ジャーミンストリート店に続く、世界で2番目の<トリッカーズ>単独ショップが青山・骨董通りにオープン

<トリッカーズ>青山店外観

日本初の<トリッカーズ>単独ショップが2019年4月25日(木)にオープン。
世界でも2店舗目となるショップでは新作・別注・定番コレクションを展開。
さらに、パターンオーダーコーナーの常設に加え、メンテナンスなどカスタマーサービスの役割も。

英国靴LOVERのみなさんに、嬉しいお知らせが入ってきました!

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、
なんと、英国・ノーザンプトン最古のシューズブランド<トリッカーズ|Tricker’s>の単独店舗が2019年4月25日(木)にオープンします。

<トリッカーズ>は、1829年創業。
今年で190周年を迎えます。
すでに世界43国で販売されていて、幅広い層から支持を集めているブランドですが、<トリッカーズ>の単独店舗は、ロンドンのジャーミンストリート店のみでした。190周年という節目とも言える年に、日本初の単独ショップがオープンするのは嬉しい限りですね。

単独のショップというのは、商品だけでなく、ブランドの世界観を表現するもの。
世界的にみても、貴重なショップです。

今回、ショップの外観イメージなどを入手させていただきましたので、当アイレットが現状でつかんでいる情報をまとめていきたいと思います。

ページトップへ

190年続く<トリッカーズ>の魅力が凝縮

では、ついに独自に入手させていただいた<トリッカーズ>青山店のイメージをご紹介させていただきます。

まずは、外観。
ジャーミンストリートのショップと同じデザインの看板ですね。
もちろん、あの紋章も掲げられています。
あの紋章というのは、ロイヤルワラント。
英国王室御用達の証で、<トリッカーズ>は、1989年にプリンス・オブ・ウェールズのチャールズ皇太子により認証を受けています。ロイヤルワラントの認証は、いったん認定されれば永続的に掲げられるものではなく、5年に1度審査があるそう。
そこで再認定されなければ、脱落してしまうので、品質の維持が絶対的に必要なのです。

ロイヤルワラントは<トリッカーズ>の伝統と技術が認められてきた証であり、それを掲げている看板は、190年も続くものづくりの誇りがつまっているというわけですね。

次は、内装です。

<トリッカーズ>青山店外観イメージ

<トリッカーズ>青山店内観イメージ

華美ではなく、落ち着いた雰囲気の内装です。
本格的な英国シューズショップらしい格調高さを感じます。

この店舗には、<トリッカーズ>を代表する「カントリーコレクション」をはじめ、英国ビジネスマンから支持が高い「セントジェームスコレクション」といった定番ラインのメンズとレディスが勢揃い。

また、パターンオーダーコーナーが常設されるのも嬉しいところ。

知識豊富なスタッフの方々に相談しながらいつでもオーダーできるので、納得の1足がつくれそうです。

ページトップへ

これまでの<トリッカーズ>シューズオーナーにも嬉しい
カスタマーサービスカウンターに

この<トリッカーズ>青山店は、靴を販売するだけのショップではありません。
すでに<トリッカーズ>の靴を所有されている全国のオーナーに対して、ポリッシュ、メンテナンス、 そして純正リペアを提供してくれます。
いわば、総合的なカスタマーサービスカウンターの役割を果たすショップなので、靴を買いに行くというだけでなく、気軽にお世話になれるシューズショップになりそうです。

<トリッカーズ>の靴は、履き方次第ではあるものの10年・20年と履き続けられる堅牢さが魅力のひとつですから、こうしたサービスはありがたいですね。

編集部員所有の<トリッカーズ>ジョージブーツイメージ
アイレット編集部員所有の<トリッカーズ>ジョージブーツ。この靴のように、すでに所有している靴を少しでも長く愛用できそうなサービスですね。

ページトップへ

ラバーソール貼りの別注「チャーチルスリッパ」に 「サンダルコレクション」の復刻など注目シューズが目白押し!

