ビジネスシューズの中は、気温30度、湿度90%の世界イメージ

靴の中は、まるで蒸し風呂?

気温30℃、湿度90%という靴の中の世界。湿気対策が必須です!

生活用品メーカーのエステーが、ビジネスシューズについての調査をホームページで発表しています。

ビジネス靴の「蒸れ」を16時間追跡。湿度は驚きの99.49%まで上昇!
というタイトル。非常に衝撃的で、ギョッとしてしまいました。
これは、聞き捨てならないと、記事を読み込んでみましたので、ここにご報告します。

記事によると、エステーは超小型の高性能センサーを利用して、被験者が実際にビジネスシューズで過ごした16時間のデータを10秒ごとに計測。

独自に靴の中の「温度」と「湿度」を計測することで、「靴の中の空気」を明らかにしました。

まず、実験が行われた日の気温と、被験者が1日をどのように過ごしたのかをご紹介します。

実験日は8月6日、最高気温が35.9℃の猛暑日でした。
そして、朝8時過ぎの出勤から、帰路につく24時まで、靴の中を計測しました。

午前中は、エアコンの効いたカフェで打ち合わせ、午後はオフィスでデスクワーク。
デスクワークの3時間半、靴を脱いで過ごした結果がこちらのグラフです。

靴の中の湿度と温度
写真出典:エステーホームページ

なんと、靴を脱いでいるとき以外は、靴の中の湿度が90%越え。
温度はというと、最高気温が37.02℃。

この環境は、換気の悪いお風呂に近いそうです。
そんな状況になっているなんて、考えたくもありません。

とは言え、それが現実だとしたら、湿気に対して、どのように対処すれば良いのかというと、グラフが示しているように、靴を脱ぐのが効果的。

オフィスでは、替えの靴を用意して、履いていた靴には、靴専用の除湿剤を使いましょうとまとめています。

これから秋に向かっていくので、個人的には、ここまでの高い数値は出ないと思っていますが、なんらかの対策は必要な気がします。

これまでの1日1足の固定概念にとらわれることなく、オフィスで履き替える靴のローテーションを組んで、数多くの革靴を愉しむというのもありかもしれませんね。

記事参照:エステーホームページ ライン