<エドワード グリーン>のキャップトゥ「Gladstone」#808Eが西武池袋本店限定モデルとして登場!

トップドロワーの風格そのままに、フレッシュなディテールを纏った
特別な「Gladstone」に出会えるのはイケセイだけ!

台風に、猛烈な暑さが続き、すっかり夏バテという方、いらっしゃいませんか。

暑い夏に意欲や元気を取り戻していただくべく、今日は、<Edward Green|エドワード グリーン>の素敵な1足をご紹介します。

それがこちら、「Gladstone|グラッドストーン」です。
こちらのモデルは、西武池袋本店(通称:イケセイ)別注。
今回、紳士靴売場の渡辺さんに、その魅力を伺ってきました。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン全体イメージ
キャップトゥのモデル「グラッドストーン」。
西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン トゥシェイプイメージ
ややスクエア気味なトゥシェイプ。

<エドワード グリーン>のキャップトゥと言えば、ブランドのアイコンとも言える「チェルシー」が有名ですが、「チェルシー」の既製靴で採用されている主なラストは202と82。

対して、この別注「グラッドストーン」に採用されているのは、808。

このラストは、<エドワード グリーン>の最高級ライン「トップドロワー」用のラストです。

そのため、細身でビスポークの風格を感じさせてくれるフォルムになっています。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン 踵イメージ
808ラストは低めの踵が特徴。
西武池袋本店別注<エドワード グリーン>グラッドストーン アウトソール イメージ
内側にカーブしているウエスト。

そして、さらに特別な気分を盛り上げてくれるのがこちら!!
すでにお気づきの方も多いかもしれませんが、とっても<エドワード グリーン>らしい意匠が組み込まれています。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン 上からのイメージ
<エドワード グリーン>の箱の上に、「グラッドストーン」を乗せて撮影。

そう、ライニングのカラーが<エドワード グリーン>の箱の色と全く同じ。

ブランドのアイデンティティが宿るグリーンを纏った特別なライニングなのです!!
これだけでも、かなり新鮮度が増して、特別感が半端ないですよね。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン サイズ表記窓イメージ
サイズ表記窓もくっきりと浮かび上がります。
西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン インソールイメージ
新ロゴが刻印されたインソールは、グリーンでとても鮮やかに。

さらに、この靴の見どころは、ここだけではありません。

西武池袋本店別注<エドワードグリーン>グラッドストーン スワンネック・ロングバンプイメージ
流麗なラインにご注目。

「チェルシー」と同様のスワンネックに、踵側まで伸ばしたロングバンプのデザイン。
流れるようなステッチで、優美な印象を与えてくれています。

最後に、渡辺さんよりコメントをいただきました。

「この靴の魅力は、<エドワード グリーン>の箱の色と同じカラーを纏ったライニングを採用しているなど、パッと目を惹くデザインがひとつです。
ただ、さらに魅力的なのは、ラストだと思っています。
この808ラストは、スクエアの888ラストよりもやや丸みがあり、ノーズも含めバランスが絶妙。
こうしたラストの魅力が、シンプルなキャップトゥのデザインをより一層引き立てています。
また、トップドロワー仕様の808ラストを採用しているものの、「チェルシー」と同じ価格なのもおすすめのポイントです。」

確かに、洗練された雰囲気になっていますよね。

このモデルは、7月下旬から西武池袋本店5階紳士靴売場で発売されています。

レアなモデルですので、ご興味のある方は、お早めにお問い合わせしてみてください!!

ちなみに、西武池袋本店は、シューフィッターが在籍している、安心して靴選びができるお店です。

今回、お話をしてくださった渡辺さんもバチュラー・オブ・シューフィッターの方ですので、いろいろとフィッティングについて相談してみてくださいね。

※その際には、「革靴俱楽部アイレット」をご覧になった旨をお伝えいただけると話が早いかもしれません(笑)。

【SHOES DATA】
<Edward Green|エドワードグリーン>
model:Gladstone(グラッドストーン)
last:808
size:5.5E-8.5E
color:Black
price:152,000(税抜)
※取材日は、2017年8月5日(土)です。詳しくは、西武池袋本店5階紳士靴売場へお問い合わせください。

