オールデンのコードヴァン

革靴各部の名称

革靴には特有の呼び名があります!

まずは、革靴の基本的な呼び方をご紹介します。

革靴の甲部分-UPPER-

各部説明アッパーイメージ

[A]トゥ

つま先部分の呼び方。ラウンドトゥ、スクエアトゥなど形状によって、さまざまな種類があります。

[B]ウェルト

ウェルテッド製法で、靴をぐるりと一周している帯状の革のこと。これを中継ぎにして上の部分とソールが繋がっています。

[C]アイレット

シューレースを通す穴のこと。ハトメとも呼ばれ、裏側から補強のために金具が打たれていることもあります。ちなみに、当サイト名はこの「アイレット」に由来します。

[D]シューレース

靴ひものこと。

[E]レースステイ

シューレースを通す穴が空けられた部分。羽根と呼ばれることもあります。

[F]タン

レースステイの下にあり、足の甲を保護する革。

[G]カウンター

かかと部分の革のこと。バックステイとも呼びます。

[H]インソール

内側のソールのこと。中底とも呼びます。

革靴の側面部分-SIDE-

革靴側面イメージ

[1]リフト

ソールに貼り付けられて、ヒールの高さを出している革のこと。積み上げと呼ばれることもあります。

[2]トップピース

リフトに次いで付けられる最も外側の革。耐摩耗性を高めるために、ゴム製のトップピースもあります。

[3]ヒール

ソールよりも外の「靴のかかと」にあたる部分のこと。

[4]コバ

ソールの断面で、張り出した部分のところ。

[5]トゥキャップ

トゥを覆うように被せられた革のこと。ステッチで継合わせれています。

[6]ヴァンプ

甲革のこと。

[7]クォーター

靴の側面部分の革のこと。

[8]アッパー

ヒールとソールを抜いた靴の表部分のこと。

革靴を偏愛する紳士へのおすすめ革靴情報WEBマガジン