メンズ・レディスの定番ラインのすべてを揃えているショップということは前述した通りですが、もちろん、ここでしか出会えない特別な別注モデルもあります。

その一つが、、英国王室のルームシューズとしてつくられた「チャーチルスリッパ」。
あのアッパーにベルベット素材が使わているスリッポンです。

通常のモデルは、レザーソールで室内仕様となっていますね。

これまでは、その室内用のスリッパにラバーソールを貼って外履き用にしていた方もいらっしゃったはず。

そのチャーチルスリッパをラバーソールバージョンとして「青山店別注」展開。

また、1990年代まで製造販売していた「サンダルコレクション」を 復刻販売するほか、定番にはラインナップされていない特別なモデルも展開する予定だそう。

トリッカーズレディースラインイメージ
愛らしい雰囲気のレディスライン
トリッカーズ チャーチルスリッパイメージ
ユニークなモチーフが刺繍されているチャーチルスリッパ

日本屈指のシューズストリート「青山・骨董通り」がさらにアツく!

<トリッカーズ>青山店がオープンするのは、日本屈指のシューズストリートと言われる「青山・骨董通り」です。
骨董通り界隈には、<オールデン|Alden>、<コルテ|Corthay>、<ジェイエムウエストン|J.M.WESTON>、<ジョセフ チーニー|JOSEPH CHEANEY>、<パラブーツ|Paraboot>、<レッド・ウィング|RED WING>と、そうそうたるシューズブランドが軒を連ね、世界の名靴をみることができます。
そんななかに、<トリッカーズ>が加わるわけですから、青山・骨董通りがますますアツくなるのは必至!

では、オープン予定地を確認してみましょう。

場所は、骨董通り界隈のシューズショップの中では、<レッドウィング>や<パラブーツ>に近い位置ですので、効率良くショップを巡れます。

<トリッカーズ>好き、英国靴好きにはたまらないショップになりそう。
オープンまで、あと1か月。
ぜひ、実際に足を運んで、その世界観を体感してくださいね。

[概要]
トリッカーズ青山店
開店日:2019年4月25日(木)
住所:東京都港区南青山5-4-27

マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポート

マドラスとミズノが初コラボレーション。
メンズのウォーキングシューズ2型、
ビジネスシューズのドレスタイプ5型、ビジカジタイプ3型の計10型を
2019年3月11日から販売。

2019年2月18日(月)に行われた「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ新商品発表会」にお邪魔してきました。

この発表会では、革靴メーカーのマドラス株式会社とスポーツ用品メーカーのミズノ株式会社が、初めてコラボレーションし誕生した新しいシューズがお目見え。
コラボレーションブランド「マドラス ウォーク ミズノ セレクト(madras Walk MIZUNO SELECT)」のラインナップとして、ウォーキングシューズ2型、ビジネスシューズのドレスタイプ5型、ビジカジタイプ3型の計10型が披露されました。

マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ

特徴は、マドラスが培ってきた本物の靴づくりのクオリティと、ミズノがスポーツシーンで培ったテクノロジーの融合。

アッパーにはマドラスの技術が生かされ、ソールにはミズノのテクノロジーが生かされています。

マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ ドレスライン(ローファー)
ビジネスシューズタイプ(ドレスライン)のローファー
マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ ソール部
ミズノ独自のテクノロジー『ミズノウエーブ』が取り入れられたソール

ビジネスシューズ(ドレスライン)のアッパーに使われているのは、キップのクラストレザーです。
それを、一足一足職人が染め上げるパティーヌ仕上げにより表情豊かな靴になっています。

そして、ソールに搭載されているのは、ミズノが独自に開発した波型プレート『ミズノウエーブ』です。
これは、ランニングシューズなどの競技用のシューズにも採用されている技術で、クッション性と安定性という、本来相反する機能を高いレベルで両立。

このミズノウエーブにより、歩行時の安定性を高めています。

マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ ミズノウエーブ
通常のクッションとミズノウエーブ搭載のクッション

写真左は通常のクッション。足を乗せるとクッションがつぶれ、不安定になってしまいます。
写真右がミズノウエーブ。足を乗せても安定しているのがわかります。

また、インソールや踵など随所にミズノのテクノロジーを採用。
着地による衝撃を吸収する『アーチサポートインソール』、靴の耐久性を高める耐摩耗性ラバー『X10』、靴の通気性を高める『ミズノインタークール』が搭載されています。

