ケアグッズ

優秀ケアグッズで愛靴をピカピカに

靴を永く愛用するために、揃えておきたいお手入れグッズをご紹介します。

クリーナー

ブートブラック クリーナー 革靴表面の汚れやこびりついたワックスなどを落として、革本来のしなやかさを取り戻してくれるのがクリーナー。写真の商品は水溶性ですが、しつこい汚れなどに使いたいクリーム状の商品もあります。用途に応じて使えるように、これら2種のクリーナーを備えておくと安心です。

デリケートクリーム

モウブレイ デリケートクリーム 乾燥してしまった靴に潤いを与えてくれるデリケートクリーム。このクリームは、ゼリー状になっていて、あらゆるスムースレザー製品に対応してくれます。そのため靴だけでなく、カバンや財布まで使えるので、1つ手持ちがあれば、とっても重宝です。

シュークリーム

コロニル 1909  スムースレザーに栄養を与え、潤いと柔軟性を与えてくれる乳化性のクリーム。このクリームには蝋分を含むものと含まないものがあるのでご注意ください。蝋分が含まれているクリームを使うと、ワックスを使わなくても、このクリームだけである程度の輝きが出る反面、靴が呼吸しにくくなってしまいます。

ワックス

KIWI ワックス 美しい光沢感を与えてくれるのが、ワックス。蝋の皮膜によって、強力な防水効果を靴に与えてくれるので、同時に傷を防いでくれることにもなります。そのため、傷つけられることが多い、つま先やかかとなどにワックスを塗り、強度を高めることが多いのです。一方で、蝋分により、ワックスを塗りっぱなしにしてしまうと、靴が呼吸できなくなり、靴を痛める原因になってしまいますのでご注意を。

馬毛ブラシ

江戸屋馬毛ブラシ 主に、ホコリ等の汚れをお手入れ前に落とす目的で使用するのが、馬毛ブラシ。1日履いた靴をこのブラシを使って、さっとお手入れするだけで、案外靴をキレイに保てます。ブラッシングをするときは、細かいストロークではなく、大きなストロークで腕を左右に動かすのがコツです。

豚毛ブラシ

豚毛ブラシ 豚毛のブラシは、乳化性クリームを伸ばし、余分なクリームを落とすのが目的です。豚毛は、とても硬いので、力を入れてブラッシングをすると、靴を痛めてしまうのでは、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、心配はありません。ガシガシブラッシングして、クリームを革に浸透させてください。

山羊毛ブラシ

山羊毛ブラシ 馬毛よりもさらに柔らかいのが、山羊毛ブラシ。このブラシを仕上げに使うと、より一層ツヤが出て、靴の輝きが増します。また、コードヴァンのように、デリケートな革には、馬毛よりも山羊毛ブラシでのお手入れをおすすめします。ムラなく仕上げることができますよ。

アルコール消毒液

アルコール消毒液 靴のお手入れ専用と言うものではなく、おすすめしたいのが、アルコール消毒液です。コットンパフに消毒液を含ませて、ライニングやインソールなど、靴の内側を拭くと、臭いや細菌を拭き取ることができます。実際にやってみると、多少色落ちすることがありますが、ライナーの色が多少付く程度です。ただし、やはり色落ちが心配という方には、靴専用の除菌スプレーをおすすめします。

防カビスプレー

モールドクリーナー ついに生えてしまったカビをやっつけるためのスプレーが、防カビスプレーです。スプレーをしてから、靴の内部を乾いた布で拭き、カビを取り除いてから、陰干しをすると、カビが徐々になくなっていきます。もちろん、カビ予防としても使えます。

抗菌スプレー

コロンブス抗菌スプレー 梅雨時期などに使いたいのが、この抗菌をしてくれるスプレー。このスプレーが気になる靴の臭いを防いでくれます。
速効性に優れた消臭効果で靴の中を快適に保ってくれる靴用消臭スプレーです。しかも、このコロンブスのスプレーは、シトラス、ラベンダーといったように、アロマの香りを楽しめるようになっているので、もはや消臭スプレーの枠を超えていると言えます。

シダードライ

シーダードライ 消臭、除湿、防虫効果を備えている天然杉(シダー)を材料とする乾燥剤。直接靴の中に入れて保管したり、下駄箱の中に入れて置いたりすることで、効果を発揮してくれます。ビジネスシューズ、ブーツ、スニーカー等のさまざまなタイプの靴に使用することができます。

サドルソープ

サドルソープ サドルソープは、革靴専用の石鹸です。この石鹸を使えば、革靴を丸洗いできますので、汚れや臭いをスッキリ、サッパリさせることができます。雨ジミなどにも、とても有効な手段です。とはいえ、何度も何度も丸洗いすると、革を痛めてしまいます。ですので、スペシャルケアとして、使うことをおすすめします。

スエードスプレー

WOLYスエードカラー 実は、とてもケアが簡単なスエードの靴。このスプレーが主なケアグッズになります。基本的にはブラシをかけて、スプレーをまんべんなく吹き付けて、ケアは終了。あとは、汚れがひどくなってきたところで、スポンジ型のブラシや、消しゴムのような汚れ落としを使った上で、補色用のスプレーをすることになります。

ウェス

靴磨き用クロス(Mモゥブレィ・ポリッシングコットン) ウェスというのは、靴磨き用のクロスのこと。表面が少し起毛しているのが特徴です。汚れ落し、空ブキ、ツヤ出しといった用途で使えます。ウェスの代わりとして、T-シャツを適度な大きさに切り、使うこともできますが、できれば、表面が起毛しているものを使うとベスト。そして、ウェスとして使用するのは、手芸屋さんなどで売られているものでも大丈夫です。

革靴を偏愛する紳士へのおすすめ革靴情報WEBマガジン