ジョンロブ サンクリピン

John Lobb(ジョンロブ)Facebookページで SAINT-CRÉPIN 2014へのカウントダウン!?(前編)

「King of Shoes」と呼ばれているあのジョンロブが毎年イヤーモデルを発表しているのをご存知ですか?

イヤーモデルは、靴の聖人セント・クリスピンの祝日である10月25日に、世界同時発売しています。 あと、1ヶ月強で今年のイヤーモデルがリリースされるわけなんです。

それに合わせて、ジョンロブのFacebookページでは、過去のイヤーモデルを紹介しています。

9月11日現在で紹介されているモデルは、1996-2005まで。
「1996年」  <ジョンロブ>1996年イヤーモデル 1996モデルは、5アイレットの内羽根式ウィングキャップ。穴飾りがシンプルで、清潔感のある1足。

「1997年」  <ジョンロブ>1997年イヤーモデル 1997モデルはシンプルなプレーントゥで、2アイレットの外羽根式。
写真出典:John Lobb(ジョンロブ)Facebookページ

「1998年」  <ジョンロブ>2001年イヤーモデル ジョンロブ独特のシングルモンクストラップ。精度の高いハンドソーン製法が採用されている。
写真出典:John Lobb(ジョンロブ)Facebookページ

「1999年」  <ジョンロブ>1999年イヤーモデル サンクリスピン特別仕様のオックスフォード。トゥにはスマートな穴飾りがデザインされている。
写真出典:John Lobb(ジョンロブ)Facebookページ

「2000年」  <ジョンロブ>2000年イヤーモデル スクエアトゥのダブルモンクストラップ。このデザインはパイロットブーツから触発されたもの。
写真出典:John Lobb(ジョンロブ)Facebookページ

「2001年」  <ジョンロブ>2001年イヤーモデル 仕立ての難度が高いベヴェルドウエストが特徴のプレーントゥ。
写真出典:John Lobb(ジョンロブ)Facebookページ

「2002年」  <ジョンロブ>2002年イヤーモデル 2アイレットの外羽根式。非常に凝った作りのキャップトゥで、ハンドステッチが施されている。
写真出典:John Lobb(ジョンロブ)Facebookページ

「2003年」  <ジョンロブ>2003年イヤーモデル 6アイレットがレアなパンチドキャップトゥ。この靴は2枚の革から作られていている。
写真出典:John Lobb(ジョンロブ)Facebookページ

「2004年」  <ジョンロブ>2004年イヤーモデル 5アイレットの内羽根式。2枚革で作られいる。スワンネックステッチが美しい。
写真出典:John Lobb(ジョンロブ)Facebookページ

「2005年」  <ジョンロブ>2005年イヤーモデル 5アイレットの内羽根式。蝶のデザインが細かい3ラインのステッチで表現されている。
写真出典:John Lobb(ジョンロブ)Facebookページ

2005年以降のモデルは、後日アップします。乞うご期待!!

ライン