グッドイヤーウェルテッド製法の靴をもっと楽に履きたい大人に朗報!?機能性靴下が登場!

オーバー50の52%が脚に悩みあり!
歩行時の脚の筋力をサポートしてくれる機能性靴下がそんな悩みを解決??

寒さ厳しい折、みなさん身体の調子はいかがですか。
寒くなってくると、腰痛や膝痛など身体に不調が出てくることがあります。

実は、身体は寒さにさらされると、末梢血管が収縮して、筋肉への血流量が減ってしまうことが原因だそう。

そうなると、筋肉が硬くなって、柔軟性が低下。
筋肉が収縮すると、神経が圧迫され、神経痛、関節痛、腰痛や肩こりが生じるということなんですね。

特に、50歳以上のオーバー50世代の方は約半数がこうした悩みをお持ちだという調査結果がでました。

調査をしたのは、レキットベンキーザー・ジャパン株式会社。

50歳以上の男女3000人を対象に「脚の悩み」に関する調査を行いました。

その結果、52%の方が脚に悩みを持っているものの、それを改善する対処はしていないという結果に。

脚に関する調査結果イメージ

「四十肩」「五十肩」なんて言葉があるように、年齢を重ねていくほど、こうした悩みは随所にあらわれてきます。

脚の筋力の衰えも顕著というわけですね。

とは言え、本格革靴好きにとって、脚の筋肉の低下というのは大問題。

筋力が低下すると、大切に育ててきたグッドイヤーウェルテッド製法などの靴を履くのがツライと感じることもあるでしょう。

そんな場合、履き口の柔らかいマッケイ製法の靴にシフトするのも対策法のひとつ。

でも、やっぱりお気に入りの靴を履きたいですよね。

今回は、脚の筋力の悩みを解決してくれるかもしれない新商品をご紹介します。

それが、こちら!!

メディキュット 機能性靴下 イメージ

2017年1月23日に発売された「メディキュット 機能性靴下」です。
なんと、着用することで歩行時の筋力サポートを最大30%アップするそう。

こうした靴下は女性向けというイメージが強いかもしれませんが、正しいサイズを選べば、ユニセックスでご使用できます。

Mサイズは22-26cm向け、Lサイズは23-27cm向けです。

もしかしたら、悩みが解決できるかも。

写真・情報出典 PR times

[調査概要] ※レキットベンキーザー・ジャパン株式会社調べ(2016年3月/N=3,000)

ライン

西武百貨店<レコット>新木型お披露目会&パターンオーダー会レポート

西武渋谷店では、試行錯誤の上、完成した新木型を使ったプレーントゥを初披露。
池袋本店では、クラス感のあるドレスシューズのパターンオーダー会に、貴重な1点物を販売。

2016年11月と12月に都内2か所の西武百貨店で靴職人の津久井玲子さんによる<レコット(LECOTT)>のイベントが行われました。

開催日から時間が経ってしまいましたが、アイレット編集部がこのイベントを取材させていただけましたので、西武渋谷店で行われた「新木型お披露目会」を軸に、レポートいたします。

西武百貨店<レコット>オーダー会レポート メニュー01 渋谷店
西武百貨店<レコット>オーダー会レポート メニュー02 池袋本店

About LECOTT

改めて、<レコット>についてご説明しておきましょう。

フルオーダーからハンドソーンウェルテッド製法を主体とした既製品を展開する女性靴職人・津久井玲子さんによるオリジナルブランドです。

丸ごと1足をすべて津久井さんがお一人で仕上げていて、そのクオリティ、履き心地の良さは群を抜いています。

その既製品を常時取り扱っているのが、西武渋谷店。

さらに、年に数回トランクショーを開催し、フルオーダーやパターンオーダーを受け付けています。
※フルオーダーのみ、<レコット>のアトリエでオーダー可能です。

また、西武池袋本店でも2015年からパターンオーダー会を開催しているのは、アイレット読者の方ならご存知かもしれませんね。

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ01
常時既製品を展開している西武渋谷店。
西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ02
西武池袋本店で開催されたパターンオーダー会。

