伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」メインイメージ

伊勢丹新宿店に、紳士靴の万博「JAPAN靴博2015」がやってくる!

見て楽しい、履いて心躍る、スペシャルなシューズが勢ぞろい。 日本の靴づくりを支えるクリエイター渾身の靴々を見逃すな!

以前、掲載した『【取材レポート】イセタンメンズ 2015 AW プレス展示会』で、サラッとご紹介していた「JAPAN靴博2015」。開催を10月28日に控え、いよいよラインナップが揃ってまいりました。 今回の「JAPAN靴博2015」では、「売る・売れる」ということよりも、純粋に「つくりたい靴をつくる」ことを重視。それゆえ、日本を代表するデザイナーや、優秀なファクトリーブランド、はたまたビスポークブランドなどが、独創性や感性、技術力を総動員して、自由につくりあげた靴が揃いました。そして、純粋に「つくりたい靴をつくる」を追求して誕生した靴は、プロダクトとしての魅力に溢れています。 アイレット編集部が、伊勢丹のプレスルームにお邪魔し、豪華ラインナップの一部を取材しましたので、ここにご紹介させていただきます!

<エイチ カツカワ フロム トーキョー> H?KATSUKAWA FROM TOKYO

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ01

<エイチカツカワ フロム トーキョー>のアイコンであるニベ革を使った「土に還る靴」。土に還る自然の素材にこだわった1足です。

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ02

「あなたは土に還れますか?」という、今回の靴のテーマや問題提起を勝川永一さんがしたためた文章も必見。

<ナオ ヨコオ> Nao Yokoo

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ03

「ブラックブラザーズ」と名づけられたシリーズ。左のパンチドキャップトゥが長男、右のサイドレース(?)が三男。次男と四男は制作中だそう。

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ04

固定概念にしばられないアートな靴は横尾直さんの真骨頂。オールハンドメイドでしか表現できない靴です。

<ユニオンインペリアル> UNION IMPERIAL

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ05

希少なワイルドレザー「KUDU」を使ったUチップ。

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ06

甲からつま先にかけてのステッチは、靴博のために開発された「スキンステッチトルネード」。

<マコト タグチ> MAKOTO TAGUCHI

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ07

斬新なデザインと緻密に計算された設計を実現できる技術力を持つデザイナー田口真さん。 精巧な作りと奇抜さを兼ね備えたユニークな靴です。

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ08

靴を構成する要素をデフォルメ。アッパーのステッチに、アウトソールは必見です。

<スコッチ グレイン> SCOTCH GRAIN

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ09

倉庫に1枚だけ保管されていた革を使ってつくられたローファー。インパクトのある1足です。

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ10

アウトソールには、軽快さのあるラバーソール。底にもひと工夫のデザイン。

吉見鉄平&康澤民 YOSHIMI TEPPEI & KOU SAWAMI

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ11

取り付けるだけで、手持ちの靴がブーツのようになるスパッツ。クラシックなスパッツですが、左のスパッツは工夫がいっぱいで、クラシックというよりも近未来感が漂います。右は、5本ステッチなど、美しい手仕事を感じることができる1品です。

<ミハラヤスヒロ> MIHARA YASUHIRO

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ12

デザイナーの三原康裕さんが考える「究極のストレートチップ」。オーソドックスなデザインにあえて、ノルヴェジェーゼ製法を採用し、重厚感のある足元に。

<ジョリ> JOLI

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ14

デザイナー佐々木一茂さんによるシューズブランド<ジョリ>。まるで、漆器のような靴です。自社工場のある秋田の素材と技術を駆使して、つくられています。

<ジョジョ> JOJO

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ13

<ジョジョ>は京都祇園の老舗履物匠「ない藤」が手がけた新しいビーチサンダル。今回のサンダルでは、贅沢にクロコダイルを使用しています。

<ヒロシ ツボウチ> HIROSHI TSUBOUCHI

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ15

「グラムロック」と「トラッド」を融合させた「グラムトラッド」を提案。煌びやかで派手ななかにも、トラッドを感じるデザインです。

<サロン> Salon

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ16

デザイナーの酒井伸子さんがスタートさせたブランド<サロン>。こちらもグラムロックをイメージ。スタッズが印象的です。

<ペルフェット> PERFETTO

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ17

3種類の素材を使ったサドルシューズ。

<リーガル> REGAL

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ18

ベジタブルタンニンレザー×栃木レザーソールのモデル。においに注目です。

<マドラス> MADRAS

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ19

イタリアンレザーを使った味わいのあるウィングチップ。手作業で仕上げています。

<デザーティック> Desertic

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ20

<デザーティック>は、日本のファッションブランドです。ニットのパッチワークがインパクトのあるデザイン。

<エントアン> ENTOAN

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ21

櫻井義浩さんがつくる<エントアン>の靴。毛羽立った素材をあしらった不思議な靴です。

<スピングルムーヴ> SPINGLE MOVE

伊勢丹新宿店「JAPAN靴博」イメージ22

左の靴は、なんと和紙をつかったモデル。右のモデルは、ソール部分に注目してください。

ご紹介したのは、「JAPAN靴博2015」に出品される靴の一部です。どの靴も、日本ならではの技術力や創造性を生かし、とってもレアなものに仕上がっていますね。今回のように、自由な発想のもとでつくられたプロダクトというのは、ブランドのコンセプトが色濃く出るものです。 ちなみに、これらのプロダクトは購入可能! ぜひ、日本ブランドのものづくりの「今」を感じに、足を運んでみてくださいね。

JAPAN靴博2015

【期  間】 2015年10月28日(水)~11月10日(火) 【場  所】 伊勢丹新宿店メンズ館地下1階 紳士靴売場 【展開予定ブランド/作家 】※アルファベット順

bibliotek COLUMBUS DAITA KIMURA Desertic ENTOAN HIROSHI TSUBOUCHI H?KATSUKAWA JOJO JOLI Kids Love Gaite MADRAS makoto taguchi Marquess MIHARA YASUHIRO

Nao Yokoo Otsuka PERFETTO REGAL Salon SCOTCH GRAIN SNTORII SPINGLE MOVE SUN/kakke UNION IMPERIAL YOHEI FUKUDA 吉見鉄平(シューズパタンナー) 康澤民(製甲職人)

ライン

「伊勢丹新宿店に、紳士靴の万博「JAPAN靴博2015」がやってくる!」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。