ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法後編メインイメージ

その常識、間違っているかもしれませんーーソレダメ!革靴のメンテナンス (2)靴の保管方法 [後編]

革靴に最適な保管環境って?
今一度見直してみたい保管方法をケーススタディー!

第3回目の掲載となるみんなの革靴プロジェクト「ソレダメ!革靴のメンテナンス」編。

今回は前回の続き、靴の保管方法編[後編]です。

この後編はシミ・カビなどのトラブルが起こった際の対処方法や、靴箱を使った保管について取り上げます。

このプロジェクトの講師を担当してくれるのは、アイレット読者にお馴染みのシューズサロン&リペア<リファーレ>小澤祥一さんです。

ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法前編ケース2雨対策
ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法前編 雨対策 降水確率20%の時以外に革靴ははかない
ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法前編 雨対策 日頃のお手入れしていれば雨を気にしなくて大丈夫ですから

革にとって、「水は天敵」という意識があると思います。
しかし、私たち人間もシャワーを浴びているように、動物由来の革も適度な水分が必要なので、必ずしも革靴を濡らすことに抵抗感を持つ必要はありません。
そのため、豪雨でもない限り、あまり意識せずに好きな革靴を履いても大丈夫。
もし、革靴が雨に濡れたことでシミ・カビが起きても、適切なケアをすれば、OKです。
ただし、「適切なケアがわからない」「シミ・カビの状態がひどい」といった場合は、迷わずシューケアのプロに依頼しましょう。

知っておこう
雨シミのメカニズム

雨シミは、物体表面に付着する汚れを吸収した雨滴や、原皮が革になる工程での加工(塩漬け・なめし・染料など)によって含まれる成分が、水分の蒸発によってその場に堆積することにより発生します。
水分の蒸発によって発生するため、シミは内側ではなく、外側に表面化するわけです。

ソレダメ!革靴のメンテナンス 雨シミのメカニズム
革表面の汚れが原因のシミ
ソレダメ!革靴のメンテナンス 雨シミのメカニズム 革靴の内部が原因のシミ
革の成分が表面化しているシミ

ソレダメ!革靴のメンテナンス ソレダメ!ポイント

 

早く革靴を乾燥させたいからといってドライヤーを使ったり、シミが付いた革靴をそのまま放置し続けるのは絶対にNG!

大切な靴が濡れてしまって、早く乾かしたい気持ちは良く分かりますが、ドライヤーを使って靴に熱風をあてるのは絶対にやめてください。
革の劣化を進行させ、ひび割れやシワの原因になります。
また、シミが付着した状態で放置をしておくと、落ちるはずのシミが落ちなくなってしまいます。
軽度のシミであれば、下の写真のように、水に浸したガーゼや不織布などで靴をぐるぐる巻きにして、適度な水分を靴に浸透させ、シミの逃げ場をなくすという方法があります。
また、重度のシミの場合には、バケツに汲んだ水に浸して、シミを抜くことも。
いずれの方法も判断を誤ると、靴を傷めることになり、危険を伴いますので、シューケアのプロにゆだねるのがおすすめです。

ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法前編 雨対策 ドライヤーイメージ
ドライヤーで外側から熱風を当てるのは絶対にダメ!
ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法前編 ケース2 雨対策 イメージ
ミイラのように水分を含ませた布を巻いてシミ抜き。これにケアをプラスして、2千円~で修理できます。
写真出典:リファーレブログ

ページトップへ戻る

ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法後編 ケース3 カビ
何色のカビでも 防カビスプレー を使えば除去できるでしょ!
カビには種類があって、色によっては毒を含んでいますから!

革靴に発生するカビには赤・青・白の3種類あります。
発生したカビが白カビであれば、ほぼ問題はありません。
エタノールなどで拭くだけでもカビ菌は殺せます。
問題は、赤カビと黒ずんで見える青カビです。
これらは、表面に付着するだけの白カビと異なり、革の内部にまで入り込んでしまいます。しかも、赤カビの場合は毒を含んでいるので要注意。
白カビ以外のカビが発生していたら、危険な状態だと捉えてください。
また、いずれのカビでもカビ菌が潜伏した靴があると、他の靴にも伝染してしまいます。
カビを見つけたら、早くその靴を隔離して、処置をしてください。
シューケアのプロに処置を依頼する場合にも、カビ菌が広がらないよう、ビニールに入れるなどして靴を持参するように。

知っておこう
カビが発生するメカニズム

カビが発生するのには、いくらかの条件があります。
空気中に漂っているカビが目に見えるカビに変身するには、適当な水分や温度条件が揃わなければなりません。
言い方を変えると、目に見えるカビというのは、条件が揃うことで、生育しはじめたカビの胞子なのです。
では、その条件を見てみましょう。

ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法前編 カビが発生するメカニズム

この4つの条件が揃うと目に見えるカビとなります。
この中で自分自身がコントロールできるのは、靴の汚れを取り除き、なるべくクリーンな状態にしておくことと、保管時の空調を整えて、温度と湿度を調整すること。
特に秋の長雨や梅雨時期には気を付けるようにしてください。

ソレダメ!革靴のメンテナンス ソレダメ!ポイント

 

水を使って、白カビを洗い流したり、カビを拭き取った布を使って他の靴をお手入れするのは絶対にダメ!

