ジョンロブメインイメージ

ジョンロブ(John Lobb)┃イギリスの革靴ブランド

「キング・オブ・シューズ」として頂点に立つ「ジョンロブ」

ブランドざっくり解説
  • 世界最高峰のシューズメーカー。「キングオブシューズ」と呼ばれている。
  • 1976年にエルメスグループ傘下となる
  • 洗練されたラスト
  • 卓越したビスポークの技術
  • ビスポークに使われるエッセンスをレディメイド(既製靴)に取り入れたプレステージラインを展開
  • 毎年、靴の聖人(サンクリスピン)の日(10月25日)にイヤーモデルをリリース

ジョンロブの歴史

「ジョンロブ(John Lobb)」は、1858年当時、商業者のジョンロブがゴールドラッシュに沸くオーストラリアに渡り、そこで鉱夫向けにカスタムメイドの靴をつくり、成功を収めたことに端を発します。

そして、その後、ロンドンへ戻り、工房を設立し、ビスポーク専門店としてスタート。
さらに、ビスポークだけでなく、ダブルモンクストラップ「ウィリアム」、ローファー「ロペス」などのモデルが人気となり、パリに支店をオープンさせました。

しかし、ジョンロブは1976年に経営難に見舞われます。
その時に、救いの手を差し出したのが、エルメスです。
エルメスは、ジョンロブの高い製靴技術を見初め、パリ店とブランド商標権を継承しました。

その後、レディメイド(既成靴)を手がける「ジョンロブ パリ」とビスポークを専門に手がける「ジョンロブ ロンドン」として展開しています。

そのためでしょうか、ジョンロブは英国靴と区分されていますが、フランスパリのエッセンスも多分にミックスされています。
イギリス風の質実剛健さよりも、フランス風の洗練さを感じさせるモデルが多数あるのですよね。
なので、英国ブランドと言うよりもユーロブランドと区分したほうがしっくりくるかもしれません。

ジョンロブには、歴史に裏付けされた伝統と技術がある一方で、さらに進化し続ける革新性をも持ち合わせています。
定番のロングセラーモデルに甘んじることなく、イヤーモデルや日本限定モデルなど、新たな提案をし続けているのです。
それゆえに、ジョンロブは「King of Shoes(キング オブ シューズ)と称されています。

ジョンロブの代表モデル

■WILLIAM(ウィリアム)
ジョンロブのアイコン、ダブルモンクストラップシューズ「ウィリアム」
ジョンロブのアイコンであるダブルモンクストラップの「ウィリアム」。ダブルソールに、ラウンドトゥと、イギリスらしさを感じさせてくれる1足。写真出典:ジョンロブ公式HP 
■PHILIPⅡ(フィリップ2)
ジョンロブの人気モデル「フィリップⅡ」は、内羽根式パンチドキャップトゥ
最上級であるプレステージラインの1足。パンチドキャップトゥオックスフォードなので、マルチに使えます。写真出典:ジョンロブ公式HP 
■CITYⅡ(シティ2)
ジョンロブの内羽根式ストレートチップ「シティ2」
2014年のテレビ東京系人気ドラマ「俺のダンディズム」で紹介された「シティⅡ」。超シンプルなキャップトゥはビジネスにぴったり。写真出典:ジョンロブ公式HP 
■DARBY II(ダービー2)
ジョンロブの外羽根式フルブローグ「ダービー2」
ダブルレザーソールで迫力がありつつ、アッパーは端正な佇まい。ミュージアムカーフを使用している。

ジョンロブモデル一覧および解説

ライン

革靴を偏愛する紳士へのおすすめ革靴情報WEBマガジン