<エドワード グリーン>別注アビィシューホーンメインイメージ

<エドワードグリーン>ロゴ入り!特別な「アビィシューホーン」

一つひとつ異なる柄が魅力の「アビィ シューホーン」。
<エドワード グリーン>のロゴ入りのシューホーンを使って履けば、気分も150%アップ!?

靴好きの方であれば、靴だけでなく、靴関連アクセサリーにも気を使っていらっしゃるはず。

当然、靴を履く際には、シューホーン(靴べら)をお使いですよね。

シューホーンを使う理由は、靴を履きやすくするだけではありません。

靴のかかと部分のダメージを和らげてくれるというメリットもあるからです。

だから、靴好きならば、シューホーンを持ち歩いているという方も珍しくないはず。

一度、靴を履いてしまえば、帰宅するまで脱ぎ履きをしなくても良いように思えますが、なんだかフィッティングがしっくりこないという時やお座敷での外食時、営業職の方であれば取引先の個人宅へ訪問する時など、靴を脱ぎ履きする機会というのは、意外と多いものです。

そんな時に、携帯用シューホーンを持っていると、スマートに靴を履けるというもの。

なので、シューホーンを持ち歩いている方は多いと思います。

ただ、このシューホーン、こだわりを持って選んでいらっしゃいますか?

ぜひ、こだわり派の方におすすめしたいのが、水牛の角からつくられている「アビィシューホーン」です。

そのアビィシューホーンでも、今回<エドワード グリーン>別注のものをご紹介させていただきます。

3つのサイズ展開の<エドワード グリーン>別注アビィシューホーン
3サイズの<エドワード グリーン>別注アビィシューホーン。

このアビィ シューホーンは、英国のアビィ ホーンワークス社によるもので、この会社では、1749年の創業以来、一貫して天然の角製品をつくりだしています。

職人が手作業でつくり上げる、水牛の角をつかったシューホーンは、一つとして同じものはありません。

角の色柄・模様はもちろん、薄さや形状なども良く見てみると異なっているのがわかります。

そんなアビィ シューホーンに、<エドワード グリーン>のロゴが入った別注品がエドワード グリーン銀座店で発売されています。

アイレット編集部員は、実際に、店頭で拝見させていただきまして、ついつい購入を即決してしまいました。

それが、こちら!

<エドワード グリーン>別注アビィシューホーン 購入したシューホーンのイメージ
選んだのは、表情豊かな材質のミドルサイズ。

プラスティックでは決してできない天然のグラデーションの色・模様、そして薄さをポイントにして選択してみました。

こうしたポイント以外にも、ロゴの色などで選択するのもありだと思います。

<エドワード グリーン>別注アビィシューホーン 金のロゴイメージ
リッチな雰囲気の金ロゴタイプ。
<エドワード グリーン>別注アビィシューホーン 白い素材の1本 イメージ
素材によって視認性が高い色でロゴが刻印されているようです。

しかも、このシューホーン、<エドワード グリーン>別注のものでも比較的価格が抑え目なところも嬉しい!

気持ちをアゲたい時だけでなく、常にお使いいただきたい逸品のひとつですよ。

[ITEM DATA]
<Edward Green|エドワード グリーン>別注
ABBEY HORN |アビィホーン

スモールタイプ 4,320円(税込)
ミドルタイプ  7,560円(税込)
ラージタイプ  10,800円(税込)

[お問い合わせ]
エドワードグリーン銀座店
【URL】http://strasburgo.co.jp/blog/edwardgreen/

ライン