新登場となったCOLE HAAN ゼログランド

COLE HAAN ルナグランド→ゼログランドへ進化!

ニューヨークを拠点に、革新的なデザインを取り入れているブランド「COLE HAAN(コールハーン)」。

コールハーンは1928年にメンズシューズブランドとしてスタート。 そのクオリティと技術などで評価を得て、レディースシューズなどへ展開を広げ、70年にはアメリカを代表する高級靴ブランドへと成長しました。 80年代には、NIKEの傘下に入り、2000年以降、NIKEのエア(Air)技術をコールハーンの高級靴に取り入れ、履き心地とデザインを両立させる革新的な靴を展開してきました。

その代表格と言えるモデルが、「ルナグランド」。

COLE HAAN ルナグランド
出典:Web Magazine「OPENERS」
この靴は、「過去と未来の融合」をコンセプトに作られたものです。 履き心地、デザイン性、ファッション性、いずれも高く、ユーザーから高い評価を得ることになりました。
そして、2013年、コールハーンはNIKEの傘下を離れることになり、新たに「ルナグランド」の後継というか、進化版として、誕生となったのが、この「ゼログランド」です。

「ゼログランド」の特徴は、なんといっても軽さ。コールハーン史上最軽量で、重量は約290グラム。

そして、ブランド独自のクッショニングシステム「グランドOS」です。 インソールとアウトソールの設計により、柔軟性と耐久性が高くなっているそうです。 2014年7月7日(月)から銀座本店と伊勢丹メンズ館で発売がはじまったので、伊勢丹の方に行ってみました。 ゼログランド伊勢丹展示ゼログランド伊勢丹展示2
デザインはオックスフォード(内羽根式)で、通気性の良いノンステッチタイプと、高品質なスエードを使った2種類を展開しています。どちらのタイプもスニーカーのような溝のあるソールがついていて、反り返りがフレキシブルな点が魅力です。 実際に履いてみると、とても軽くて、ほとんど、スポーツシューズを履いているような感覚。 ただ、私見ではありますけれど、クッションは前モデルの「ルナグランド」の方が好みです。 「ゼログランド」はクッション部分が高くなっていて、ルナグランドよりもちょっと硬く感じました。 でも、クッション部分の計測値はルナグランドよりも柔らかいとのことですので、気のせいかもしれません……。 いずれにせよ、画期的な逸品には間違いありません。 現在の取扱店舗は、銀座本店、伊勢丹メンズ館ですが、8月から随時他店舗でも取扱開始とのこと。 ぜひ、一度、お試しあれ!!