【体験レポート】使ってみました!気になる新製品<コロンブス>アーティストパレット

水分を含まない油性クリームは新感覚の使い心地!
アーティストのように使いこなしたい20色

靴用品メーカー<コロンブス>から新製品が発売されています。

今回発売されたのは、最上級のシューケアシリーズ「ブートブラック(Boot Black)」の新ライン「アーティストパレット」です。

特徴は、そのネーミングからも想像できる通り、まるで画家のように色彩を楽しめるということ。

20ものカラーバリエーションが用意されているので、思い描く仕上がりを再現しやすくなっています。

さらに、天然ワックスを中心にアルガンオイルを配合した、水を含まない油性クリームなので、保革効果が高いのも特徴です。また、油性クリームといってもソフトなので、油性ワックスと乳化性クリームの中間の位置づけのクリームなような気がします。

せっかくなので、実物を手に入れ、使用してみました。

ラギッドなシューズには光沢を抑えたマットな仕上げ

「アートパレット」20色の中から<トリッカーズ>のメリージェーンにあわせ、「コニャック」を選んで、いつも通りにお手入れしました。

artist_palette_sub01

いつも通りというのは、ミニブラシに少量のクリームを取り、万遍なく靴に伸ばし、その後ブラッシングする方法です。仕上げは、ミトンで乾拭き。

水を使用しなければ、上の写真のように、光沢が抑えられたマット風な仕上げになりました。

ブラックのドレスシューズには水を使って光沢のある仕上げに

次に、水を使って光沢を出す仕上げにチャレンジ。

ブラックのアーティストパレットを使って、磨いてみます

artist_palette_sub02

今回は、ミニブラシでクリームを伸ばした後に、ブラッシングをし、そのあとで水を含んだ布で表面を磨きあげました。

トゥ部分に、クリームを塗って、水を含んだ布で磨くという作業を繰り返すと、簡単に艶感の出来上がり!さらに、油性のワックスを併用すれば、ピカッと光ります。

2Wayで好みの仕上げができる、優秀な油性クリームですね。

ライン

「ブリティッシュメイド」シューツリーフェア(2/19-3/6)

革靴に関連するイベント情報

「ブリティッシュメイド」シューツリーフェア
開催期日
2016年2月19日-3月6日
開催場所
ブリティッシュメイド各店
開催概要
期間中に5万円以上(税込)の<ジョゼフチーニー>および<チャーチ>のメンズシューズを購入した方に、「ブリティッシュメイド」オリジナルのシューツリーをプレゼント。

詳しくは  ブリティッシュメイド でご確認ください。

ライン

<ロブス(LOBB’S)> カラーオーダー会(2/27・28)

革靴に関連するイベント情報

<ロブス(LOBB’S)> カラーオーダー会

写真出典:阪急メンズ東京HP
開催期日
2016年2月27日(土)・28(日)
開催場所
阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴売場
開催概要
セネガ・ビチョンソによって創設されたイタリアのブランド「LOBB′S(ロブス)。ブリティッシュ・トラッドをベースにイタリアのあるティージャーの精神を感じさせるこだわりの靴を展開しているブランドです。洗練されたシルエットとそのフォルムが特徴になっています。そんな<ロブス>のカラーオーダー会を開催。また、オプションサービスとしてイニシャルメダリオン/コンビ配色などのオーダーが可能とのこと。

詳しくは  阪急メンズ東京ホームページ でご確認ください。

ライン

いよいよ3月1日会社説明会解禁!靴選びが就活を成功に導く鍵!?

履き心地が良く、お手入れもラクラク。
就活生必携のマルチシューズの条件は?

