カテゴリー別アーカイブ: 作る

靴をオーダーメイドすることを「ビスポーク」といいます。そのため、自分の足に完璧にフィットするサイズで製作できます。お値段はそれなりに高価ですが、購入時からフィットした靴を履けるというのは、とても贅沢なものです。

ORDER FILE|MARQUESS(マーキス)川口昭司さん

力強さと繊細さを兼ね備えた 英国の伝統的なクラシックシューズづくりを追求

2002年に、渡英。英国ノーザンプトンにある公立の靴職業訓練校トレシャムインスティテュートで靴づくりを学んだ川口さん。在学中に訪れた「Shoe Museum」で、1900-’20頃につくられたハンドソーンウェルテッドシューズと出会ったことにより、その後、一貫して、力強さと繊細さを兼ね備えた英国の伝統的なクラシックシューズづくりを追求しています。 そんな川口昭司氏が率いる<マーキス>によるビスポークサンプルやオーダーシステムを詳しくご紹介しています。 力強く、繊細な英国靴を目標に日々靴をつくり続けている<マーキス>のオーダー情報をぜひご覧ください。 川口昭司さん・由利子さんによる<マーキス>オーダーファイルの続きを読む ライン

ビームスで<パトリック>のモアバリエーション&オーダー会

大手セレクトショップが「ビームス」が展開する「ビームスライツ」でジャパンメイドのスニーカーブランド<PATRICK(パトリック)>のフェアを開催します。 このフェアは、通常では取扱いのないモデルを揃えた「モアバリエーション」と、人気モデルの【PUNCH(パンチ)】をベースに、アッパー素材やバックステイ、アウトソール、さらには紐まで選べるカスタムオーダー会です。 さらに、期間限定で老舗レザー<ANNAK>のスペシャルレザーを使用したアイテムもオーダーできます。 価格は、24,840円(税込)から。 サイズは、36(23cm)~45(28cm)と、レディースサイズも展開しているので、パートナーとお揃いでオーダーして、プレゼントなんていうのもおすすめです。 ※モアバリエーションはメンズのみ。サイズ展開は41(26cm)】から。 カスタムオーダーは、世界で一つだけの自分アイテムをつくれる貴重な機会。 この機会にこだわりの1足をつくってみませんか。 BEAMS LIGHTS <パトリック>モアバリエーション&カスタムオーダー会

ビームスライツ<パトリック>モアバリエーション&カスタムオーダー会 概要

2015年8月14日(金)~8月23日(日)開催 ビームス ライツ お台場 ビームス 武蔵小杉 写真・情報出典:BEAMS ライン

トレーディングポストで『Tricker’s Trunk Show』開催!

「Tricker’s(トリッカーズ)」は、靴づくりの聖地と呼ばれている英国ノーサンプトンにある老舗シューメーカーです。 しかも、なんとこのトリッカーズ、プリンス・オブ・ウエールズであるチャールズ皇太子の英国王室御用達で、ロイヤルワラントを与えられています。 それだけ、確かな靴づくりをしているということですね。 トリッカーズの特徴は、古くからの手仕事を大切にしていて、重厚感があり、かつ耐久性が高い靴を作っていること。 あまりに重厚な靴ゆえに、履きならすには少し時間がかかりますが、履きこんで足に馴染んでくると、歩きやすくなっていきますし、なにより丈夫な靴なので経年変化を愉しめる点も魅力です。

そんなトリッカーズのトランク・ショーが、 革靴のセレクトショップ<トレーディングポスト>で2014年10月31日から開催されます!

このトランク・ショーの魅力は、なんといっても用意されているモデル数。 カジュアルからドレスまで70を超えるモデルがあるそうです。 これだけ揃っているモデルの中から、アッパーやソールの変更に加え、ハトメの色、ゴア、ストラップの色など細かい仕様変更もオーダーできます。 さらに、メンズだけでなく、レディースもありますから、カップルでオリジナルのトリッカーズを愉しむ、なんてことも可能です! しかも、オーダーチャージが、この期間中だけのスペシャル・プライスになっていますので、「トリッカーズ」をオーダーするなら、利用しない手はありませんよ。

※詳しくは、トレーディングポストHPでご確認ください。

【トレーディングポスト Tricker’s Trank Show詳細】
開催店舗と開催日 渋谷店 2014年10月31日(金)~11月1日(土)
ホワイトレーベル銀座店 2014年11月2日(日)~11月3日(月)
福岡店 2014年11月7日(金)~11月9日(日)
価格 既成価格+¥17,000(税抜) ※通常のオーダー・チャージ ¥33,000(税抜)を 期間中のスペシャル・プライス
【お問い合わせ先】 トレーディングポスト URL:http://tradingpost.jp/

アトリエコルテ-コルテと色とりどりの世界-

2014年9月17日(水)~23日(火・祝)に伊勢丹メンズ館にて「アトリエ コルテ」が開催されます。

コルテは、日本上陸10周年を迎えたフランスのブランド。 ビスポーク由来の洗練された靴作りが特徴です。

アトリエ コルテのイベントでは、そのコルテの靴が一堂に揃います。

さらに、9月17日(水)には、「メートル・ダール(日本版の人間国宝)」を受賞したブランド創設者で靴職人のピエール・コルテ氏が来日。シュールムジュール(オーダーメイド)責任者である弟のクリストフ・コルテ氏が来日。 ※CORTHAY Facebookページ2014年9月16日の投稿より
創設者のピエール・コルテ氏と今回来日するクリストフ・コルテ氏

創設者のピエール・コルテ氏(写真:左)と今回来日するクリストフ・コルテ氏 (写真:右) 写真出典:BOQ

世界にさきがけ、新作アルカストリームの伊勢丹カラーのオーダーもできるそうです。
新作アルカストリーム

新作アルカストリーム 写真出典:MEN’S EX ONLINE

9月17日(水)当日、ピエール・コルテ氏クリストフ・コルテ氏は常駐しませんので、詳しくは伊勢丹メンズ館コルテ担当スタッフにお問い合わせください。 【アトリエコルテ ATELIER CORTHAY LA COULEUR, C’EST CORTHAY!-コルテと色とりどりの世界-】 期間:2014年9月17日(水)~23日(火・祝) 場所:伊勢丹メンズ館 地下1階紳士靴売場 -オーダー内容- BESPOKE:712,800円から ※お渡し予定:約1年後 READY TO WEAR:184,680円から

※この情報は、伊勢丹メンズ館の案内状およびCORTHAY Facebookページの情報を元に掲載しています。

ライン

Special Issue 第1回 篠原すみれさん(靴職人/The Shoe Work Shop)インタビュー

今回からはじまるEYELET SPECIAL ISSUE「日々是好靴(にちにちこれこうくつ-」。 この企画は、靴に魅了されて、靴に携わる人々へのインタビュー記事を通して、靴の持つ素晴らしさを発信しようというものです。

第1回は、「女性靴職人展2014」で出会った靴職人の篠原すみれさん。

篠原さんの靴づくりキャリアは1年強。キャリアは浅くても、靴に掛ける想いは熱く、日々、靴づくりに関する知識と技術を磨いています。 篠原さんの靴づくりとの出会いや、靴に込めた思いなど、語っていただきました! この記事の続きを読む

※「日々是好靴」とは、当サイトEYELETによる造語です。 靴との一瞬一瞬の積み重ねが、今までにない、素晴らしい靴となるという意味を込めています。

ライン