white_day_2016

ホワイトデーも「モノ」から「コト」へ。お返しは目に見えない感謝をプレゼント!

豊かな体験・経験が日々を充実させてくれる鍵。
長く愛用する「革靴」を愛でる体験で、二人で時を重ねた時
そしてこれからを大切にしたいという気持ちをプレゼントしませんか?

時代は「モノ消費」ではなく「コト消費」へ。ここ最近、よく聞く言葉ですね。
モノがあふれる現代の日本社会では、市場は成熟して、すでに飽和状態。
モノの所有欲よりも、思い出や体験、経験など目に見えないコトに価値がシフトしてきているといわれています。

その傾向は、シニア世代には顕著で、年代が高ければ高いほど強いのかもしれません。

その傾向を受けてか、ホワイトデーにおいて、以前は義理チョコに対してでも「3倍返し」が基本と言われてきましたが、現在ではその意識が変化してきています。

日本ホームパーティー協会が行った「2016年ホワイトデー」に関するアンケート調査※によると、女性の半数以上がホワイトデーのお返しを期待していないという結果がでました。そして、「もらって嬉しいと思うものは?」という問いに対しては、45.8%が「なんでも嬉しい」と回答しています。

一般社団法人日本ホームパーティ協会ホームページより20代~60代の男女・480人を対象に実施。2016年2月15日に結果発表

日本ホームパーティー協会アンケート調査「2016年ホワイトデー」結果イメージ1

日本ホームパーティー協会アンケート調査「2016年ホワイトデー」結果イメージ2

おすすめは、感謝の気持ちを伝えられる靴のお手入れイベント

この傾向を鑑みて、おすすめしたいのが、カップルで参加できる靴のお手入れのイベントです。
このイベントを通して、彼女の靴をお手入れすれば、日頃の感謝を伝えられます。
また、長く愛用できる製品の代表選手ともいえる革靴を二人で愛でることで、時を重ねることの大切さを体感できます。
そして、なにより、二人で同じコトを体験することで、思い出になりますよね。

特におすすめのイベントは、日本橋三越で開催される「カップルDE靴磨き」。これは、3月12日(土)・13日(日)の2日間に、1日あたり4回開催されるイベントです。
1回に受講できるのは1組2名。カップルでプロからしっかりと靴磨きをレクチャーしてもらえます。さらに、レクチャー後には記念写真と靴磨きサービスチケットのプレゼントも。
※詳しくは日本橋三越ホームページをご覧ください。

靴磨き女子部によるシューケア講習会レポートイメージ05
靴磨きイベントイメージ

人によってはコトよりモノという方もいらっしゃるので、モノとコトの2段構えでホワイトデーに臨めば、良い結果になりそうですね!

ライン