EYELET SPECIAL INTERVIEW 勝川永一さん(H?KATSUKAWA FROM TOKYO)

勝川永一さん|H?Katsukawa From Tokyo|インタビュー

皮革に対する強いこだわりと独特な感性でつくりあげる唯一無二の靴

英国ノーザンプトンで靴の伝統製法を学び、卒業後、クリエイターの街と呼ばれるイギリス・ブライトンでデザイナーの ポール・ハーデン氏に師事した勝川永一さん。帰国後、2007年に自身のブランド「H?Katsukawa From Tokyo(エイチカツカワ)」をスタートさせたシューデザイナーです。 とは言え、勝川さんのつくる靴は、英国的な伝統文化や価値観から見て真逆のアプローチをしています。例えば、勝川さんの代名詞とも言える「ニベレザー」。ヨーロッパでは、良い革とされているきめが細かく揃ったカーフとは異なり、荒々しく起毛していてかなりのインパクトです。

新しい視点から、クリエイションを生み出す発想の源を探るべく、勝川さんのアトリエにEYELET編集部がお邪魔し、単独インタビューをさせていただきました。

この記事の続きを読む ライン