アンソニークレバリーの職人テームさ

【取材レポート】9月28日(日)まで伊勢丹メンズ館にて<アンソニークレバリー>パターンオーダー会

ジョージクレバリー社の最高級ライン「アンソニークレバリー」が、伊勢丹メンズ館にてパターンオーダー会を開催中です。

アンソニークレバリーは、ラインの美しいチゼルトゥ(サイドのエッジが立った工具のノミのようなつま先)、ヴェヴェルドウエスト(足のアーチをサポートしフィッティングを高めてくれる仕様)など、ビスポーク(オーダー靴)で培った技術と感性を感じさせる靴づくりが特徴です。 そのパターンオーダー会にEYELET編集部がお邪魔してきました。

本日のパターンオーダー会には、CEOのジョージ・グラスゴーJr氏と職人のテーム・レッパネン氏が会場にいらっしゃって、なんと、EYELET編集部は、アンソニークレバリーの靴のことやパターンオーダー会について、直接彼らにご説明していただくことができたんです!

今回オーダーできるのは、新作を含め10種類のデザイン。 そして、素材自体も「アンティークウィスキー」「アンティークボルドー」といった新色の展開があるそうです。 これら新色は、独特の色ムラ感があるのが特徴です。 すでにアンソニークレバリーをお持ちの方でも、新色を指定してパターンオーダーすると、きっと新鮮な感覚で履ける1足が出来上がりますよ。 なかでも、EYELET編集部が注目したデザインは、ダブルモンクストラップ。 ダブルモンクストラップは、このところ注目が集まっているデザインなので、ショップでチェックしている方も多いですよね。 アンソニークレバリーのダブルモンクストラップは、ストレートチップ部分が手縫いで立体的に仕上げられていて、上品さが格別です。 では、ここで、パターンオーダーの流れを確認してみましょう。

パターンオーダーの流れ

パターンオーダーの流れ まずは、お気に入りのデザインを決めたら、あとは、サイズを確定し、革を選ぶだけ。 意外と簡単ですよね。 でも、もっと革靴を愉しみたいなら、革選びにひと工夫ができるのも、パターンオーダーの魅力。 例えば、革のパーツごとに違う色を選ぶこともできちゃうんです。 異素材の組み合わせでパーツを選ぶとアップチャージになりますが、カーフ同士の組み合わせで違う色を指定する分にはアップチャージがかからないなど、案外知られていないかもしれないですね。

※アンソニークレバリーのパターンオーダーの場合。

オーダーの内容に凝れば、世界にひとつだけの自分モデルが出来ちゃうってことです。 今回のパターンオーダー会は貴重なチャンスです。 明日まで開催していますので、ぜひ足を運んでみてはいかがですか。 アンソニークレヴァリーパターンオーダー会案内状
【<アンソニークレバリー>パターンオーダー会概要】 期間:2014年9月27日(土)・28日(日) 場所:伊勢丹メンズ館 地下1階紳士靴売場 -オーダー内容- ■木型:1種類 ■デザイン:10種類 ■素材:3種類 ■ウィズ:1種類(E) ■価格:324,000円から ■お渡し:約8ヶ月後

※この情報は、伊勢丹メンズ館の案内状の情報を元に掲載しています。

メイン写真:2014年3月のオーダー会での様子(出典:Rina e Giunco International, Inc.