amazonランキング2016上半期

「Amazonランキング大賞2016上半期」メンズシューズ部門はコスパ最強ブランドがランクイン

<ジャランスリウァヤ(JALAN SRIWIJAYA)>
<スコッチグレイン(SCOTCH GRAIN)>の
オックスフォードシューズが1-5位独占!

Amazon.co.jp(以下Amazon)が、2016年の上半期ランキング「Amazonランキング大賞2016上半期」を発表しました。

このランキングは、Amazon内の各ストアやサービスのジャンルやカテゴリについて、集計されたものです。
集計期間は、2015年11月16日~2016年5月15日。
前回のAmazonランキング記事でも触れたように、Amazonでは、高級紳士靴から安全靴まで、ほぼすべてのカテゴリーを網羅していて、それこそ10万円オーバーのインポートブランドまで多岐に渡る品揃えが特徴です。

今回のランキングでは、そのなかでも、Amazonで紳士靴を買うユーザーの傾向が見えてきました。



では、2016年のメンズシューズランキング1-5位にフォーカスしてを見てみましょう。

rank_01_icon

<ジャランスリウァヤ>
セミブローグ

 

ランキング2015で1位に輝いた<チャーチ>「ディプロマット」同様に、今回も1位のデザインはセミブローグとなりました。
やはり、セミブローグはビジネスシーンにぴったり。
そのため、本格革靴で、コストパフォーマンスの高い<ジャランスリウァヤ>が1位に輝きました。

rank_02_icon

<ジャランスリウァヤ>
キャップトゥ

 

2位も<ジャランスリウァヤ>です。
基本中の基本のデザインであるキャップトゥモデルが2位にランクインしました。
このキャップトゥのアッパーにはデュプイ社のカーフが、アウトソールにはダイナイトソールが採用されています。 そのため、雨の日でも快適に履けるという機能性、履き心地の良さがビジネスパーソンから支持を集めたのかもしれません。

ジャランスリウァヤキャップトゥ
rank_03_icon

<ジャランスリウァヤ>
キャップトゥ

 

3位も<ジャランスリウァヤ>のキャップトゥ。デザイン的には2位のモデルと同じですが、こちらはアウトソールにアシュア社のレザーソールが採用されています。
みなさんが、靴を購入する際に、機能性などを考えながらモデルを選択しているという傾向が見えてきますね。

なんと、ジャランスリウァヤ>がランキング上位を独占! では、次に、4-5位をチェックしてみましょう。

4位 <スコッチグレイン>内羽根ストレートチップ パーフォレーション

革にこだわり、高品質なグッドイヤーウェルテッド製法の靴を生産している<スコッチグレイン>のキャップトゥが4位にランクイン。シンプルなパーフォレーションが味わいになっています。

5位 <スコッチグレイン>内羽根パンチドキャップトゥ

5位も<スコッチグレイン>のキャップトゥです。 こちらのモデルでは、アウトソールがラバーソールになっています。耐久性・屈曲性に優れたモデルが支持を集めました。

今回のレポートでは、1-5位にフォーカスしてみました。1-5位がいずれもオックスフォードのビジネス向きなシューズとなったことを鑑みると、Amazonで靴を購入するコアユーザーは忙しいビジネスマンと想定することができますね。

さらに、これらのモデルの価格は3万円前半(※2016/6/8現在)。それでいて、こだわりのグッドイヤーウェルテッド製法で高品質な靴です。高品質なのに、お手頃なお値段。この条件が、ネットで靴を買うことの敷居を下げている気がしました。

ぜひ、今後もアマゾンのランキングにご注目ください!

写真・情報出典:Amazon co.jp

ライン