知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴とバッグ編)

賢くビジネスワードローブを整えるために
靴とバッグの基本コーディネートを確認!

2015年に掲載した記事、「間違っていませんか?スーツを着るときの靴下選び」「靴とベルトコーディネートの基本を知ろう!」に続き、靴とバッグのコーディネートについて考えていきます。

今回は、ビジネスシーンでのコーディネートに特化。

まずは、ビジネスシーンにふさわしいバッグから確認をしましょう。

ビジネスにふさわしいデザインは、やっぱりブリーフケース!

スーツスタイルにピッタリはまるのは、なんと言っても「ブリーフケース」。そして、ブリーフケースの中でも、もっともキッチリ感が高いのが、下写真のフラップ付タイプ。
対して、持ち手が2本になっている2ハンドルは使いやすくスタイリッシュな印象を与えてくれます。また、このタイプのデザインにはショルダーストラップが付属して、2WAYで使えるタイプのものもありますが、ストラップを使うとスーツの肩を崩す可能性があるので、あまり使用しないほうが良いかもしれません。

知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ01フラップ付き [MONT BLANC | モンブラン]
知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ02 2ハンドルタイプ [大峽製鞄]

ブリーフケースの素材は大きくわけると3つ。
1)オールレザー 2)レザー×ナイロン 3)ナイロン。
上記で掲載した写真が1)のオールレザーで、最もフォーマルな印象になります。ただし、レザーゆえに重量が増えてしまうのがたまにキズ。機能面で選ぶなら、ナイロンを使ったモデルの方がおすすめです。

知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ03レザー×ナイロンブリーフケース [Felisi | フェリージ]
持ち手や角部分など耐久性が求められる部分にレザーを使用しているので、比較的長持ちするバッグです。
知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ04ナイロンブリーフケース [MACKINTOSH PHILOSOPHY | マッキントッシュフィロソフィー]
ナイロンは、なんと言っても軽量なのが魅力。近年は、書類に代わってPCやタブレットなどを持ち運ぶビジネスマンも多く、PC収納対応のタイプも用意されているバッグもあります。

ジャケパンスタイルに合わせるならトートが便利!

ブリーフケースよりカジュアルに使えるのが、レザーのトートバッグです。ジャケパンなど少しカジュアルな雰囲気のビジネススタイリングにピタッとはまります。
レザートートを選ぶ際に気を付けたいのが、持ち手の長さです。肩から掛けられるほどの長さがあるものよりも、短いものの方がおすすめ。
また、クールビズなど、よりカジュアルな服装がOKの期間中なら、持ち手が長めのバッグでも大丈夫。ただし、トートバッグはもともと女性的なバッグですので、曲げた腕にストラップをかけるような持ち方はNG。トートを持つ場合には肩に背負うなど、正しい持ち方を心掛けましょう。

知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ05オールレザートートバッグ [STEFANOMANO | ステファノマーノ]
持ち手の短いタイプのレザートートなら、ちょっとカジュアルなビジネススタイルに合います!
知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ06レザートートバッグ [CHAMBORD SELLIER | シャンボール セリエ]
持ち手の長いタイプのレザートートは、オフタイムでも活用できるので、ひとつ持っていると便利です。

知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ07レザー×ナイロントートバッグ [Daniel&Bob | ダニエル&ボブ]
大振りのレザー×ナイロントートでマチの幅が広いバッグなら、宿泊を伴う出張にも活用できます。
知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ08コーテッドキャンバストートバッグ [Herv? Chapelier | エルベシャプリエ]
コットンキャンバスにゴムを引いたコーテッドキャンバスという素材をつかったモデル。耐久性が高く、使いやすいバッグです。

コーディネートの基本は統一感!

ここまで、ビジネススタイルにふさわしいバッグのデザインについて考えてきました。
そして、ここからはようやく、革靴とバッグの合わせ方についてです。
コーディネートの基本は、統一感。
ですから、ブラックの革靴ならブラックのバッグ。ブラウンの革靴ならばブラウンのバッグというのが基本です。
しかし、最近ではネイビーやグレーを纏った革靴も多くなってきました。そんな靴を買ったときは、同じ色のバッグも買い足さなくてはいけないのかというと、そんなことはありません。
色合わせをするときには、スーツのカラーも含め、全身で3色以内でコーディネートすると統一感がキープされます。
それでは、3色を念頭に置いて、コーディネートを考えていきましょう。

