コロンブス松戸FACTORY見学レポート第3弾メインイメージ

<コロンブス>松戸FACTORY見学レポート 
VOL.3「世界で評価されるジャパンメイドの誇り」編

純粋に品質が支持されて ヨーロッパを中心に広まる<コロンブス>ブランド

<コロンブス>は1919年に創業の国内No.1靴クリームメーカーです。その社名は、もちろん大航海時代の探検家・航海者「クリストファー・コロンブス」のパイオニア精神にちなんで名づけられました。創業以来、日本では、シューケア文化のパイオニアとして、「靴にまつわる文化を豊かにする」をテーマに活動の幅を拡げ、さらに、近年はプレミアムシューケアラインの「Boot Black(ブートブラック)」を軸に、海外進出を果たしています。特に、ヨーロッパでの評価が高く、世界最大級のメンズファッション展示会「Pitti Uomo(ピッティウオモ)」の出展などを通して、ジャパンメイドの靴クリームへの信頼や期待を感じるそうです。
靴文化が発達してきたヨーロッパでコロンブス製品の評価が高まっている要因を分析してみました。
ピッティウオモの<コロンブス>ブース
ピッティウオモの<コロンブス>ブースににぎわう人々

メンズファッション展示会「Pitti Uomo」の<コロンブス>ブース 写真提供:コロンブスシューシャイニストFacebookページ

ライン その品質へのこだわりが、信頼と驚きを生む

工場見学第1回レポート「これぞ、ジャパンメイドのこだわり靴クリームづくり編」でお伝えした通り、コロンブスの製品にはこだわりがたくさん詰まっています。そして、品質へのこだわりとともに感じるのが、人の心に訴えるような心遣いだと、お伝えしました。まさにこれらがコロンブス製品躍進の要因のひとつです。
実は、海外進出の足掛かりとなったエピソードがあります。それは、コロンブス2代目社長が靴クリームを北海道の代理店に持って行ったことがきっかけでした。極寒の北海道で、靴クリームが凍ってしまい、解凍してみてもワックスと油が分離してしまったそうです。それ以来、10年以上をかけて寒さに強い靴クリームを開発。そのクリームが寒さの厳しいヨーロッパ各地で評判となりました。この靴クリームへのたゆまぬ探求心が<コロンブス>躍進の原動力だとも言えます。 現在では、プレミアムシューケアラインの「Boot Black(ブートブラック)」の人気が高まっています。ヨーロッパにもシューケアアイテムはたくさんあるものの、その使い方の発信を活発にしているメーカーは少なく、ユーザーがそれぞれ独自の方法でケアをしています。しかし、ただ、製品があるだけでは、なかなかそのクリームの使い方や良さは伝わらないものです。そこで、コロンブスでは、靴クリームの使い方も含め、その製品を使うメリットやデメリットなどの情報を丁寧に発信しています。そのことが製品購入後もしっかりとフォローしてくれるという安心感につながり、名だたるシューメーカーをはじめ、高級メゾンがコロンブス製品を取扱うきっかけになっているようです。ジャパンメイドのきめ細かい仕事、そしてその品質が世界で信頼と驚きを生んでいます。

コロンブス松戸FACTORY見学レポート第3弾 シューカラーリストイメージ

製品の使い方を含めノウハウを提供。 シューメーカーへのフォロー体制が 安心感につながる

コロンブス松戸FACTORY見学レポート第3弾ブートブラックイメージ

靴磨きのプロによりつくられた 靴クリームの品質が 純粋に評価されている

コロンブス松戸FACTORY見学レポート第3弾ブートブラックハイシャインベースイメージ

革の品質に依らず、輝きを与えられる スペシャルアイテムが シューメーカーの課題解決に

コロンブス松戸FACTORY見学レポート第3弾ブートブラックシュークリーム表面イメージ

手作業で均一に靴クリームを 充てんするなど美しさを追求する 丁寧な仕事

ライン

[編集後記]

3回にわたってお伝えしてきた<コロンブス>松戸FACTORY見学レポートいかがでしたでしょうか。自分の目で実際にものづくりの現場を見せていただけると、その製品がどれだけのこだわりを持って生み出されるかが良くわかり、製品に対する愛着が高まります。
今回、工場見学に加え、2015年2月27日にテレビ大阪系で放送された『和風総本家』2時間SPの「世界で見つけたMade in Japan」を拝見させていただきました。その中では、<コロンブス>の靴クリームづくりや、ドイツの靴店「コンラッド ハッセルバッハ」でその靴クリームが使われている様子が伝えられています。そこで印象に残ったのが、ものにこめている想いや心が、海を越えて伝わっているということ。
ドイツの靴店「コンラッド ハッセルバッハ」のオーナーが、日々使用している<コロンブス>製品の良さを語った後、私たちが今回見学させていただいたような靴クリームの製造工程を伝える映像をみて、そのこだわりに改めて触れることで、さらにクリームへの信頼を高めていました。
靴はもちろん、そのお手入れをする靴クリームも大切に使いたいなと、強く思った今回の工場見学でした。このような機会をいただけて、感謝しています。 ライン