みんなの革靴プロジェクト 「レザーソールの仕様編」

【連載】みんなの靴プロジェクト―アウトソール大研究
vol.08 レザーソールの仕様編

レザーソールの奥の深さを感じるディテールの世界

ついに今回で「みんなの革靴プロジェクト」アウトソール編は完結となります。連載最終回は、レザーソールの仕様編です。
機能性だけを鑑みれば、ラバーソールに軍配があがるものの、なぜ革靴LOVERがレザーソールをこよなく愛するのか。きっとこの記事を読んでいただけると、その訳がわかってくるはず。
自分好みの仕様にとことんカスタマイズできるレザーソールの仕様をご紹介します。
こだわろうと思えば、こだわり抜けるのがレザーソールの世界なのですね。

リファーレ恵比寿店小澤さんイメージ

講師:シューズサロン&リペア
<リファーレ> 小澤祥一さん

解説は、アイレット読者にお馴染みのシューズサロン&リペア<リファーレ>小澤祥一さんです。

革靴のソールの仕様編ウェルトについて
革靴のソールの仕様編ソールの仕上げについて
革靴のソールの仕様編コバの仕上げについて

STUDY・1
意外なほど靴の雰囲気を左右するウェルトという存在

ウェルトについてお話する前に、まずコバについて触れておきます。
コバとは、靴のエッジの張り出した部分のことです。
靴全体からみると、小さな部分ではありますが、実はこのコバが靴の印象を大きく左右します。
例えば、コバの張り出しが小さければ、ソフトで洗練された印象になりますし、張り出しが大きければ、武骨な印象になります。
そして、その幅は製法によって異なっていて、マッケイ製法であれば、コバの幅を抑えることができますし、グッドイヤーウェルテッド製法であれば、ある程度の幅が必ず必要となるわけです。

革靴の仕様編マッケイ製法見本
コバの張り出しを極力抑えられるマッケイ製法
革靴の仕様編グッドイヤーウェルテッド製法見本
コバの張り出しがあるグッドイヤーウェルテッド製法

その理由のひとつが、「ウェルト」。ウェルトは、靴本体とアウトソールをつなげる部材です。靴本体とアウトソールを直接縫い付けるマッケイ製法では、ウェルトを使う必要がないので、コバのボリュームを抑えることができます。
これに対して、グッドイヤーウェルテッド製法は、必ずウェルトを介して靴本体とアウトソールをつなげるので、その分コバのボリュームが出るわけです。
※これらの製法については、後程図解を踏まえて、詳しく触れていきます。
そして、使用するウェルトの形状によって、さらに印象を変えることができるので、その種類についてお話しましょう。

ストームウェルト

ウェルトの中央部分に、山状の盛り上がりを設けているものが、ストームウェルトです。アッパーとウェルトの間に一段クッションとなる山があり、ウェルトにボリュームが出ます。

真ん中が山の頂のようになっているストームウェルト。まるで防御壁のように、嵐のような日でも水から足元を守ってくれます
真ん中が山の頂のようになっているストームウェルト。まるで防御壁のように、嵐のような日でも水から足元を守ってくれます
みんなの革靴プロジェクトーストームウェルトサンプル
スラッとしたダブルモンクでも、ストームウェルトを付け、コバまわりにボリュームが生まれると、武骨な表情に

スプリットウェルト

見た目は、ストームウェルトに似た感じですが、ストームウェルトと異なり、切りっぱなしの壁のように見えるのがスプリットウェルトです。

みんなの革靴プロジェクトースプリットウェルト
Y字のようになっているスプリットェルト。防水効果は期待できないものの、ボリューム感はばっちり生まれます
みんなの革靴プロジェクトースプリットウェルトサンプル
トリッカーズのカントリーシューズなどには、スプリットウェルトが採用されていることが多いです
PICK UP
こちらもあわせて知っておきたい
伝統的な靴の製法・6

ドレスシューズの個性は製法で大きく変わります。その個性というのは、その靴のルックスだったり、履き心地だったり。さらに言うと、靴の寿命も製法によって大きく異なりますので、改めて製法について触れておきます。

ソールの仕様編 グッドイヤーウェルテッド製法

長く愛用するなら修理することを前提につくられた
グッドイヤー

グッドイヤーウェルテッド製法図解

中底にリブと呼ばれる突起を介して、ウェルトとアッパーを機械で掬い縫いをする製法です。 さらに、ウェルトとアウトソールを出し縫いし、横軸と縦軸両方の縫いがかかるので、構造的に強度が高いのが特徴。

革靴のソールの仕様編ハンドソーンウェルテッド製法について

履き心地を追求するなら手間と時間をかけてつくられるハンドソーン

ハンドソーンウェルテッド製法図解

この製法では、グッドイヤーウェルテッドとは異なり、リブテープを使いません。厚い革を使った中底をすいてできた段差にアウトソールを縫い付けていきます。手縫いで掬い縫いをするので、手間と時間がかかりますが、最初から足なじみが良いのが特徴です。