例:ネイビースーツ

清潔感を感じさせてくれるネイビーのスーツには、ブラックでも、ブラウンでも合わせることができるので、なにかと便利です。
イラストのようにセオリー通り、革靴とバッグのカラーをあわせれば、全く問題はありませんね。特にマローネ・エ・アズーロと言われるイタリアでは定番のネイビーとブラウンの配色は、ビジネスシーンで使えます。
ブラックとのコーディネートに飽きたら、トライしてみてください。

知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ09ネイビーコーディネート1

さらに、今度は、靴とバッグの色を合わせるのではなく、スーツを含め、全体で3色に絞り込み、統一感を出したパターンです。 ネイビーをネクタイと革靴、スーツに使い、シャツをネイビーと同じ系列のブルーにして、バッグをブラックにしています。
右のイラストでは、革靴とネクタイをグレーにして、バッグをブラックにしています。 ブラック・グレー・ホワイトは無彩色と言われていて、すべて無彩色でコーディネートするとモノトーンにと呼ばれるコーディネートになってしまいます。統一感はありますが、彩りにかけてしまいますので、身に纏うときは配色にご注意くださいね

知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ10ネイビーコーディネート2

揃えておくと便利なカラーバリエーション

ベーシックなカラーと言うと、ライトブルー/ネイビー/ブラウン/ベージュ/グレー/ホワイト/ブラックが基本となりますので、まずは、ブラックとブラウンのバッグを買い揃えていくのがセオリー。
その次に揃えておくと便利なのが、ネイビーかグレーだと思います。
余裕があれば、最後はベージュ。なかなか上品な色ですし、ブラウンとあわせると濃淡が付き、美しいグラデーションが完成します。

知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ11ネイビーバッグコーディネート
知っておきたい大人の男のコーディネート術(靴と鞄編)イメージ12グレーバッグコーディネート

今回は、ビジネスシーンに特化して、バッグとのコーディネートを考えてみました。

今は、新年を迎え、新しいバッグの購入を検討している方が多い時期ですよね。
この時期は、バーゲンシーズンでお得にバッグを購入できる時期でもありますので、革靴とのコーディネートを広げるためにも、バッグに投資してみてはいかがでしょう。
もちろん、逆に、お手持ちのバッグから革靴選びを広げていくのもアリです!!

さらに、もっとこだわりたい方には、バッグのパターンオーダーもおすすめ。
銀座三越では、現在<フジタカ>のパターンオーダー会を開催中[開催期間:2016年1月3日(日)~12日(火)]で、 <フェリージ>のPOP UPフェア[開催期間:1月20日(水)~2月2日(火)]、<大峽製鞄>パターンオーダー会[開催期間:1月27日(水)~2月9日(火)]とバッグブランドのイベントが目白押しです。
これらイベントの詳細情報は、銀座三越紳士服・雑貨 新着情報ページでご確認ください。

ご自身のイメージに合った素敵な革靴やバッグをお選びくださいね。

?

ライン

間違っていませんか?スーツを着るときの靴下選び

春です!! 新しいシーズンの始まりに、オフィス街を歩いていても、なんだかウキウキした雰囲気が蔓延しているように感じます。

おしゃれメンズのみなさんは、ここぞとばかりに、バシッとしたスーツを着てみたり、春夏シーズンを感じさせるリネン素材のジャケットを着ていたりと、思い思いのファッションを楽しんでらっしゃるように見えます。

いやー、楽しいシーズンですよね。

そんななか、新しいスーツに、カバン、革靴とパーフェクトなコーディネートだ!!と、街を闊歩している、あなた!!

ちょっと、改めて、足元を見直してみてください。

まさかと思いますが、ダークスーツに白ソックスを組み合わせたりしていませんよね……。

学生時代の制服では、OKとされていたコーディネートが、そのまま社会人の服装として通用するわけではないんですよ。

このままでは、職場で、あなたは「白ソックスの魔王」というあだ名を名付けられてしまうかもしれません。

改めて、スーツを着るときの靴下選びの極意を考えていきましょう。

初心者は、スーツの色と同じ色の無地を選べば安心!