では、まず、渋谷店の「新木型お披露目会」から。

Shibuya Report

渋谷店で「新木型お披露目会」が行われたのは、2016年11月6日(日)。

以前、取材レポート「西武渋谷店リニューアル1周年を記念!靴職人・津久井玲子さんによる<LECOTT(レコット)>がパターンオーダー会&一点物販売」を8月に掲載してから、およそ3か月弱。

当時の記事でも触れている新木型による新作プレーントゥがようやく完成となりました。

この木型の完成に至るまでの試行錯誤は推して知るべし。

長年温めてきた木型は、ほど良いボリューム感がありつつ、<レコット>らしいエレガントさがあいまって、大人が履きたいカジュアルシューズになっています。

ページトップへ戻る

About New Last Presentation

今回、新たな新作が加わったのですが、お披露目会で発売された新作はワンサイズにつき1点ずつ。

それゆえ、<レコット>ファン注目のイベントとなりました。

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ03
ズラリと店頭に並ぶ<レコット>の靴。新作は左上の2足です。目を惹く靴ですよね。

NEW MODEL REVIEW

ギミックが効いたコンビモデルに 貴重な革「ゾンタ(ZONTA)」を採用した色鮮やかなモデル

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ04

この写真の2点がいずれも新木型を採用した新作です。
随分イメージが異なっていますよね。
左のモデルはアイボリーのスムースレザーに、レースステイ部分をベージュのスエードにしたモデル。コンビ使いがポイントになっていますね。
右のモデルは、イタリアのタンナー・ゾンタ社のカーフを使用したモデル。
なにしろ発色良く、良質な革で、靴職人も注目する素材です。

以前のレポートで<クレマチス>の高野圭太郎さんが同じ革を使っていらっしゃいました。すごい偶然です!!

そして、このお披露目会で偶然お会いしたAさんにご協力をお願いし、アイレット編集部員とともに新作を履いていただきました。

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ05
日頃から<レコット>ご愛用のAさん。足元に靴がバシッとハマッていらっしゃいます。
西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ06
実は踵部分の革は上から被せられています。
それによって、サドルシューズのようにも見えますね。
西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ07
こちらはアイレット編集部の足元。ネイビーのデニムに足元が映えています。
西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ08
赤は目立つ色ですが、ゾンタは味わいのある革で悪目立ちしません。
西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ09

最後に並んでパチリ。カジュアルだけれど、カジュアル過ぎない大人の足元になっていますよね。

ページトップへ戻る

About <LECOTT>SEIBU SHIBUYA COLLECTION

せっかくですので、渋谷店で常時展開している<レコット>のモデルをご紹介します。 いずれのモデルも九分仕立てなので、美しさに加え、履き心地の良さも備えていますよ。

<レコット>に興味をお持ちの方は、売場で実物をチェックするのもおすすめです。

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ10

Wing Tip

よく見るとブラック×ブラウンのウィングチップ。1足あると、コーディネートの幅を広げてくれそうです。

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ11

Straight Tip

ウエスト部分が絞り込まれたストレートチップ。足がスラッと見えそう!

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ12

Wing Tip

ベージュスエードが優しい雰囲気のウィングチップ。メダリオンが美しい1足です。

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ13

Slip-on

サイドエラスティックになっているスリッポン。フロントのV字や屹立した踵のデザインがおもしろいですね。

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ14

W-monk

艶っぽいバーガンディーのシボ革をつかったダブルモンクストラップ。

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ15

Boot

シックでエレガントな雰囲気のモンキーブーツ。

ページトップへ戻る

Editor’s Voice

これまでにも<レコット>のイベントについて、アイレットで何度か取り上げさせていただいてきました。
そして開催されているイベントに伺って思うのは、いつもお客さまが楽しそうに靴を履いていらっしゃるということ。そして、本当に靴がお好きな方が多いということ。

渋谷店でのお披露目会では、靴好き歴●十年というAさんと偶然にもご一緒でき、<レコット>の靴を履かせていただけたのが感慨深かったです。

しかも、Aさんにはこのレポートのモデルにまでなっていただき、本当に感謝しています。(Aさん、ありがとうございました!)

