CARMINA_trading_post_ladies_2

二人で愛でたいメンズライクな本格革靴 part.2

前回、「二人で愛でたいメンズライクな本格革靴」を展開しているブランドとして、J.M.WESTON(ジェイエムウエストン)、Church’s(チャーチ)、Tricker’s(トリッカーズ)、Paraboot(パラブーツ)、JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリウァヤ)をご紹介しました。 どのブランドも、本格的な革靴を作っていて、レディース版も完成度はバッチリです。 とはいえ、メンズとレディースでは、木型が異なるため、同じモデルであっても、受ける印象は違うかもしれません。

では、今回もpart.1に引き続き、本格革靴をリリースしているブランドをご紹介します。

CHEANEY(チーニー)

Church’s(チャーチ)の弟分的な存在だったCHEANEY(チーニー)。ドレスシューズからモード、カジュアルと幅広い靴作りで培ってきたセンスと技術が特徴です。また、比較的お手頃なのも魅力。本格革靴のエントリーモデルとしてオススメです。
CHEANEY LADIES
2014年から展開がはじまったCHEANEYのレディースラインナップ

CARMINA(カルミナ)

CARMINA(カルミナ)は、スペインの靴です。 スペインの靴は、イギリスやイタリア、フランスの靴と比べて、比較的お手頃な割に、造りがしっかりしているのが特徴。 このカルミナは、スペインの靴ブランドの中でも、本格的で、デザイン力があり、クオリティ重視なんです。 そして、カルミナのレディースコレクションは、レースアップシューズにしても、ヒールの高さのバリエーションがあります。 2cm、4cm、6cm、7cmと用意されていますので、ペッタンコ靴になれない方でも、比較的とっつきやすい靴だと思いますよ。
CARMINAレディースコレクション
Trading Postが取り扱うCARMINAの2014秋LINE UP

Chausser(ショセ)

Chausser(ショセ)は日本のブランド。デザイナーでオーナーの前田洋一氏が、2000-01AWより展開しています。 ショセの特徴は、コロッとしたフォルムの可愛らしいところ。温かみと愛嬌のある靴です。 恵比寿にショップがあります。
ショセのレディースシューズ
夏のセールで出ていたショセのレディースシューズ

Alfred Sargent(アルフレッド・サージェント)

Alfred Sargent(アルフレッド・サージェント)は本格英国靴ブランド。なので、展開しているレディースもとってもハンサムです。 クラシカルなデザインからモダンなデザインまで幅広く展開しいて、伝統的な技術とクラフトマンシップを感じさせてくれます。 そして、こちらのブランドも比較的お値頃感がありますよ。
アルフレッド・サージェント
まるで、メンズ!?アルフレッド
サージェントの靴はハンサムです。

三陽山長(さんようやまちょう)

「THE お父さんの靴」というイメージがあるかもしれない三陽山長もレディースを展開しています。実は、2012年からトライアルとしての展開だそうです。狙いとしては、カップルや夫婦でも三陽山長でシューズを揃えられるようにすること。 いやー、意外と言っては失礼ですが、三陽山長のレディース、可愛いです。
三陽山長「楓」
三陽山長の白×黒のバイカラーのウイングチップ「楓」。出典:ファッションヘッドライン
メンズライクな本格革靴、いかがでしたか? Part.1は比較的お高めで、Part.2では値頃感のあるブランドをご紹介してみました。 三陽山長のコンセプトのように、カップルやご夫婦で革靴を愉しみ、ともに年輪を重ねていけると良いですよね。