<チャーチ>コードヴァンを採用した「シャノン」「ランカスター」をリリース メインイメージ

<チャーチ>コードヴァンを採用した「シャノン」「ランカスター」を数量限定でリリース!

履けばはくほど味がでる <チャーチ>英国発!希少なコードヴァンモデル

革靴好きから絶大な人気を誇る英国の老舗シューメーカー<チャーチ(Church’s)>。 そのチャーチを代表するモデル「シャノン(SHANNON)」と「ランカスター(LANCASTER)」が数量限定でリリースされています。 この2モデル、なんと、コードヴァンで作れれているのです!! コードヴァンと言えば、独特の光沢感があり、その希少性もあいまって熱狂的なファンがいるほど。 革の王様とも言われており、最高級と称される素材ですよね。 ちなみに、馬の臀部からわずかしかとれません。 まずは、「シャノン」からご紹介しますね。 プレーントゥのシャノンは、チャーチを代表するモデルの一つです。 写真出典:BRITISH MADE シンプルなプレーントゥとはいえ、ポッテリとしたラスト(#103)が採用されていて、重量感があります。 そのため、ビジネスでもカジュアルシーンでもマルチに使える1足ですね。 今回のアッパーにコードヴァンを採用したモデルは、F・Gウィズの足幅から選べます。 実は、このモデル、リリースされてから1カ月程度経過しています……。 とはいえ、めげずに<チャーチ>の代理店「渡辺産業」さんが運営している「ブリティッシュメイド(BRITISH MADE)」で在庫状況を確認してみました。 在庫があるのは、 Fウィズ UK 7.0 Gウィズ UK 6.5/7.0/7.5/8.0/8.5  ※2015/4/22 11:00現在 Gウィズの方が揃っていますね~。足幅広めさんはチャンスです! 次は、「ランカスター」。 ストレートチップでビジネス向けかと思いきや、ダブルソール、ストームウエルトとなかなか堅牢につくられているモデルです。 写真出典:BRITISH MADE 採用されているラストは#173。 #173は、セミブローグの「ディプロマット(DIPLOMAT)」、ストレートチップの「コンサル(CONSUL)」などチャーチを代表するドレスシューズに採用されています。 フォルムの特徴は、バランスの良いスクエアトゥ。 そして、甲の高さがなだらかに上がっていること。さらにウエスト部分が自然にくびれていることです。 こちらの在庫状況は 7.0が残っていました!!(Gウィズのみの展開)※2015/4/22 11:00現在 シャノンのコードヴァンモデルはこれまでも展開がありましたので、ランカスターの方がレアかもしれませんね。 いずれにせよ、コードヴァンそのものが希少なので、入手困難なモデルです。 「シャノン」「ランカスター」ともに、チャーチならではのポリッシュドバインダーカーフを使ったモデルもあります。
チャーチ
写真出典:Church’s
チャーチ「ランカスター」ポリッシュドバインダーカーフ
写真出典:Church’s
ポリッシュドバインダーカーフと言うのは、素材の表面に樹脂加工をしてあるカーフのこと。 上の写真を見ていただくとお分かりの通り、普通のカーフよりも光沢感がありますよね。 コードヴァンモデルの価格は、123,120円(税込)※2015/4/22 BRITISH MADE HPにて確認 ポリッシュドバインダーカーフの「シャノン」の価格は、95,040円(税込)※2015/4/22 BRITISH MADE HPにて確認 英国チャーチでもなかなかお目にかかれないアイテムだそうですので、サイズが合えば、この機会をお見逃しなく!

写真/記事参照元:BRITISH MADE/PR TIMES

ライン