このように、靴のイベントではファン同士が交流でき、靴談義を深められるのも楽しみのひとつですね。

西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ16
Aさんと並んでアイレット編集部が靴を試着しているところです。津久井玲子さんがジッと見守ってくれています。
西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ17
イベント当日にAさんが履いていらしたAさんの<レコット>。経年変化でさらに味わいがでていますね!
西武渋谷店<レコット>新木型お披露目会レポートイメージ18
ゾンタの靴を履いたアイレット編集部員引きの写真。コーディネートの中に靴が溶け込んでいます。

ページトップへ戻る

次は、池袋本店のイベントレポートです。

Ikebukuro Report

池袋本店で「パターンオーダー会および1点物販売会」が行われたのは、2016年12月10日(土)・11日(日)。

昨年は、イベント開催前に取材をさせていただき、取材レポート「靴職人・津久井玲子氏による<LECOTT(レコット)>が西武池袋本店初のパターンオーダー会を開催」として掲載しています。

このイベントは、池袋本店のためにつくりあげた普遍的な魅力を持つ5つのドレスシューズのパターンオーダー会。

あわせて、貴重な1点物の販売も。

西武百貨店<レコット>オーダー会レポート 池袋本店パターンオーダー会イメージ01
5つのパターンオーダーモデルがディプレイされたショーウィンドウ。シックな雰囲気に<レコット>のイメージカラー・オレンジが映えています。
西武百貨店<レコット>オーダー会レポート 池袋本店パターンオーダー会イメージ04 1点物バリエーション
1点物の既製品。独特なデザインなどレアなモデルも。
西武百貨店<レコット>オーダー会レポート 池袋本店パターンオーダー会イメージ02 1点物バリエーション
1点物のバリエーション。サイズが合ったら、ラッキーかも。

パターンオーダーできるモデルは、渋谷店と池袋本店で異なります。

池袋本店でオーダーできるのは、全く奇をてらわずにオーソドックスで普遍的なスタイルに挑戦した5つのモデルです。

西武百貨店<レコット>オーダー会レポート 池袋本店パターンオーダー会イメージ06 パターンオーダーモデル
池袋本店用のパターンオーダーモデルとして、試行錯誤の上、完成されたドレスシューズ。美しさもさることながら、オーラが漂っています。

そして、既製の1点物。
実は、そのイベント毎に新しくつくられているモデルがあります。
今回のイベントでは、気軽に履けるスリッポンがお目見え。
上の写真のようなオーソドックスなドレスシューズとは異なり、津久井さんの感性の豊かさが生かされたデザインです。

西武百貨店<レコット>オーダー会レポート 池袋本店パターンオーダー会イメージ03 1点物スリッポン
今回のイベントに合わせてつくられた1点物の既製品。
西武百貨店<レコット>オーダー会レポート 池袋本店パターンオーダー会イメージ05 1点ものバリエーション スリッポン
こちらも1点物。軽やかな履き心地のハンドマッケイでつくられています。

こういったイベントでは、津久井さんの確かな技術力や感性、創造力を感じていただけると思います。

最後に、アイレット編集部が尊敬する池袋本店の名物スタッフで靴愛に溢れる石川隆さんに<レコット>の魅力をお伺いいたしました。

西武百貨店<レコット>オーダー会 魅力
 

職人として培ってきた技術や、靴づくりに真剣に向き合ってきた経験が、目に見えない部分も含め、靴の完成度に表れています。
美しい出来栄えに履き心地も備えた<レコット>。
フルオーダー・パターンオーダー・レディメイドの中から、お好みのスタイルでお愉しみください。

池袋本店では、<レコット>のフルオーダー・パターンオーダー・1点物のレディメイド(既製靴)のオーダーラインナップをご用意しています。

ラインナップそれぞれに魅力があるわけですが、そのベースにあるのは、津久井玲子さんの職人としての確かな技術、感性、発想力に加え、真剣に靴づくりに向き合ってきた経験です。