カビが発生すると心理的なダメージも大きいため、いち早くカビの存在を消してしまおうという気持ちになると思います。
そうかといって、下手なお手入れをすると、靴そのものを傷めてしまいますので要注意。
そして、やってはいけないことのひとつは、カビの付いた靴を水洗いすること。
さらに湿度が高くなり、最悪な事態を招きます。
カビが付いた場合は、乾いた布と除菌スプレーを使って、胞子を取り除くことが基本です。
ただ、ここでもやってはいけないことが。それは胞子を拭き取った布の使いまわしです。
目には見えなくても、一度使った布にはカビ菌が付着しています。その布を使いまわすのは、カビ菌を他の靴に振りまいているようなもの。
もったいないと思う気持ちはわかりますが、ここはクリーンな布をつかってケアをしてみてください。

ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法前編 ケース3カビ
カビを水洗いしただけでは、問題解決にはなりません。
ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法前編 ケース3カビ対策
カビ菌をしっかり取り除くためにも一度使った布の使いまわしは絶対NG。

ページトップへ戻る

ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法後編 ケース4 靴箱での保管
純正箱に靴を入れて保管しておけば安心
箱のなかは通気性が悪く、靴の保管には適していませんから

もともと箱に入れられていた靴なので、「そのまま保管をするのが良いのでは」と勘違いされている方も多いかもしれません。
でも、靴にとっては通気性が良い状態がベスト。
なので、日陰でオープンな場所に保管するのが一番です。
そして、保管をする際には、アウトソールの通気性も考慮してみてください。

ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法後編 イメージ
アウトソールも通気が確保できるラックが便利。
写真出典:http://youke.naturum.ne.jp/e1748765.html
ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法後編 すのこイメージ
靴の下にすのこを敷いて通気性を確保するのもひとつの方法。

ソレダメ!革靴のメンテナンス ソレダメ!ポイント

 

お手入れをせずにそのまま長期保管するのはシミ・カビの原因に!
直射日光の当たる場所での保管も厳禁!!

前述したシミやカビのメカニズムを読んでいただいた方はおわかりだと思いますが、シミ・カビの共通の原因は汚れです。
汚れを放置しておくと後々嫌な思いをします。
また、ふとんを乾すような感覚で、直射日光を靴に当てるのはNG。
シワやシミの原因になります。
靴を保管する前には、汚れを落とし、適度な保湿をすることを心がけましょう。
それはデイリーの保管時も同じです。靴を脱いだらブラシングして、汚れを取る習慣をつけるとよいですね。

ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法後編 お手入れをしていない靴イメージ
お手入れをせずに汚れがついたままでの長期保管はNG!
ソレダメ!革靴のメンテナンスvol.02 靴の保管方法後編 直射日光イメージ
直射日光が当たる場所や靴箱に入れたままの保管は靴に悪い影響が。

最後におすすめの靴保管方法をひとつ。
もし長期で革靴を保管する場合、不織布に除菌効果のある消臭スプレーを噴霧したうえで、その不織布で靴を包んで保管してみてください。
不織布には多少の通気性がありますので、カビの繁殖を遅らせることができます。

次回の第3回は、修理についてです。

ページトップへ戻る

講師ご紹介

シューズサロン&リペア<リファーレ>
小澤祥一さん

おざわ・しょういち/リファーレ恵比寿店・店長。埼玉県川越市出身。高校2年の時に、イギリスへ短期留学。ジャーミンストリートで靴の魅力にはまり、靴の専門学校へ進学。そこでは、一から靴づくりを学ぶかたわら、マーケティングや整形靴についてなど、広く知識を吸収した。在学中に友人の靴を修理したことがきっかけで修理に興味を持ち、修理と販売に携われるリファーレに就職。
その後、9年間、技術とコミュニケーション力を磨き続けている。

みんなの革靴プロジェクト連載第5回スポンジソール編プロフィール欄イメージ
 
スタッフインタビュー<リファーレ>イメージ08

[お問い合わせ]

Rifare(リファーレ)
E-mail :shop@rifare.jp
HP : http://www.rifare.jp/index.html
 
恵比寿店
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-7-1-1F
Tel:03-5768-1373/Fax:03-5768-1374
自由が丘店
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-24-1
Tel & Fax :03-6421-1310
大阪店
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-17-11¸ 1F
Tel:06-6533-1373
高松店
〒760-0054
香川県高松市常磐町1-3-1 瓦町FLAG 2階
Tel:087-812-7123

連載バックナンバー

ライン