フレッシャーズのための迷わない靴選び術 vol.01

2月に入り、寒い日が続いています。とはいえ、もうすぐ立春。
新しいシーズンを感じさせてくれる時期でもあります。

これから、社会人となるフレッシャーズのみなさんにとっては、なんだか、ワクワクするけど、学生時代とは全く異なる環境に不安を感じている方も多いかもしれません。

特に、変わってしまうのは、ファッション面ではないでしょうか。

学生時代は、どんな服装をしていても自由ですよね。
当然、カジュアルな装いの人が多く、自分が好きな服を着ていれば良いものです。

でも、社会人、特に企業へ就職するビジネスパーソンとなる人は、スーツスタイルが基本となります。
となると、足元も当然、スニーカーというわけにはいきませんので、ビジネス用に革靴を用意しなければなりません。

実は、このビジネス用の革靴選びというのは、きちんとした知識を持って選ばないと、ルール違反のものを選んでしまう可能性があるのです。
黒色の革靴を選べば、なんでもOKというわけにはいきません。

デザインによって、ビジネスの場にふさわしいもの、カジュアル色が強いものがありますし、選ぶ色によってもNGとなるものがあります。

だからこそ、ビジネスパーソンデビューを控えるフレッシャーズの方に、靴選びの心得をお伝えしたい!

就活とは違って、ビジネスパーソンとしてのキャリアはとても長いものです。
そして、革靴は、スーツなどの衣料とは異なり、トレンドに左右されにくく、長い間履き続けられるアイテムです。

だからこそ、一時的な視点ではなく、長いスパンで選ぶという視点でも考えていくと、より良い靴選びができると思います。

まずは、靴選びの掟から。

毎日続けて同じ靴を履くのはNGです!
ベーシックな紐靴を最低2足揃えましょう。

これは、よくご存じの方も多いですね。足は思いのほか、汗をかくもので、その量は両足合わせてコップ1杯くらい(1日で)になるそうです。
だから、1日中履いた革靴は、当然蒸れむれですし、高温多湿の状態になります。
そして、高温多湿だから、雑菌が繁殖して、異臭が生じる。
なぜ、足が他の部分と比べて、臭いが生じやすいか、おわかりいただけますね。

だから、雑菌の繁殖を防ぐためにも、1日履いた革靴を完全に乾燥させなければなりません。

そのためには、毎日同じ靴を履くのはNGです。

最低でも、2足の靴を揃えて、交互に履いてください。
もし可能であれば、3足揃えておくとベター。

では、まずビジネスパーソンデビューを控えるフレッシャーズが揃えるべきベーシックな靴とはどんな靴でしょうか。

フレッシャーズ必携のベーシックアイテム

NO.1 黒のストレートチップ

Church's(チャーチ)のストレートチップ「CONSUL(コンサル)」

写真出典:Church’s

トゥ(つま先)部分に横一文字のラインが入ったデザインのストレートチップ。紐を通す羽根(レースステイ)が、靴のアッパーと一体化した内羽根式のストレートチップはビジネスパーソン必携の1足です。このデザインは、フォーマルやビジネスシーンで幅広く使えます。そして、革靴は、色が黒いものほどエレガントと言われています。ですから、革靴1足目は、黒のストレートチップ。これに決まりです!

予算別おすすめモデル
~5万円:
アルフレッドサージェント

アルフレッドサージェントの内羽式ストレートチップ
英国のブランドアルフレッド・サージェントの靴はコスパが秀逸!
写真出典:楽天
~10万円:
クロケット&ジョーンズ
クロケット&ジョーンズのストレートチップ「オードリー」
英国の老舗ブランド<クロケット&ジョーンズ>の定番中の定番「オードリー」。
写真出典:FRAME
10万円~:
ジョンロブ シティⅡ
ジョンロブのストレートチップ「シティ2」
革靴の王様と呼ばれるブランド<ジョンロブ>の「シティ2」。良質な革を使っていて、履き心地が快適です。
写真出典:ジョンロブ公式HP

NO.2 こげ茶のセミブローグ

エドワードグリーンのセミブローグ カドガン
写真出典:STRASBURGO

トゥ(つま先)部分に横位置文字のラインとメダリオン(穴飾り)が入ったデザインのセミブローグ。やはり、ストレートチップ同様に、内羽式のものを選んでおけば、ビジネスシーンで幅広く使うことができます。穴飾りが入ることで、少しカジュアルな印象を与えるデザインですので、色はこげ茶(ダークブラウン)を選ぶと、ジャケパンスタイルにも合わせやすく、コーディネートの幅が広がります。

