【体験レポート】コロンブス「アーティストパレット」メインイメージ

【体験レポート】使ってみました!気になる新製品<コロンブス>アーティストパレット

水分を含まない油性クリームは新感覚の使い心地!
アーティストのように使いこなしたい20色

靴用品メーカー<コロンブス>から新製品が発売されています。

今回発売されたのは、最上級のシューケアシリーズ「ブートブラック(Boot Black)」の新ライン「アーティストパレット」です。

特徴は、そのネーミングからも想像できる通り、まるで画家のように色彩を楽しめるということ。

20ものカラーバリエーションが用意されているので、思い描く仕上がりを再現しやすくなっています。

さらに、天然ワックスを中心にアルガンオイルを配合した、水を含まない油性クリームなので、保革効果が高いのも特徴です。また、油性クリームといってもソフトなので、油性ワックスと乳化性クリームの中間の位置づけのクリームなような気がします。

せっかくなので、実物を手に入れ、使用してみました。

ラギッドなシューズには光沢を抑えたマットな仕上げ

「アートパレット」20色の中から<トリッカーズ>のメリージェーンにあわせ、「コニャック」を選んで、いつも通りにお手入れしました。

artist_palette_sub01

いつも通りというのは、ミニブラシに少量のクリームを取り、万遍なく靴に伸ばし、その後ブラッシングする方法です。仕上げは、ミトンで乾拭き。

水を使用しなければ、上の写真のように、光沢が抑えられたマット風な仕上げになりました。

ブラックのドレスシューズには水を使って光沢のある仕上げに

次に、水を使って光沢を出す仕上げにチャレンジ。

ブラックのアーティストパレットを使って、磨いてみます

artist_palette_sub02

今回は、ミニブラシでクリームを伸ばした後に、ブラッシングをし、そのあとで水を含んだ布で表面を磨きあげました。

トゥ部分に、クリームを塗って、水を含んだ布で磨くという作業を繰り返すと、簡単に艶感の出来上がり!さらに、油性のワックスを併用すれば、ピカッと光ります。

2Wayで好みの仕上げができる、優秀な油性クリームですね。

ライン