J.M.Weston598「ロジェ」

あわせる

シューフィッターに相談すれば、ぴったりの靴は見つかります!

足に靴をあわせるのが、シューフィッティング。とはいえ、なかなかピッタリの一足に出会うことは難しいものです。それというのも、革靴は履いているうちにサイズが変わっていくもの。購入時にピッタリだと感じていた靴が、後になってルーズに感じたり、逆にちょっと小さくてタイトだと感じた靴が履き慣らしていくうちに快適になったり。シューフィッティングは、靴選びのイロハです。もし、自分にその知識が無くても、シューフィッターという資格を持った人にアドバイスをしてもらえることで、安心して靴を選ぶことができます。まずは、自分の足の特徴を把握するところから始めてみましょう。

あわせるCONTENTS

メニュー1.各部の名称

シューフィッティングの流れ

市販の靴が合いにくい人の特徴は、足の幅が狭かったり、逆に広かったりすること。そんな場合でもキツイ・緩いといった感覚で靴選びをしないように、しっかりとシューフィッティングの流れを確認しておきましょう。

ライン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

革靴を偏愛する紳士へのおすすめ革靴情報WEBマガジン