予算別おすすめモデル
~5万円:
PERFETTO(ペルフェット)

PERFETTO(ペルフェット)の内羽式セミブローグ
国産の<ペルフェット>。細部にわたって丁寧に作られていて、洗練されたデザインも魅力!
写真出典:BOQ
~10万円:
チャーチ ディプロマット
チャーチのストレートチップ「ディプロマット」
英国らしい質実剛健な<チャーチ>の「ディプロマット」。バランスの良いフォルムが特徴です。
写真出典:Church’s
10万円~:
エドワードグリーン カドガン
エドワードグリーンのセミブローグシューズ「カドガン」
信頼の英国ブランド<エドワードグリーン>の「カドガン」。上品なメダリオン、華やかなブローギングで、ビジネスカジュアルにも履ける万能靴です。
写真出典:エドワードグリーンHP

フレッシャーズのための迷わない靴選び術 vol.01として、ビジネスパーソンデビューを控えるフレッシャーズが揃えるべきベーシックな靴をご紹介しました。
予算に応じて、ご紹介したのは、革靴はものによって、10年、20年と履けるアイテムだから。

ただし、そのためには、品質の良い革を使っていて、しっかりと作られていることが条件です。
その基準は、価格で言うと、5万円オーバーが目安。

とはいえ、丸の内のビジネスマンが1足にかける予算は、2万円未満が7割というデータがあります(AERA STYLE MAGAZINE調べ2012年10月5日号)。
だから、忙しいビジネスマンは、お手入れをする時間を惜しんで、手ごろな価格の靴を履きつぶす人も多いというのも事実です。

良いものをお手入れして長く履いても、手ごろな靴を短いスパンで履いていても、どちらでも良いとは思います。

どちらが正解ということはありませんけれど、これから、社会人になるフレッシャーズのみなさんには、ビジネスアイテムを揃える前に、どのような観点から選ぶかしっかり考えておいてほしいですね。

次回以降、どのような点を考慮して靴を選ぶべきか、職種ごとのおすすめ靴などを特集していきます!

オシャレ偏差値が上がる大人のスニーカー特集

2015年春夏のトレンド スタイリッシュなスニーカーで大人度アップ!

2月も中盤を迎えて、春らしい日差しが注ぐ日が多くなってきました。 また、デパートなどでも、春物が目につくようになってきましたね。 2015年春夏のファッショントレンドキーワードは「デニム」「レイヤード(重ね着)」「スポーティ」「70年代」。 そして、メンズコレクションで多くみられた靴はというと、白スニーカーなんですって!! さらに、トレンドカラーについて言及しておくと、「ブルー」。 ということで、ファッション誌では、こんな風に「カモン、ネイビー!」「スニーカー最強」などと表紙で言っているわけですね。

EYELET の「イセタンメンズ2015SSレポート」でもご報告しています通り、最近はビジネスとカジュアルの垣根が崩れつつあり、カジュアルシューズの発掘に力を入れている現状があります。 そこで、EYELETとしては、アッパーに革を取り入れている、または履き心地がドレスシューズに近いなど、大人の男性に履いてもらいたいスニーカーをご紹介させていただくことにしました!! スニーカーと言うと、カジュアルの象徴で、若い人の靴だと思っている方もいらっしゃいますよね。 確かに、若い方が似合うスニーカーもある一方で、大人にしか似合わないスニーカーというのも存在します。 また、最近のビジネスシーンでいうと、職場でもスニーカーを履けるクールビズが浸透してきました。 ぜひ、今年はスニーカーを取り入れて、大人の余裕ある足元を演出してみませんか。

大人カジュアルの幅を広げてくれる5ブランド

フィリップモデル(PHILIPPE MODEL)

