靴ひもの結び方イメージ

シューレース(靴ひも)の結び方

結び方にもいろいろあります

シューレース(靴ひも)はフィッティングを調整するだけのものではありません。靴のスタイル同様に、結び方によって、フォーマルな場にふさわしいものや、カジュアルさを演出できるものがあります。 そこで代表的な4つの結び方をご紹介します。

シングル

最もシンプルで、ドレッシーな結び方です。羽の内側をシューレースが対角線に通るだけなので、少し緩みにくいという欠点があります。アイレット(ハトメ)の横列に並行に紐が通りますので、仕上がりは、パラレルと同じように見えます。 靴ひもの結び方(シングル)  

パラレル

見た目には、「シングル」同様に平行にひもが通されているのが「パラレル」です。シングルと異なり、右左の圧が均一にかかるため、締りが良く、緩みにくいというメリットがあります。パラレルは、シューレースの通し方の基本です。迷ったら、この通し方を採用してみてください。ちなみに、シングルよりも、ややスポーティーな結び方になります。 靴ひもの結び方(パラレル)  

オーバーラップ

靴ひもがV字状に並べる結び方がオーバーラップ。この結び方をすると、最もひもが緩みにくいので、スポーツシューズや登山靴、スニーカー、カントリー系の靴にむいています。 靴ひもの結び方(オーバーラップ)

アンダーラップ

オーバーラップに次いで、ひもが緩みにくい結び方です。圧迫感が少なく、フィット感が得られやすいのが特徴。ブーツのようにアイレット(はとめ)の数が多い靴にむいています。 靴ひもの結び方(アンダーラップ)

革靴を偏愛する紳士へのおすすめ革靴情報WEBマガジン