前回の記事「気を付けて!就職・転職活動で見られていますよ、あなたの足元」で、触れたとおり、いよいよ3月1日から2017年卒向けの会社説明会が解禁となります。
就活生の方は、就職活動をするにあたって、リクルートスーツをはじめ、バッグ、革靴、手帳など揃えなければならないものが多くて大変ですよね。

これらのアイテムの中で、最重要だと言われているのが革靴です。
きちんと磨かれている革靴を履いていれば、きちんとした人だという演出ができますし、汚れたままの靴を履いてしまっていると、清潔感がなく、自己管理ができない人だと評価されてしまうことすらあります。

就活イメージ

そう、靴というのは、その人となりを表してしまう鏡のような存在なんです。
足元を見られて、マイナスの評価をされないためにも、靴には目を配りたいもの。
しかし、日々の就職活動の中で、靴のお手入れに多くの時間をかけるよりも、志望動機を固めたり、企業情報をしっかり収集したり、面接対策をしたり、やるべきことってたくさんありますよね。

そこで、足元をキレイに保ちつつ、お手入れ簡単。しかもマルチに使える、就活生が選択すべき革靴の条件を取材してみました!

就活生が選ぶべきは、マルチに使える「ラバーソール」×
お手入れ簡単「ガラスレザー」が採用された革靴!

就活生が革靴を選ぶ時に重視すべきなのは、デザインの良し悪しよりも、TPOにふさわしいデザインであることに加えて、実用性と機能性です。
例えば、ビジネスの場に最もふさわしいデザインの革靴はストレートチップと言われています。そのなかでも、革底にレザーが使われているレザーソールの革靴がドレッシィと聞いたことがありますよね。
それならば、ストレートチップ×レザーソールのモデルを選べば間違いないだろうと判断しがちかもしれません。

もちろん、その判断は間違いではありませんが、就活で使う1足目、2足目の靴としてはベストとは言えないでしょう。最低2足を用意して、交互に革靴を履くとしても、雨に弱いレザーソールの革靴を揃えてしまっていると、水が靴に染み込んで、乾かすのに時間が必要になりますし、なにしろ手がかかってしまいます。
その点、全面ラバーのソールであれば、耐水性が高いので、雨の日でも安心して履けるというわけです。

就活生におすすめの靴イメージ
アウトソールが全面ラバーのストレートチップなら雨の日も安心

さらに、アッパーの素材にもおすすめがあります。
それは、通常の牛革などではなく、革の上に合成樹脂などでコーティングされているガラスレザーです。ガラスレザーは耐久性が強く、光沢があるのが特徴。
お手入れは簡単で、多少の汚れであればクロスで拭くだけでも落ちます。

面接の前にササッとクロスでお手入れできるというのはメリットですよね。

就活生におすすめなのは、約3万円程度の予算で購入できる
「リーガル」「スコッチグレイン」
「シェットランドフォックス」などの国産実力派ブランド

実用性・機能性の次に考えておきたいのが、靴としてのつくりの良さです。
やはり、しっかりしたつくりの靴を履いていると、足が疲れにくいですし、見た目的にも足元を格上げしてくれる効果があります。
もちろん、就活生が最高級の革靴を選ぶことはありません。良質な靴をつくるシューメーカーの靴を選ぶことをおすすめします。
例えば、国産実力派ブランド「リーガル」なら、これまでにも履いたことがある方も多く、身近に感じますよね。約3万円程度の予算で購入できるはずです。
もう少し予算をかけられるという方には、同じく国産の実力派ブランド「スコッチグレイン」「シェットランドフォックス」もおすすめ。就活が終了して、入社したのちにも履き続けることができると思いますよ!

就活向けおすすめシューズ01「リーガル」 <リーガル>
グッドイヤーウエルト式製法
ストレートチップ
写真出典:リーガル「シューズストリート
就活向けおすすめシューズ02「スコッチグレイン」 <スコッチグレイン>
グッドイヤーウエルト式製法
ストレートチップ
写真出典:スコッチグレインホームページ
就活向けおすすめシューズ03「シェットランドフォックス」 <シェットランドフォックス>
グッドイヤーウエルト式製法
ストレートチップ
写真出典:リーガル「シューズストリート

レザーソールの革靴でも、ハーフラバーを貼れば実用性アップ!