フィリップモデルは、イタリア発の高級レザースニーカーブランド。 イタリアのヴェニス近郊の町で、一足一足職人による手作業でつくられています。 そのため、高級なドレスシューズのように吸いつくような履き心地なんですね。 フィリップモデルは、日本にデビューすると瞬く間に人気を獲得しました。 そして、今年の1月末には阪急メンズ大阪、2月初旬にはイセタンメンズという東西のオサレメンズの聖地で常設されることになったのです。 フィリップモデルの特徴は、前述した履き心地に加え、異素材をミックスしていて、スタイリッシュなところ。 フラワーや千鳥格子柄がプリントされたレザーを使っていたり、キラキラ素材を使っていたり、もう、それはそれは凝ったつくりで。 さらに、フィリップモデルが大人に向いている理由としては、履くと清潔感があるように感じるから。 中敷きは取り出せるようになっていますし、実際に清潔に履けるからですかね。

フィリップモデルのおすすめ4モデル

フィリップモデル ローカットベージュ
赤がポイントのシンプルなベージュのスニーカー
フィリップモデル ローカット白スニーカー
履き口に千鳥格子柄のレザーが使われた白スニーカー
フィリップモデルローカットモデル(グリーン)
エンブレムが際立つ2015SSモデル。踵部分の素材はキラキラになっています
フィリップモデル_ローカット
グレーとホワイトのベースのモデル。タンと踵部分には千鳥格子柄が使われています

ロトゥーセ(LOTTUSSE)

ロトゥーセは、この春、イセタンメンズにデビューしたスペインのブランド。 イセタンメンズへのデビューは今年ですが、創設は1877年と古く、ヨーロッパでは高い知名度と人気を獲得しています。 ロトゥーセの特徴は、都会的でコーディネートしやすく、スマートでカジュアルなコレクションにあります。 スペインの靴は、どちらかというとイタリア的なスマートさの中に朴訥とした雰囲気が漂うものが多いですよね。 ロトゥーセも、スマートなフォルムでありながら、少し土の色が混じったような自然に近い色合いの靴を作っていたりと、スマートなだけでない魅力のあるブランドです。

ロトゥーセのおすすめ2モデル

ロトゥーセのゴルフシューズ
コンビのゴルフシューズ。今年のトレンドであるネイビーを使っています
写真出典:ロトゥーセ公式HP
ロトゥーセのスニーカー
こちらもトレンドカラーのブルーを使ったシューズ
写真出典:ロトゥーセ公式HP

サントーニ(Santoni)

サントーニは、イタリアのブランドです。 1977年創業と、革靴ブランドとしてはまだまだ後発組なのですけれど、独創的なデザインやフレキシブルな製法で、世界的な評価を受けています。 サントーニの一番の特徴は、ハンドペインティング。 イタリア靴に多い意匠として、パティーヌがありますね。 これが得意なのがサントーニ。 要は雰囲気のある革靴づくりが得意なんです。 そんなサントーニは、大人しか似合わないスニーカーを毎年リリースしています。 スニーカーというと、どちらかというと爽やかなイメージのものが多いのですけれど、サントーニのスニーカーにはハンドペインティングを愉しめる奥深いものもありますよ。

サントーニのおすすめ4モデル

サントーニのレザースニーカー
アッパーに使われている革にはムラ感があり、ネット調になっています
写真出典:サントーニ公式HP
サントーニのレザーレースアップシューズ
リッチで深い味わいのあるダークブラウンのレザーレースアップシューズ
写真出典:サントーニ公式HP
サントーニコンビスニーカー
スカイブルーのファブリックとスエードを使ったコンビスニーカー
写真出典:サントーニ公式HP
サントーニのスエードローカットスニーカー
明るい色を使ったマルチカラーのスエードスニーカー
写真出典:サントーニ公式HP

コールハーン(COLE HAAN)

コールハーンは、アメリカのブランドです。 そして、2013年までナイキの傘下にいました。 だから、スニーカーは得意なブランドなんです。 革靴にもナイキのテクノロジーでもある「ナイキエア」を搭載していましたし、革靴とスニーカーを融合した「ルナグランド」というモデルを生み出し、爆発的なヒットとなりました。 ナイキの傘下を離れた今も、革靴とスニーカーの融合を進化させています。 その特徴的なモデルが「ゼログランド」。 「ルナグランド」は、まるで月を歩いているように軽いことから名づけられていました。 そして「ゼログランド」は、コールハーン史上最高に軽いモデルです。 その重量は約290g(モデルによって重量は異なります)。 もう、本当に軽くて、歩きやすいんですよー。 でも、アッパーだけ見ると、革靴の顔をしているから不思議な靴ですよね。

