オーダーファイルマーキスメインイメージ

ORDER FILE|MARQUESS(マーキス)川口昭司さん

力強さと繊細さを兼ね備えた 英国の伝統的なクラシックシューズづくりを追求

2002年に、渡英。英国ノーザンプトンにある公立の靴職業訓練校トレシャムインスティテュートで靴づくりを学んだ川口さん。在学中に訪れた「Shoe Museum」で、1900-’20頃につくられたハンドソーンウェルテッドシューズと出会ったことにより、その後、一貫して、力強さと繊細さを兼ね備えた英国の伝統的なクラシックシューズづくりを追求しています。 ’03年から、ジョージ・クレバリーやジョンロブ・パリの靴職人であったポール・ウィルソン氏に師事。木型製作から底付けまですべての工程を学び、3年半後に独立。そして、フォスター&サン、エドワード グリーン、ガジアーノ&ガーリングなどビスポーク靴店のアウトワーカーとして活動した後、’08年に帰国しました。
日本に帰国しても、某ビスポーク靴店からアウトワーカーの依頼が来るなど計算外のことがありながら、’11年、同じくトレシャムインスティテュートで靴づくりを学んだ靴職人である由利子夫人とともに、満を持して東京・江戸川橋に自身のブランド「MARQUESS(マーキス)」を設立。設立から4年経った今、二人ではじめた工房に、三人の職人を迎え、五人のチームとなり、「最高の靴づくり」をめざしています。
オーダーファイルマーキスビスポークシューズフルブローグイメージ
人気の高いデザイン「FULL BROGUE OXFORD(フルブローグ)」

マーキスならではのこだわりが詰まった 独自のフィッティングコンセプト

マーキスが大切にしているのは、1900年代初頭の英国靴のように、靴が足を包み込むような履き心地を実現するフィッティングコンセプト。そのために、ラストメイキングや革の選択など、こだわっている点がたくさんあります。 そのこだわりのひとつがバランス。例えば、小さな足の人で足を大きく見せたい場合、捨て寸を多く取るのがひとつの選択になりますが、そこはあくまでロングノーズに見えないコンパクトなプロポーションでつくるのがマーキスのベストバランス。靴単体で美しく見えるというよりも、履いてみた時にスッとスタイルに馴染む靴づくりをめざしています。
マーキス(MARQUESS)の作品紹介マーキス(MARQUESS)の注文の流れマーキス(MARQUESS) 川口昭司さんご紹介
オーダーファイルマーキスビスポークシューズコレクション マーキスの靴は、すべてビスポーク(フルオーダー)のため、ご紹介する靴はサンプルシューズです。つくりの丁寧さ、フォルムの美しさ、履き心地の良さと三拍子揃い、レベルの高さは折り紙付き。川口さんは、英国のクラシックシューズへの造詣が深く、力強く、繊細な英国靴を目標に日々靴をつくり続けています。

Square =スクエアトゥ、 Round =ラウンドトゥ、Ladies=レディースコレクション

オーダーファイルマーキスビスポークシューズシングルモンクイメージ

Monk Strap(モンクストラップ) Square

オーダーファイルマーキスビスポークシューズパンチドキャットトゥイメージ

Semi Brogue Oxford(セミブローグ) Round

オーダーファイルマーキスビスポークシューズVフロントイメージ

V Front Derby(Vフロント) Round

オーダーファイルマーキスビスポークシューズフルブローグ(チゼルトゥ)イメージ

Full Brogue Oxford(フルブローグ) Square

オーダーファイルマーキスメンズビスポークシューズイメージ

(左)Punched Cap Toe Oxford (パンチドキャップトゥ) Round (右)Slip-On(スリップオン)Square

オーダーファイルマーキスレディースビスポークシューズイメージ

(左)The Christy (右)The Lucille Ladies

EYELETイチオシのマーキスモデル EYELET編集部が注目したのは、下記の写真の「フルブローグ」とベビーカーフのパテントレザーで仕立てた「サイドエラスティック」です。 「フルブローグ」は、真上から見るとラウンドトゥ、横から見るとチゼルトゥのように見える「マーキスラウンド」が採用されています。 「サイドエラスティック」には、きめが細かく上品な光沢を放つパテントレザーが使われています。シンプルかつフォーマルな1足で、靴の美しさが際立っています。 マーキスでは、見た目の美しさはさることながら、それぞれの顧客が履いた時にどう見えるかを重視し、靴づくりをしている点が特徴です。
オーダーファイルマーキスビスポークシューズフルブローグイメージ

