間違いだらけのシューギア選び ~シューツリー編~

靴を快適な状態を保つためには 靴ごとに最適なシューツリーを選びましょう

革靴は、使い捨てのファッションアイテムではありません。メンテナンスをしながら履けば、10年、20年と充分に履きこんでいけるアイテムです。

しかも、履けばはくほどに、インソールが自分の足の形に沈み込み、最初はなじみの良くない靴でも、不思議と快適になり、どんなに履いても疲れないなんてことも。

新品の段階がベストではないというのが、革靴の大きな特徴ですね。

源氏物語での光源氏が紫の上を幼少のころから自分好みに育てていったように、手をかけて革靴を育てていけば、ご主人好みな革靴へと立派に育ってくれる可能性があるということです。

では、メンテナンスって何なんだろうというと、革靴を良い状態に保つお手入れのことですね。
例えば、靴磨きだったり、ダメージを受けにくくするため、履く前にケアをしたり。

今回の「お手入れLABO」では、メンテナンスに欠かせないアイテムとして、「シューツリー」について掘り下げていきます。

靴磨きをするには、ある程度の時間がかかりますけれど、シューツリーであれば、革靴にさっと入れておくだけですので、お忙しいビジネスマンの方でも、取り入れやすいアイテムです!!
しかし、どの革靴にも同じシューツリーを入れている方は、要注意。
せっかくのシューツリーが、靴にとっては悪影響を及ぼしているかもしれません。

では、まず、なぜシューツリーが必要なのかを説明していきます。


意外と多いシューツリーの機能

そもそも、シューツリーって何のために入れるか、ご存知でしょうか。
形を整えるだけが、シューツリーの役割ではありません。
改めて、シューツリーの機能について考えていきましょう。

[シューツリーの役割]

  • 型崩れを防ぐ
  • 履きジワを防ぐ
  • ソールの返りを防ぐ
  • 靴内部の湿気を吸収

同じ革靴を毎日履くのは、靴を傷める原因になりますので、みなさん何足か揃えてローテーションで革靴を履いていらっしゃると思います。

そうすると、当然、履いてない状態の時間の方が長いわけです。
その履いていない状態の靴にシューツリーを入れることで、上記のことを防いでくれています。

これで、シューツリーが靴のケアに欠かせないアイテムということがおわかりいただけますね。

では、次は、シューツリー選びのポイントを解説します!


シューツリー選びは、靴のフォルムに合っているかが決め手!

シューツリーの役割で列挙した湿気の吸収以外は、すべて靴の形に関わるものです。
シューツリー本体の素材は、ブナ、ライム、シダー、カバなどで、どの素材にも良さがあります。

ですから、選ぶ際には、靴のフォルムとあったものを選ぶのが最も重要です。

シューツリーの種類を統一していると、見た目には美しいかもしれませんが、靴にとっては良くありません。

まず、シューツリーの種類をピックアップします。

用途によって選べるシューツリーバリエーション

シューツリーバリエーション1 バネタイプ

バネタイプ

写真のシューツリーは、いずれもバネタイプのもの。左は2本のバネが使われ、靴を伸ばすテンションが強いタイプ。右は1本バネのタイプで、テンションは弱め。また、幅広いワイズに対応するサイドスプリットが付いています。

ネジタイプのシューツリーと踵の簡易なタイプ

ネジタイプと踵のアジャスタブルタイプ

写真左は、ネジタイプのシューツリーで靴を伸ばすためのテンションが弱いため、ローファーなどに適しています。写真右のシューツリーは、かかと部分に厚みがなく、どんな踵にも合わせられるアジャスタブルタイプです。

では、靴のフォルムにあったシューツリー選びのポイントをあげてみます。

[ポイント1]トゥシェイプ

イギリスやアメリカの靴に多いラウンドトゥ

ラウンドトゥ

イギリスやアメリカの靴に多い丸みのあるトゥシェイプ。グッドイヤー製法で堅牢につくられていることが多いので、しっかりとソールの反り返りを伸ばせるバネタイプがおすすめです。

イタリアやフランスの靴に多いロングノーズのスクエアトゥ

スクエアトゥ

イタリアやフランスの靴に多い、ロングノーズのスクエアトゥ。マッケイ製法で作られることが多いため、過度なテンションがかかるツリーは禁物。ネジ式のものや、バネ1本のものを選ぶと良いでしょう。

[ポイント2]甲のタイプ

甲のせり上がりがあるタイプ

甲の高いタイプ

靴を横から見ると、レースアップシューズなどは、足の形に合わせてせりあがっているのがわかります。この靴のフォルムに合わせて、選ぶとGOOD!トゥ部分の反り返りの有り無しも考慮しましょう。

甲の低い、ローファーなどのシューツリー

甲の低いタイプ

ローファーなどのスリッポンは、タイトフィッティングで履くものです。だから、甲部分も低くなっています。ですので、シューツリーも甲の低いものを選びましょう。そして、ローファーには、テンションがかかりにくいネジ式のものを選ぶとGOOD!

