ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1メインイメージ

【取材レポート】ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集ー寒色・暖色・中間色編

お手持ちの靴、「ブラック」「ブラウン」だけじゃもったいない!
色の力を味方につけて、スタイリングができるカラーシューズを楽しもう

夏も終盤。いよいよ秋冬の靴を揃えようと考えている方もいらっしゃいますね。
2016年の夏は、参議院選挙に都知事選と注目の選挙が続き、その中で候補者たちが積極的にカラー戦略を取り入れていたというのは、お気づきになったでしょうか。
例えば、「グリーン」。グリーンは「安らぎ」「クリーン」「エコ」などのイメージがある色です。そして、「レッド」。この色には「情熱的」「行動的」「積極的」というアクティブなイメージがあります。
こうしたカラーのイメージを纏い、選挙でのセルフブランディングに活用したことで、成果をあげたということでしたね。

いわば、カラーを使って視覚的な印象を演出するのは、ビジネスパーソンにとっては新常識になりつつあります。

一方、メンズビジネスシューズでは、「ネイビーブルー」「グレイ」などのカラーバリエーション展開がトレンドになっています。

そこで、カラーシューズを寒色系、暖色系、中間色系、無彩色系にわけ、2回の連載にてご紹介。
色の持つイメージ、効果についての基礎知識に加え、そのカラーシューズを選ぶ際に知っておきたいアッパー素材の選び方、洋服、特にパンツとのとのコーディネートのコツなどを伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場のスタイリストの方に伺いました。 毎朝、履く靴に迷わないカラーシステムをマスターしましょう!

今回は、寒色系・暖色系・中間色系のカラーシューズをピックアップします。

カラーの基礎知識(1)
まずは色の基本12色相環を知ろう!

色の組み合わせの基本は12色相環。これは、12色の色を関係性をもとに並べたチャートです。
例えば、この色相環で反対側に位置する色は補色(反対色)と言います。補色は色相差が最も大きい色同士になりますので、お互いのカラーを目立たせる組み合わせです。そのため、アクセントカラーを考える際に役立ちます。
また、このチャートで隣同士に当たる色は隣接色と言います。隣接色は色の差異が少なく、組み合わせると統一感が生まれます。
そのため、全体のコーディネートを考える際に役立ちます。

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 12色相環

カラーの基礎知識(2)
色のバリエーションを知ろう!

次は色のバリエーションとも言えるトーンという考え方。トーンとは、明度(明るさ)と彩度(鮮やかさ)をあわせたものです。
主要カラーのトーンによるバリエーションをピックアップしてみます。次の図を見ていただくとおわかりの通り、「レッド」と言っても、トーンによってこれだけの違いがあるわけです。
対して、ファッションのコーディネートで重要な鍵となるのは、トーンをあわせること。
例えば、図のS(Strong)列にあるレッドを選んだなら、他のカラーを取り入れるときもS列から選んでみてください。そうすれば、トーンによる統一感が生まれます。
トーンがあっていないと、なぜかチグハグにみえてしまうので、注意が必要です。

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 トーン図

ページトップへ戻る

色の基本をざっとご紹介しました。
ここからは、伊勢丹新宿店メンズ館のスタイリスト 越前屋大樹さんに今年注目のカラーシューズをご紹介いただいた上で、コーディネートのコツを教えていただきます。

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1 伊勢丹新宿店メンズ館スタイリスト越前屋さんイメージ

<越前屋 大樹さん>プロフィール
伊勢丹新宿店メンズ館地下1階紳士靴売場の販売担当。
入社以来様々な紳士雑貨を担当し、昨年より紳士靴担当へ。
ワイシャツやネクタイ、肌着をはじめとしたアイテムへの造詣があり、 お客さま視点での提案に定評があります。
個人的には、トレンドを意識しつつも、永く愛用できるエターナルなアイテムが好き。

ページトップへ戻る

寒色系 Cool Color

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集「寒色」色見本

寒色は、青、青緑など。視覚から寒さや冷たさを感じさせるカラーです。寒色は、落ち着いたカラーで鎮静色とも言われています。そのため、ビジネスシーンに多く取り入れられているカラーです。

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集「ネイビー」見出し

ネイビーは、「信頼」「誠実」といったイメージを演出できるカラーです。そのため、ビジネスの場では基本色と言われています。また、左脳の働きを活発にする効果もあり、知的な優等生というイメージがある半面、「ブルーな気分」という表現のように憂鬱さを表すこともあります。