Full Brogue Oxford(フルブローグ) Round

オーダーファイルマーキスビスポークシューズサイドエラスティックイメージ

Side Elastic(サイドエラスティック) Square

こだわりのポイント

マーキス(MARQUESS)ビスポーク仮縫い靴
数日間の仮履き期間を終えた靴。トゥとサイド、踵部分に切込みを入れて、問題のある点をチェックします
マーキス(MARQUESS)川口昭司さん 革見本フロイデンベルグ
牛革の中でも最高級といわれる<カール・フロイデンベルグ>を用意(オプション)。柔軟性が高く、独特の風合いがあります。貴重な素材のため、数量限定です

こだわりのディテール

オーダーファイルマーキスステッチイメージ
細かいステッチ、繊細なピンキング、美しいメダリオン。確かな技術力が伺えます
オーダーファイルマーキスフィドルバックイメージ
足のアーチに沿ってギュッと絞り込み、中央部が立体的になっているフィドルバック

ページトップへ戻る

ORDER SYSTEM

マーキスの靴は、すべてビスポーク(フルオーダー)。顧客との対話から、理想のデザイン、フィッティングの良い靴を追求します。そのため、パターンはフリーで、ラスト(木型)も、独自に設計したベースラストを使い、顧客の足に合わせて、削り出し、つくられています。 オーダーシステムで、特筆すべきは、フィッティングへの強いこだわりです。なんと、仮縫いの靴を屋外で着用できる仕様でつくり、顧客に数日間履いてもらった状態の靴をチェック。トゥ、サイド、踵にナイフを入れて中の状態を確認し、本番用の靴のために修正を行うそうです。 時間は多少かかりますが、これだけ慎重にチェックしてもらえるというのは安心ですね。

STEP1 次のステップへ

予約

TEL 03.6912.2013 E-mail info@marquess-shoemaker.com

電話かE-mailで来店日を予約。

※サンプルシューズをご覧になりたい際にもご予約ください

STEP2 次のステップへ

来店

マーキス(MARQUESS)ショールームイメージ

ショールームは、東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅、椿山荘近くの閑静な住宅街の一角に。

STEP3 次のステップへ

ヒアリング

オーダーファイルマーキスレザースウォッチイメージ

革の種類やお好みデザインなど、じっくりと時間をかけて、要望をくみ取ります。

STEP4 次のステップへ

採寸・木型製作

オーダーファイルマーキス採寸イメージ

シートを使って採寸。体重の掛かり方やむくみ具合などをみながら慎重に数値を計測していきます。

STEP5 次のステップへ

仮縫い

オーダーファイルマーキス仮縫い靴イメージ

仮縫いの靴は注文主のご自宅に郵送。数日間実際に履いた後、アトリエにて不具合を確認します。

STEP6

完成・納品

オーダーファイルマーキスフルブローグイメージ

完成した靴の納品です。

ビスポークオーダーシステム概要

[製法] ハンドソーンウェルテッド製法 [製作期間] オーダーから約12カ月間 [料金]31万8000円(税抜)専用シューツリー 2万8000円(税抜) ※2015年7月現在の情報です
オーダーファイルマーキスシューツリーイメージ
専用シューツリー

ページトップへ戻る

つくっているのはこの人!

川口昭司さん

マーキス(MARQUESS)川口昭司さんイメージ
かわぐち・しょうじ/福岡県生まれ。英文科卒業。2002年に渡英し、靴職業訓練学校トレシャムインスティテュートで幅広く靴づくりについて学ぶ。卒業後、’03年から、ジョンロブパリなどのビスポーク靴職人であったポール・ウィルソン氏に師事。その後、フォスター&サン、エドワード グリーン、ガジアーノ&ガーリングなどで活躍。’08年に帰国し、’11年から由利子夫人とともに、自身のブランド「マーキス」を始動した。
マーキス(MARQUESS)ロゴイメージ

MARQUESS

〒112-0014 東京都文京区関口3-4-10-101 TEL/FAX : 03-6912-2013 E-mail :info@marquess-shoemaker.com HP : http://marquess-bespoke.blogspot.jp/ ACCESS : 東京メトロ 有楽町線 江戸川橋駅より徒歩10分

ページトップへ戻る

⇒「マーキス」川口昭司さんのインタビュー記事を読む

ライン

革靴を偏愛する紳士へのおすすめ革靴情報WEBマガジン