革靴のソールの仕様編ノルウィージャン製法について

防水性・耐久性の高さ抜群!登山靴にお馴染みの
ノルウィージャン

ノルウィージャン製法図解

こちらもウェルトを使った製法です。ただし、この製法では、アッパーとソールの境目にL字型にウェルトを設置するため、掬い縫いの糸が外からも見ることができます。構造的に防水性に優れているため、登山靴などに用いられてきました。

革靴のソールの仕様編マッケイ製法について

柔らかい履き口に返りの良さ、軽さならピカイチの
マッケイ

マッケイ製法図解

イタリアの靴に良く見られる製法です。アッパーと中底、アウトソールをミシンで直接縫い付けています。非常にシンプルな製法で、コバまわりがスッキリとしているのが特徴です。軽い履き心地でメリットもありますが、構造上修理しにくいなどのデメリットもあります。

革靴のソールの仕様編ステッチダウン製法について

シンプルな構造で履きやすさに定評ありの
ステッチダウン

ステッチダウン製法図解

デザートブーツなどに取り入れられている製法です。アッパーの両端が靴の外側に張りだしているため、砂などの侵入を防いでくれます。マッケイ製法同様にシンプルな構造ゆえ、履き心地の良い靴ですが、やはりこちらも修理には向いていません。

革靴のソールの仕様編ブラックラピド製法について

マッケイとウェルテッドの中間のようなつくりの
ブラックラピド

ブラックラピド製法図解

グッドイヤーウェルテッドの見た目と、マッケイ製法のような軽やかさを併せ持つ製法がブラックラピド製法です。良いトコ取りのような製法と捉えている方が多いかもしれませんが、構造上はあくまでマッケイに近く、修理には向いている靴ではありません。

トップへ戻る

STUDY・2
人からはわかりにくい部分にこだわるのが通!!
ソールの仕上げに注目

革靴LOVERのみなさんなら、まるで裏地にこだわる江戸っ子のように、アウトソールの仕上げなど細部にこだわりを持っているはずですね。
そう、「見えないところのお洒落は江戸っ子の粋」と言うように、アウトソールにとことんこだわるのが、革靴LOVERの粋。他人から見えにくい部分だからこそ、あえてこだわってみたいのがアウトソールの仕上げです。
では、どのような仕上げがあるのでしょうか。

■出し縫い糸の仕上げ――出し縫いの糸は見せないほうがエレガント!?

下の写真をご覧ください。どちらがエレガントに見えますか?
靴のアッパーと底を縫い合わせる出し縫いの糸を見えないようにする仕様が「ヒドゥンチャネル」、その逆で糸を見えるようにする仕様が「オープントラック」と言われています。「チャネル」という言葉は、「溝」という意味で、その溝を「隠す」ことから「ヒドゥンチャネル」と名付けれれています。

革靴のソールの仕様編 ヒドゥンチャネルについて
ヒドゥンチャネル見本
写真出典:リファーレブログ
糸を隠す方法は、ソールの溝を掘り起こして、その下でアッパーとソールを縫い合わせたら、掘り起こした革を伏せるというやり方がひとつ。
そして、もう一つが、メスチャネルです。これは、トライアングルチャネルとも言われる方法で、メスで裁断した断面に糸を深く入れて、糸と断面が触れないようにしています。いずれも手間がかかるので、ヒドゥンチャネルは、高級感のある仕様として知られています。
ヒドゥンチャネルのやり方見本
ソールの溝を掘り起こすのは、職人の腕の見せどころのひとつ
写真出典:リファーレブログ

■色仕上げ――ソールの色はナチュラルだけではありません

アウトソールにレザーを選んだ場合に、さまざまなカスタムオーダーもできることがおわかりいただけたかと思います。実は、仕上げの「色」もオーダーできるのをご存知ですか。
最もポピュラーなのは、「黒」色での仕上げ。この仕上げは、「カラス仕上げ」と言われています。靴底全面を黒くするのが「カラス仕上げ」、土踏まずの部分だけ黒くするのが「半カラス仕上げ」です。
そして、例えば、<サントーニ>で使われている橙色や、<ルブダン>を象徴する赤色など好みのカラーでオーダーすることができます。
ただ、色仕上げをしたからと言って、靴の耐久性には影響がありません。
ここはあくまで、ルックスのカスタマイズと考えておいてください。

■ソールの厚さ――靴の性格を左右するソールの厚み

レザーソールの基本は、シングルソールです。ドレス性の高い靴は、ほぼシングルソールが採用されています。1枚のアウトソールで構成されていますので、反り返りが良く、足なじみが早いのが特徴です。
これに対して、アウトソールにミッドソールを重ねたものが、「ダブルソール」。2枚の革を重ねるので、それだけ厚みが増しますし、耐久性も高まります。ただし、その分、重量が増えますし、反り返りも悪くなるのがデメリットです。
これらシングルソールとダブルソールの中間と言えるのが、「ハーフミッドソール」です。
これは「スペードソール」とも言われる仕様で、前半分が「ダブルソール」で、後ろ半分が「シングルソール」になっています。この仕様では、シングルソールに近い反り返りに、ダブルソールに近い耐久性が得られます。

