amazon_ranking_award_2015_

「Amazonランキング大賞2015」メンズシューズ部門はあの英国老舗ブランドが1から3位を独占!

<チャーチ(Church’s)>がランキング上位を独占!
高級革靴をネットで購入し、 自宅でとことん試し履きするスタイルが浸透!?

Amazon.co.jp(以下、アマゾン)が、2015年の年間ランキング「アマゾンランキング大賞2015」を発表しました。
このランキングは、アマゾン内の各ストアやサービスのジャンルやカテゴリの販売データを基に集計されたものです。
集計期間は、2014年11月17日~2015年11月15日の1年間。
アマゾンの特徴は、高級紳士靴から安全靴まで、ほぼすべてのカテゴリーを網羅していること。なんと、10万円以上のインポートブランドまで多岐に渡ってアイテムを揃えています。
なかでも、売れ筋は5万円以上の高級紳士靴。<チャーチ(Church’s)><チーニー(CHEANEY)><エンツォ・ボナフェ(Enzo Bonafe)><三陽山長>など、ビジネスパーソンに人気のブランドアイテムが売れ筋になっています。

では、2015年のメンズシューズランキングを見てまいりましょう!

amazon_ranking_award_2015_main

rank_01_icon

<チャーチ> ディプロマット(DIPLOMAT)

 

このモデル名「ディプロマット」とは、”外交官”の意味。そして、「ディプロマット」は、外交官という名前にふさわしく知性と洗練を兼ね備え、ビジネスシーンにぴったりのセミブローグです。 バランスの良いクラシックなトゥシェイプのラスト#173に、控え目なメダリオン、張りだしすぎないコバなど、大人にこそふさわしいドレスシューズの名品です。

<アマゾン>ランキング大賞2015_1位_<チャーチ>ディプロマット
rank_03_icon

<チャーチ> チェットウィンド(CHETWYND)

 

「チェットウィンド」は、<チャーチ>を代表するフルブローグで、英国カントリーの趣を堪能できるモデル。 1位となった「ディプロマット」と同じラスト#173が採用されています。 ビジネスからカジュアルまで、マルチに活用できる便利靴です。

<アマゾン>ランキング大賞2015_2位_<チャーチ>チェットウィンド
rank_02_icon

<チャーチ> シャノン(SHANNON)

 

「シャノン」は、1・2位のモデルよりもポッテリとしたトゥシェイプで重量感のある外羽根プレーントゥです。 このモデルに採用されているのは、#103ラスト。控え目なロングノーズで無骨さのなかにもエレガントさが宿っています。

<アマゾン>ランキング大賞2015_3位_<チャーチ>シャノン

なんと、<チャーチ>が1-3位のランキングを独占!しかも、<チャーチ>の定番中の定番と言えるようなモデルが上位となっています。 では、次に、4-10位までをチェックしてみましょう。

4位 ブッテロ BUTTERO ブーツ B3803 <アマゾン>ランキング大賞2015_4位_<ブッテロ>
5位 ウルヴァリン WOLVERINE 1000 MILE BOOT <アマゾン>ランキング大賞2015_5位_<ウルバイン>
6位 ジョージコックス George Cox 3588 クラシック・クリーパー <アマゾン>ランキング大賞2015_6位_<ジョージコックス>
7位 ヒロシツボウチ HIROSHI TSUBOUCHI プレーントゥ <アマゾン>ランキング大賞2015_7位_<ヒロシツボウチ>
8位 チャーチ Church’s RYDER3 <アマゾン>ランキング大賞2015_8位_<チャーチ>ライダー3
9位 ハインリッヒディンケラッカーHeinrich Dinkelacker プレーントゥ <アマゾン>ランキング大賞2015_9位_<ハインリッヒディンケラッカー>
10位 チャーチ Church’s LAMBOURN <アマゾン>ランキング大賞2015_10位_<チャーチ>ランボーン

4-10位にランキングしたシューズは、いずれもカジュアル感の強いモデルが揃いました。このように多様なモデルを一堂に見られる豊富な品ぞろえがアマゾンの特徴ですね。 また、通販ならではの手軽さに加え、自宅でゆっくり試し履きができるスタイルが魅力。いつでもどこでも安心して高級革靴を購入できるのはありがたいですよね。 さらに、定番モデルの場合、通常プライスダウンをしないものですが、アマゾンでは定期的に定番モデルにも使える割引クーポンを提供していますので、このような機会を利用してお得に購入する方が多いのかもしれません。 ぜひ、今後もアマゾンのランキングにご注目ください!

写真・情報出典:Amazon co.jp / PR TIMES / SHOE POST

ライン