カテゴリー別アーカイブ: 取材レポート

EYELET編集部が独自に取材し、報告をまとめているのが取材レポートカテゴリーです。みなさんが注目している、知りたいことなどをピックアップして、お届けしています。

【取材レポート】靴の教室「Bench Work Study」 展示会&OPEN DAY

ここ数年、靴学校、靴教室が増えているのをご存知でしょうか。 趣味として、はたまたキャリアアップとして、靴作りと向き合っているクリエイターが増えているのです。 そして、実は、ビスポーク靴の第一人者から直接指導してもらえる教室があります。

その一つが、大川バセット由紀子さんが主催する靴の教室「Bench Work Study」。 そこでは、すべての工程を手作業で行うハンドソーンウェルテッド製法を学ぶことができるのです。

大川バセット由紀子さんは、「ジョンロブ・ロンドン」で、パタンナーや革の裁断、縫いつけなどを担当して8年間働きつつ、後進の育成もしていた経歴を持つ、日本を代表する靴職人。 そんな方から、直接指導をしていただくことができるなんて、なんて贅沢な教室なんでしょう! Bench Work Studyで学んでいるのは、靴をつくるのが初めてという全くの初心者から、靴業界関係者まで、さまざまな背景をもった方々。 もちろん、みなさん「ものづくりが好き」という資質をベースにお持ちなのですが、なかには、足に問題を抱えているので、合う靴が見つからず、「自ら作ってしまえ!」という方もいらっしゃるようです。 今回、Bench Work Studyで年に1回開催している展示会&OPEN DAYが2014年9月28日(日)に行われるという話を聞きつけ、EYELET編集部がお邪魔してきました。 まずは、当日の体験メニューをご紹介します。 Bench Work Study 展示会&OPEN DAY MENU この充実のラインナップ、すごくないですか!?

EYELET編集部は無料の革小物作り体験と、靴磨き体験をさせていただきました。

まずは、革小物手作り体験。革に穴飾りをつけて、その後、3つのパーツを縫い合わせたら、パスケースの完成です。ものづくりの愉しさをプチ体験! 革小物作り体験 続いては、靴磨き体験へ。このスペースでは、生徒さんが参加者の靴をピッカピカに磨いてくださいます。 靴磨き体験 次は、生徒さんによる作品展示スペースです。完成した靴から、制作中のもの、そしてラスト(木型)まで展示されているので、靴を作る工程を垣間見ることができます。 生徒さんによる靴展示コーナー これだけの靴が作れるなら、作ってみたい!!と、ふと思ったりしますよね。 生徒さんに話を聞くと、3mmのラインを切るのに何時間もかかる時があったりと、なかなか思うように進まないこともあるそう。 それでも、将来的には技術を身につけて、自身の工房を立ち上げたいという意欲を持っているし、なにより靴作りに没頭している時間は充実しているとのこと。 「何かを自分で始めたい。」 そんな気持ちを持っているなら、自分で自分の靴を作るという選択肢や靴の仕事に関わるチャンスもあるということを強く感じた1日でした! ※Bench Work Studyでは、9月から新クラスを開設し、随時生徒を募集中です。 詳しくは、Bench Work Studyホームページをご覧ください。
BWS MAGAZINE vol.5
毎年OPEN DAYに発行されている「Bench Work Study Magazine」。教室の雰囲気がバシバシ伝わってきます。
  【お問い合わせ】 Bench Work Study URL:http://benchmade.jp/workshop/

【取材レポート】Trading Post 30thモデル発表会に行ってきました!

今年30周年を迎えた革靴のセレクトショップ「トレーディングポスト」。

これを記念して、記念モデルの発表会が2014年9月24日(水)に 新宿の小笠原伯爵邸で行われました。 そのイベントにEYELET編集部もお招きいただきましたので、ここに30周年モデルについてレポートさせていただきます! 30周年モデルディスプレイ 会場に入って、すぐの部屋で、いきなり30周年モデルを発見! 多数のモデルがあるとは聞いていましたが、これだけあるとは、いきなりビックリです……。 気持ちを取り戻して、トレーディングポストを運営している株式会社ライフギアコーポレーションの「一靴入魂」の気持ちで、こちらも一足一足拝見させていただきました。  

では、早速、トレーディングポスト30周年モデルを一部ご紹介します!