ラバーソールの実用性の高さはさておき、レザーソールにはレザーソールの良さがあるので、そのまま履くのも良いと思います。しかし、雨の日に使えずに困っていて、新しく買い足すだけの予算がないという場合には、レザーソールの靴にハーフラバーを貼ってみてはいかがでしょうか。
全面ラバーのソールと比べて、耐水性に劣りますが、接地面がラバーになっているだけでも安心です。リペアショップに持ち込めば、3千円程度の予算で貼ってもらえますよ。

ハーフラバーイメージ
写真左がハーフラバーを貼った革靴見本。右がレザーソールの革靴見本

足元を固めて、悔いの残らない就職活動をしてくださいね。

ライン

【連載】みんなの革靴プロジェクト―アウトソール大研究
第2回 ダイナイトソール編

なんと言ってもバランスの良さがピカイチ!
ラバーソールの優等生・ダイナイトソール

「アウトソールを知るものは、靴の機能を制する」をコンセプトにプロジェクトを立ち上げたことは前回の記事でお伝えしましたね。
いよいよ、今回からアウトソール研究をスタートします!

まずは、バランスの良さがピカイチの「ダイナイトソール」からピックアップ。

講師を担当してくれるのは、アイレット読者にお馴染みのシューズサロン&リペア<リファーレ>小澤祥一さんです。
さあ、ラバーソールの代表格「ダイナイトソール」について研究していきましょう!!

みんなの革靴プロジェクト アウトソール大研究講師 リファーレ小澤さん

講師:シューズサロン&リペア
<リファーレ> 小澤祥一さん

スマート顔なのに、グリップ力あり!使えるラバーソール

「ダイナイトソール」の特徴は、ドレスシューズに装着しても、違和感なく馴染むこと。その秘密は、薄さにあります。ソールの厚みがあまりないので、ソールだけが浮くことがありません。
そして、表面についている凹凸がグリップ力を高めてくれます。
雨にも強く、外回りが多い営業職の方などにはおすすめのアウトソールです。

みんなの革靴プロジェクト ダイナイトソール見本

【費用目安】15,000円~(税抜)
【納期目安】3週間程度
  ※<リファーレ>でオーダー時の目安です

みんなの革靴プロジェクト連載メリット
みんなの革靴プロジェクトチェック項目 凹凸で高いグリップ力を実現
みんなの革靴プロジェクトチェック項目 薄めのソールなのでドレス顔を
キープできる
みんなの革靴プロジェクトチェック項目 ほど良いクッション性で
衝撃を吸収してくれる
みんなの革靴プロジェクトチェック項目 カラーバリエーションは
ブラック/ブラウン/レンガ(ブリック)
みんなの革靴プロジェクトデメリット
みんなの革靴プロジェクトチェック項目 つま先補修やハーフラバーなど
の追加補修にあまり向かない
みんなの革靴プロジェクトチェック項目 柔らかいので、減りが早い
ダイナイトソール特徴チャート

いずれの項目も高評価で、非常にバランスの良いアウトソールです。
ただし、トゥ部分が削れてきたなど部分的な補修に向いていません。
その場合には再度オールソールをしなければならないので、コストがかかることを考慮しておきましょう。

ダイナイトソールチャートイメージ

※表をクリックすると拡大表示されます

ライン

アッパーとの相性見出し

ダイナイトソールとアッパーデザインとの相性イメージ

ダイナイトソールと接着の相性イメージ

どんなデザインにも馴染む優秀なアウトソールです。また接着の相性についても問題ありませんので、「レアなアウトソールにしたい」などの強いこだわりががなければ、ダイナイトソールはおすすめです。

ダイナイトソール講評

汎用性が高く、現状の靴デザインを大きく変化させません。それでいて、ラバーとしての特性をしっかりと兼ね備えたソールです。アウトソールの貼り替え時だけでなく、最初の靴選びの際のチョイスとしても最適です。