さらに、スニーカーでは難しいとされている修理にも対応するとのこと。

マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ アーチサポートインソール表
アーチサポートインソール
マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ アーチサポートインソール裏
アーチを支えて、足の負担を分散
マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ ダブルモンクストラップ
ビジネスシューズタイプ(ドレスライン)のダブルモンクストラップ

伝統とテクノロジーが融合したハイブリッドシューズで、日常に歩く楽しさをプラスできそうですね。

<ニューバランス>からパンツコレクション登場

<ニューバランス>WAIST TO TOE

新しいパンツコレクション”WAIST TO TOE”

<ニューバランス>のシューズを最も美しく見せるというコンセプトを元に、パンツコレクションが登場します。

その名も「WAIST TO TOE(ウエスト トゥ トウ)」。
これは、腰からつま先までという意味で、ストレートからワイドまで、<ニューバランス>のスニーカーとのバランスを徹底的に考え抜いた5つのシルエットを展開するそう。

5つのシルエットとは、

・ストレート
・スキニー
・スリムテーパード
・ワイドテーパード
・ワイド

<ニューバランス>STRAIGHT WTT101
STRAIGHT WTT101
<ニューバランス>SKINNY WTT102
SKINNY WTT102
<ニューバランス>WIDE TAPERED WTT104
SLIM TAPERED WTT103
<ニューバランス>SLIM TAPERED WTT103
WIDE TAPERED WTT104
<ニューバランス>WIDE WTT105
WIDE WTT105

<ニューバランス>のシューズとのバランスを追及して生まれた5つのパンツは、シュータンからパンツの裾までの空間にこだわり、1インチに設定されています。

そして、ストレッチ性やテクノロジーが駆使されたファブリックを採用。

見た目よし、バランス良しのベストマッチングなパンツになっています。

価格は12,000円(税抜き)。
カラーはブラックのみ、サイズはS/M/L/XL展開です。

ぜひ、<ニューバランス>ラバーの方は、チェックしてみてくださいね。

ニューバランス公式オンラインストア
https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-app-wtt

<ジェイエムウエストン>のスペシャルオーダーに限定モデル登場

<ジェイエムウエストン>180シグニチャーローファートリプルソールモデル


2019年2月15日(金)から、<ジェイエムウエストン>青山店限定で受付

通常、通年オーダー可能の<ジェイエムウエストン>スペシャルオーダー。

スペシャルオーダーとは、定番のモデルを自分好みの仕様でオーダーできる、いわゆるパターンオーダーのことです。

各ブランドで、選べる仕様が決められていて、制限があるブランドも多い中、<ジェイエムウエストン>ではかなり細かく選べるのがポイント。

例えば、レザーの種類は約150種類の中から、アッパーステッチは26色から、さらソールはレザーソール3種、ラバーソール4種から選べるなど、こだわりの1足がつくれるサービスです。

そんなスペシャルなオーダーシステムですが、さらにスペシャルなオーダーができるのが今回の限定モデル。

いわば、ベリースペシャルなモデルです。

一部のモデルをご紹介します。

<ジェイエムウエストン>180 マスターペインティングトリプルソール

MASTER PAINTING TRIPLE SOLE 180

トリプルソール仕様の「180シグニチャーローファー」。マルチカラーの糸で刺繍がされているのが特徴です。

まるで、オートクチュールのような雰囲気。

次にご紹介するのは、なんと「180シグニチャーローファー」の構造を裏返しにしたモデルです。


REVERSE Ⅱ SINGLE SOLE 180

裏側に隠れていたステッチや刻印が、デザインのアクセントになっています。

ぜひ、ベリースペシャルな<ジェイエムウエストン>にご注目ください。

<開催概要>
ジェイエムウエストン 「180 シグニチャーローファー」ベリースペシャルオーダー
開始日:2019年2月15日
店舗:ジェイエムウエストン青山店

<写真出典>
Fashion Press

エドワードグリーン銀座店 来日オーダーイベント

<開催期日>

2018年11月17日(土) ~ 18日(日)

