みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 メインイメージ

その常識、間違っているかもしれませんーーソレダメ!革靴のメンテナンス (1)お手入れ&クリーニング編

「靴に良かれと思っていたお手入れが実は間違っていた」
そんなメンテナンスにかかわる「あるある」を
4つの項目に分けケーススタディー!

みんなの革靴プロジェクト第1弾のアウトソール編に続き、第2弾として「ソレダメ!革靴のメンテナンス」の連載を開始します

第2弾目の連載目的は、革靴のお手入れを強化したい秋に、改めて正しいメンテナンス方法を学ぶこと。

このプロジェクトの講師を担当してくれるのは、アイレット読者にお馴染みのシューズサロン&リペア<リファーレ>小澤祥一さんです。

連載1回目は、「お手入れ&クリーニング」編です。
その後、第2回「靴の保管方法」、第3回「修理」、第4回「フィッティング」と続きます。

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース1 コードヴァンのお手入れ
その白い粉は もしかして カビ!
コードヴァンから 浮いてきた白い粉は カビとは限りません から!

コードヴァンはブライドルレザーと同様に油分を含んでいる素材です。そのため、放置しているとその油分が白い粉のようになって、表面に出てくることがあります。もちろん、カビの場合もありますが、よく見極めて、正しく対処することが大切です。
また、コードヴァンの表面に白い毛羽立ちがでてきたら、指先をつかってクリームを塗ると、おさえることができます。

コードヴァンの正しいお手入れ
シワの毛羽立ちを防ぐためにも、コマめな保湿が大切!

表面に光沢があり、ツヤが魅力のコードヴァンですが、実はスエードと同じ起毛素材。毛羽立ったコードヴァン層に油分やロウ分などを流し込み、プレスして、ツヤ感が生まれています。そのため、お手入れではブラッシングとクリームでの保湿が大切。そして、コードヴァンは銀面のない革のため、硬い豚毛ブラシを使ってブラッシングをすると、ブラシ跡が残ることがあります。柔らかい馬毛ブラシを使ってお手入れしてみてください。

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース1 コードヴァンのお手入れ
ツヤに光沢感が魅力のコードヴァン。保湿を心掛け、毛羽立ちを防ぎましょう。
みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース1 コードヴァンのお手入れアイテムイメージ
コードヴァンのお手入れに特化した専用クリーム。光沢がでるように、油脂成分が多めに配合されています。

ページトップへ戻る

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース2 エキゾチックレザーのお手入れ
オーストリッチ など珍しい革は 全てエキゾチック レザー用の お手入れで良い?
エキゾチックレザーとは主にワニやトカゲなどの爬虫類を指しますから!

一般的にエキゾチックレザーというと、牛・馬・豚以外の珍しい革のことだと考えられています。
とは言え、エキゾチックレザーは爬虫類、鳥類、魚類などに区分されているのに対して、ケア用品の「エキゾチックレザー用」は主に爬虫類を想定してつくられていることが多いです。
また、これらのお手入れには専用クリームでなくてもお手入れできますし、乳化性クリームでも大丈夫。
エキゾチックレザー用クリームは、あくまで光沢のある爬虫類の革を使った靴のお手入れに使いましょう。

エキゾチックレザーの正しいお手入れ
エキゾチックレザーの魅力「斑」を保つ

エキゾチックレザーのお手入れは、特に難しくありません。通常のスムースレザーと同じ手順でお手入れをしてください。ただ、エキゾチックレザーの特徴である「斑(=ふ)」のお手入れは、その模様に沿ってしっかりとクリームを入れることが大切です。保湿が行き届かないと斑が剥がれてしまうことがあります。そんな時に、お手持ちの接着剤を使って応急処置をすると元に戻らなくなることも。 状態によりますが、修理に出しても1か所500円程度で直りますので、大切なエキゾチックレザーを長持ちさせるためにも、斑が剥がれたら修理の専門家にお任せください。

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース2 エキゾチックレザーのお手入れ
エキゾチックレザーの魅力のひとつ「斑」。この斑が剥がれてきたら要注意。自己流のメンテは禁物です。
みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース2 エキゾチックレザーのお手入れアイテム
クロコダイル専用のお手入れクリーム。革にツヤを与え、滑らかな感触を保ちます。

ページトップへ戻る

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース3 パテントレザーのお手入れ
汚れ落とし クリーナーをたっぷり使ったら光沢も落ちた!
強いクリーナー を使うとレザー表面の樹脂材が溶けてしまいますから!