ライン

<サフィール>から新商品「レノベイティングカラー補修 うすめ用クリーム」を販売

革製品全般に使える頼もしいケア用品「レノベイティングカラー補修クリーム」をもっと使いやすくしてくれるうすめ用クリーム

革靴好き御用達シューケア・レザーケアブランド<SAPHIR(サフィール)>から新製品の情報が届きました。

今回、新しく販売されるのは、ブルーラインの「レノベイティングカラー補修 うすめ用クリーム」。

これは、豊富なカラーバリエーションで展開している「レノベイティングカラー補修クリーム」の色を調整するためのクリームです。

レノベイティングカラー補修クリームは、皮革製品全般に使用できる補色とキズの補修クリーム。
とてもコクのあるクリームで、色付きが良く、多少のダメージであれば、自然に補修できる優れものです。
靴のコバやカバンの角などの色がはげてしまったり、傷がついてしまった時に使えます。

そして、今回発売される「レノベイティングカラー補修 うすめ用クリーム」は、レノベイティングカラー補修クリームの色味はそのままに、濃度だけを薄くすることができるアイテム。

お使いの補修クリームをより一層便利に活用させることができるクリームです。

発売は、2017年8月予定。

ぜひ、ケアアイテムの一つとして、ご注目ください。

[商品に関するお問い合わせ]
株式会社 ルボウ
ホームページ|https://lebeau.jp/

ライン

<パラブーツ(PARABOOT)>直営店国内4店舗目となる札幌店オープン

青山、大阪、銀座の次は北海道。
2017年8月18日(金)、北海道・札幌シャワー通りにパラブーツ札幌店オープン!

東京・銀座の複合商業施設「GINZA SIX」に直営店3店舗目のパラブーツ銀座店をオープンしたのが、この4月。
それから半年も経たないタイミングで、4店舗目オープンの知らせが届きました!!

その4店舗目は、北海道・札幌。

このエリア、日本屈指の<パラブーツ>人気を誇るエリアだそう。

実は、札幌の緯度が、<パラブーツ>創業の地、グルノーブルと同じ位置で、環境が似通っているのもあり、札幌エリアと<パラブーツ>の靴との相性が良いと言われています。

札幌店では、定番のコレクションに加え、札幌ならではのセレクションで展開を予定。

また、シューケア用品からソールの修理まで、パラブーツに関する細かなメンテナンスを専門のスタッフが対応してくれるので、北海道の<パラブーツ>ファンの方には嬉しい限りです。

オープンまで、あとわずか。
ぜひ、ご注目ください!

【SHOP DATA】
パラブーツ札幌店
住所:北海道札幌市中央区南2条西3-12-2 トミイビル No.37 1F
TEL:011-219-0451
URL:http://jp.paraboot.com/jp-home

ライン

2017年秋冬に注目したいトレンドカラー「ボルドー」!!

秋色と言えば、深みのあるボルドーが主流。
最旬のデニムパンツとコーディネートするボルドーカラーシューズに注目!!

いよいよ、8月。
今年は猛暑で、天候が不順。この状況では、なかなか夏気分満喫とはいきにくいですね。

一方、店頭には秋冬ものが並びはじめ、そろそろ今年の秋冬ファッションプランについて考えたい時期でもあります。

そこで、2017年秋冬のトレンドカラーを調べてみました。

PANTONE(パントン)ファッションカラーレポートによる2017年AWニューヨークコレクションのカラーパレットが上のメイン画像。

全体的に、暖かみを感じられるカラーパレットです。

今年の秋冬は、ブラウン、グレー、カーキなど「自然」を連想させるようなカラーが取り入れられているそう。

その中でも、アイレット編集部が注目するトレンドカラーは「ボルドー」です。

ボルドーは、秋色の定番ですが、暗めの赤紫色で、コーディネートが難しいと感じていらっしゃる方が多いカラーかもしれません。

でも、実は、ボルドー、とってもコーディネートしやすいカラーなのです。

特に、デニムとは好相性。 そして、ネイビーのスーツにもぴったりはまります。

ぜひ、今年の秋冬に取り入れてみてほしいカラーの一つです。

ちなみに、繊研新聞電子版2017年7月31日の記事「百貨店自主編集売り場 秋色ボルドーがプロパーで動く」によると、百貨店自主編集売り場(レディースファッション)では、秋色のボルドーが人気だそう。

注目ですね。

ライン