「ネイビーは昨年度に引き続き、人気のトレンドカラーです。ネクストベーシックとして定着しつつあるカラーで、2016AWもネイビーブルーを纏ったドレスシューズが数多く揃います。
特に、このカラーはイセタンメンズでの展開はもちろん、銀座三越ではリニューアル1周年を記念した別注での展開を予定しています。別注のテーマは「艶ネイビー」。
セクシーでグロッシーなネイビーシューズがお目見えします。」

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1 伊勢丹新宿店メンズ館スタイリスト越前屋さんネイビーシューズイメージ

手にしているのはイタリアのシューズブランド<カンパニーレ>のネイビーシューズ

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 銀座1周年別注艶ネイビー1
銀座三越別注「艶ネイビー」シューズ(1) 
左から<クロケット&ジョーンズ><カンパニーレ><エドワードグリーン><カルミナ>
ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 銀座1周年別注艶ネイビー2
銀座三越別注「艶ネイビー」シューズ(2)
左から<ディエッメ><ボエモス><サントーニ><ナポリターノラケーレ>

「ネイビーは色気とモダンさをプラスしてくれる一方で、誠実さや優しさを演出できる色です。
履くだけでも旬な装いになるとは思いますが、ブラウンなどあわせにくいカラーもあるので、注意も必要。
ネイビーの靴には、ブラックやグレイのスーツやパンツでコーディネートするか、全体的にネイビーであわせるのがおすすめです。」

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 コーディネート 相性の良いカラー
ネイビーと相性の良いカラーコーディネート例
※クリックすると、拡大画像をご覧いただけます

ページトップへ戻る

暖色系 Warm Color

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 暖色色見本

暖色は、赤、橙、黄色など。視覚から暖かさを感じさせるカラーです。暖色は、人の感情を高揚させる効果がある一方、食欲を増進させる効果もあります。そのため、店舗や、製品のカラーリングなど数多く応用されています。

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 ボルドー見出し

深みのあるレッドがボルドーです。この色は「成熟」「収穫」を意味する色で、豊かな愛情を表すカラーでもあります。レッド系のカラーなので、「前向き」「積極性」といったイメージがありながら、一方でレッドよりも大人らしさを感じさせるカラーです。シックな魅力が引き出されます。

「秋の芳醇さを感じさせるボルドーは色気のあるカラーです。そのため、スッキリとしたフォルムのイタリアやスペインのシューメーカーによるドレスシューズが多いという特徴があります。
赤みのあるボルドーは、コーディネートが難しいと思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、実はネイビー系やグレイ系との相性が良く、さらにデニムにもあう万能カラー。」

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1 伊勢丹新宿店メンズ館スタイリスト越前屋さんボルドーシューズイメージ

手にしているのはボルドーカラーを纏った<ジョンロブ>

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集  ボルドー 見本
左から<フェランテ><サントーニ><マグナーニ>
<サントーニ><マグナーニ>

「特に、アンティーク加工によって、濃淡をつけたレザーを採用したドレスシューズは、コーディネートがしやすく、おすすめです。
よりクリアなカラーをお探しなら、スエード素材のものをお選びいただくと良いと思います。スエードはカラーがワントーン明るく、発色が良いのが特徴です。」

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 コーディネート 相性の良いカラー
ボルドーと相性の良いカラーコーディネート例
※クリックすると、拡大画像をご覧いただけます

ページトップへ戻る

中間色系 Neutral Color

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 グリーン色見本

中間色は、寒色・暖色に属さない緑系統や紫系統の色です。暖かさや寒さをイメージさせない色で、理性的な要素を持っていると言われています。

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 「グリーン」見出し

緑は自然を表す色。木や森など自然の色なので、気持ちを穏やかにし、心をリラックスさせてくれます。一方、「穏やか」「安らぎ」「癒し」などをイメージさせるカラーで、控えめな色なので他の色とバランスを取りやすいのも特徴。若々しく前向き、努力家、バランス感覚といったイメージをアピールしたい時に取り入れたいカラーです。

