東急プラザ銀座にオープンする<エドワードグリーン>イメージ

<エドワードグリーン>国内初の路面店を銀座にオープン!

2016年3月31日、銀座・数寄屋橋に
新たなランドマーク「東急プラザ銀座」が誕生!
1階フラッグシップストアゾーンに
<エドワードグリーン>が国内初の路面店をオープン

いよいよ今月末の3月31日(木)に、開業となる「東急プラザ銀座」。
この「東急プラザ銀座」は、銀座エリア最大となる大型商業ビルで、
そのコンセプトは、「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」。
伝統と格式が共存する街・銀座らしさを磨きあげるために、時代を超えて受け継がれてきたもの、最先端を感じさせるスピリットとして「伝統と革新」をキーワードとしています。

そして、「東急プラザ銀座」のターゲットは、「大人」だそうです。年齢にかかわらず自分のライフスタイルと本物を見極める力を持った人をイメージしています。

そこで全125店舗が集結。
なかでも、革靴好きが注目すべきは、国内初の路面店として出店する<エドワードグリーン>です!!

<エドワードグリーン>が出店するのは、1階の西銀座通り(外堀通り)に面した「フラッグシップストア」ゾーン。

このゾーンは、伝統を受け継ぎながらも、革新的なスタイルを提案する、上質で多彩なブランドのグローバル旗艦店が集結します。

<エドワードグリーン>だけでなく、<クルチアーニ>や<グローブトロッター><バリー><ハケットロンドン>など、そうそうたるブランドが並ぶのです!

そして、路面店10店舗が、東急プラザ銀座開業記念として、限定商品を揃える特別なキャンペーンを展開予定。

<エドワードグリーン>では、新しいラスト#137を採用したコインローファーの「DUKE(デューク)」を銀座限定として、コードバンに、カーフのカラーコンビタイプで展開するそうです。

また、通常取扱いのない革小物のアイテムなどもラインナップするとのこと。

この春は、新しくなった銀座で、上質な革靴を探してみませんか!

東急プラザ銀座外観イメージ
銀座数寄屋橋交差点に誕生する東急プラザ銀座の外観イメージ。この外観は日本の伝統工芸「江戸切子」をモチーフにデザインされたそうです
東急プラザ銀座外観イメージ(西銀座通り側)
西銀座通り側の東急プラザ銀座外観
東急プラザ銀座外観イメージ
数寄屋橋交差点側には、3階直通エスカレーターを設置

写真・情報出典:PR TIMES 1PR TIMES 2

ライン