パリ発レザーブランド<AIZEA|アイセア>メインイメージ

素材使いが光る!フランス・パリ発のレザーブランド<AIZEA|アイセア>

エキゾチックにトリヨンレザー。
レザーの質にこだわる大人のためのレザースニーカー!

5月に突入し、本日より2017年度のクールビズがはじまりました。

GWの中日ということで、お休みの方も多いとは思いますけれども、今日からスニーカーでの通勤もOKです。

アイレットでは、4月中旬から大人にこそ履いてほしいレザースニーカーとして、<Corthay|コルテ>や<DAMI|ダーミ>の新作をご紹介してきました。

そして、今回もおすすめのスニーカーをご紹介すべく、フランス・パリ発のレザーブランド<アイセア>を取り扱う赤坂の「TAILOR & CLOTHS(テイラーアンドクロース)」にお伺いしてきましたので、レポートさせていただきます!

2014年に誕生したフランス・パリ発のレザーブランド<アイセア>

<アイセア>は、タイムレス・シック・エレガント”をコンセプトに2014年に立ち上げられたブランドです。

そして、<アイセア>とは、オーナー兼デザイナーであるヨアキン・エケベリア(Joakin Echeverria)氏の生まれ故郷・バスク地方の言葉で「風」という意味だそう。

バスク地方は、ピレネー山脈をはさみ、フランスとスペインにまたがる地域で、近年では美食とアートの都として注目を浴びています。

そうした地方の雰囲気が盛り込まれたデザインはシンプルかつシック。

そこに、<アイセア>最大の特徴とも言える「素材」の魅力が加わり、大人にふさしいラグジュアリーな1足をつくりあげています。

<アイセア>のロゴ。「風」を想起させるようなデザインになっていますよね。
<アイセア>のロゴ。「風」を想起させるようなデザインになっていますよね。
パリ発レザーブランド<AIZEA|アイセア>パイソンモデルイメージ
<アイセア>のスニーカーコレクション(一部)。

ページトップへ戻る

インパクトが半端ないパイソンモデルに
タイムレスな魅力が宿るトリヨンレザーモデル

<アイセア>の魅力は、素材。
どんな素材が使われているかというと、一つは、パイソン。
見どころは、斑(ふ)の使い方です。
アミメニシキヘビのお腹の革を前面、側面、背面とそれぞれに使っているらしく、斑の立体感がスゴイ!!
エキゾチックレザーの魅力が全開ですね。

パリ発レザーブランド<AIZEA|アイセア>パイソンモデルイメージ01
シックなグリーン色のローカットモデル。パーツによって斑の大きさが異なっています。
パリ発レザーブランド<AIZEA|アイセア>パイソンモデルイメージ02
見るだけで、斑の立体感が伝わってきますよね。バックスタイルは特にインパクトを感じます。
 

そして、某高級メゾンでしか扱うことができないトリヨンレザーが使われたモデル。
トリヨンレザーは、シュリンクレザーの一種で、見た目の美しさに加え、耐久性の良さ、キズつきにくさなどの機能性も備わった最上級の皮革です。
そんなレザーが採用されたモデルは、タイムレスな魅力が詰まっています。

パリ発レザーブランド<AIZEA|アイセア>トリヨンレザーモデルイメージ01
シボ感を備えた素材の良さを引き立てるシンプルなデザイン。
パリ発レザーブランド<AIZEA|アイセア>トリヨンレザーモデルイメージ02
素材の魅力ももちろん、丁寧なつくりも魅力のひとつになっています。

また、<アイセア>は、シューズだけでなく、このトリヨンレザーを使ったバッグや財布などの革小物も展開しています。

トリヨンレザーが使われたバッグは、手触りの良さが魅力。滑らかかつしっとりとしています。
トリヨンレザーが使われたバッグは、手触りの良さが魅力。滑らかかつしっとりとしています。
パリ発レザーブランド<AIZEA|アイセア>革小物コレクションイメージ
財布やカードケース、クラッチバッグなどのレザーグッズコレクションもラインナップ。

靴を選ぶ上で、どんな素材が使われているかは重要なポイントのひとつ。
そういった視点から、上質な素材使いが特徴の<アイセア>はおすすめです。
ぜひ、実際に触れて、履いてみてくださいね。

【お問い合わせ】
TAILOR & CLOTHS(テイラーアンドクロース)
URL:http://tailor-cloths.jp/brands/aizea/

ライン