革靴のソールの仕様編シングルソールについて

シングルソール見本

革靴のソールの仕様編ダブルソールについて

ダブルソール見本

革靴のソールの仕様編ハーフミッドソールについて

ハーフミッドソール見本

トップへ戻る

STUDY・3
たかが「コバ」と侮ることなかれ
コバは靴の美しさを左右するディテールのひとつ

STUDY・1でも触れたコバですが、レザーソールと一言でいっても、コバの仕上げ方によって、雰囲気が異なってきます。
では、まずコバ仕上げのバリエーションをご紹介。

革靴のソールの仕様編平コバについて

平コバ見本

張り出しが強調されるような仕様です。直線的なラインが無骨さを与えます。

革靴のソールの仕様編丸コバについて

丸コバ見本

丸コバは土踏まずの部分にみられる手法。角を落として丸みを帯びさせることで、よりシャープに、くびれを美しく見せる手法。 角を削るとスマートに見えます。

革靴のソールの仕様編ヤハズコバについて

ヤハズ見本

日本独特の手法と言われる、ヤハズ仕上げです。
コバのエッジが「く」の字に削られていて、中心部分あたりが出っ張ることで、シャープに見えます。

写真出典:リファーレブログ

例えば、平コバの場合、直線的なデザインで男らしい無骨な印象になります。
丸コバであれば、ひと手間かけただけあって、柔らかい雰囲気に。そして、日本ならではの仕様「ヤハズ」は、コバ部分が「く」の字になるので、とてもシャープな印象です。
コバはアッパーに比べて小さな部位ではありますが、ここの仕上げで印象が随分異なります。

トップへ戻る

怒涛のごとく、一気にご紹介してまいりました。
レザーソールの仕様を通して、レザーソールがいかに嗜好性の強いものか、おわりいただいたと思います。

アウトソールは、大きくわけて、機能性と嗜好性で論ずることができます。
もちろん、どちらも大切な革靴の特徴ですよね。
ぜひ、ご自身が満足する仕様でご自身の革靴をカスタマイズをしてみてください。
そうすることで、履き心地を快適にできるだけでなく、気持ちも上げることができるかもしれません。
積極的に革靴ライフを楽しみましょう!!

講師ご紹介

シューズサロン&リペア<リファーレ>
小澤祥一さん

おざわ・しょういち/リファーレ恵比寿店・店長。埼玉県川越市出身。高校2年の時に、イギリスへ短期留学。ジャーミンストリートで靴の魅力にはまり、靴の専門学校へ進学。そこでは、一から靴づくりを学ぶかたわら、マーケティングや整形靴についてなど、広く知識を吸収した。在学中に友人の靴を修理したことがきっかけで修理に興味を持ち、修理と販売に携われるリファーレに就職。
その後、9年間、技術とコミュニケーション力を磨き続けている。

みんなの革靴プロジェクト連載第5回スポンジソール編プロフィール欄イメージ
 
スタッフインタビュー<リファーレ>イメージ08

[お問い合わせ]

Rifare(リファーレ)
E-mail :shop@rifare.jp
HP : http://www.rifare.jp/index.html
 
恵比寿店
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-7-1-1F
Tel:03-5768-1373/Fax:03-5768-1374
自由が丘店
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-24-1
Tel & Fax :03-6421-1310
大阪店
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-17-11¸ 1F
Tel:06-6533-1373
高松店
〒760-0054
香川県高松市常磐町1-3-1 瓦町FLAG 2階
Tel:087-812-7123

連載バックナンバー

連載第1回プロジェクト発足についてイメージ

第1回
プロジェクト発足について
2016/02/08 up!

連載第2回ダイナイトソール編 イメージ

第2回
ダイナイトソール編
2016/02/22 up!

連載第3回リッジウェイソール編 イメージ

第3回 
リッジウェイソール編
2016/03/07 up 

みんなの革靴プロジェクト バックナンバー 第4回クレープソール編

第4回
クレープソール編
2016/03/21 up!

みんなの革靴プロジェクト バックナンバー 第5回スポンジソール編

第5回
スポンジソール編
2016/04/04 up!

みんなの革靴プロジェクト バックナンバー 第6回ヴィブラムソール編

第6回
ヴィブラムソール編
2016/04/25 up!

みんなの革靴プロジェクト バックナンバー 第7回レザーソール編

第7回
レザーソール編
2016/05/16 up!

連載スケジュール

 第1回  プロジェクト発足について2016/2/8 update!
 第2回   [ラバー]ダイナイトソール編2016/2/22 update!
 第3回  [ラバー]リッジウェイソール編2016/3/07 update!
 第4回  [ラバー]クレープソール編2016/3/21 update!
 第5回   スポンジソール編 2016/4/04 update!
 第6回  [ラバー] 【コラム】ソールメーカーの巨匠 ヴィブラムの魅力 2016/4/25 update!
第7回   [レザー]ブランドソール編 2016/5/16 update!
第8回  [レザー]こだわりの仕様編 2016/6/13 update!
第9回 まとめ

ライン