パテントレザーを選ぶ際には、このレザーが誕生した背景を知っておくと、その特性を理解できます。
その背景とは、舞踏会など夜の礼装用に普及していった靴だということ。靴墨を入れなくても光沢がでるため、女性のドレスを汚さないなどの利点がありました。
もちろん他にも、「水や汚れに強い」「お手入れが楽」などのメリットがある半面、シワが入りやすい、暑い夏には樹脂材が溶けてしまうなんていうトラブルも。
効果の強いクリーナーを使うと樹脂材が溶けてしまうこともありますし、汚れを放置していると、樹脂材の中に汚れが入り込み、取れなくなることもあります。
まずは、小まめに水拭きをして対策をしましょう。

パテントレザーの正しいお手入れ
ほこりや汚れは水拭きですぐ落とすのが基本!

パテントレザーには、ブラッシングは不要です。軽度の汚れを落とすのは、水拭きが基本です。 パテントレザーは樹脂を塗り込んでいる素材なので、その樹脂が溶けてベタベタしてくることもあります。それを防ぐためには、放置をせずに良く履くこと。ただし、パテントの寿命は短く、樹脂の膜が割れてくることもあるのでご注意を。

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース3 パテントレザーのお手入れ
メダリオン上の樹脂材がクリーナーにより剥がれてしまったパテントレザーの靴。
みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース3 パテントレザーのお手入れアイテム
パテント専用に開発されたレザークリーム。光沢を守るシリコンオイルが光沢を引き立ててくれます。

ページトップへ戻る

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース4 異素材のお手入れ
雨が怖くて 防水スプレーをかけまくって みた!
防水スプレーは さっと1・2往復 噴射すれば十分 ですから!

キャンバス・リネン・ベロアなどの異素材は、ブラシでのケアが基本。そのため、汚れを予防することが重要になります。
予防する方法というと、防水スプレーです。防水スプレーには、撥水効果のほかに、防汚効果を靴に与えてくれます。
だからと言って、防水スプレーをかけすぎるのはNG。
それよりも、靴全体に万遍なく噴射できるように心がけてください。手順を決めてもれのないようにするのがおすすめです。
ちなみに、防水スプレーを使うときは、靴から20-30cm離して1~2往復噴射すれば十分。出掛ける前に使ってください。その効果は半日程度です。
防水スプレーの効果は思うほど長く続きません。
だからと言って、スプレーをかけすぎるのではなく、小まめに使う方が効果的です。

異素材の正しいお手入れ
防水スプレーでの予防とブラシでのケアが基本

異素材の多くはレザーとのコンビで使われていることが多いものです。基本的には汚れを防水スプレーで予防し、付いてしまった汚れについてはブラシでかき出すケアになります。それでも汚れがひどくなってきたら、キャンバスやリネンは洗剤を使ってケアをします。また、革の部分の潤いがなくなってきたり、色が褪せてきたときは、乳化性クリームなどを使って、通常のケアをしてください。その際には、キャンバスなどの異素材部分に色が移らないようにご注意を。

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース4 異素材のお手入れ
キャンバス素材とレザーのコンビシューズ。これだけ色が異なるコンビ素材の場合、ケアで使うクリームが色移りしないように、ご注意を。
みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース4 異素材のお手入れアイテム
みなさんご存知の防水スプレー「アメダス」。お出かけ前に靴にかけておくだけで、汚れがつきにくくなります。

ページトップへ戻る

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース5 レザースニーカーのお手入れ
お手入れをせずに履きつぶすのがスニーカー でしょ!
レザースニーカーのアッパーは革靴と同様にお手入れ できますから!