ダイナイトソール総評〇

カスタム Before After

下の写真を見ていただくとわかるように、アッパー素材と馴染みの良い色のダイナイトソールを選んで靴に装着すると、違和感がありません。レザーソールと同じようなドレスシューズの雰囲気を留めています。

ダイナイトソールでのオールソール交換前イメージ

ダイナイトソールでのオールソール交換後イメージ

写真出典:リファーレ自由が丘店ブログ

購入時にレザーソールが装着されていた靴でも、オールソールをするときに、ダイナイトソールにできますし、その逆も可能です。購入するときから、ソールの機能を考えておくと、より良いお買い物ができます。
ぜひ、この連載を今後もチェックしてくださいね!

Dainite Sole Outline
ダイナイトソールは、英国のハーバララバー(Harboro Rubber)社が製造するラバーソールです。誕生したのは、1910年。100年以上の歴史を誇り、英国紳士靴で最も多く採用されているラバーソールと言われています。
底面の凹凸がある形状から由来する「スタッデッドソール(Studded Sole)」という正式名称がありますが、ハーバララバー社の工場が生産に追われ昼夜問わず稼働していたことから「day & night→Dainite」というブランド名でこのラバーソールを製造し、そちらの名前が定着していきました。

講師ご紹介

シューズサロン&リペア<リファーレ>
小澤祥一さん

おざわ・しょういち/リファーレ恵比寿店・店長。埼玉県川越市出身。高校2年の時に、イギリスへ短期留学。ジャーミンストリートで靴の魅力にはまり、靴の専門学校へ進学。そこでは、一から靴づくりを学ぶかたわら、マーケティングや整形靴についてなど、広く知識を吸収した。在学中に友人の靴を修理したことがきっかけで修理に興味を持ち、修理と販売に携われるリファーレに就職。
その後、9年間、技術とコミュニケーション力を磨き続けている。

みんなの革靴プロジェクト 講師リファーレ小澤祥一さん
 
スタッフインタビュー<リファーレ>イメージ08

[お問い合わせ]

Rifare(リファーレ)
E-mail :shop@rifare.jp
HP : http://www.rifare.jp/index.html
 
恵比寿店
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-7-1-1F
Tel:03-5768-1373/Fax:03-5768-1374
自由が丘店
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-24-1
Tel & Fax :03-6421-1310
大阪店
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-17-11¸ 1F
Tel:06-6533-1373
高松店
〒760-0054
香川県高松市常磐町1-3-1 瓦町FLAG 2階
Tel:087-812-7123

連載バックナンバー

連載第1回プロジェクト発足についてイメージ

第1回
プロジェクト発足について
2016/02/08 up!

連載第2回ダイナイトソール編 イメージ

第2回
ダイナイトソール編
2016/02/22 up!

連載第3回リッジウェイソール編 イメージ

第3回 
リッジウェイソール編
2016/03/07 up 

みんなの革靴プロジェクト バックナンバー 第4回クレープソール編

第4回
クレープソール編
2016/03/21 up!

みんなの革靴プロジェクト バックナンバー 第5回スポンジソール編

第5回
スポンジソール編
2016/04/04 up!

みんなの革靴プロジェクト バックナンバー 第6回ヴィブラムソール編

第6回
ヴィブラムソール編
2016/04/25 up!

みんなの革靴プロジェクト バックナンバー 第7回レザーソール編

第7回
レザーソール編
2016/05/16 up!

