マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポート

マドラスとミズノが初コラボレーション。
メンズのウォーキングシューズ2型、
ビジネスシューズのドレスタイプ5型、ビジカジタイプ3型の計10型を
2019年3月11日から販売。

2019年2月18日(月)に行われた「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ新商品発表会」にお邪魔してきました。

この発表会では、革靴メーカーのマドラス株式会社とスポーツ用品メーカーのミズノ株式会社が、初めてコラボレーションし誕生した新しいシューズがお目見え。
コラボレーションブランド「マドラス ウォーク ミズノ セレクト(madras Walk MIZUNO SELECT)」のラインナップとして、ウォーキングシューズ2型、ビジネスシューズのドレスタイプ5型、ビジカジタイプ3型の計10型が披露されました。

マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ

特徴は、マドラスが培ってきた本物の靴づくりのクオリティと、ミズノがスポーツシーンで培ったテクノロジーの融合。

アッパーにはマドラスの技術が生かされ、ソールにはミズノのテクノロジーが生かされています。

マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ ドレスライン(ローファー)
ビジネスシューズタイプ(ドレスライン)のローファー
マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ ソール部
ミズノ独自のテクノロジー『ミズノウエーブ』が取り入れられたソール

ビジネスシューズ(ドレスライン)のアッパーに使われているのは、キップのクラストレザーです。
それを、一足一足職人が染め上げるパティーヌ仕上げにより表情豊かな靴になっています。

そして、ソールに搭載されているのは、ミズノが独自に開発した波型プレート『ミズノウエーブ』です。
これは、ランニングシューズなどの競技用のシューズにも採用されている技術で、クッション性と安定性という、本来相反する機能を高いレベルで両立。

このミズノウエーブにより、歩行時の安定性を高めています。

マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ ミズノウエーブ
通常のクッションとミズノウエーブ搭載のクッション

写真左は通常のクッション。足を乗せるとクッションがつぶれ、不安定になってしまいます。
写真右がミズノウエーブ。足を乗せても安定しているのがわかります。

また、インソールや踵など随所にミズノのテクノロジーを採用。
着地による衝撃を吸収する『アーチサポートインソール』、靴の耐久性を高める耐摩耗性ラバー『X10』、靴の通気性を高める『ミズノインタークール』が搭載されています。

さらに、スニーカーでは難しいとされている修理にも対応するとのこと。

マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ アーチサポートインソール表
アーチサポートインソール
マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ アーチサポートインソール裏
アーチを支えて、足の負担を分散
マドラス×ミズノ 「ウォーキングシューズ・ビジネスシューズ 新商品発表会」レポートイメージ ダブルモンクストラップ
ビジネスシューズタイプ(ドレスライン)のダブルモンクストラップ

伝統とテクノロジーが融合したハイブリッドシューズで、日常に歩く楽しさをプラスできそうですね。

<ニューバランス>からパンツコレクション登場

<ニューバランス>WAIST TO TOE

新しいパンツコレクション”WAIST TO TOE”

<ニューバランス>のシューズを最も美しく見せるというコンセプトを元に、パンツコレクションが登場します。

その名も「WAIST TO TOE(ウエスト トゥ トウ)」。
これは、腰からつま先までという意味で、ストレートからワイドまで、<ニューバランス>のスニーカーとのバランスを徹底的に考え抜いた5つのシルエットを展開するそう。

5つのシルエットとは、

・ストレート
・スキニー
・スリムテーパード
・ワイドテーパード
・ワイド

<ニューバランス>STRAIGHT WTT101
STRAIGHT WTT101
<ニューバランス>SKINNY WTT102
SKINNY WTT102
<ニューバランス>WIDE TAPERED WTT104
SLIM TAPERED WTT103
<ニューバランス>SLIM TAPERED WTT103
WIDE TAPERED WTT104
<ニューバランス>WIDE WTT105
WIDE WTT105

<ニューバランス>のシューズとのバランスを追及して生まれた5つのパンツは、シュータンからパンツの裾までの空間にこだわり、1インチに設定されています。

そして、ストレッチ性やテクノロジーが駆使されたファブリックを採用。

見た目よし、バランス良しのベストマッチングなパンツになっています。

価格は12,000円(税抜き)。
カラーはブラックのみ、サイズはS/M/L/XL展開です。

ぜひ、<ニューバランス>ラバーの方は、チェックしてみてくださいね。

ニューバランス公式オンラインストア
https://shop.newbalance.jp/shop/e/eEnb-app-wtt

<ジェイエムウエストン>のスペシャルオーダーに限定モデル登場

<ジェイエムウエストン>180シグニチャーローファートリプルソールモデル


2019年2月15日(金)から、<ジェイエムウエストン>青山店限定で受付

通常、通年オーダー可能の<ジェイエムウエストン>スペシャルオーダー。

スペシャルオーダーとは、定番のモデルを自分好みの仕様でオーダーできる、いわゆるパターンオーダーのことです。

各ブランドで、選べる仕様が決められていて、制限があるブランドも多い中、<ジェイエムウエストン>ではかなり細かく選べるのがポイント。

例えば、レザーの種類は約150種類の中から、アッパーステッチは26色から、さらソールはレザーソール3種、ラバーソール4種から選べるなど、こだわりの1足がつくれるサービスです。