ANTONIO MAURIZI
ANTONIO MAURIZI LUIS13
Tricker's  m7346HS
Tricker’s M6973
Crockett & Jones
Crocket & Jones AUDLEY 6140
CARMINA
CARMINA 80406
ALMAS
Trading Post by ALMAS 1431
STOKTON
STOKTON 411211
なんと、Crockett & Jones(クロケットジョーンズ)のAUDLEY(オードリー)は、コードヴァンですし、Tricker’s(トリッカーズ)のM6973は、レアなクレージーパターンでレディースもあります!
そして、EYELET編集部が特に注目したのは、次の2足。 Soffice & Solid 「Soffice & Solid」 このサイドレースは、とても貴重な1足です。 というのも、ホールカットで、継ぎ目がありません! それゆえに、高貴な雰囲気が漂っています。 作るのがとても難しくて、メーカーの方もこれ以上作りたくないとのこと(笑)。
30周年モデルの刻印
インソールには、30周年記念モデルの刻印入り。
本当に、超貴重なモデルです。 価格:149,040円
CARMINA 1457 「CARMINA 1457」 観ているだけで、色気を感じる女性らしい1足。 それもそのはず、フラメンコダンサーの靴をモディファイした特別モデルだそう。 発表会の当日に、ジャズシンガーのAkikoさんによるJAZZライブがありまして、Akikoさんがこの靴を履いていました。 大人の女性に似合う靴ですね。 価格:66,960円
  そして、30周年モデルは、靴だけではありません。 R&Dのエプロンとタイムボイジャー 例えば、シューケア用品を展開するR&D社のレザーエプロン。 オレンジやレッドと、カラー展開が豊富です。 そして、ケースメーカー「タイムボイジャー」と共同開発したメンテナンスボックスとトローリーケースはユニオンジャックが印象的。
トレーディングポスト各店舗での30周年記念モデルの展開は、10月以降の予定です。 詳しくはトレーディングポストHPでご確認ください。 ちなみに、発表会当日は、出版関係やライター、スタイリスト、メーカーの方々など、靴には一家言のある強者ばかりが集い、30周年モデルを肴に熱いトークが交わされました。 いやー、本当に革靴の世界は深いです。とても勉強になりました。 【お問い合わせ先】 トレーディングポスト URL:http://tradingpost.jp/

【取材レポート】9月28日(日)まで伊勢丹メンズ館にて<アンソニークレバリー>パターンオーダー会

ジョージクレバリー社の最高級ライン「アンソニークレバリー」が、伊勢丹メンズ館にてパターンオーダー会を開催中です。

アンソニークレバリーは、ラインの美しいチゼルトゥ(サイドのエッジが立った工具のノミのようなつま先)、ヴェヴェルドウエスト(足のアーチをサポートしフィッティングを高めてくれる仕様)など、ビスポーク(オーダー靴)で培った技術と感性を感じさせる靴づくりが特徴です。 そのパターンオーダー会にEYELET編集部がお邪魔してきました。

本日のパターンオーダー会には、CEOのジョージ・グラスゴーJr氏と職人のテーム・レッパネン氏が会場にいらっしゃって、なんと、EYELET編集部は、アンソニークレバリーの靴のことやパターンオーダー会について、直接彼らにご説明していただくことができたんです!

今回オーダーできるのは、新作を含め10種類のデザイン。 そして、素材自体も「アンティークウィスキー」「アンティークボルドー」といった新色の展開があるそうです。 これら新色は、独特の色ムラ感があるのが特徴です。 すでにアンソニークレバリーをお持ちの方でも、新色を指定してパターンオーダーすると、きっと新鮮な感覚で履ける1足が出来上がりますよ。 なかでも、EYELET編集部が注目したデザインは、ダブルモンクストラップ。 ダブルモンクストラップは、このところ注目が集まっているデザインなので、ショップでチェックしている方も多いですよね。 アンソニークレバリーのダブルモンクストラップは、ストレートチップ部分が手縫いで立体的に仕上げられていて、上品さが格別です。 では、ここで、パターンオーダーの流れを確認してみましょう。

パターンオーダーの流れ

パターンオーダーの流れ まずは、お気に入りのデザインを決めたら、あとは、サイズを確定し、革を選ぶだけ。 意外と簡単ですよね。 でも、もっと革靴を愉しみたいなら、革選びにひと工夫ができるのも、パターンオーダーの魅力。 例えば、革のパーツごとに違う色を選ぶこともできちゃうんです。 異素材の組み合わせでパーツを選ぶとアップチャージになりますが、カーフ同士の組み合わせで違う色を指定する分にはアップチャージがかからないなど、案外知られていないかもしれないですね。

※アンソニークレバリーのパターンオーダーの場合。

オーダーの内容に凝れば、世界にひとつだけの自分モデルが出来ちゃうってことです。 今回のパターンオーダー会は貴重なチャンスです。 明日まで開催していますので、ぜひ足を運んでみてはいかがですか。 アンソニークレヴァリーパターンオーダー会案内状
【<アンソニークレバリー>パターンオーダー会概要】 期間:2014年9月27日(土)・28日(日) 場所:伊勢丹メンズ館 地下1階紳士靴売場 -オーダー内容- ■木型:1種類 ■デザイン:10種類 ■素材:3種類 ■ウィズ:1種類(E) ■価格:324,000円から ■お渡し:約8ヶ月後

※この情報は、伊勢丹メンズ館の案内状の情報を元に掲載しています。

メイン写真:2014年3月のオーダー会での様子(出典:Rina e Giunco International, Inc.