津久井さんは、素材の手配から、釣り込み・仕上げまですべて一人で手掛けています。 いわば、靴1足を一人でつくりあげていて、その靴には津久井さんの想いがしっかり籠っています。その想いも含めて魅力につながっているのかもしれません。

フルオーダーは、お客様のご要望を聞いて、自分のアイデアを提案しつつ、お客様が満足する靴をつくりあげるものです。
1足ずつつくりあげるものですので、メーカーとは違って、1足分しか調達できないような貴重な素材を使ったりと、津久井さんは柔軟な靴づくりをしていると感じています。
どちらかというと、商売は度外視してでも、お客様に喜んでいただくことを重視しているように思えるほどです。

そして、パターンオーダー。
池袋本店では、2015年から展開を開始しました。
その魅力は、納得いくまで、約5年という時間をかけてつくり上げた5つのドレスシューズに集約されています。
シンプルでオーソドックスなスタイルにこだわり、目に見えない部分まで完成度の高い美しいシルエットのモデルができあがりました。

これらの靴は、一見何の変哲もないデザインのように思えますが、ベーシックでシンプルなデザインだからこそ、職人の腕の確かさが求められます。
完成までにかかった5年という期間は、津久井さん自身が納得のいく靴をつくりたいという強い気持ちを持っていたからこそ必要な時間だったと思っています。

そして、1点物のレディメイド。
フルオーダーで培ってきた津久井さんの感性で、イベント開催に合わせてつくっていただいているモデルを含め、バリエーション豊かなモデルをご用意しています。
1点物は、オーソドックスなパターンオーダーモデルとは異なり、カジュアルなモデルが多いのが特徴です。
ただし、もちろん仕立てのクオリティは高く、比較的価格を抑えてご提供していますので、サイズが合えばラッキーなお宝アイテムとも言えます。

いずれも魅力がたっぷりと詰まっていますので、イベントにお越しいただき、実際に靴をお試しいただくのが一番ですね。

2017年、今年もイベントの開催が楽しみです。
その際は、またしっかりとレポートさせていただきます!

ページトップへ戻る

ライン

<R&D>シューズ カスタムイベント(1/28・29)

革靴に関連するイベント情報

<R&D>シューズ カスタムイベント

<R&D>シューズ カスタムイベントイメージ

写真出典:日本橋三越
開催期日
2017年1月28日(土)・29日(日)
開催場所
日本橋三越 本館2階 メンズシューズサロン
開催概要
<M.MOWBRAY(エム・モウブレイ)>や<English Guild(イングリッシュ・ギルド)>などシューケア用品の代理店として知られている<R&D社>によるシューズカスタムイベントが開催されます。
このイベントでは、シューレースやシューキルトのカスタマイズができます。
シューレースはカラーや長さが選べ、キルトはスタッズで装飾が可能です。
ちょっとしたカスタマイズで、いつもの靴の雰囲気が変わり、スタイリングの幅が広がるはず。

詳しくは  日本橋三越 でご確認ください。

※上記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ライン

≪美靴工房≫期間限定ショップ(1/24-30)

革靴に関連するイベント情報

≪美靴工房≫期間限定ショップ

≪美靴工房≫期間限定ショップイメージ

写真出典:千葉そごう
開催期日
2017年1月24日(火)〜30日(月)
開催場所
千葉そごう
開催概要
リペアショップの美靴工房が期間限定で、千葉そごうに登場します。
靴をはじめ鞄のリペアやクレンジング、カビ対策など相談できる機会です。

詳しくは  千葉そごう でご確認ください。

※上記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ライン

<ジェイエムウエストン>パターンオーダー会(1/25-31)

革靴に関連するイベント情報

<ジェイエムウエストン>パターンオーダー会

<ジェイエムウエストン>パターンオーダー会イメージ

写真出典:日本橋三越
開催期日
2017年1月25日(水)~31日(火)
開催場所
日本橋三越 本館2階 メンズシューズサロン
開催概要
フレンチトラッドを代表するシューブランド<ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)>のパターンオーダー会を開催。
エキゾチックレザーを含む約150種類以上の素材からお好みのものを選びオーダーが可能です。