連載スケジュール

 第1回  プロジェクト発足について2016/2/8 update!
 第2回   [ラバー]ダイナイトソール編2016/2/22 update!
 第3回  [ラバー]リッジウェイソール編2016/3/07 update!
 第4回  [ラバー]クレープソール編2016/3/21 update!
 第5回   スポンジソール編 2016/4/04 update!
 第6回  [ラバー] 【コラム】ソールメーカーの巨匠 ヴィブラムの魅力 2016/4/25 update!
第7回   [レザー]ブランドソール編 2016/5/16 update!
第8回  [レザー]こだわりの仕様編 2016/6/13 update!
第9回 まとめ

ライン

リペアサロン ネモト (東京・中野区)| ショップスタッフインタビュー

靴修理機械メーカーが手掛ける
本格的シューリペアショップ<リペアサロン ネモト>。
高い技術と専門性で、どんな修理にもオールマイティに対応

チェーン店を中心として、全国的に増加傾向の靴修理店。そんな靴修理店で使われている靴修理機械のトップシェアを築いているのが、今回ご紹介するシューリペアショップ<リペアサロン ネモト>を経営する株式会社根本製作所です。

百貨店や駅ビルなどで展開しているチェーン店から街の修理店までと、幅広く根本製作所が製造している靴修理機械「FINISHER」が導入されています。
しかし、チェーン店や小型の修理店ではつま先の補修やかかとの修理など、提供できるメニューが限られていて、高度な技術が必要な修理に対応できないケースがあります。
その受け口となっているのが東京・中野区に店舗を構えている<リペアサロン ネモト>です。
<リペアサロン ネモト>インタビュー フィニッシャーイメージ
国内シェアNO.1の靴修理機械「FINISHER」

需要の多いオールソール交換をはじめ、修理店で導入していることが少ないマッケイ縫い機、出し縫い機を備え、どのような修理にも対応できるサポート体制を整備。
そして、「FINISHER」を使った靴修理研修も受け持ち、靴修理現場の方々の技術向上をバックアップしています。
また、同業者からの依頼だけでなく、地域の方からの依頼にも親身に応え、専門性の高さに加え、地域密着性という二面性を備えたリペアショップです。

今回、アイレット編集部が<リペアサロン ネモト>にお邪魔し、この店舗を支える2人の靴職人にインタビューをさせていただきました。

リペアサロン ネモト (東京・中野区)| ショップスタッフ(野口亮さん・桑原祐輔さん)インタビュー 続きを読む

ライン

<La dignita(ラ・ディニタ)>パターンオーダーフェア(2/20・21)

革靴に関連するイベント情報

<La dignita(ラ・ディニタ)>パターンオーダーフェア

写真出典:阪急メンズ東京HP
開催期日
2016年2月20日(土)12:00~20:00・2月21日(日)11:00~17:00
開催場所
阪急メンズ東京 地下1階 紳士靴売場
開催概要
姫路の靴職人・酒井 政聡氏が 2013年から手がけるブランド<la Dignita(ラ・ディニタ)>のパターンオーダー会です。「ラ・ディニタ」とは「凛とする」という意味のイタリア語。〝靴は足に合わせるものではない。足に靴を合わせる。〟という想いを込めて、靴づくりをされているそうです。

詳しくは  阪急メンズ東京ホームページ でご確認ください。

メイン写真出典:阪急メンズ大阪ブログ

ライン

<レッドウィング>からオーソドックスなレザーシューズ登場!

プレーントゥダービーにサドルシューズ
<レッドウィング>がビジネスシーンでも使えるクラッシックなモデルを発売

歴史あるアメリカのシューメーカー<レッドウィング>。原皮からアメリカ産にこだわり、独自のなめし工場を所有しています。

<レッドウィング>と言えば、「キング オブ ワークブーツ」。
ワークブーツの代名詞として知られていますね。

そんな<レッドウィング>から、2016年2月下旬にオーソドックスな短靴が発売されます。

発売されるのは、プレーントゥダービーとサドルシューズの2型。

いずれもシンプルなデザインながら、<レッドウィング>ならではの革へのこだわりがみてとれます。

プレーントゥダービーにはキメの細かい肌目を持った若い未経産の牝牛の皮を、サドルシューズには耐久性の高いレザーが使われています。

<レッドウィング>新作シューズ プレーントゥダービーイメージ
Mil-1 Blucher Oxford(プレーントゥ・ダービー)
<レッドウィング>新作シューズ サドルシューズイメージ
Mil-1 Saddle Oxford(サドルシューズ)

