カラーリスト藤澤宣彰氏による<Fg-trente>のパティーヌイベントメインイメージ

カラーリスト藤澤宣彰氏による<Fg-trente>のパティーヌイベント開催中

藤澤氏オリジナルブランドのオーダーのほか、 橋本公宏氏率いる<J.S.T.F>による手製靴とのコラボーレーションした パティーヌオーダーイベントをWFG神宮前店で開催(~11/8)

靴好きにおなじみのシューズショップ・ワールドフットウェアギャラリー(WFG)神宮前店。2階部分に、「マエストロサロン」が創設されているのをご存知でしょうか。 このスペースには、オーダーメイドを中心とした顧客それぞれのニーズに応えるべく靴に関わるエキスパートが参加しています。 そのうちの一人が、革製品染替えのエキスパート藤澤宣彰氏。藤澤氏が主宰する<Fg-trente(エフジー・トラント)>では、オリジナルのオーダーシューズ<Floriwonne(フローリウォネ)>も手掛るなど、幅広くパティーヌの魅力を愉しめる提案をしています。 今回のイベントでは、オリジナルブランド<フローリウォネ>のオーダーに加えて、日本最高峰とも言われる靴職人・関信義氏の愛弟子として知られる橋本公宏氏が率いる<J.S.T.F(ジャパン・シューズ・テクニカル・ファクトリー)>とコラボレーション。<J.S.T.F>の卓越した技術によってつくられる日本の手製靴に、藤澤氏のパティーヌが加わります。 藤澤氏よりアイレット編集部がこのイベントをご案内いただき、足を運んでまいりましたので、ここにレポートをさせていただきます。

ゆったりとした空間で、楽しみながらオーダーできる 「マエストロサロン」は靴好き必訪の場所

マエストロサロンは、前述した通り、WFG神宮前店2階にあるスペースです。1階の店舗でスタッフの方にお声掛けをして、ご案内していただくと、とても広々とした空間になっていました。そして、<エフジー・トラント>の靴が、その空間の中央にドドーンとディスプレイされています。
カラーリスト藤澤宣彰氏による<Fg-trente>のパティーヌイベントイメージ01
手前が<J.S.T.F>の靴。日本の手製靴ならではの丁寧さ、美しさが宿っています。
カラーリスト藤澤宣彰氏による<Fg-trente>のパティーヌイベントイメージ02
左からダブルモンクに、サイドストラップ。
カラーリスト藤澤宣彰氏による<Fg-trente>のパティーヌイベントイメージ03
右から、チャッカブーツ、ストレートチップなどが並んでいます。
パティーヌと言うと、イタリアやフランスなどヨーロッパのものというイメージが強いと思いますが、今回のコラボレーションでは、その概念を覆し、日本らしさのあるパティーヌを愉しめる提案をされているように感じました。

パティーヌにより、広がる靴の愉しみ方

パティーヌの工程は、下記のようなヌメ革でできた靴に色を入れていきます。そして、出来上がる靴は、同じものが一つとしてない、世界でたった一つだけのものになるわけです。今回展示されている<J.S.T.F>の靴はサンプルで、実際にはヌメ革から仕上げていくことになるので、そのコラボレーションによるシナジーがどのようなものになるかが楽しみです。
カラーリスト藤澤宣彰氏による<Fg-trente>のパティーヌイベントイメージ04
染色前のヌメ革でつくられた靴。すでに靴として立体になっている状態のものでパティーヌを施していきます。
カラーリスト藤澤宣彰氏による<Fg-trente>のパティーヌイベントイメージ05
パティーヌを施し、完成した<フローリウォネ>のホールカット。パティーヌの美しさが引き立っています。
カラーリスト藤澤宣彰氏による<Fg-trente>のパティーヌイベントイメージ06
クロコダイルを使い、パティーヌを施した靴。色に奥行きを感じさせてくれます。
カラーリスト藤澤宣彰氏による<Fg-trente>のパティーヌイベントイメージ07
自分好みのカラーをつかって革の魅力を最大限に楽しめるのがパティーヌの魅力。
今回のイベントでは、<J.S.T.F >×< Fg-trente>コラボレーションモデルのほか、藤澤氏によるオリジナルブランド<フローリウォネ>のモデルでもオーダーができます。 ぜひ、この機会にWFGマエストロサロンに足を運んでみてくださいね。

「Fg-trente patine Fair」

日程:2015年10月31(土) – 11月8日(日) 開催場所:ワールドフットウェアギャラリー 神宮前本店2F WFGマエストロオーダーサロン URL:http://www.wfg-net.com/ ライン