そんなスペシャルなオーダーシステムですが、さらにスペシャルなオーダーができるのが今回の限定モデル。

いわば、ベリースペシャルなモデルです。

一部のモデルをご紹介します。

<ジェイエムウエストン>180 マスターペインティングトリプルソール

MASTER PAINTING TRIPLE SOLE 180

トリプルソール仕様の「180シグニチャーローファー」。マルチカラーの糸で刺繍がされているのが特徴です。

まるで、オートクチュールのような雰囲気。

次にご紹介するのは、なんと「180シグニチャーローファー」の構造を裏返しにしたモデルです。


REVERSE Ⅱ SINGLE SOLE 180

裏側に隠れていたステッチや刻印が、デザインのアクセントになっています。

ぜひ、ベリースペシャルな<ジェイエムウエストン>にご注目ください。

<開催概要>
ジェイエムウエストン 「180 シグニチャーローファー」ベリースペシャルオーダー
開始日:2019年2月15日
店舗:ジェイエムウエストン青山店

<写真出典>
Fashion Press

<ダーミ>2018SS新作スニーカーは、クロコとカーフとのコンビ!

<ダーミ>2018ss新作メインイメージ

クロコのプロフェッショナルブランド<ダーミ>から、2018SSの新作モデル情報をお届けいただきましたので、ご紹介させていただきます。

新作は2型で、いずれもトゥ部分にクロコを配したストレートチップデザインのコンビドレススニーカーです。

まずは、外羽根モデル「no.3604」ミディアムブラウン。

<ダーミ>2018ss新作3604イメージ

ホワイトのステッチが入っていて、少し軽やかさを感じるモデルです。

そして、内羽根のモデル「no.3661」ブラック。

<ダーミ>2018ss新作3661イメージ

こちらのモデルには、キャップに加え、レースステイ部分にもクロコが使われ、より凛々しい印象になっています。

これらの新作の木型は、<ダーミ>定番のクロコスニーカー「no. 2979」と同じです。

また、いずれのモデルも下の写真のようなフルクロコでのオーダーも可能。

<ダーミ>2018ss新作3661 フルクロコオーダーイメージ01

<ダーミ>2018ss新作3661 フルクロコオーダーイメージ02

<ダーミ>では、染色前にワニ革でアッパーを完成させ、そのあとに染色ドラムに入れ染色しているので、独特の風合いになっているのが、特徴です。

ぜひ、ご注目ください!

【お問い合わせ】ダーミジャパン
http://dami.jp/index.html

<Corthay|コルテ>2015 SSはデニムで軽やかに

<コルテ|Corthay>japanデニムメインイメージ

フランスのABCと言われ、AUBERCY(オーベルシー)、Berluti(ベルルッティ)と並ぶ高級ブランドのCorthay(コルテ)。 創業は1990年と、まだ歴史が浅いにも関わらず、高い評価を受けているブランドです。 創業者のピエール・コルテは、日本での人間国宝にあたるような賞「メートル・ダール」を受章した靴職人として、有名ですね。

そんなCorthay(コルテ)が2015 SSで新たに展開するのが、日本製のデニムを使った靴です。

イセタンメンズ館で12/13(土)・14(日)に実施してたカラーレーション実演会で、この新作を拝見することができました。 実際に見た印象は、シンプルなデザインで、素材感が引き立っている靴だなーと。

素足にこのコルテの靴を履けば、かなり軽やかな印象になり、春夏にはぴったりですよ!

最近、コルテのホームページがリニューアルされまして、この靴も載っていました。 日本のデニムを使ったのは、柔軟性と軽さがあり、非常に品質が良いことからだそうです。 日本製のデニムが使われているコルテの靴なんて、とてもスペシャルで、見るだけでもウキウキしちゃいますよね。

リニューアルしたコルテのホームページ
リニューアルしたコルテのホームページ
ぜひ、新しくなったコルテのホームページも見てみてください。とてもアーティスティックなコルテの世界観を感じることができますよ。 写真出典:コルテ公式ホームページ