靴ずれ専用のケアアイテム「ドクターショール」がリニューアル

新しい革靴をおろす時に起こりがちな「靴ずれ」。対策してますか??

真夏の盛りが過ぎ、秋晴れの季節、そして革靴を思う存分楽しめる季節が近づいています。 今は、秋の長雨で弱い雨がシトシトと降り続いて、まるの梅雨のよう。 それだけに清々しい秋が待ち遠い!! 靴屋さんには秋冬の新作が並び、早々と秋におろす革靴を手に入れられた方も多いと思います。 もちろん、アイレット編集部も、秋の革靴攻勢は万全です。 新しい革靴には、その用途にあわせて、ビンテージスチールやハーフラバーを施してありますし、プレ磨きも完了しています。

※新しい靴に必要なメンテナンスについては、記事「【実録レポート】新品の靴を履き始める前に必要なプレメンテを考える」をご参照ください。

もう、あとは晴天になってくれれば、心置きなく履ける状態です。 でも、ちょっと待った!!!! 新しい靴を履く前の準備は万全ですが、履きはじめの「あの苦しみ」に対する準備を忘れていました。 そう、みなさんも「あの苦しみ=靴ずれ」、経験したことありますよね。 なんと、日本人の3人に1人が、恐怖の苦しみとも言える「靴ずれ」の経験があるそうです。 どれだけ、慎重に靴を選んでも、これは避けて通れないのかもしれません。 靴トラブルの経験グラフ
靴ずれの原因は、日頃接触しない皮膚がこすれてしまうこと。 靴ずれが起こった時に、どうするかというと、ここは人ぞれぞれで、絆創膏を貼ってしのいだり、はたまた革靴の方をストレッチャーで伸ばしたり……。 でも、革靴は履きこむほどに革が馴染んで、変化していくものですから、おろしたての時にアレコレいじってしまうのはあまりよろしくありませんよね。 靴ずれが怖いからと言って、最初からゆるい靴を選んでしまうと、あらゆる病を引き起こすという話もあります。

※ゆるい靴が引き起こす病については、記事「7月22日放送NHK『あさイチ』の「靴は万病のもと!?」特集レポートPART.1」をご参照ください。

そこで、試したいのが、靴ずれ専用のケアグッズです。 実は、フット&レッグケア商品の総合ブランド『ドクター・ショール』の「靴ずれ・まめ保護ジェルパッド(かかと用)/(指用)」が2015年9月1日(火)よりリニューアルされています。 今回のリニューアルにより、
  • 広範囲にわたって炎症部を保護
  • 汗や水に強い超防水なのに、空気を通し、患部がムレずに快適
  • 透明フィルムで目立たない
など、使いやすさがアップ。 もちろん、靴ずれが起きないに越したことはありませんが、念のため、あらかじめ摩擦を起こす部分にパッドを貼って保護しておくと、安心ですね。

ドクター・ショール 靴ずれ・まめ保護ジェルパッド(かかと用)/(指用)

発売日: 2015 年9 月1 日(火) 価 格 :オープン価格 製品内容 :指用(5 枚入り) / かかと用(4 枚入り)
main靴ずれ・まめ保護ジェルパッド(かかと用)/(指用)
写真・情報出典:PR TIMES ライン