<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]メインイメージ

【取材レポート】イセタンメンズ2016SSプレス展示会 PART.2[カジュアルシューズ編]

「変化」する靴に、斬新なデザイン。 豊かな発想力、想像力を愉しめるシューズが目白押し!

2015年12月2日(水)・3日(木)に行われたイセタンメンズのSPRING & SUMMER 2016 PRESS PRESENTATION。先日掲載した[ドレス編]に続いて、[カジュアル編]をレポートします。

‘16SSカジュアル編ラインナップのキーワードは、「素材感」と「変化」。時間的な変化と形状的な変化など、変化するシューズに注目です。

素材感を愉しむ!

ドレス編と同じく、カジュアルシューズでも素材感を提案するラインナップが目白押しです。例えば、気鋭のブラジル人デザイナー、ディエゴ・ヴァナシバラ氏が手がける英国発ブランド<ディエゴ・ ヴァナシバラ(Diego Vanassibara)>。’16SSでは、ウッドパネルや鳥の羽のような異素材を取り入れた個性的なシューズの展開をします。
さらに、<ルイリーマン(LOUIS LEEMAN)>では、カジュアルなスリッポンにキラキラ感を、<ディエッメ(DIEMME)>では明るい色合いのファブリックを採用したスリッポンなどが並びます。<ヒロシツボウチ(HIROSHI TSUBOUCHI)>では、トラッドなスタイルにフューチャーな素材感をミックスさせたレザースニーカーが登場するなど、素材のバリエーションにも注目です。

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ01「ディエゴ・ヴァナシバラ」 ディエゴ・ ヴァナシバラ | Diego Vanassibara
<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ02「ルイリーマン」ルイリーマン | LOUIS LEEMAN
<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ03「ディエッメ」ディエッメ | DIEMME
<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ4『ヒロシツボウチ』ヒロシツボウチ | HIROSHI TSUBOUCHI

変化を愉しむ!

’16SSの裏テーマとも言えるのが「変化」。革靴で「変化」と言うと「経年変化」を思い浮かべる方が多いと思いますが、今回の変化はそれだけではありません。
経年変化のように、時間軸で変化する靴に加え、まるで変形するロボット玩具のように形状的に変化する靴。さらに、見る角度やシチュエーションによって変化するなど、さまざまな変化する靴があり、その発想力に驚きます。

ビブリオテック | bibliotek

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ05「ブビリオテック」
なんと、インナーの黒い部分を取り出して履けます

オニツカタイガー | Onitsuka Tiger

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ06「オニツカタイガー」
<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ07「オニツカタイガー」
アッパー部分に「蓄光糸」を使っているので、暗い場所では糸が発光し、柄が浮かび上がります

リーガル | REGAL

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ08「リーガル」
タマムシのように靴を眺める角度によって色の変化を愉しめます

エイチカツカワフロムトウキョウ | H?Katsukawa From Tokyo

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ09「エイチカツカワ」
アッパーの素材にデニムを取り入れて、革とは違った経年変化を愉しめます

では、次に注目のブランドやトピックスをご紹介します。

リッチな素材でモード感たっぷり!<ソロヴィエール パリ>

<ソロヴィエール パリ(SOLOVIERE PARIS)>は、’14年にデビューした新しいブランドです。<クリスチャンルブダン>や<ピエールアルディ>など名だたるシューズブランドで経験を積んだフランスの女性デザイナー・オーベルト氏が手かげています。
特徴は、リッチな素材使いとフェミニンかつモード感のあるデザイン。シックな色使いも魅力です。

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ10「ソロヴィエールパリ」
軽快で春夏らしい足元に

独創的なデザインに実用性がプラスされた<マルセル・ゴンマ>

<マルセル・ゴンマ(MARSELL GOMMA)>は、イタリアのレザーブランド<マルセル(MARSELL)>のディフュージョンライン。全てのモデルにオリジナルのラバーソールを使い、マルセルの独創的なデザインを残しながら、実用性も兼ね備えた履きやすいコレクションを展開しています。

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ11「マルセル・ゴンマ」
<マルセル>よりも手頃な価格帯の<マルセル・ゴンマ>。快適で履きやすいコレクションです

’16SSよりスタートする<リプロダクション オブ ファウンド>

<リプロダクション オブ ファウンド(REPRODUCTION OF FOUND)>は、往年のミリタリーアイテムを中心に、時代を超えた普遍的なプロダクトを「見つけ出し(FOUND)」、現代的に「再現(REPRODUCTION)」し、リリースするブランドです。ジャーマントレーナーなど1950~70年代の軍用トレーニングシューズをOEMしていたスロバキアのファクトリーが生産を担います。

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ12「リプロダクションオブファンド」
左から、カナダ、イギリス、ドイツ、フランスのミリタリーシューズ

人気の<リーガル>レインシューズに「サドルシューズ」が登場!

’14年に登場し、大人気となっている<リーガル(REGAL)>のサイドゴアタイプレインシューズ。’15年にはジップアップ付のレースアップブーツも登場したことが記憶に新しいですよね。
’16年には、リーガルのアイコンモデルと言えるサイドゴアタイプのレインシューズが登場します。サドル部分には、カモフラージュ柄やギンガムチェック柄があしらわれ、雨の日でも楽しく過ごせるようなデザインです。

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ13「リーガル」
とてもリーガルらしいデザインで、雨の日が待ち遠しくなるかも!?

「ワールドサンダルマーケット」第2弾を開催!

’15年に引き続き、’16年も世界のサンダルを大集結させる「ワールドサンダルマーケット(World Sandal Market)」を開催します。第2弾となるこのイベントでは、前回の切り口「ビーチ」と「ストリート」の展開に加え、<テバ(Teva)><オルカイ(Olukai)>など、大人目なブランドが加わり「タウン」という切り口も。

<イセタンメンズ>2016SSプレス展示会レポート[カジュアル編]イメージ14「ワールドサンダルマーケット」
さまざまなシチュエーションで楽しめるアイテムが揃います

2回にわけてレポートした「イセタンメンズSPRING & SUMMER 2016 プレスプレゼンテーション」、いかがでしたか。いつものことではありますが、期待に応えてくれる多彩なラインナップでしたよね。
現在は、冬真っ只中ですが、この記事で脳内だけでも春夏を感じて、ご自身のスタイリングのキーアイテムとなるシューズを見つけてくださいね。

ライン