ラギッドでシンプルな1足です。

Mil-1 Blucher Oxford(プレーントゥダービー) / Mil-1 Saddle Oxford(サドルシューズ)
発売予定日:2016年2月下旬

写真・情報出典:Fashion Press

ライン

<ブリティッシュメイド>湘南 蔦屋書店1号館でポップアップショップ&靴磨きワークショップ開催

期間限定でポップアップショップをオープン!
Church’s(チャーチ)、LAVENHAM(ラベンハム)などのアイテムを展開

<チャーチ>や<チーニー>などの輸入代理店である渡辺産業株式会社が運営する<ブリティッシュメイド>が、2016年2月9日(火) ~ 3月16日(水)の期間中、湘南 蔦屋書店1号館1階で期間限定ポップアップを開催しています。

この期間中には、<チャーチ>や<ラベンハム>をはじめ、<グレンロイヤル><ドレイクス>など、英国ブランドのアイテムを展開。

また、ポップアップショップを開催期間中の2月21日(日)には靴磨きワークショップが開催されます。

靴磨きのプロから、お手入れの基本であるブラッシィングや磨きを中心にレクチャーしてもらえる貴重な機会です。

湘南らしいライフ スタイルを提案する文化複合施設「湘南T-SITE」にある蔦屋書店1号館で、春の訪れを感じながら、靴を愛でるイベントに足を伸ばしてみませんか。

<ブリティッシュメイド>ポップアップ/靴磨きワークショップ 概要

<ポップアップ>
開催期間:2016年2月9日(火) ~ 3月16日(水)
開催時間:8:00~23:00
開催会場:湘南 蔦屋書店 1号館1階 蔦屋書店 旅行コーナー

<ブリティッシュメイド>ポップアップショップ 湘南T-SITEサブイメージ

<靴磨きワークショップ>
開催期間:2016年2月21日(日)
開催時間:14:00~15:30
開催会場:湘南 蔦屋書店 1号館2階湘南ラウンジ

<ブリティッシュメイド>ポップアップショップ 靴磨きワークショップイメージ
写真・情報出典:PR TIMES

ライン

伊勢丹新宿店メンズ館で<CLEMATIS/クレマチス> デビューフェア開催!(2/17-3/1)

靴職人・高野圭太郎さんがビスポークで培ったノウハウを凝縮!
遊び心のあるマシンメイドのレディメイドシューズが
いよいよイセタンメンズデビュー

以前の記事「遊び心が効いている<クレマチス銀座>の新しいコレクション マシンメイドの既製ラインが登場!」でお伝えしておりました靴職人・高野圭太郎さんが手がけるレディメイドシューズ。

いよいよ、2016年2月17日(水)からイセタンメンズでデビューとなります。

そして、2016年2月17日(水)から3月1日(火)の期間中には、<CLEMATIS/クレマチス> デビューフェアが開催されます。

今回デビューを迎えるレディメイドシューズには、ビスポーク靴職人の高野さんならではの、手製靴の雰囲気が宿っています。

注目すべき点は多々ありますが、「ブルーミングレース」と命名されたシューレースに高野さんの遊び心を感じます。
このブルーミングレースは、先部分を手染めされていて、手染めで明るい色にしてある箇所がリボン部分となりますので、まるで花が咲いているように見えるのです。

さらに、使用している素材は、アノネイ社のものをはじめ、どれも厳選されたものばかり!

ぜひ、フェア期間中に、実際に見て、足入れしてみてくださいね。

<CLEMATIS/クレマチス> デビューフェア
実施期間:2016年2月17日(水)~3月1日(火)
開催場所:伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場

写真・情報出典:imn.net

ライン