ブラックソックスイメージ

写真出典:Tabio

ビジネスで身に着けるスーツは、ダークな色味を選ぶのが基本です。
ブラックや紺色といったところが、ファーストスーツにぴったりのカラー。

だから、自ずと靴下もダークなカラーを選べば無難ということになりますね。

そして、スーツと同じ色の無地を選べば失敗はありません。

要は、靴下はパンツと革靴をつなぐ脇役と言う考え方です。

パンツの色または革靴の色と合わせるのがセオリー

パンツの色にあわせたコーディネート

写真出典:Tabio

スーツ初心者を卒業した人にとって、基準となるのが、パンツの色か革靴の色に合わせて靴下を選ぶということです。

ビジネスではなく、カジュアルのコーディネートであれば、靴下に差し色を持ってくるという考え方もありますけれど、ここはあくまでビジネスでのマナーを踏まえて選びましょう。

写真を見てください。パンツはライトグレーで、革靴はブラック。ゆえに、靴下もブラックにしたパターンですね。 全く、靴下が浮かずに、自然な足元になっていますよね。

柄ソックスを選ぶ際は、シャツかネクタイから1色または柄・テクスチャーを拾う

スーツを着なられてきたら、いつも無地ソックスというのは、つまらないものです。

ここからは、中級者レベルとして、柄ソックスを選ぶ秘訣を考えていきましょう。

まずは、シャツやネクタイの色と同じ色を使った靴下を選ぶという考え方。 足元だけでなく、上半身を含めてバランスを取りましょうということですね。

この場合、気を付けたいのは、全身のコーディネートで使う色数。
あれやこれやと異なる色を使うと、統一感に欠けてしまうものです。
トータルで3色までに絞ると、まとまりが出て、キレイに着こなせます。

次は、シャツやネクタイの柄と同じ柄を使った靴下を選ぶという考え方

例えば、水玉のネクタイだったら、靴下も水玉に。
そして、チェックのネクタイだったら、靴下もチェックに。

やはり、こちらも全体でバランスを取ろうという考え方ですね。

パンツの色にあわせたコーディネート

写真出典:marcoliani

オーバーサイズの靴下はNG

今度は、靴下のサイズ選びです。

靴下の素材は伸縮するものなので、ざっくりとしたサイズ選びをしてしまいがちですよね。

サイズ選びで気を付けたいのは、絶対にオーバーサイズを選んではダメということ。
靴下のサイズが大きいと、かかと部分がダブついてしまって、靴からはみ出てしまっているかもしれません。
きつすぎない程度に、体にフィットするサイズのものを選んでくださいね。

ちなみに、そうなると、足が小さい人は、選べる靴下が限られてしまいますよね……。

そんな方には、靴下のパターンオーダーがおすすめ!
特におすすめなのが、EYELET編集部員もオーダーをしているジャパンブランド「野富」のソックスです。

品質も良く、3色の糸から編まれた靴下には味わいもあります。
しかも、オーダー価格も1200円(税抜)~とリーゾナブル。
年に2回程度、阪急メンズなどでオーダー会を実施していますよ。

※野富に関する記事はこちら

踵が切り返しになっている靴下イメージ

写真のように踵部分が切り返しになっているものは、ぜったいにジャストサイズがマストです!

写真出典:GQ

足を組んだときでも、素肌を見せるべからず

パンツから覗くすね毛は、女子受けが良くありません!!
かっこよく足を組んでも、素肌が見えると台無しです。

ですから、ロングホーズ(ハイソックス)を選んでおけば安心。

とはいえ、ロングホーズはデザインも限られていて、無地のものが多いので、靴下を購入する際は、「短すぎない」という基準で選べば良いかもしれませんね。

足を組んだ時のイメージ

写真出典:福助

素材は厚すぎず、薄すぎないものを選ぶべし

靴下の素材は、いろいろなものがあります。
例えば、コットン(綿)、ナイロン、カシミアなどなど。

素材自体は、季節に合わせてどれを選んでも良いのですが、気を付けたいのは靴下自体の厚さです。

厚すぎる素材を選ぶと、カジュアルっぽくなってしまいますし、薄すぎて素肌が透けて見えるとオジサンっぽくなってしまいます。

しかも、この靴下の厚さと言うのは、かなり靴のフィット感にも影響しますので、ここは慎重に選ぶことが大切ですね。

靴下バリエーション

写真出典:marcoliani

いかがでしたか?スーツを着るときの靴下選び。
毎日履く靴下ですから、革靴同様にバシッと決めて気持ちを引き締めたいですね!!