詳しくは  日本橋三越 でご確認ください。

※上記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ライン

<三陽山長>靴の製作実演会

革靴に関連するイベント情報

<三陽山長>靴の製作実演会

<三陽山長>靴の製作実演会イメージ

写真出典:日本橋三越
開催期日
2017年1月18日(水)~31日(火)
開催場所
日本橋三越 本館2階 <三陽山長>
開催概要
<三陽山長>は、「技」「匠」「粋」という“和”の精神に基づいた“日本人の、日本人による、メイド・イン・ジャパンの靴”をつくり続けているブランドです。
そんな<三陽山長>のパターンオーダー会が開催されます。
サイズバリエーションも豊富な中から、好みのデザイン、ディテールでオーダーできるチャンスです。

詳しくは  日本橋三越 でご確認ください。

※上記に掲載するスケジュールは予定です。変更となる可能性がありますので、ご注意ください。

ライン

ラグジュアリーシューズショップ<ブラスクハウス>が伊勢丹メンズ館にてレザーグッズプロモーションを開催中(1/10迄)!

年初めに、唯一無二の美しい革小物を手入れられるチャンス!
「クラウディ パレット」という雲を連想させる技法によってハンドペイントされた<ブラスクハウス>オリジナルコレクションが勢ぞろい

昨年末より2017年1月10日(火)の期間中に、伊勢丹新宿店メンズ館1階にて開催されている<ブラスクハウス>レザーグッズプロモーション。

初売りだった昨日、このプロモーションにアイレット編集部が伺ってきました。

店内には、福袋を求める方々の熱気や、お正月らしい生演奏のイベントなどがあいまって、活気に溢れていましたよ。

そんな中、ひときわ目を惹くディスプレイが!!

<ブラスクハウス>レザープロモーション売場イメージ
色とりどりのレザーグッズ。メンズ館1Fのメンズアクセサリーコーナー中央にディスプレイされています。

新しい年、新春に買う財布は、「(お金をパンパンに)張る財布」と言われていて、縁起が良いのをご存知でしょうか。

そのため、新しい財布を探している方が多いのがこの時期なのです!

そこで、おすすめしたいのが、今回拝見させていただいた<ブラスクハウス>の長財布をはじめとするオリジナルレザーグッズ。

ラグジュアリーシューズショップ<ブラスクハウス>が手掛けるオリジナルなので、クラス感に溢れているだけでなく、カラーリストでありレザープロダクトのスペシャリストの佐藤哲也さんによるパティーヌがなんとも美しいのです。

しかも、ムラ感のある、まるで雲を連想させるような「クラウディ パレット」という技法による色付けで、1点1点異なる表情を宿しています。

<ブラスクハウス>レザープロモーション クロコダイルを使った革小物
特に注目したいのがクロコづかいのレザーグッズ。
<ブラスクハウス>レザープロモーション クロコダイルを使った革小物
複雑で深みのある仕上げが魅力。

それも、フランスのメゾンでカラーリストとして経験を積んだ佐藤哲也さんが、繊細な手業で丁寧に色付けをしているからですね!

<ブラスクハウス>レザープロモーション カラーリスト 佐藤哲也さん写真
カラーリストの佐藤哲也さん。あのパティーヌで有名なフランスのメゾンで腕を磨いたスペシャリストです。
<ブラスクハウス>レザープロモーション クロコダイルをあしらったクラッチバッグ
大人の風格が漂うクロコづかいのクラッチバッグもおすすめ。

開催期間中には、佐藤哲也さんによる艶出しやグラデーションの色付け実演も行っていますので、ぜひご注目ください!

写真提供:ブラスクハウス

<ブラスクハウス>レザーグッズプロモーション
開催期間:2016年12月26日(月)〜2017年1月10日(火)
開催場所:伊勢丹新宿店メンズ館1階=メンズアクセサリー

<ブラスクハウス>レザープロモーション売場イメージ

ライン