福田洋平さん(Yohei Fukuda)イメージビスポークの魅力に出会うスペシャルインタビューメインイメージ

福田洋平さん|YOHEI FUKUDA(ヨウヘイフクダ)|インタビュー

靴づくりの原点に立ち返り、 「最高の普通」であるクラシックスタイルをつくることで 先人の築いた道をつなげられるようなものづくりを。

19歳で渡英、靴職業訓練学校のトレシャムインスティテュートで幅広く伝統的な靴づくりを学び、帰国後2008年に自身のブランド「Yohei Fukuda」を立ち上げた靴職人の福田洋平さん。トレシャムインスティテュート在学中から、ジョンロブパリ(John Lobb Paris)、エドワードグリーン(Edward Green)、チャーチ(Church’s)、ジョージコックス(George Cox)と、靴好きにはたまらないブランドで修業を重ねていきました。 卒業後には、ビスポークメーカー・ジョージクレバリー(G.J.Cleverley)の専属靴職人として300足以上の修理とサンプル製作をしながら技術を磨き、さらにエドワードグリーンやガジアーノ&ガーリング(Gaziano & Girling)ではアウトワーカーとして、英国貴族をはじめとする著名人のビスポークシューズを数多く制作してきたという華麗な経歴を持つ靴職人です。

あえて靴づくりの原点に立ち返り、100年以上も変わらないスタイルで最もエレガントと言われているオックスフォード(内羽式)にこだわる福田さんの原動力を探るべく、EYELET編集部が単独インタビューをさせていただきました。

この記事の続きを読む ライン