットでそれぞれラベルに名前を入れ、そしてリネンの袋に入れて納品してくださいます。

アイレット編集部がオーダーした色は、こちら。「DIC183」というクリアな発色のブルーです。

<コロンブス>メイドトゥオーダーレポートイメージ04

 

<コロンブス>メイドトゥオーダーレポートイメージ02

 

本当にクリアなブルーです!!DICカラーが見事に再現されています。

今回のオーダーでは、DICカラーガイドから好みの色を選択し、クリームをつくっていただきました。
※オーダー方法などについては、前回の記事「アイレット編集部注目<コロンブス>メイドトゥオーダーシュークリーム」でご紹介しています。

メイドトゥオーダーシュークリームは、一つひとつ材料を調合し、指定の色でブートブラック品質のクリームを提供してくださるサービスです。

「JAPAN靴博2015」という特別な企画での商品でしたので、今後オーダーできる機会があるかはわかりません。
もし、あるとしたら、今度は所有している靴とぴったり同じ色のクリームづくりを目指したいと思います!
それができれば、クリームの色選びに迷わなくてすみますよね。

ライン