大人の夏靴特集vol.01ローファー編メインイメージ

大人の夏靴特集 SUMMER SHOES 2016 Vol.01スリッポン

だらしなく見える靴はNG!
品良く、自分の個性をアピールできる
カジュアルな革靴がおすすめ

クールビズ期間に突入し、ちまたのビジネスパーソンの靴もカジュアルダウンしてきた今日この頃、みなさんはどんな靴を履いていらっしゃいますか?
カジュアル「ダウン」といっても、あまりに開放的になり過ぎて、ラフな靴を履き、ご自身の印象までダウンさせてしまってはいけません。
「ビジネスパーソンの身だしなみは足元から」という言葉を肝に銘じるように心がけ、あくまでも人から見て好印象を持たれるように気を付けましょう。

ただし、「だったら、いつものドレス靴を履けば良い」ということではありません。 季節感を取り入れながら、夏のスタイルを完成させるのが大人です。

そこで、アイレット編集部が大人のみなさんにおすすめしたい夏靴をご紹介していきます。
まずは、春夏靴の大本命「ローファー」をピックアップ!

春夏に最も使えるのはなんと言ってもこのデザイン
ローファー

春夏靴の定番と言えば、ローファーなどのスリッポンです。
学生の頃から履きなれているということや、どんなスタイルにもコーディネートしやすいので、誰しも必ず1足はお持ちのデザインではないでしょうか。
そのためか、クールビズ期間になると、ローファーを主力にされる方も多いですね。
ただ、カジュアル度が高いデザインのため、オフィスに履いていくことに抵抗感のある方もいらっしゃるかもしれません。そんな方には、タッセルスリッポンがおすすめです。
また、定番アイテムゆえに、素材で遊んだり、コンビにしたりとバリエーションが豊富なのも特徴。

大人の夏靴特集vol.01ローファー編イメージ01プレーンローファー
シンプルなデザインのプレーンローファーは春夏を中心にオールシーズン活躍してくれるローファーです。こちらのモデルはローファーの定番中の定番<ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)>180シグニチャーローファー。A-Fまでウィズが揃っているので、ご自身の足にあったサイズを選べます。
大人の夏靴特集vol.01ローファー編イメージ03タッセルローファー

アッパーの中心に房飾り(タッセル)があしらわれているローファーが「タッセルローファー」です。タッセルが付いている分、プレーンなローファーよりもドレス度が高いと言われています。

大人の夏靴特集vol.01ローファー編イメージ04ホースビットローファー

馬具の「くつわ」がモチーフになっている「ホースビットローファー」です。このデザインで有名なのが、<GUCCI(グッチ)>。1953年に誕生して以来、時代を超えて愛されています。

大人の夏靴特集vol.01ローファー編イメージ02コンビローファー

カラーや素材を組み合わせ「コンビ」でつくられたローファーも注目です。’16SSでは、定番のデザインをコンビネーションでつくっているブランドが多く見受けられます。上の写真は、イセタンメンズ2016SSプレス展示会でご紹介されていた<エドワードグリーン(Edward Green)>の「DUKE」です。

大人の夏靴特集vol.01ローファー編イメージ05エキゾチックレザー

今年はエキゾチックレザーを纏ったモデルも注目です。エキゾチックレザーとは、クロコダイルやオーストリッチなどの皮革の総称。なかでもおすすめは「リザード(トカゲ)」です。細かくて粒が揃った体鱗は、譜が大きめのエキゾチックレザーよりもギラギラした印象が抑えられ、何気なく足元を装ってくれます。

ぜひ、1足といわずに、デザインのバリエーションを増やしてみてはいかがでしょうか。

ライン