<開催場所>

エドワードグリーン銀座店

<開催概要>

英国、ノーザンプトンで創業した<エドワードグリーン>。
歴史に裏打ちされた高い技術力とデザイン、そしてラストは多くの人を魅了しています。

恒例となっている「来日オーダーイベント」を上記の2日間に開催。
オーダー会期間中には、英国本店からスタッフが来日し、フィッティングアドバイスなどを行うほか、18日には、<エドワードグリーン>と同じく英国ブランドの<グローブ・トロッター>とコラボした「ハンドソーンイベント」も。

普段、一般開放されていないグローブ・トロッター銀座2階「THE CLUBHOUSE」で、<エドワードグリーン>の英国本店から来日したハンドソーン職人によるスキンステッチの実演を予定しています。

さらに、このコラボイベントでは、霞ヶ関のバー「ガスライト霞ヶ関本店」よりバーテンダーの佐藤文俊氏を招き、英国モルトウィスキーの試飲会も実施。
こちらのイベントは、15時からスタートです。

<エドワードグリーン>モデルイメージ
<エドワードグリーン>のパターンオーダーは、圧倒的なスケールのサンプルから、お気に入りの素材や仕様が選べるのが魅力。

<エドワードグリーン>イベントイメージ
2018年11月18日(日)15:00からグローブ・トロッター銀座2階「THE CLUBHOUSE」で、靴職人の実演+モルトウィスキーの試飲会。

<お問い合わせ>
エドワードグリーン銀座店
URL:http://www.edwardgreen.jp/

銀座三越<ジャラン・スリウァヤ>モアバリエーションフェア

<ジャランスリワヤ>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年11月14日(水) ~ 2018年11月27日(火)

<開催場所>

銀座三越 5階 紳士靴

<開催概要>

上質な素材にこだわり、熟練のハンドソーンウェルテッド製法によって作り出される上質なレザーシューズブランド<ジャラン・スリウァヤ>の「モアバリエーションフェア」が開催されます。
このフェアでは、通常より豊富なモデルを展開するだけでなく、期間中に<ジャランスリワヤ>をお買い上げの方にシューキーパーのプレゼントも。
※シューキーパーは数に限りがあり、なくなり次第終了。
履くほどに馴染む柔らかな履き心地をぜひこの機会にお試しください。

<写真・情報出典>

銀座三越HP

JR名古屋高島屋<デュカルス>期間限定販売

<デュカルス>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年11月7日(水)~20日(火)

<開催場所>

JR名古屋高島屋7階 紳士靴売場

<開催概要>

1973年イタリア中部のマルケ州にて、マリオ・ジャンニーニによって創業されたシューズブランド<デュカルス>。
このイベントでは、クラシックラインをメインとしながらも、時代性を上手く取り入れたモードテイストのコレクションも紹介しています。

<写真・情報出典>

JR名古屋高島屋HP

大阪高島屋<スコッチグレイン>モルトドレッシング実演会(10/7)

<スコッチグレイン>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年10月7日(日) 午後2時~・4時~

<開催場所>

大阪高島屋 2階紳士靴売場

<開催概要>

<スコッチグレイン>を展開するヒロカワ製靴。ウイスキーで伸ばした油性クリームを使い、革靴を丁寧に磨きあげる「モルトドレッシング」の仕上げ実演会を開催。

14:00~と16:00~の2回開催となります。

<写真・情報出典>

大阪高島屋HP

西武秋田店<レコット>オーダー会(10/8-9)

<レコット>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年10月8(月)、9日(火)

<開催場所>

西武秋田店 

<開催概要>

確かな技術とセンスで、繊細かつ力強さを兼ね備えた靴をつくりあげる靴職人・津久井玲子さんによるブランド<レコット>のオーダー会。

西武秋田店に隣接しているビューホテルでの開催予定です。

<写真・情報出典>

<レコット>HP

大阪高島屋<パラブーツ>ポップアップショップ(10/10-16)

<パラブーツ>ロゴイメージ

<開催期日>

2018年10月10日(水) ~ 16日(火)

<開催場所>

大阪高島屋 2階紳士靴売場

<開催概要>

フランスを代表するブランド<パラブーツ>。普段取扱いのない商品も取り揃えるだけでなく、期間中に<パラブーツ>の靴を購入するとシューキーパーのプレゼントも。

<写真・情報出典>

大阪高島屋HP