コールハーンのおすすめ4モデル

コールハーン「ゼログランド」のチャッカブーツ
ゼログランドのグレン カップソール チャッカブーツ。ソール部分に溝があるので、屈折性が抜群です
写真出典:コールハーン公式HP
コールハーン「ゼログランド」ゼログランド ウィング オックス
ゼログランド ウィング オックス。素材やパンチングなどで軽さを実現しています
写真出典:コールハーン公式HP
コールハーンの「ルナグランド」
ルナグランド ロング ウィング。オーストリッチプリントが施されていて、ラグジャリーな雰囲気
写真出典:コールハーン公式HP
コールハーンのスニーカー
オーウェン スポーツ オックス。パーフォレーションレザーとスエードのコンビで履き心地の良いスニーカーです
写真出典:コールハーン公式HP

シルバノ・ラッタンジ(Silvano Lattanzi)

シルバノ・ラッタンジは、イタリアのブランド。 しかも、イタリア最高級のブランドであり、シルバノ・ラッタンジご本人は天才、神と言われることもあるようです。 そのラッタンジが作る靴は、靴のロールス・ロイスなんて言われることも。 とにかく、足入れが良いのが特徴で、レディーメイド(既成)でも軽く20万円オーバーで、オーダーなら100万円オーバーと、高嶺の花なブランドですね。 そんなランタッジからもスニーカーがリリースされています。 EYELETはイセタンメンズ2015ss展示会で、それらを見てきましたー。 エキゾチックレザーを使ったモデルもあり、ランタッジにしては手に入れやすい価格設定でしたよ。

シルバノ・ラッタンジのおすすめ2モデル

シルバノ・ラッタンジ エキゾチックレザー
エキゾチックレザーが使われたラグジャリーな逸品
シルバノ・ラッタンジのスニーカー
写真の左から2足目・3足目がランタッジのスニーカー。非常に落ち着いた色味が特徴です

いかがでしたか?EYELETがおすすめする大人のためのスニーカー特集。 EYELET読者のみなさまには、デザイン性が高すぎるものやチープなものはおすすめできませんので、あくまで大人にしか似合わない、オシャレ偏差値が高くなるという目線で選んでみました。 ぜひ、気になったスニーカーがあったら、取り入れてみてくださいね!!

<クロケット&ジョーンズ>Uチップの名作「MORETON(モールトン)」

<クロケット&ジョーンズ>モールトンイメージ

【クロケット&ジョーンズMORETON(モールトン)モデル概要】

ブランド Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)
イギリス
モデル MORETON(モールトン)
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル Uチップ
製法 グッドイヤー
特徴 とてもシンプルで、普遍的なデザインが魅力のUチップです。クロケット&ジョーンズのモデルの中でも、名作と言われています。アッパーには、風合いが豊かで表情のあるバーニッシュドカーフが、ソールにはリッジウェイソールが採用されていますので(ダイナイトソール版もあります)、全天候型で実用性の高い1足になっています。
価格(目安) 74000円(税抜)
写真出典 FRAME
情報確認日 2015/03/09

姉妹サイト「Kutulin」でクロケット&ジョーンズMORETON(モールトン)のもっと詳しい解説をみる

クロケット&ジョーンズMORETON(モールトン)モデル概要の見方はこちらへ

<オールデン>レースアップブーツ「4545H」

<オールデン>レースアップブーツ 4545Hイメージ

【オールデンレースアップブーツ<4545H>モデル概要】

ブランド Alden(オールデン)
アメリカ
モデル レースアップブーツ<4545H>
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル レースアップブーツ
製法 グッドイヤー
特徴 ラスト「379X」を採用したレースアップブーツです。ソールはクレープソール。このモデルは、多くの店で完売伝説を築いてきたブーツと言われていて、いまだに入荷するとすぐに完売するそうです。アッパーには、コードヴァンが使われていて、独特の輝きがあり、エイジングを楽しめます。
価格(目安) 113000円(税抜)
写真出典 THE LAKOTA HOUSE
情報確認日 2015/3/12