「グリーンは、ネイビーやボルドーに比べてモデル数が少なく、定番色とは言えないカラーかもしれません。
でも、実は、グリーンは使いやすいカラー。
それは、グリーンが中間色のため、寒色・暖色を問わずコーディネートしやすいカラーだからです。
全体を包んでくれる中間色特有の控えめさを持ちあわせているので、グレイとあわせても、ネイビーにあわせても、足元だけを主張するのではなく、全体に浸透してくれる特徴があります。」

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1 伊勢丹新宿店メンズ館スタイリスト越前屋さんグリーンシューズイメージ

手にしているのは、発色の良いスエードが使われた<フェランテ>

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 グリーンイメージ
左から<マグナーニ><ナポリターノラケーレ><エドワードグリーン>
 

「また、グリーンは自然を表す色なので、同じく自然界に多いカラーのブラウンとは好相性。秋冬に人気の素材・コーデュロイなどにもあわせやすいカラーです。
ただし、グリーンでのワントーンコーディネートは厳禁。カジュアルなイメージも強いので、グリーンのドレスシューズを履く時には、他のカラーと組みあわせてみてください。」

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 コーディネート グリーンと相性の良いカラー
グリーンと相性の良いカラーコーディネート例
※クリックすると、拡大画像をご覧いただけます

ページトップへ戻る

ライン

カラーごとのコーディネート術。参考になりましたね。

選んだ靴と同じ色を小物にも取り入れると統一感が生まれます。
よく言われるのが、靴とベルトのカラーをあわせるということですが、ベルトはジャケットを着ている状態だと見えないアイテム。そのため、さほど効果が生まれません。

なので、ネクタイや時計のベルト、眼鏡、カフスなどに靴と同じ系統の色を取り入れるのがおすすめだそう。
その際に大切なのは、寒色の靴を選んだ場合、小物も寒色のものであわせること。
寒色と暖色の両方を取り入れてしまうとバランスが悪くなりがちですので、気を付けましょう。

やはり、基本色のブラック・ブラウン以外のカラーシューズを選ぶのは、難易度が高いものです。

そんな時は、イセタンメンズスタイリストの方にアドバイスをいただくことをおすすめします!

カラーコーディネートのコツ まとめ

  • 暖色と寒色をMIXしたコーディネートはまとまりに欠けるかも!
    暖色・寒色どちらかに統一しましょう。
  • 靴の色とあわせるのは、ジャケットを脱がないと見えないベルトよりもネクタイや時計のベルト、眼鏡などのアイテムの方がおすすめ。
  • 中間色は寒色・暖色にもあわせやすい万能カラー。
ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集 コーディネートのコツイメージ

最後に、番外編。上記のカラーコーディネート術を踏まえて、実際のコーディネートを分析してみましょう。

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1 コーディネートの実践カラーコーディネートイメージ
コーディネートのポイントとなっている深いボルドーカラーのタッセルスリッポンは、オールデン製の<ブルックスブラザーズ>。
ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1 コーディネートの実践イメージ
今回カラーシューズをご紹介いただいた越前屋さんのスタイリングは暖色系のコーディネート。
全身を見てみると統一感があり、ばっちり決まっていますね!

次回は、無彩色の「グレイ」「ブラック」に加え、定番カラーの「ブラウン」の靴をご紹介します。

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1 クラッシックゾーンのプロモーションスペースイメージ1
ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1 クラッシックゾーンのプロモーションスペースイメージ2
ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ特集Vol.1 クラッシックゾーンのプロモーションスペースイメージ3

地下1階紳士靴売場「クラシック」ゾーンに展示されていたグレーおよびネイビーシューズ※撮影日:2016/08/28

ページトップへ戻る

ご存知ですか? お手持ちの靴をお好みのカラーに染替えできる

イセタンメンズ リペアサロンのリカラーサービス

「思ったような色の靴がない」「家で眠っている靴をよみがえらせたい」「今の靴の色に飽きてしまった」という場合に、おすすめなのがお手持ちの靴の色を染替える「リカラーサービス」です。
イセタンメンズでは、紳士靴修理サービスの一環として、リカラーサービスを提供しています。

ISETAN MEN’Sで見つけるカラーシューズ染替え色見本

このサービスは、他店で購入した靴でも受けられます。
ちなみに、今、オーダーが多いのはネイビーカラーへの染替えだそう。
染替えの基本は、薄いカラーから濃いカラーへの変更です。まずは、気軽にご相談してみてはいかがでしょう。

ページトップへ戻る

ライン