靴下と靴の鉄則

靴下と靴コーディネートの鉄則

「男のみだしなみは足元から」という言葉通り、革靴ラバーのみなさんは、きっと靴のお手入れをして、いつも素敵な靴を履いていらっしゃると思います。 でも、案外、パンツと靴下を選んだ時に、靴下選びって悩むこと、ありますよね。せっかくキメキメの靴を履いていても、だらしのない靴下がチラ見えしてしまうと、ガッカリされてしまうものです。昔流行ったお父さんの靴下「通勤快足」のような薄手のものも、はっきり言ってNG!モテ度は0に等しいと思っておいてください。 「じゃあ、どうすればいいの!」という貴方に靴下選びの鉄則をご紹介します。

鉄則1:靴下の色は、パンツか靴の色にあわせる

例:ブラックの革靴×グレーのパンツの場合

黒い靴×グレーパンツの場合の靴下 どちらもOKなパターンです。 左はグレーのパンツに合わせて、濃い目のグレーの靴下を選びました。 右は、ブラックの靴に合わせて、ブラックかつストライプ柄の靴下を選びました。このように細かい柄が入ると、濃いブラックのような色でも多少軽快な印象になります。

例:ブラウンの革靴×グレーのパンツの場合

グレーのパンツにブラウンの靴の場合 こちらもOKパターンです。 左は、パンツのグレーに合わせて、濃い目のグレーを 右は、ブラウンの靴に合わせて、ブラウンの靴下を合わせました。

例:ブラウンの革靴×ブラウンのパンツの場合

ブラウンのパンツのコーディネート例 左は、NGパターンです。パンツも靴もブラウンなのに、靴下をネイビーにしてしまうことで、靴下だけが目立ってしまいます。ポップな装いを狙うならば、このコーディネートもありですが、ビジネスシーンではやめておいた方が良いかもしれません。 右は、OKパターンです。パンツも靴も靴下もブランなので、靴下のブラウンが赤ぽいものの調和がとれています。

鉄則2:柄物を選ぶなら、細かい柄がベスト

ソックス柄比較 左は大きな水玉のグレーソックス。右は細かい格子柄のブラックソックスです。 比べるとわかるのですが、大きな水玉柄の方は靴下ばかりが目立ってしまっています。対して、格子柄の方は大人っぽさを演出できています。もし、柄物の靴下を選ぶ場合は、細かい柄を選ぶのがセオリー。また、靴下の柄として多いものに、ボーダーとストライプがあります。ボーダーの方がカジュアルな印象になりますので、ビジネスシーンではストライプを選択すれば間違いありません。

鉄則3:絶対に選んではいけない白と薄手のソックス

NGソックス例 コーディネイトの失敗例です。ドレッシーな革靴にスポーティーな白い靴下はNG。あえて外しでやってみるにしても、かなりなお洒落上級者でないとひどい目に合います。また、薄手のソックスも厳禁。かなりオヤジ度があがり、モテ度は急激に下がります。 意外と、おざなりになりがちな靴下のコーディネートもこれで完璧ですね。ぜひ、チャレンジしてみてください!

「靴下と靴コーディネートの鉄則」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。