スニーカーというと、ダメージも味と考え、お手入れをせずに履いていることがあると思います。
ただし、レザースニーカーの場合、放置しておくと、革が乾燥し、表面がカサカサになることも。
スニーカーとはいえ、革素材が使われているなら、アッパーには革靴同様のお手入れをしてください。そうすれば、清潔感のある足元が続きます。
また、忘れてはいけないのが、アウトソールのお手入れ。
スニーカーのラバーソールは、クリーナーを使えば意外なほど汚れが落ちます。

レザースニーカーの正しいお手入れ
クリーナーで汚れを落とし、アッパーはクリームで保湿!

アッパーについては、普通の革靴と全く同じで大丈夫です。さらに、ラバソールは消しゴムを使って汚れを落とすことができます。ただ、下の写真のようにラバーソールには凸凹した部分がありますので、クリーナーを使ったお手入れの方が簡単です。
凸凹した部分は、歯ブラシを使うとキレイに汚れが落ちます。

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース5 レザースニーカーのお手入れ
意外にお手入れがやっかいなスニーカー前面の凸凹部分。
みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース5 レザースニーカーのお手入れアイテム
ラバーソールの部分には、歯ブラシとクリーナーを使ってお手入れすると、簡単に汚れが落ちます。

ページトップへ戻る

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース6 雨シミのお手入れ
雨シミがついた 時はとにかく靴を 乾燥させることが最優先でしょ!
雨しみがついたまま 乾燥だけさせても しみは消えませんから!

淡い色ほど付いてしまうと気になる雨シミ。このシミがついてしまった場合、乾燥だけさせても、消えるものではありません。
雨シミがついてしまった場合には、濡れた雑巾や布を使い、しっかり水を絞った上でアッパーの革の表面を拭いてください。雨シミは取るというよりも、分散させることが大切です。部分的に濡れたために、シミになっていて、シミは濡れていないところに移動する傾向があります。
シミの広がりを防ぐためにも、全体を濡らすことで逃げ道をなくすことが大切です。
ただし、革を水に濡らすということは、やり方次第で致命的なダメージになる可能性も。大切な靴にシミがついてしまった場合には、プロの方にお任せするのがおすすめです。

雨シミの正しいお手入れ
濡れた靴をそのまま放置せず、なるべく早くケアを

前述したとおり、雨シミをほおっておくと、だんだん広がっていく傾向があります。
そのため、シミを取り除くためにもなるべく早めに処置をしなければなりません。 とは言え、雨の日に履いた靴は晴れた日にケアしたいもの。連日の雨が続くと、早くといっても限界があります。
そんな時には、1週間を目安にケアをしてみてください。

みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 雨シミのお手入れイメージ
革靴を乾燥させるときには、アウトソールの通気も考慮してみてください。
みんなの革靴プロジェクト2「ソレダメ!革靴のメンテナンス」連載1 ケース6雨シミのお手入れアイテムイメージ
雨シミがついてしまったら、まずは水を絞った雑巾か布でお手入れしてみてください。

ページトップへ戻る

講師ご紹介

シューズサロン&リペア<リファーレ>
小澤祥一さん

おざわ・しょういち/リファーレ恵比寿店・店長。埼玉県川越市出身。高校2年の時に、イギリスへ短期留学。ジャーミンストリートで靴の魅力にはまり、靴の専門学校へ進学。そこでは、一から靴づくりを学ぶかたわら、マーケティングや整形靴についてなど、広く知識を吸収した。在学中に友人の靴を修理したことがきっかけで修理に興味を持ち、修理と販売に携われるリファーレに就職。
その後、9年間、技術とコミュニケーション力を磨き続けている。

みんなの革靴プロジェクト連載第5回スポンジソール編プロフィール欄イメージ
 
スタッフインタビュー<リファーレ>イメージ08

[お問い合わせ]

Rifare(リファーレ)
E-mail :shop@rifare.jp
HP : http://www.rifare.jp/index.html
 
恵比寿店
〒150-0022
東京都渋谷区恵比寿南2-7-1-1F
Tel:03-5768-1373/Fax:03-5768-1374
自由が丘店
〒158-0083
東京都世田谷区奥沢5-24-1
Tel & Fax :03-6421-1310
大阪店
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-17-11¸ 1F
Tel:06-6533-1373
高松店
〒760-0054
香川県高松市常磐町1-3-1 瓦町FLAG 2階
Tel:087-812-7123

連載バックナンバー

ページトップへ戻る

ライン