シューツリーを選ぶ時のポイントがお分かりいただけましたでしょうか。
シューツリーを購入するのは、靴を購入するのと同時がベストです。

実際に、ツリーを入れてみて、フォルムに合っているか、テンションがかかりすぎていないかをしっかりと確かめてみてください。

また、高級革靴ブランドでは、純正のシューツリーをつくっているところがありますので、せっかくなので、純正を選ぶのも手です。
ただし、既製靴の場合、純正ツリーだからと言って、そのモデル専用に作られていることは少ないもの。

本当にその靴に合うシューツリーかどうか、販売スタッフの方に相談しながら慎重に選んでみてくださいね。

雨から大切な革靴をプロテクトしてくれるCOVY’Sオーバーシューズ

季節外れの暑い日が続く今日この頃。
例年よりも少し遅めなのかもしれませんね、今年の梅雨は。

革靴にとって雨と言えば、天敵。

一度、靴を濡らしてしまうと、ダメージにはなるし、リカバリーするにも時間がかかるし、良いことなしです。

そして、ビジネスマンの最大の悩みは、雨だからと言って、いつものスタイルを崩すわけにはいかないということ。

もちろん、レインブーツを履くわけにはいけませんので、雨に強い靴を用意しているという方が多いのではないでしょうか。

革靴でも、雨に強いと言われている素材があります。
例えば、チャーチなどで採用している、ポリッシュドバインダーカーフ。
これはカーフに加工をしてあります。

さらに、ゴアテックス仕様の革靴もあるので、こうした雨に強い素材をアッパーに用いてる靴があれば、ちょっと安心。

でも、雨の日が続いたらどうします?連日履くと、靴の寿命を縮めてしまいますし、さすがに足が蒸れてしまいそうですよね。

そこで、EYELET編集部員は、ずっと探していました。
スマホケースのようにシリコン素材でつくられたシューズカバーを。

で、見つけたのが、こちら!!

COVY'Sオーバーシューズイメージ01
シリコン素材のシューズカバー
COVY'Sオーバーシューズイメージ01
カラーは、写真のブラックをはじめ、ブラウン、ネイビー、オレンジ、グリーンなど

なんか、普通のぽっこりとした靴のような雰囲気がありますよね。

「COVY’Sオーバーシューズ」はドイツでデザインされたものなんです。

では、早速装着してみましょう。
ブラックを入手しましたので、まずは、<REIKO TSUKUI>のサイドレースシューズに装着します。

REIKO TSUKUIのレースシューズイメージ
絶対に濡らしたくないお気に入りの靴です
COVY'Sオーバーシューズイメージ03
サイドレースシューズに装着してみました。違和感ありませんよね

COVY'Sオーバーシューズイメージ04
上から見ても、違和感なし。ソールがシリコンで守られていると安心です
COVY'Sオーバーシューズイメージ05
踵部分は、中に入れている靴の方が高いため、少しはみ出してしまいました

今度は、ブラウン系の革靴に装着してみます。
選んだのは、<エドワードグリーン>のUチップ「ドーバー」です。

エドワードグリーンのドーバーイメージ
ドーバーは、コバがはりだしているので装着に不安が
COVY'Sオーバーシューズイメージ03
結局、ドーバーの場合、踵部分を含めてすっぽりカバーできました

これまでにも、靴をいかにも覆っているという感じのシューズカバーは存在していました。
でも、こちらのCOVY’Sオーバーシューズは、もっとスマートに見えるのが特徴です。

シリコン素材は、柔らかく、軽いので、持ち運びもラクラク。
オフィスに着いたら、靴から外して、また帰宅時には簡単に装着できます。雨からしっかり守ってくれて、見た目にも足元が浮いているようには見えないはず。

さらに、ソールにはグリップ力があり、滑りにくくなっているのも嬉しいですね。

COVY'Sオーバーシューズイメージ06
滑らないように、凹凸をつけ、グリップ力が備わったソール
COVY'Sオーバーシューズイメージ07
ドイツ主催の国際的デザイン賞を受賞している本作。収納ケースもかわいい!

このCOVY’SオーバーシューズはR&D取扱い。
そして、限定品のため、一部店舗のみで取扱いとなっているそうです。しかも、サイズ展開やカラーバリエーションも店舗によって異なっています。
ちなみにEYELET編集部員はこのCOVY’Sオーバーシューズを日本橋三越で手に入れました。

他には、池袋西武や銀座三越では取り扱っていると、確認しています。
このシューズカバーは、日経トレンディ(日経BP社)や、読売テレビ「朝生ワイド す・またん!」でご紹介されているので、さらに品薄になることが予想されます。ご興味のある方は早めにチェックを!

詳しくはR&Dホームページでご確認ください。