オールデンレースアップブーツ<4545H>モデル概要の見方はこちらへ

<オールデン>プレーントゥ「53501」

<オールデン>プレーントゥ53501イメージ

【オールデンプレーントゥ<53501>モデル概要】

ブランド Alden(オールデン)
アメリカ
モデル プレーントゥ<53501>
使用シーン ビジネス/ビズカジ/カジュアル
スタイル プレーントゥ
製法 グッドイヤー
特徴 オールデンで最も人気のある<モディファイドラスト>が採用されたプレーントゥです。写真のバーガンディーの他、ブラックのコードヴァンを使ったモデルもあります。ソールはシングルソール。モディファイドラストの心地よい履き心地を楽しめる非常にシンプルなモデルです。
価格(目安) 105000円(税抜)
写真出典 THE LAKOTA HOUSE
情報確認日 2015/3/12

姉妹サイト「Kutulin」でオールデンプレーントゥ<53501>のもっと詳しい解説をみる

オールデンプレーントゥ<53501>モデル概要の見方はこちらへ

<オールデン>チャッカブーツ「1339」

<オールデン>チャッカブーツ1339

【オールデンチャッカブーツ<1339>モデル概要】

ブランド Alden(オールデン)
アメリカ
モデル チャッカブーツ<1339>
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル チャッカブーツ
製法 グッドイヤー
特徴 日本で特に人気があるチャッカブーツです。アッパーには、コードヴァンが採用され、独特の光沢感があり、エイジングが楽しめます。バリーラストが使われています。
価格(目安) 108000円(税抜)
写真出典 THE LAKOTA HOUSE
情報確認日 2015/3/12

姉妹サイト「Kutulin」でオールデンチャッカブーツ<1339>のもっと詳しい解説をみる

オールデンチャッカブーツ<1339>モデル概要の見方はこちらへ

<オールデン>タッセルモカシン「563」

<オールデン>タッセルモカシン563イメージ
ブランド Alden(オールデン)
アメリカ
モデル タッセルモカシン<563>
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル ローファー
製法 グッドイヤー
特徴 スリッポン・ローファーの1種となるタッセルモカシンです。アメリカの俳優がオールデンに依頼して作ったのが起源と言われいて、まさにタッセルモカシンのオリジン。60年以上続くロングセラーモデルなんです。タッセル(房飾り)が付いているため、ローファーよりもドレシッィな印象で、ジャケパンにコーディネートするとピタッとはまります。アッパーにはコードヴァンが使われてます。
価格(目安) 105000円(税抜)
写真出典 THE LAKOTA HOUSE
情報確認日 2015/3/12

姉妹サイト「Kutulin」でオールデンタッセルモカシン<563>のもっと詳しい解説をみる

オールデンタッセルモカシン<563>モデル概要の見方はこちらへ

<オールデン>ウィングチップ「975」

<オールデン>975イメージ

【オールデンウィングチップ<975>モデル概要】

ブランド Alden(オールデン)
アメリカ
モデル ウィングチップ<975>
使用シーン ビズカジ/カジュアル
スタイル ウィングチップ
製法 グッドイヤー
特徴 オールデンの名ラスト「バリーラスト」を採用したウィングチップモデルです。バリーラストは大き目につくられているラストですので、通常よりも小さなサイズを選ぶと良いかもしれません。アッパーにはオールデンの代名詞と言われるコードヴァンが使われて独特の光沢を放っています。
価格(目安) 106000円(税抜)
写真出典 THE LAKOTA HOUSE
情報確認日 2015/3/12

オールデンウィングチップ<975>モデル概要の見方はこちらへ

<オールデン>Vフロント「54321」

<オールデン>Vチップ54321イメージ

【オールデンVフロント<54321>モデル概要】

ブランド Alden(オールデン)
アメリカ
モデル Vフロント<54321>
使用シーン ビジネス/ビズカジ/カジュアル
スタイル Uチップチップ
製法 グッドイヤー
特徴 Uチップの変形ともいえるVチップのモデルです。このモデルにはオールデンで最も人気の高い<モディファイドラスト>が採用されています。モディファイドラストは、シューレース・ヒールカップ・ウエストの3点で足を固定するため、履き心地が抜群。オールデンといえば、このモデルというくらい大定番です。もちろん、アッパーにはコードヴァンが使われています。
価格(目安) 105000円(税抜)
写真出典 THE LAKOTA HOUSE
情報確認日 2015/3/12

姉妹サイト「Kutulin」でオールデンVフロント<54321>のもっと詳しい解説をみる

オールデンVフロント<54321>モデル概要の見方はこちらへ