江戸屋ブラシメインイメージ

革靴への愛着度をアップするお手入れ道具って?

その道のプロなら、命とも言える、道具。

例えば、料理人であれば、包丁にこだわりを持っているでしょうし、もしピアニストだったら、そのピアノの状態をいつもベストに保つように心がけますよね。

プロ野球のイチロー選手などは道具を人一倍大切にしているそうです。

料理人は美味しい料理をつくるために、ピアニストは美しい音色を奏でるために、野球選手はベストのパフォーマンスをするために、その道具が欠かせないからです。

だから、プロは、自分たちが使う道具を大切にしています。

ビジネスパーソンの道具と言えば、「革靴」です。

みなさん、お手入れ、しっかりしていますか?

実は、革靴には、日々の簡単なお手入れが重要です。
もちろん、たまには集中して、汚れを落としたり、靴クリームで保湿したり、ワックスがけをしたりすべきなのですが、毎日ブラッシングするだけで、ある程度靴の状態を保つことができます。

だから、ブラシにはこだわりを持っている方、多いですよね。
アイレット編集部員も、ほこり落とし用の馬毛ブラシと靴クリーム用の豚毛ブラシと用途に応じたブラシを揃えています。

この二つのブラシは揃えている方が多いと思います。
しかし、コバ用ブラシなどは見落としがちかもしれませんね。

でも、実は、コバの印象が、靴全体の印象を左右するほど奥深いものだということをご存知ですか。

コバに汚れがたまっていたり、色が剥がれていたりすると、それだけで靴全体がくたびれた印象になってしまいます。

今回ご紹介するのは、江戸屋のコバ用ブラシです。

江戸屋コバ用ブラシ

革靴好きにはメジャーな江戸屋は、なんと享保三年(1718年)に将軍家から「江戸屋」の屋号を与えられた江戸刷毛の専門店。

このブラシは、”機械植え”。
しかも、毛足が長く、毛の密度が濃いので、弾力があり、しっかりとコバまわりのケアをすることができます。

江戸屋コバ用ブラシ
edoya_02

道具を揃えるだけで、満足してはいけませんが、新しいケア用品を手に入れると日々のお手入れが楽しくなってくるはずです。

ぜひ、お気に入りのお手入れグッズを見つけて、手入れをしながら使ってみてくださいね。

ちなみに、この江戸屋コバ用ブラシは、江戸屋オンラインショップで購入できます。

ライン