一般社団法人 日本シューケア協会メインイメージ

靴のお手入れに特化した「一般社団法人 日本シューケア協会」設立

日本初!?
シューケアの協会認定講座や資格を開設

シューケアの楽しさ、素晴らしさを伝えたいというコンセプトのもと一般社団法人 日本シューケア協会(代表理事:光山佳那氏、所在地:福岡県福岡市)がスタートしたそうです。

これまで、シューケアの領域は、いわば職人の領域であり、その技術を認定するような資格団体は存在してきませんでした。

今回設立された日本シューケア協会では、今夏から「J.S.A.認定 シューケアアドバイザー™」に、その上級コースである「J.S.A.認定 シューケアマスター™」という資格を設定し、その資格を取得するための養成コースを設けます。

ただし、そのターゲットは、シューケアを趣味で学びたいという方から、本格的にシューケアに携わりたい方まで幅広意のが特徴。

趣味レベルから、将来的にシューケアを職業にしたい方までとしています。

シューケアアドバイザー™養成コースは、2日間の認定講座(受講料:68,000円)に1時間の認定試験(認定試験料:10,000円)を受け、合格者には認定証が交付されるそうです。
シューケアマスター™養成コースは、4日間の認定講座(受講料:175,000円)に2時間の認定試験(認定試験料:20,000円)を受け、合格者には認定証が交付されるそうです。

※受講料表記はいずれも税抜きです

また、この団体の目的に、シューケアの楽しさを広めるというミッションもあり、その一つとして、交流イベントを開催。
2016年5月12日(木)に、福岡県博多区中洲にて「SHOE CARE NIGHT ~靴を肴に語らう夜~」が予定されています。

一般社団法人 日本シューケア協会イベント

シューケアの楽しさの入口づくりといったところでしょうか。
ただ、シューケアについて知りたいだけならば、シューケア用品メーカーなどが実施している無料の実演会や講習などがありますので、まずはそちらを経験してみるのもおすすめです。

協会ホームページを拝見する限り、どのようなバックグラウンドを持つ方が主催しているのかが、不明だったのもあり、将来的にシューケアの技能基準となる可能性もあるのかどうかは、ちょっと未知数な気もしますが、靴好きにとっては、注目の資格になるかもしれませんね。

写真・情報出典:PR TIMES一般社団法人日本シューケア協会HP

ライン